Page
Top

コラムTOP > コラム > 桜井野の花 > ホス狂いからNo. 1キャバ嬢へ”桜井野の花の成り上がり伝説!!前編

ホス狂いからNo. 1キャバ嬢へ”桜井野の花の成り上がり伝説!!前編

桜井野の花成り上がり術前編

ナイトビジネスプロデューサーとして歌舞伎町にキャバクラ『N』をオープンさせた桜井野の花さん。キャバ嬢からのキャリアアップについて、すでに2年前から考えていたと言います。某キャバクラサイトでぶっちぎりNo. 1のアクセスを誇る野の花さんの成り上がり伝説についてインタビューしてきました。

煙たがられて追い出されるより、桜井野の花は自分から現役を退きたい

歌舞伎町キャバ嬢桜井野の花

はじめまして桜井野の花です。華のない花のほうで“野の花”です。ガチのプレーヤーを今年の6月に卒業して、ナイトビジネスプロデューサーとして独立しました。今後は歌舞伎町を拠点にバーやネイルサロンなどプロデュースしていく予定です。

まあ、独立といってもキャバ嬢は個人事業主だからそもそも独立しているわけで、何をやってもいいんだけど、なんというか店に雇われる身ではなく、桜井野の花として単体で始動しました、という意味で独立ね♥その第一弾として7月1日にキャバクラ『N』をオープンしました!店名の『N』は野の花のN。名前を考えるのが面倒臭くてそのまんま(笑)。この先1年くらいはキャストとしても連日出勤予定ですよ★

こういう展開は、自分の中では2年前からずっと考えていたことであるんだけど、なかなかタイミングというものがつかめなくて。そろそろかな?さすがに今年の誕生日が終わったら卒業かな?なんて考えていたときに、朝のワイドショーでとあるニュースを見たんですよ。それは、ハリウッドの俳優さんが電撃引退したという話題で、そのコメントにガツンとやられました。「パーティーは時間になって追い出されるより、自分から去るほうがいい。みんなから煙たがられていなくなるよりも、僕はいいときにパッとやめたい」と。このコメントに感動しちゃって。この俳優さんが誰なのかはわかんなかったんですけど、本当におっしゃる通りだなと思って自分も決心がつきました。「あっ、やめよ」みたいな。まあ、雇われキャバ嬢を卒業した、ということでキャバ嬢自体はまだやめはしないんですけどね。でも、次の段階に進むときが来た、と思いましたね。

ホストクラブを入り口に、歌舞伎町に吸い込まれた!

歌舞伎町桜井野の花

ここから先は私のキャバ歴の話です。この世界の第一歩を踏み出したのは、大学1年生、19歳の夏ですが、そもそもなぜ私がキャバ嬢になったのかというと、一言で言ってしまえば、「ホストにお金を使いたかったから♥」でした。

最初にホストクラブへ行ったのは大学生になってすぐの頃。ブロガー仲間に連れて行かれたのがキッカケでした。当時ダイエットブロガーをしていて、アフィリエイト収入が月に何百万とかあったんで、18、19でもそういう場所にも出入りができたんですよ。

男前たちがひしめく店内、しかもみんなちやほやしてくれる、天国だなと思いました。そもそも自分、男性が大好きなんで、目がくらまないわけがないんです。まんまとハマりまくって貯金をどんどん注ぎ込みましたね。

ただ、私がホストにハマった直後くらいから薬事法が厳しくなってダイエット関係のアフィリ収入が激減!月に50万円くらいしか稼げなくなったんです。大学生が普通に暮らすぶんには月収50万円は相当リッチなんですけど、なんせホストに行かなきゃいけないもんで。それで、それまでやっていた塾講師のバイトと平行してキャバクラも始めました。あっという間ですよ。なんでしょうね、この一連の流れは。ホストクラブを入り口にして歌舞伎町に魅入られてキラキラした街に吸い込まれた感じでしたね。

週4で大学、週5でホスト、どうかしている1週間★

歌舞伎町桜井野の花

キャバクラでガッツガッツ稼いで、そのすべてをホストでガンガン使う…。毎日がネオン街な日々でした。今思うと「お金返して!」って思いますけど、何にせよ情熱を注げる対象があるって人生に張りが出ますよね、本当に毎日が充実していました(笑)。

当時の1週間のスケジュールは週5でホスト、週4で大学、週7でキャバクラでした。どうかしてますね。でも、ホストに関しては週5でも足りなかった。本当は毎日行きたかったけど、大学の講義の時間割的にどうしても行けない日が1日あって、あとホストクラブにも店休日というものが存在して、やむを得ず週5日っていう…。

その頃の自分を思い出すと、とんでもないなあと思います。ツメとかボロボロなのにホストクラブで100万とか使ってました。自分にお金を使うのがもったいなくて、好きなホストに千円でも多く使ってあげたくて。

ホスト熱に浮かされるままキャバクラの仕事もがんばっていたので、仕事を始めた当時から成績はよかったです。目的があるって素晴らしい♥ ただ、『バロンドール』に落ち着くまでは、『ルベス』、『シュバルツ』、『レジェーラ』、2度目の『シュバルツ』、『フォーセンス』…と、お店もそこそこ変わりました。在籍期間も大体3カ月から半年未満。『フォーセンス』にいたっては1カ月半(笑)。

別に病んで仕事が嫌になったとか、そういうことでもなく、得意な稼ぎ方、店の方針、自分の今後の方向性、いろいろなものがちぐはぐなままに進んでいたというか、方位磁石を設置しないで大海原を航海しているような、そんな状態でしたね。

ホストにも飽き、“桜井野の花”をセルフプロデュース!!

歌舞伎町キャバ嬢桜井野の花

とはいっても徐々に変化は訪れて、『フォーセンス』入店の前くらいから自分のキャリアというものに目が向くようにもなってきました。その頃にはホストにもだいぶ飽きていて、お金も自分のために使うようにもなっていたし、何か次のステップに進むときがきているようなそんな状態でした。

“桜井野の花”という名前を使って将来何か仕事ができたらいいな、と思い始めたのもこの頃です。桜井野の花という商品で商売していくなら、もっと売る方法を考えなきゃいけない。そのためにはどうするか。販売戦略やブランディングに自覚的になったのも、この頃だったと思います。

手始めに、「まずは店の看板にならなきゃダメだ」と思いました。たくさん女のコがいるうちの1人とか、ナンバー1とナンバー2の二枚看板とかではなく、桜井野の花の一枚看板。看板嬢になるって、別にステータスだけがメリットではないんですよ。看板になったほうが口コミで来るお客さんも増える、個人で営業しなくても集客率を上げることができて宣伝効果は絶大なわけですから。売れるという観点からブログのアクセス数を増やすための工夫だとか、顧客へのLINEの返し方だとか、そういったことも微に入り細に入り研究し始めました。このへんは細かくなるんで機会があったらいつかまた話します♥

 

後編に続きます

Related columns

「キャバ嬢イメージUPは私の使命」桜井野の花が2店舗目OPEN♡

歌舞伎町のキャバクラ『N』の社長を務めながら、メゾンドボーテのモデルもこなす桜井野の花さん。相変わらず多忙なようですが、ついに2店舗目をOPEN! プロデューサーを経て2018年1月から社長となり、およそ1年半…これまで […] 続きを読む

顔に2000万円、体に200万円 〜数字で見る桜井野の花の解体新書〜

「顔面とボディのお直しにはそこそこ出費を惜しまない♥」ことでも知られる桜井野の花さん。 かかった整形費用から今日の所持金、お風呂の設定温度まで、野の花さんを構成するありとあらゆる数字を検証! 桜井野の花のボ […] 続きを読む

5千円札以下は小銭です!桜井野の花「所持金・所持品」全部見せ♥

何を選んでどう持ち歩いているかで、知らず知らず個性が全開になるバッグの中身♥「バッグは大体いつも一緒。持ち物も常にコレ!」と語る桜井野の花さんの持ち物を拝見♥ノート2冊使いのスケジュール管理法 […] 続きを読む
某キャバクラサイトで絶大な人気を誇り、5年10ヶ月という長きに渡り所属するお店全てでナンバーワン。2017年7月にキャストからナイトビジネスプロデューサーという肩書きで歌舞伎町キャバクラ『N』をOPENさせた超有名キャバ嬢。

生年月日4月8日/O型/
身長:160cm/週7出勤
歌舞伎町Nプロデューサー兼キャスト

Today's Ranking

  • 無理しないのが貯金の近道!ことみ流・財テクのすべて♡

    無理しないのが貯金の近道!ことみ流・財テクのすべて♡

    そもそもキャバ嬢になった理由が「学費を稼ぐため」だったと以前語ってくれたことみさん。稼げるイメージの夜職だけど、「稼げる」のと「貯金できる」ことはイコールにならないもの。今回は、「稼ぐ上に貯金もしている」ことみさんに、そのテクニックを教えてもらいました♡ キャバ嬢は収入も多いけど出費も多い職業だと思います。その中で無理なく貯めるにはどうしてますか? 自分が何にいくら使っているのか把握す 続きを読む
  • 銀行からキャバクラに転職!異色のノンアルキャバ嬢・メイサ♡

    銀行からキャバクラに転職!異色のノンアルキャバ嬢・メイサ♡

    会社を辞めて24歳からキャバクラで働きはじめたという異色の経歴をもつメイサさん。 よくよく話を聞くと3ヶ国語喋れたりハーフだったり結構な詐欺にあっていたり、何かとキャラが濃い模様!気になることだらけのメイサさんのアレコレを聞いてきました♪ 【メイサさんプロフィール】 生年月日:1990.7.28生まれ/身長160㎝/血液型:A型/出身地:東京都/在籍店:六本木JUNGLE TOKYO 続きを読む
  • 月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを築くブレない接客術

    月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを

    気がつくとハマって抜け出せない、それがROLAND(ローランド)様ワールド! 「冴えない男と飲むリシャールより俺と飲む雨水」、「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」などの名言で有名な、歌舞伎町プラチナ本店の取締役を務めるローランド様。伸び悩んだ不遇の時代からホスト界の帝王に就任するまでの歴史や、独自の世界観をお届けします♡ ローランド様プロフィール 歌舞伎町PLATINA 続きを読む
  • 大人になるほど美肌になっていく!美容オタク椿そらの秘密♡

    大人になるほど美肌になっていく!美容オタク椿そらの秘密♡

    言わずと知れた美肌の持ち主、椿そらさん。キャバ嬢としてもYouTuberとしても多忙な毎日を送っているのにその肌にはツヤがあり潤いがある!しかも、年々キレイになっていくと話題♡ その秘訣はいったいなんなのか聞いてきました! 美容に目覚めたきっかけは先輩に怒られたこと(笑) 19〜20歳くらいの頃は、肌水みたいに「たくさん入ってて安い!」みたいなコスパがいいスキンケア用品を使ってたんですよ。それ 続きを読む
  • 東海一の人気者"小川えり"ことエンリケ。名古屋で6年間No. 1をキープし続けるマル秘テク

    東海一の人気者”小川えり”ことエンリケ。名古屋で6年間N

    2017年10月のバースデーは2日間で1億円超え!!今やキャバクラ界を代表するスーパーキャバ嬢 名古屋は錦のアールズカフェ在籍小川えり、こと通称エンリケさんにインタビューをしてきました。 驚異の売り上げを誇る今Instagramで話題の東海地区ナンバーワンのエンリケさんは 最初の6年感はどん底だったけど、そのあとの6年間はずっと1位! だったそうです。今をときめくスーパ 続きを読む
  • 歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る"売上の壁"の超え方!!前編

    歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る”売上の壁”の超

    「億の男」としてその名を知られるシンスユーの蓮士 メゾンドボーテ初登場!!蓮士さんといえば「4年連続売上1億超え」や「月間売り上げ5,000万突破」など、レジェンドプレーヤーとして夜の世界で知らない人はいない歌舞伎町の伝説。現在進行形で偉業を更新し続けるその原動力とは?ロングインタビューを前・後編でお届けします♪ 蓮士さんプロフィール 『SINCE YOU  RESISTANCE 続きを読む
  • 教えて響ちゃん!“キャバ嬢あるある”なお悩みにお答え!

    教えて響ちゃん!“キャバ嬢あるある”なお悩みにお答え!

    結果が売り上げやランキングなどダイレクトに数字にあらわれるキャバ嬢というお仕事。指名がもらえない、お客様への連絡の仕方が分からない、お客様との接し方に困る…などなど、多くの悩みがつきまとうもの。そこで、常にトップで輝き続ける一条 響さんに、キャバ嬢ならば一度は通るであろう、「あるあるなお悩み」に答えてもらいました♪ <初心者編> Q.これからキャバ嬢になりたいと思ってます! お店選びの 続きを読む
  • エリアを変えてRE:START♡  ふうか・六本木から歌舞伎町へ電撃移籍!

    エリアを変えてRE:START♡ ふうか・六本木から歌舞伎町へ電撃移籍!

    今年の5月に六本木を飛び出し、現在は歌舞伎町・45(フォーティファイブ)へ移籍したふうかさん。 慣れ親しんだ街を抜け出し、新たに歌舞伎町で再スタートすることを決めた経緯や心境など語ってもらいました♪ 六本木から歌舞伎町へ、エリアを変えてまで移籍した理由はなんですか? シンプルに「環境を変えて頑張ってみたい!」と思ったのが理由です。新しいことにチャンレジするのが昔から好きなんですよね♪ 続きを読む
  • キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    都内の高級キャバクラでは一番安いボトルでも15万~20万円はするという超高級シャンパンのアルマンド。キャバ嬢の新定番といっても過言ではありません。3年前までは知らない人も多かったアルマンドがなぜいきなり流行りだしたのか?Ace of Spades(スペードのエース)のラベルでおなじみのシャンパンが流行りだした5つの理由とは? (2018年11月10日追記あり) アルマンドはシャンパンとして 続きを読む
  • 愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    歌舞伎町を代表する愛沢えみりさんと、著書『日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力本』(KADOKAWA)を出版し、ますます注目度が高まるエンリケこと小川えりさん。ふたりの馴れ初めからお互いへの質問まで、メゾンドボーテでつながったふたりの、ここでしか読めない仲良しリスペトークをお届け♡ ふたりの出会いっていつ頃なの? 小川えりさん(以下エンリケ):1年半くらい前かな??えみりちゃん 続きを読む
コラムTOP > コラム > 桜井野の花 > ホス狂いからNo. 1キャバ嬢へ”桜井野の花の成り上がり伝説!!前編