Page
Top

コラムTOP > コラム > 唯月みらい > 渋谷109から歌舞伎町へ、有名キャバ嬢”唯月みらい”の月158本指名の接客術

渋谷109から歌舞伎町へ、有名キャバ嬢”唯月みらい”の月158本指名の接客術

歌舞伎町美人茶屋勤務キャバ嬢唯月みらい

昼職のアパレルから歌舞伎町のキャバ嬢へ転身し、売れっ子キャバ嬢になった唯月みらいさん。
「お客さんに『楽しい』と思ってもらえれば自然に来てくれる。楽しませることが一番大事!」と語ってくれました。

先月の売上より落とさない、指名本数なら100本が目標!

キャバを続けて行く上で、自分の中の目標はこの2つ。
「先月の売り上げを超える、維持する、(落とさない)」ことと「指名本数は100本」。
お店の中のナンバーってよりは、過去の自分との勝負だと思ってるから、No. 1を維持できてても先月より数字が落ちてたら納得ができなくて。
でも昔から重視してるのは売り上げより指名本数。この仕事をしてるからには、やっぱりたくさんの人から支持されることが幸せだし、人間性を磨かないと多くの指名は取れないから、そこを意識しながら自分磨きをするのが好き。指名本数は毎月100本を目標にしてる。
連絡は正直マメな方じゃないと思う(笑)でも同伴やアフターのフットワークの軽さだったり、付き合いの良さ、気配りや空気が読めること、空気を作れることには自信があります。

歌舞伎町美人茶屋勤務キャバ嬢唯月みらい

営業連絡に関しては全くしないんです(笑)これは昔からで、「お店に来て」とは言わないし多分今まで言ったことないかも。
行きたいと思ってもらえるかどうかって、普段の連絡の取り方だったり、前回どれだけ楽しませられたかしかないと思ってるから、私から「来て来て!」って言葉にするんじゃなくて、お客様から自然に「楽しかったからまた行こう」って思ってもらえる接し方を心がけた接客をしています。私的にも、言われて会いに来てくれるのももちろんうれしいけど、会いに来てとか何も言ってないのに来てくれるほうが、なんかうれしい(笑)
そのために、一緒にいる時間は全力で楽しんでもらえるようにしてるよ。私はアフターでもめちゃくちゃ飲むし、誰とでもほいほい行ったりはしないけど、感謝の気持ちも含めて、付き合いのよさだけはずっと大事にしてる。
アフターはBarに行くことが多いかな〜。ただ、あんまりうるさいBarとか、下品なことをするようなお店は苦手かも。でも楽しくわいわい飲むのが好きだから、静かな場所すぎても困っちゃうけど(笑)
同伴もよくします。私おいしいごはんが大好きだから、お客様と一緒にいるときに、「オススメのご飯屋さんある?」とか「好きなご飯なに?」って、ご飯に繋がる会話をして同伴に繋げてるよ。お店は、お客さんの行きつけのお店に連れてってもらうのが好き!行ったことないところに行けるのが嬉しいし、だいたい外れない(笑)場所でいうと麻布、赤坂、六本木、銀座、渋谷方面が多くて、歌舞伎町は逆に少ないなぁ。おいしいごはんのためなら遠くても全然苦じゃない!(笑)

歌舞伎町美人茶屋勤務キャバ嬢唯月みらい

こう見えても飲めます♡色恋や病み営とは無縁のわいわい接客

私自身よく飲むからか、お客様もお酒が好きだったり、よく飲む方が多いです。「飲める子が好き」みたいなお客さんも多いけど、お酒を強要してくるお客様は一人もいない。みんな「無理して飲まなくてもいいよ」っていう優しい方ばかりなんだけど、私の場合好きで飲んじゃう(笑)だからいつもみんなでいぇーい!って感じだから、全く口説かれないの。めんどくさいお客様はひとりもいないよ♡というか口説きにくい空気を作っちゃってるのかな(笑)
お客様には楽しんでもらいたいから、「最近元気なくて…会いに来て欲しい」みたいな病み営も絶対にしない。どんな時もお客様に元気を与えられるくらい自分が元気でいることが私のモットー♡

歌舞伎町美人茶屋勤務キャバ嬢唯月みらい

移籍3ヶ月目で今のお店でNo.1に。身体を壊しながら頑張った年末

年末は水商売にとって1番の繁盛期。とにかく肝臓を酷使しすぎて、寝不足も重なっていて、年明けから体調を崩して1月2月は休みがちになっちゃった。
めちゃくちゃ飲むから、たまに急に体にガタがくるの。私「飲めません」って言葉を発することにすごく抵抗があって、それは指名の席でも指名じゃない席でも絶対言いたくない。だから出勤すると結局飲んじゃうから、身体壊した時は潔くお店に行かないようにしてた。
お客様が切れそうになった時は、その人の趣味に関する話題を振ったりするかなぁ。
例えば、「電子タバコ欲しいって言ってたな」って思ったら、電子タバコを買っておくの。そしたらお客さんに「買っといたよ」って連絡。
大事なのは、「買ったからお店においでよ」って言うんじゃなくて、ただ「買ったよ」って言うところで止めてくことかな。そうすることで「じゃあ行くね」ってなってもらえたりもするし、逆にこれでも反応なかったらすぐに気持ちを切り替えて、次へ行くようにしてるよ。
無理に繋ぎ止めるより、新しく掴むことに集中しちゃうかなぁ。だからフリーにも積極的に着くよ。貪欲なんです(笑)

歌舞伎町美人茶屋勤務キャバ嬢唯月みらい歌舞伎町美人茶屋勤務キャバ嬢唯月みらい

109のSHOP店員→キャバへ入店、3カ月でNo.1に

高校の同級生がキャバクラのスカウトをしていたんですけど、ショップ店員を辞めて、仕事どうしようかなぁと思っていた時に、その人から10日間だけでいいから働かない?と声をかけてもらって、暇だったし毎日全額日払いの約束だったらやってもいいかなって、軽いノリで始めました。最初は本当に10日間で辞めるつもりだったけど働いてるうちに楽しくなって来ちゃって(笑)何より負けず嫌いで好奇心が旺盛だったので、10日間の間にお客様も何人か掴めたりもして、それも楽しかったのと、頑張ったらいつかこの綺麗な先輩たちと競ったりできるのかな?ってわくわくと、怖いイメージを払拭してくれて、優しくてキラキラしてた先輩たちのおかげで楽しくて。今思えばそのお店がすごくいいお店だったから続けられたんだな〜って思います。今はもうなくなっちゃったけど、歌舞伎町の『グラフィット』っていうお店が初めて働いたお店だった。

歌舞伎町美人茶屋勤務キャバ嬢唯月みらい

ここのお店で、運がいいことに入店3カ月後には1位になって。毎日ちゃんと出勤してたのが良かったのかな?このときはお酒も嫌いだった。悪気なく高いワインをオレンジジュースで割ったりしてて、今思えば本当に失礼極まりないことしてたなって当時の自分に怒りたい(笑)「いいお店」の基準は、私はお店の雰囲気を重視するかな。ただ女の子に一方的に「頑張って」って言うお店より、一緒に頑張ろうとしてくれて、その空気が伝わってくるお店が好き。女の子同士の感じもお店によって本当に違うからいろんな意味で面白い(笑)たくさんあるお店の中で自分にあったいい環境のお店に出会えることが、仕事も楽しめて自分の能力も伸ばしていける秘訣かもしれない♡

 

唯月みらいさんの着用ドレスはこちら

元アパレル店員として渋谷109に勤務。2012年からキャバ嬢に転身し、歌舞伎町ディアレスト勤務しながらモデルとして、活躍中。バースデーには巨大シャンパンタワーも出現する、人気キャバ嬢の一人です。

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 唯月みらい > 渋谷109から歌舞伎町へ、有名キャバ嬢”唯月みらい”の月158本指名の接客術