Page
Top

コラムTOP > コラム > スペシャルゲスト > キャバ王が教える”指名したいキャバ嬢7つの共通点”

キャバ王が教える”指名したいキャバ嬢7つの共通点”

春木開指名したくなるキャバ嬢

遊び馴れたお客さんにとって初回の指名はいわばお試し。肝心なのは引き続き指名がもらえるお気に入りになれるかどうか。そこで全国の有名キャバ嬢を知り尽くすキャバ王・春木開(カイ)さんに、指名したくなるキャバ嬢、そしてリピートし続けているキャバ嬢の共通点をリサーチ。7つのポイントにまとめました♥

共通点1『目を引くSNSの投稿』

インパクトのあるSNS指名したくなるキッカケ!

キャバ嬢の存在を知る手段は、昔は口コミやブログ、ポータルサイトのランキングとかやったんですけど、今はもう完全にSNSですよね。インスタとかのタグ付けからたどって、「へえ、こんなコおるんや!」って興味がわいて会いに行くみたいな。フックする要素としてはまあやっぱり一番は自分の好みのルックス。それともうひとつはインパクトのある写真。たとえば、エンリケちゃん、りょうちゃん、進撃のノアちゃんのような、シャンパンぶわーっみたいなバブルな投稿とか動画は目を引きますよね。ちょっとこの3人は真似できんレベルやけど。とにかく勢いがあって、ヤバイっていう。そういうの見たら、「このコどんなコやろ?」って気になるやないですか。SNSで興味を引ければ、遠くからでもお客さんって来ますよね。

春木開

共通点2『ほどほどな加工w

修正のし過ぎはNG! 期待値が高くなり無駄にハードルが上がる。

SNSの画像って女のコが見れば、どの程度加工していて実物はどんなものか想像がつくみたいやけど、男ってマジでそういうのわかんないんですよ(笑)。だから、インスタで見ている画像が本人のリアルだと思いがちww そんなわけやから指名してみたら、「下手打った!」ってことがめっちゃあるww 多少詐欺るのは全然ありやけど、原型とどめてないのはめっちゃ気まずいですよね。別にブスでビックリって話じゃないですよ。こっちはガンガンに加工修正している顔をリアルだと思って行ってるから、「全然ちがうやん!」ってその衝撃のほうが大きいっていう話。そういうことはよくあるんで別にいいんですけど、多少なり集客も考えてSNSやってるならもったいないなって思います。好みってみんな違うし、そのコの顔立ちが好みっていうお客さんも絶対いるんで、そういう人をターゲットにしたほうがリピートにつながりますよね。だから修正は適度がいいのでは? ちなみに僕は「下手打った!」と思ったときはすぐに店を出ます。タイムイズマネーなんで!

共通点3『空気が読める』

みんなが楽しめるように目を配って気を回せる!

男がキャバクラに1人で行くことってまずないじゃないですか? ガチの客は別として、大体は何人かで行くから。そういうとき、「この店行こうや」って連れて行った側は、みんながちゃんと楽しめているかどうかめちゃめちゃ気になるんですよ。たとえ1人でもつまらなそうにしていたら、連れて行った手前申し訳ないと思うし、「店変えようか?」ってことになるんで。僕がリピートするのは、そういうときちゃんと空気を読んでフォローしてくれるコですね。連れが大事な相手であればあるほどそういう大丈夫なコのところに行きますね。つまらなそうにしていたら話を振るとか、みんなで盛り上がれるような話題を投げるとか、あるいは付け回しの黒服にさりげなく一言伝えて女のコを変えてもらうとか。目配り気配りができるコはそれだけで貴重! 売れてるコはそれができるし、逆にそれができるから売れてるんちゃうかなって思います。

春木開指名したくなるキャバ嬢

共通点4『アフターに誘いやすい』

このコを誘えばアフターでコケないという安心感!

何で男がアフターに行きたがるかというと、僕らの場合はまず飲み始めるのが夜の11時とか遅い時間で、でもキャバクラが閉まるのは深夜1時。それで解散じゃ物足りないからどっか行くわけだけど、そこには女のコもいて欲しいっていうのがありますよね。やっぱり女のコがいると場が華やぐんで。そんなわけで、キャバクラへ行ってそこそこいい感じに盛り上がったら、その場のみんなでアフターに行く約束を取り付けたいところなんですけど、そんなにすんなり話がまとまることってなかなかないんですよ。でも、そんなとき女のコたちをアフターに連れ出してくれるような女のコがいると約束が取りつけやすい。そういうコがおったらアフターでコケることはないんで指名しますよね。アフターなんて女のコにとってはサービス残業やし、みんな行きたくないやろなって思いますけど、だからこそ上手く話をまとめてくれるコには感謝も大きい。次にそのコの店に行ったときにはアフターに来てくれたコも含めて、しっかりお返しします!

共通点5『器量がある』

リピートするかどうかは結局そのコの器量しだい!

やっぱり行った全員を楽しませてくれる器量があるコはリピしますよね。そのコの器量っていろんな場面で出ます。さっき言った空気が読めることもそうだし、アフターの話もそう。席に着いたコたちをアフターに連れて行けるってことは、「このコのお願いやから行かなきゃ」って思わせる器量があるからやと思うし。で、そういうコはアフターで女のコの数がそろわないときには他の店から呼んでくる器量もあったりする。女のコの数がそろわなかったときには、「女のコ連れて来れなくてほんとごめんね!」って謝ってくれるのも器量やと思います。そのコが謝らなきゃいけない理由なんてないし、そのコが悪いなんてこっちも思ってないんですけど、謝ってくれることで、その場をセッティングした人の顔も立つし、周りも「ええよええよ、来てくれてありがとう」ってなるじゃないですか。自分が悪くもないのに謝れるって器量があるからできることやと思います。そこまでされたらこっちも返さなってなりますから、そりゃまた行きますよね。

春木開指名したくなるキャバ嬢

共通点6『連絡がマメ』

どうせお金を使うならマメに連絡くれたコの店で使いたい

今も昔もやっぱりマメな連絡は効きますよね。僕に営業かけてくるコはもはやいませんけど、でもやっぱりしょっちゅう連絡が来たら男はうれしいと思いますよ。つき合ってる同士って毎日連絡取り合うじゃないですか? そんな感じで、「今から仕事行ってくる」とか、「今、誰々とごはん食べてる」とか、「仕事終わったー♥」とか、彼氏彼女みたいな報告LINEが届き続けると、「俺のこと好きなんかな?」ってつい思ってしまうんですよ(笑)。

連絡の頻度は理想をいえば毎日ですよね。毎日そんな連絡が来たら、「コレ、営業かもしれんけど営業やったらこんな毎日毎日、連絡こんやろう、しかも全然店に来いとか言わへんし、これってもしかして好きちゃうかな?」ってなりますよ。相手がそんなに単純じゃなかったとしても、これだけ連絡くれていれば、飲み行こうかなと思ったときにそのコのとこに行きますよね。どうせどこかでお金を使うなら、自分に手間と時間を使ってくれたコのとこに行ってあげたいじゃないですか。

 

春木開・縁賀希連

共通点7『タイミングがいい』

忘れられない程度に連絡を取り続けてマインドを埋める★

めっちゃ飲み歩いてる人は営業されてもされなくても行くときは行くんで、営業をかけてもいい相手か、毎日連絡取ってもいい相手かは見極めも必要ですよね。まあ、僕もそうなんですけど、「どこ行こうかな?」と悩んでるときに限って、たまたまポーンと連絡が来て、そのコの店に行くっていうパターンが結構あります。そういう“タイミングを持ってるコ”っていますよね。でも、それは運がいいとかではなくて確率論なんですよ。

営業されたくない人にはしつこくしないほうがいいけど、かといって何にもしなかったら忘れられるじゃないですか? でも、適度にちょいちょい連絡取っていれば記憶に残っていくんですよ。そうやって徐々にマインドを埋めていくと、そのうち「どこ行こうかな?」と思っているタイミングでそのコから連絡きたときに、「そや、このコのとこ行かな!」ってなる。そのコにしたら定期的にLINEを送っているだけなんやけど、僕のほうでいいタイミングだったみたいな。だから、たまに植木に水をやるくらいの感覚で、定期的に連絡入れるってめっちゃアリですよ!

 

昔と違って今はSNSが発達しているから、キャバ嬢の営業スタイルも変わってきてるのかもしれません。でも、お店に来てからの接客は今も昔も変わらない所もあるはず。ぜひ春木開さんの”7つの共通点”を生かして見て下さい♪

 

春木開さんの過去人気記事はこちら
春木開(カイ)君って?人気キャバ嬢のインスタに出没する謎の有名人

愛沢えみり春木開対談

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > スペシャルゲスト > キャバ王が教える”指名したいキャバ嬢7つの共通点”