Page
Top

コラムTOP > コラム > 桜井野の花 > ホス狂いからNo. 1キャバ嬢へ”桜井野の花の成り上がり伝説!!前編

ホス狂いからNo. 1キャバ嬢へ”桜井野の花の成り上がり伝説!!前編

ホス狂いからNo. 1キャバ嬢へ"桜井野の花の成り上がり伝説!!前編

ナイトビジネスプロデューサーとして歌舞伎町にキャバクラ『N』をオープンさせた桜井野の花さん。キャバ嬢からのキャリアアップについて、すでに2年前から考えていたと言います。某キャバクラサイトでぶっちぎりNo. 1のアクセスを誇る野の花さんの成り上がり伝説についてインタビューしてきました。

煙たがられて追い出されるより、桜井野の花は自分から現役を退きたい

歌舞伎町キャバ嬢桜井野の花

はじめまして桜井野の花です。華のない花のほうで“野の花”です。ガチのプレーヤーを今年の6月に卒業して、ナイトビジネスプロデューサーとして独立しました。今後は歌舞伎町を拠点にバーやネイルサロンなどプロデュースしていく予定です。

まあ、独立といってもキャバ嬢は個人事業主だからそもそも独立しているわけで、何をやってもいいんだけど、なんというか店に雇われる身ではなく、桜井野の花として単体で始動しました、という意味で独立ね♥その第一弾として7月1日にキャバクラ『N』をオープンしました!店名の『N』は野の花のN。名前を考えるのが面倒臭くてそのまんま(笑)。この先1年くらいはキャストとしても連日出勤予定ですよ★

こういう展開は、自分の中では2年前からずっと考えていたことであるんだけど、なかなかタイミングというものがつかめなくて。そろそろかな?さすがに今年の誕生日が終わったら卒業かな?なんて考えていたときに、朝のワイドショーでとあるニュースを見たんですよ。それは、ハリウッドの俳優さんが電撃引退したという話題で、そのコメントにガツンとやられました。「パーティーは時間になって追い出されるより、自分から去るほうがいい。みんなから煙たがられていなくなるよりも、僕はいいときにパッとやめたい」と。このコメントに感動しちゃって。この俳優さんが誰なのかはわかんなかったんですけど、本当におっしゃる通りだなと思って自分も決心がつきました。「あっ、やめよ」みたいな。まあ、雇われキャバ嬢を卒業した、ということでキャバ嬢自体はまだやめはしないんですけどね。でも、次の段階に進むときが来た、と思いましたね。

ホストクラブを入り口に、歌舞伎町に吸い込まれた!

歌舞伎町桜井野の花

ここから先は私のキャバ歴の話です。この世界の第一歩を踏み出したのは、大学1年生、19歳の夏ですが、そもそもなぜ私がキャバ嬢になったのかというと、一言で言ってしまえば、「ホストにお金を使いたかったから♥」でした。

最初にホストクラブへ行ったのは大学生になってすぐの頃。ブロガー仲間に連れて行かれたのがキッカケでした。当時ダイエットブロガーをしていて、アフィリエイト収入が月に何百万とかあったんで、18、19でもそういう場所にも出入りができたんですよ。

男前たちがひしめく店内、しかもみんなちやほやしてくれる、天国だなと思いました。そもそも自分、男性が大好きなんで、目がくらまないわけがないんです。まんまとハマりまくって貯金をどんどん注ぎ込みましたね。

ただ、私がホストにハマった直後くらいから薬事法が厳しくなってダイエット関係のアフィリ収入が激減!月に50万円くらいしか稼げなくなったんです。大学生が普通に暮らすぶんには月収50万円は相当リッチなんですけど、なんせホストに行かなきゃいけないもんで。それで、それまでやっていた塾講師のバイトと平行してキャバクラも始めました。あっという間ですよ。なんでしょうね、この一連の流れは。ホストクラブを入り口にして歌舞伎町に魅入られてキラキラした街に吸い込まれた感じでしたね。

週4で大学、週5でホスト、どうかしている1週間★

歌舞伎町桜井野の花

キャバクラでガッツガッツ稼いで、そのすべてをホストでガンガン使う…。毎日がネオン街な日々でした。今思うと「お金返して!」って思いますけど、何にせよ情熱を注げる対象があるって人生に張りが出ますよね、本当に毎日が充実していました(笑)。

当時の1週間のスケジュールは週5でホスト、週4で大学、週7でキャバクラでした。どうかしてますね。でも、ホストに関しては週5でも足りなかった。本当は毎日行きたかったけど、大学の講義の時間割的にどうしても行けない日が1日あって、あとホストクラブにも店休日というものが存在して、やむを得ず週5日っていう…。

その頃の自分を思い出すと、とんでもないなあと思います。ツメとかボロボロなのにホストクラブで100万とか使ってました。自分にお金を使うのがもったいなくて、好きなホストに千円でも多く使ってあげたくて。

ホスト熱に浮かされるままキャバクラの仕事もがんばっていたので、仕事を始めた当時から成績はよかったです。目的があるって素晴らしい♥ ただ、『バロンドール』に落ち着くまでは、『ルベス』、『シュバルツ』、『レジェーラ』、2度目の『シュバルツ』、『フォーセンス』…と、お店もそこそこ変わりました。在籍期間も大体3カ月から半年未満。『フォーセンス』にいたっては1カ月半(笑)。

別に病んで仕事が嫌になったとか、そういうことでもなく、得意な稼ぎ方、店の方針、自分の今後の方向性、いろいろなものがちぐはぐなままに進んでいたというか、方位磁石を設置しないで大海原を航海しているような、そんな状態でしたね。

ホストにも飽き、“桜井野の花”をセルフプロデュース!!

歌舞伎町キャバ嬢桜井野の花

とはいっても徐々に変化は訪れて、『フォーセンス』入店の前くらいから自分のキャリアというものに目が向くようにもなってきました。その頃にはホストにもだいぶ飽きていて、お金も自分のために使うようにもなっていたし、何か次のステップに進むときがきているようなそんな状態でした。

“桜井野の花”という名前を使って将来何か仕事ができたらいいな、と思い始めたのもこの頃です。桜井野の花という商品で商売していくなら、もっと売る方法を考えなきゃいけない。そのためにはどうするか。販売戦略やブランディングに自覚的になったのも、この頃だったと思います。

手始めに、「まずは店の看板にならなきゃダメだ」と思いました。たくさん女のコがいるうちの1人とか、ナンバー1とナンバー2の二枚看板とかではなく、桜井野の花の一枚看板。看板嬢になるって、別にステータスだけがメリットではないんですよ。看板になったほうが口コミで来るお客さんも増える、個人で営業しなくても集客率を上げることができて宣伝効果は絶大なわけですから。売れるという観点からブログのアクセス数を増やすための工夫だとか、顧客へのLINEの返し方だとか、そういったことも微に入り細に入り研究し始めました。このへんは細かくなるんで機会があったらいつかまた話します♥

 

後編に続きます

新宿・歌舞伎町のキャバクラ『桜花(おうか)』『花音(かおん)』のオーナー社長をつとめ、キャバ嬢として95ヵ月連続No.1の記録を持つ。
自虐的なネタを赤裸々にUPするインスタグラムのストーリー投稿も大人気。整形手術を受けていることを公言しており、整形手術は100回以上、総額でおよそ2,500万円以上。

職業:キャバクラ嬢、ファッションモデル、経営者
出身:大阪府
生年月日:1991年4月8日
血液型:O型
身長:162 cm
体重:45kg
足のサイズ:23cm


【来歴】

大学1年生の夏、当時ハマっていたホストにお金を使うためにキャバ嬢をはじめる。
『ルベス』『シュバルツ』『レジェーラ』『フォーセンス』と、平均3ヵ月~半年未満でお店を点々とし、『バロンドール』に移籍。3年半ほど在籍したのち系列の『クレンズフォール』に移籍。95ヵ月連続No.1をキープする。
2017年6月に看板嬢を降り、『桜花(おうか)』の前身となる新店舗『N』のプロデューサーとなった。2018年には、雑誌『小悪魔ageha』の読者投票による表紙争奪総選挙で初代女王となる。2018年末からはYouTubeにチャンネルを開設。YouTuberとしても活動する。


【著書】

・『「一番」という生き方』(光文社)


【pickup interview】

Q.今まで顔面のお直しにいくらくらい?

A.2,000万ぐらいですね。体だと乳首縮小と脂肪吸引で200万くらい。

Q.頭の中を仕分けすると何がどのくらいになりますか?

A.9割仕事ですね。残り1割は「カニ食いてえなあ」とか「男抱きてえなあ」とかその時々の欲求です。

Q.売れるための営業スキルとして必要なものって何?

A.絶対に絶対に必要なものはマメさ。よく言われることだけど結局のところマメさに尽きると思う。どんなにブスでもマメでさえあれば絶対に指名がつきます。あとはプラス下ネタ?下ネタに免疫があるかどうか。マメだったらどんなコでも月300万円は売り上げ出せるとこまではいける!

Q.売れないコの共通点ってあったりしますか?

A.パッと思い当たるところでは、同じ店の女のコ同士でいつも飲みまくっているコはマジで売れてないですね。息抜き程度なら全然あると思うけど、そういうコってアフターも行かずに同じメンバーで連日のように飲みに行っているんですよ。飲みに行ったことでお金が儲かったわけでもないし、無駄な時間を過ごしているなあと思います。

(※2020年5月2日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
久々メゾンドボーテにご登場の桜井野の花さん♪ コラム前半は、野の花さんが経営する歌舞伎町の美容室『cerisier-スリジエ』について。店長を務めるお兄さんのことやサロンの売り、今後の展望など根ほり葉ほりインタビュー!  […]
久々メゾンドボーテにご登場の桜井野の花さん♪ コラム前半は、野の花さんが経営する歌舞伎町の美容室『cerisier-スリジエ』について。店長を務めるお兄さんのことやサロンの売り、今後の展望など根ほり葉ほりインタビュー!  […]
続きを読む
キャバクラの経営者としてはもちろん、YouTuberとして自虐的な面を惜しみなくさらけ出すなど活動やキャラクターの幅をガンガン広げている桜井野の花さん。もう十分すぎるほど有名なのに、なぜそんなに多様な働き方をしているのか […]
キャバクラの経営者としてはもちろん、YouTuberとして自虐的な面を惜しみなくさらけ出すなど活動やキャラクターの幅をガンガン広げている桜井野の花さん。もう十分すぎるほど有名なのに、なぜそんなに多様な働き方をしているのか […]
続きを読む
歌舞伎町のキャバクラ『N』の社長を務めながら、メゾンドボーテのモデルもこなす桜井野の花さん。相変わらず多忙なようですが、ついに2店舗目をOPEN! プロデューサーを経て2018年1月から社長となり、およそ1年半…これまで […]
歌舞伎町のキャバクラ『N』の社長を務めながら、メゾンドボーテのモデルもこなす桜井野の花さん。相変わらず多忙なようですが、ついに2店舗目をOPEN! プロデューサーを経て2018年1月から社長となり、およそ1年半…これまで […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 六本木『JUNGLE TOKYO』のかわいいあの子♡ いちかのBEAUTY図鑑♡

    可憐さと華やかさが同居する六本木『JUNGLE TOKYO』のトップキャバ嬢・いちかさん。SNSではいつも違ったヴィジュアルを見せてくれるいちかさんのビューティーの根幹とは!?  メイクやヘアアレンジなど、ギャルマインドを秘めたかわいいの現在地を「美の作り方」として深堀りしました♡   ―いちかヘア図鑑♡― 毎日顔が違うからアレンジも毎日変える いちかさんの御用達ヘアサロン、美容室へ行く... 続きを読む
  • その日の予定によって顔の系統を自在にチェンジ♡ 六本木『ファブリック7』“楓ナミ...

    上京前の熊本時代から「めちゃくちゃかわいいコがいる」と評判だった楓ナミさん(六本木『ファブリック7』)の美の作り方に注目! イメージを自在に変化させるキレイなお顔はいかにして作られているのか? メイクのあれこれから美マインドまでナミさんの美の秘訣を本人解説でお届けします♡ ヘアメイクの学校を卒業しているナミさんだからこそのこだわりメイク術は必見です♪   お顔解説-メイク&コスメ- ベー... 続きを読む
  • 歌舞伎町『FOURTY FIVE』星野ティナ 働くティナの一日に密着!!

    おはようからおやすみまで、売れてるコの出勤日の1日を追跡する“働く一日”シリーズ。今回タイムスケジュールを洗い出したのは、新億女でおなじみ『FOURTY FIVE』の星野ティナさん。近頃もグループの看板レースで一条響さんに続く2位を獲得するなど絶好調なティナさんの「同伴のある1日」に密着しました♡ ヤル気スイッチが入るご出勤ルーティンや美意識が上がるお部屋環境、ダイエット中の行動パターンも要チェッ... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます。細いし... 続きを読む
  • スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    最近、雑誌やメディアの露出も増え、歌舞伎町ディアレスト勤務の人気キャバ嬢、一条響さんにインタビュー。 「目標を立てたらそこまでしか行けない。がむしゃらに頑張る事で自分を超えられる」 Instagramのフォロワーも9万人を超え、歌舞伎町だけでなく、全国的な知名度を持つキャバ嬢一条響さん。そんな彼女の下積み時代と現在の営業方法についてお話を聞いて来ました。 ※在籍店、SNSフォロワー数は記事公開時(... 続きを読む
  • 埼玉のヤンキーから伝説へ♡ 歌舞伎町の生き字引・村上世璃奈(せりな)の半生

    埼玉のヤンキーから伝説へ♡ 歌舞伎町の生き字引・村上世璃奈(せりな)の半生

    歌舞伎町アジアンクラブのオープニングキャストで、不動のNo.1に君臨していた伝説のキャバ嬢、村上世璃奈さんをご存知ですか? キャバ嬢引退後は、歌舞伎町にアミューズメントBar『egg』をオープンさせた方なんです♡ 愛沢えみりさんも慕う真のカリスマ世璃奈さんに、これまでの人生を振り返ってもらいました! 特に、キャバ嬢引退後の進路に悩んでいる方は必見です!! 18歳で高級車を購入!昼夜働く兼業生活に... 続きを読む
  • 『JUNGLE TOKYO』いちか 生きてることが奇跡だから幸せしかない♡ハッピ...

    整った顔立ちと明るいキャラクターが魅力、六本木の人気嬢『JUNGLE TOKYO』のいちかさんがメゾンドボーテ初登場。指名や売上の意味がわかっていなかったピュアすぎる渋谷時代から、六本木の売れっ子になるまでのキャリアをご紹介! 東日本大震災で刻まれた「生きてるだけで幸せ♡」な人生観にも迫ります。 高校卒業後上京。入社した会社は超ブラック! 『ジャングル東京』にはオープニングメンバーとして入って今4... 続きを読む
  • 今六本木で最も勢いがある『LOUNGE JUNGLE』で一番売れてるあのコが初登...

    六本木の高級会員制ラウンジ『LOUNGE JUNGLE(ラウンジジャングル)』超売れっ子・ゆりおさんがメゾンドボーテ初登場♡ これまでの夜歴やラウンジ嬢としての接客スタイルなど、はじめましての自己紹介コラムをお届け! ノルマなし自由出勤OKなラウンジでゆりおさんがフル出勤で頑張る理由とは? 「理想を投影してもらう」という独特な売り方にも注目です♡   キャバクラよりもラウンジを選びたい理... 続きを読む
  • 3億使って担当と結婚したカリスマ“ホス狂”かえるさんの“ホストとエース”のウェデ...

    「今の担当と結婚して幸せに暮らしたい」―ホストで沼った人なら思い浮かべたことがあるであろう「担当との結婚」。そんな夢を叶えたのが6年半で3億使って担当と結婚した、かえるさん。いかにしてかえるさんは結婚という結末にたどり着いたのか? Twitter界隈でもカリスマホス狂として有名なかえるさんのウェディングSTORYに注目!! 気になることがありすぎるので前後編でじっくりお届けします♡ 【かえるさんプ... 続きを読む
  • メゾンドボーテにおこしやす♪祇園『ラウンジ45』桜伊みやこ 野望がなくちゃキラキ...

    キャバ嬢時代には西日本インソーグループのレースでNo.1に輝いた実力者、京都は祇園の有名嬢『会員制ラウンジ45(よんごー)』の桜伊(さくらい)みやこさんがメゾンドボーテ初登場! キャバ歴5年を経てステージをラウンジに移し活躍するみやこさん。その夜の歩みと「夢や目標を設定することが働く原動力」というお仕事マインドについて語って頂きました♡ ※インタビューは祇園卒業発表前に収録 スケジュール帳を同伴の... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 桜井野の花 > ホス狂いからNo. 1キャバ嬢へ”桜井野の花の成り上がり伝説!!前編