Page
Top

コラムTOP > コラム > 優士 > ROLAND GROUP 優士 6億2,000万のホスト【後編】売上日本一の「習慣・マインド・仕事術」編!!

ROLAND GROUP 優士 6億2,000万のホスト【後編】売上日本一の「習慣・マインド・仕事術」編!!

優士コラムバナー

前後編2回に渡ってお届けしている、『THE CLUB OSAKA』優士さんのインタビュー! いかにして日本一を成し遂げたのか、6億2,000万の道のりが語られた「前編」に続き、「後編」となる業界ナンバー1を可能にした仕事術や習慣、マインドに注目!

ホスト力の土台を築いたルーティンから、お客さんが疲弊しない売り方、集客に直結するDMの返し方などなど気になるお話が満載。優士さんが見据えるホスト業界の未来予想図も要Checkです!

★前編はこちら

 

「上手く行っている自分を毎日想像している」

(前編で)ローランドさんに面接を3秒で落とされ、皿洗いからスタートしたエピソードがありましたけど、そのときどんな気持ちでした?

あのときはワクワクしかなかったです。「こいつどうせすぐやめるだろう」って周りからの当たりも結構強かったんですけど、それで悔しいとかはなくて。「いずれこいつらに勝てるんだ!」みたいな。勝った自分を想像してたら楽しくて。お皿洗いながらずっとワクワクしてました。

超絶前向きですね!

どんな世界にいたとしても自分に負けたら終わりだなと思ってて。自分のことは自分しか信じてあげられないじゃないですか。負けた自分を想像するのは嫌だし。常に勝ってる自分を想像してました。でもこれ、今に至るまでそうですね。毎日想像してます。上手くいってる自分を。

10代の頃の優士19歳でホストになった優士さん。この6年後、日本一に…!! 写真はホストになりたての頃。『THE ROLAND SHOW/2023年1月13日公開動画』より♪

 

「“妄想劇”はストーリーが緻密なほど実現しやすい」

上手くいってる自分を想像する。それはイメトレとして?

小さい頃からの“癖”ですね。子供の頃、ひとり遊びでいつもいろんなことを空想してたんです。ほんとに細かいとこまで。それがホストになってからもずっと続いてる。自分の売れている姿、ナンバー1をとっている様子、シャンパンおろしてもらっている場面、マイクでのコメント…etc。そういうのをずーっと頭の中で思い浮かべてる。

この癖、めちゃめちゃ役に立ってるなと思います。そもそもビジョンを描けなかったらそこには辿り着けないから。ホストさんはみんなナンバー1とりたいとか言うけど、言葉だけじゃなく、ビジョンを描いてしっかり想像できてはじめて行動に移せる。1番になるために何が大事なのか、何が足りないのか、やらなきゃいけないことは何か。そこまで見えていればあとは逆算してやっていくだけ。それで絶対にナンバー1になれるので。

漠然といいな〜ではなく具体的に想像できているほどいい?

ただの空想ってよりはしっかりビジョンを見てる。ちゃんと筋道のある“妄想劇”みたいな。そのストーリーが緻密なほど夢は実現しやすいかなと思います。

優士「お客様との会話も、従業員に何を話すかも、自分の話す言葉に重みがなかったら響かないし伝わらない。会話や話題の展開をいつも頭の中でシミュレーションしています。次のミーティングではこれを話そうとか、こう言ったらどう聞こえるかなとか。脳内で客観的に聞いて、これ響かねえなとかを判断。言葉は考え抜いて発してますね」by優士

 

「日々の記録をつけて改善点を見つける」

優士さんはSNSにたまに長文を載せますけど文章上手いですよね。伝えたい内容が最後まで破綻しない。あの文章力はどこで鍛えたんですか?

それは言い過ぎww 僕は文章書くのめっちゃ苦手だし下手です。ただ、書きながら考えをまとめていくっていう行為自体は嫌いではないかな。ホストになりたての頃から3年ぐらい毎日日記をつけていたので。

毎日!?

この仕事に就いてすぐ、とにかく自分には経験も知識も何もかもが足りない。周りと比べたときに武器がないなって気づいたんですよ。勝つためにどうしようかなと考えたとき、とりあえずダメだった部分を削って、良かった部分だけ伸ばしていこうと思って。それで毎日日記をつけて一日を見返すってことをしてました。

記憶力はいいほうなんですけど、それでも細かいことって忘れちゃうんで。一日一日、ここは良かったな、ここはダメだったなってことを細かく書き起こしてました。日記とプラスで、毎日寝る前に1日を振り返るとか。

何に書いてました?

紙のノートです。携帯のメモ帳よりノートのほうが読み返しやすいので。で、あるときから、脳のキャパが広がったのか、すっごい情報が入るようになったんです。「うわ、めっちゃ覚えてる!」みたいな。それは多分、細かく日記を書いて見直すってことをやってたからなんですよね。情報を頭に蓄積できるようになった。日記を紙に書くってすごいアナログなことだけど、僕はこれがすごく役立ちました。

 

「変化を恐れず時代に適応する!」

ホスト復帰の翌月(2023年1月)、それまでの売り方もお客さんも全部捨てて、YouTubeと配信で集客するやり方に変えましたけど、相当思い切った決断ですよね。根底にはどんなマインドが?

そのときは1年でグループナンバー1になってプレイヤーを上がるって決めていたのもあって、思い切った方針転換をしました。でも、悪い流れを見極めて、良い流れを掴みとっていく、そういう適応力はホストに限らず仕事で成功するためには必須だと思ってます。

世の中って変わっていくものだから。自分のやり方やこれまでの成功体験に固執していたら取り残されると思うんですよ。特にホストみたいな人気商売は時流やニーズを掴んでいち早く適応していかないと生き残れないですよね。

確かに。思えば3、4年前、ホストさんはみんな「TikTok恥ずかしい」と言ってましたけど、今そこで集客するって普通に主流ですしね。

何が正解か、その時点では見えていなくても時流を読んで、「コレだ!」と思うものを全力でやってみるって必要なチャレンジだと思います。

2023年がはじまった時点で投げ銭を売上に計上するのは邪道だって言われていたんですよ。「(配信を奨励してドネを導入している)ローランドグループはホストじゃない」と言われていた。今もまだちょっと言われてますけど、でもそれは時代に適応していないお前らが遅れているだけって話で。ただ、そう言われるのも胸糞悪いから、投げ銭なしでも最高記録5億2,000万を超えるように、ドネなしでも5億4,000万売ったみたいなとこもあって。

そこには意地を感じますね。

僕もホストとしてのプライドで、投げ銭を売上計上するのはちょっとモヤモヤする部分もあるんですよ。「そんなのホストじゃねえ」って言ってくる気持ちもすごくわかる。だからこそ、「投げ銭がなくても、別に超えられるよ」ってことを証明しつつ、今の時代にもっと適応していこうよ、これがもうスタンダードなんだよっていうことを体現したかった。

SNSの投げ銭を売上に含めたら、プリンスこうやさん(投げ銭日本1位!)が圧倒的にすごい。ただ、ホストとして勝負するんだったら俺は誰にも負けない自信があるから、店で使ってもらう売上の部分で歴代記録更新を目標にしてました。

プリンスこうや投げ銭界の先駆者にして絶対王者。いかにして数字を上げているかは既出コラム『TikTokライブ半年で3億3,000万! プリンスこうや 365日の“落ち込み力”』でCheck♪

 

「売れてない人間の武器は時間!」

時流を読んで「これだ!」と思ったあとの行動も早かったですよね?

成功するにせよ失敗するにせよ、早く挑戦しておくに越したことはないから。「思ったらすぐやる!」ってことは自分の中で大事にしてます。上手くいったら誰よりも先を進めるし、失敗してもリカバリーできる。そこから改良や修正することもできるじゃないですか。とにかくまず行動してみる!

配信を強化した途端に、初回指名につながったじゃないですか。なかなかない気がするんですよね。そんなすぐ結果出るか?みたいな。

あれはカラクリがあって。僕が配信で使ったツールはYouTubeとインスタ。なんでそれだったかというとどちらもDM機能があるから。DMをくれた人に対して直でリアクションできる。そこが初期の集客に直結したなと思ってます。

配信に関しても、YouTubeは不特定多数のファンを作る場、インスタはYouTubeからさらに興味を持ってもらえた方が見る場みたいな。そういうリスナーの棲み分けみたいな意識はあって。朝と昼と営業終わりはYouTube、夕方だけはインスタライブ。この2つだけでやっていたんですけど、どちらもDM とかリアクションに対しては丁寧にコメントを返していたんですよ。

メッセージくれた人全員に?

ですね。文章でDMくれる人にはもちろん丁寧に文章を返していましたし、ハートマークとか、笑みたいなリアクションに対しても文章で返す。リスナーさんの名前やアイコンを全部覚えて、配信のときにこういうコメントくれたとか、リアクションしてくれたとか、全部覚えていたので、基本全員に長文を作って送ってました。

超大変じゃないですか?

そこは売れてないやつの特権ですよね。売れてないやつの武器は時間なんで(笑)。予定が何もないぶん時間だけはある。去年の2月、3月に関しては1日200件とか300件とかDMのやり取りをして、ほんとに途方もなく時間はかけましたね。

1日、200件、300件ってすごい…。

逆にそれだけアプローチできるって話。しかも少なからず自分に興味を持ってくれている相手じゃないですか。そんなありがたいことないですよね。

店で初回に着いてるだけだったら、自分に興味がない人間に対してアプローチをかけるっていうマイナスからのスタートじゃないですか。効率悪いですよね。初回っていうシステムが今後はもうキツくなっていくというか。初回でお客様に着いてどうこうっていうのはもう時代遅れだと思ってます。

表彰式での優士とローランドDMのやり取りをしていたのは去年の前半まで。その後は爆発的に忙しくなったため、個別でお返事はしていないそう。「去年の6月あたりから会社の運営に入ることが多くなって時間が取れなくなったので。でも、自分がホストだけやっていたら今もやってますね。集客できるし普通にプラスなので!」写真は表彰式の壇上の優士さん&ローランドさん。

 

「ライバルを作って駆け上がる!」

「6億を達成する上でライバルの存在が重要だった」っておっしゃってましたけど、これはすべてのホストに言えること?

やっぱり自分1人だけだと飛び抜けた売上や数字は叩けないので。自分と互角かちょっと上の存在で競り合える相手がいるっていうのは本当に運が良い。共通の目標をお客様と共有しやすいですから。つばき(『THE CLUB』の涼風つばきさん)に目をつけたときはライバル関係に持ち込むために、話すときは敵かのような絡み方をしてましたね。

煽るようなことを言うとか?

そうそう。「1月4,000万売ってるけど、年間とるの俺だから!」みたいにあえて噛みついたりして。あとは2人で動画を撮って「今年勝負の中心になるのは俺らだよね」って語り合いつつ火花を散らしたり(笑)。

2人で煽り合うっていうことも含めて、ライバル関係になれるかどうかはお互いのコミュニケーションしだい。演出としてバチバチは大事なんだけど、個人の関係性は良好なほうが良いライバル関係を築けるなって思います。

優士と、自身がオープンした飲食店に来店した涼風つばきとのツーショットホスト隠遁時代、神奈川県大磯町の漁港近くの定食屋さんで働いていた優士さん。今年4月には同地に『和食Dining 優海(ゆかい)』もオープン。THE CLUB時代のライバル涼風つばきさんもお祝いに駆けつけた♪

 

「固定メンバーで売上を上げない」

優士さんのお客さんはみなさん単価が高いそうですが、客層の傾向は?

幅広いですね。昼職の方が多いかもしれない。僕らのグループは、『THE ROLAND SHOW』っていう媒体があることによって、ホスト界隈で遊び慣れているコたちではない層にマーケティングできているから。それプラス個人のYouTubeや配信を通してアプローチできる範囲も広いので、日本全国からお客様は来ますし何なら海外からも。

昼職というと何してる人が多いんですか?

職種を聞いたりはしないのであんまりわからないですけど、起業していたり、自分で仕事をしていたり。会社勤めでも上のポジションについている方も多いですね。でも、いわゆるOLさんみたいな人もたくさんいると思います。

ただ、お客様は固定メンバーではないので。毎月絶対にこの人たちが来てくれるとか、いくら使ってくれるみたいなことはないですね。

いつも同じメンバーではない?

そうですね。週に何度も来てくださる方もいますけど、数カ月に1度の人もいますし、毎月全然違いますね。僕は営業LINEとか一切しないんですよ。今月これだけやってほしいとか言わないし。それぞれ自由に。来たいときに来て使いたいときに使ってもらえたらっていうスタンス。

それは無理をさせなくていいっていうところにもつながりますよね。それぞれのペースで貯め期を作れるから疲弊しない。自分のタイミングで推し活ができるから、結果的に1回1回の単価が高いのかなって思います。

優士のシャンパンタワー何も言わずとも高額なシャンパン開くのは推し活だから? 「そこはやっぱり応援することが目的になっているからだと思います。それぞれ無理しない範囲で推せるときに来店してくれる。楽しめる範囲で推し活してもらってます」。写真は5月に開催された代表就任祭でのドネタワー♪

 

優士が描くホスト業界の未来予想図

最後に今後のホスト業界について。どんな流れになっていくか、優士さんなりの見解を伺えたら!

昔ながらの色恋、本営、売掛がオワコンなのは当然として、初回でお客さんを掴んで…っていうやり方も含め、ホストの売り方はもう既に変わっていってますよね。それこそ僕たちが去年やった、配信を見て投げ銭を経て推しになったリスナーたちがお店に足を運んで顧客になるっていうのが今後の業界の未来。そこがスタンダードになると思います。

その流れを踏まえたときに、そもそも永久指名制度っていうものが普通に必要なくなるなっていうのが僕の見解。永久指名っていう制度はとてつもなく古いんですよね。そんな縛りをしているからいろんな問題がどんどん生まれてくる。だいぶ時代に合っていない仕組みなので。そこが今後激変すると思ってます。

優士と『THE CLUB』従業員たち6億2,000万という日本記録を樹立したと同時に、THE CLUBでの最後の営業日。優士さんめっちゃ笑顔!

永久指名制度はなくなる!?

なくなると思っていますし、なくしていきたいと思っています。キャバクラと一緒で、指名替えが自由にできるほうが広い視野で見たとき業界の健全化をはかれる。同時に初回料金の価格差もなくていい。初回が安いっていうのは永久指名に結びつけるシステムでしかないから。そうならなかったとしたら、ホストクラブとはまた別な業態があってもいいのかなって思いますね。

別な業態?

それ、僕が思い描いている未来なんですけど、ホストとかホストクラブとか、そういうジャンルですらない全く新しい形態。業界が革新していかないなら、今までのホストクラブのシステムを度外視した新しいジャンルの業界を作る、それも時代に即した方向性だなと思ってます。

僕はローランドグループを業界一にするという夢の元に動いていますけど、同時に新しい形態のエンタメとしてのホストクラブ像も考えてる。より良い未来が描ける方向性があるなら、僕はどんどんそっちに進みたいですし、目下そこを模索しているところです!

 

 

前後編2回に渡ってお届けした優士さんインタビュー。ホスト業界の分岐点としても書き残しておきたい要素が満載だったので、前編、後編ともにだいぶ文章量多めでお届けしました。最後まで読んで頂きありがとうございます♡ そしてお忙しいところ、大阪から撮影に来て頂いた優士さん改めて感謝です! (取材・文/ささきみどり)

<RECOMMEND>
こちらの記事もおすすめです。

6億2,000万という前代未聞の売上で2023年度の業界ナンバー1を獲得。同時にホスト史の記録も塗り替えたレジェンド。

ボーイズバーで働いていた18~19歳の頃、深夜テレビでローランドを見かけ衝撃を受ける。「この人と一緒に働きたい」とすぐに在籍店へ面接を受けにいくも3秒で落とされるが、何とか雑用係のボーイとして入店。その後あっという間に売れていき、“ローランドの右腕”と呼ばれるまでに。

コロナ禍での店舗閉店に伴って一時はホストを休業。漁港近くの定食屋で働く日々を経て2022年12月に現場復帰。復帰後は営業方法を一新し、当時先駆けだった配信&投げ銭マーケティングを導入し成功をおさめた。

2023年いっぱいでプレイヤーをあがり、2024年から『THE CLUB OSAKA』の代表を務めている。

生年月日:1998年2月28日
身長:168cm
血液型:A型
出身地:東京都
在籍店:大阪ミナミ『THE CLUB OSAKA』
現在の役職:代表取締役

Related columns
昨年、6億2,000万というとんでもない数字で、ホストの売上レコードを大幅更新した、『THE CLUB OSAKA』の優士さんがメゾンドボーテ初登場! どうやってこの数字を上げたのか優士さんはどんなホストなのか、前後編2 […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 一條りおなコラムバナー

    西のレジェンド・一條りおながスパッと解決!キャバ嬢のお悩み相談室♡【後編】こんな...

    ベテランキャバ嬢、一條りおなさん(大阪『ZOOミナミ』)を先生に、前・後編2回に渡ってお届けしている夜職のお悩み相談室。 フリーの掴み方や集客、接客に関するお悩みにお答え頂いた『前編:今よりもっと売れたい編!!』に続き、後編となる今回はより現場レベルでの悩みに直結した『こんなときどうする!?編』をお届け♡ 「フリーに着けてもらえない」「枕はしたくない」といった切実な諸問題をさくさく解決! さっそく... 続きを読む
  • 一條りおなコラムバナー

    西のレジェンド・一條りおながスパッと解決!キャバ嬢のお悩み相談室♡【前編】今より...

    見た目、トーク力、あしらい力、気遣いや機転…etc。キャバ嬢は自分の価値をお金に変える究極の接客業! それ故に悩みや迷いも当然多いわけで…。インスタグラムで募集した「夜職のお悩み29個」に前・後編で回答! 答えてくれたのは大阪を代表するレジェンド、『ZOOミナミ』の一條りおなさん! 酸いも甘いも噛み分けたベテランキャバ嬢の含蓄あるお言葉とアドバイスは読んでおいて損ナシ。前編となる今回はフリーの掴み... 続きを読む
  • なんでそんなにかわいいの!? 永久保存版 “きほの顔”全解説♡

    初登場からたちまち大人気!! 「こんなかわいいコがいたなんて!」と話題沸騰中な『六本木ファブリック』のトップキャスト・きほさん。その「かわいい」はいかにして築き上げられているのか、“きほ流美の作り方”をフィーチャー! メイク、スキンケアから整形までからかわいすぎるお顔の秘密を解説してもらいました♡ お顔解説 -メイク&コスメ- メイクのポイントは猫目と平行太眉♡ ―きほさん的なメイクのポイントって... 続きを読む
  • 指名が取れない超Sクラスキャバ嬢!! きほ(ファブリック六本木)接客は1日1組...

    指名が取れない超Sクラスキャバ嬢として注目度急上昇中!! 『ファブリック六本木』のきほさんがメゾンドボーテ初登場! 太いお客様だけを大事する少数精鋭の営業スタイルや、そのための時間の使い方や自分ルール、キャバ嬢としてのスタンスを余すところなく語って頂きました♥   六本木の前は愛媛の松山。大学生兼キャバ嬢でした ファブリック六本木のきほです。ファブリック在籍は1年くらいです... 続きを読む
  • 全国有名キャバ嬢の極太客で超金持ち!謎多き “まあたん”の正体とは?

    全国有名キャバ嬢の極太客で超金持ち!謎多き “まあたん”の正体とは?

    愛沢えみりさんや有名キャバ嬢の極太客として知られ、彼女たちのインスタにも度々登場している男性“まあたん”。Instagramのフォロワー数はなんと10万人超えと、なかなかの有名人!一体なぜそんなにお金持ちなのか?何をしている方なのか??謎のベールに包まれたその正体が遂に明らかになります♡ 【まあたんさんプロフィール】 肩書き:経営者/出身地:福岡県/趣味:筋トレ/最終学歴:早稲田大学大学院修士課程... 続きを読む
  • 葉月芽生卒業!! そして伝説へ… キャバ嬢12年目の「裸」解禁 最後のバースデー...

    30歳のバースデーを最後にキャバ嬢を卒業した葉月芽生さん。12年間の思いを込めたラストイベントについてインタビュー!「仕事のことを考えていない状態が新鮮!」という現在の心境、引退後の新しい生活についてもお話を聞きました♪   ラストバースデーのテーマは『裸』♥ ―9月28、29日のバースデーイベントを最後にキャバ嬢を卒業。お疲れ様でした!でも、ちょっとびっくりしましたけどね... 続きを読む
  • クビになったキャバ嬢がナンバー1キャストに♡ 六本木『Lalah』のらら 悔しさ...

    小悪魔agehaモデルとしても活躍中な六本木『Club Lalah(ララァ)』のららさんがメゾンドボーテ初登場! 秋田から上京してララァにたどり着くまでのお話を中心に、安定した結果を出し続けるための働き方や、キャバ嬢人生最大の転機「突然のクビ宣告」エピソードなど、盛りだくさんでお届けします♡   面接一回落ちたのに、素知らぬ顔してまた受けました♡ 六本木のララァのららです。ララァは201... 続きを読む
  • 佐藤くるみコラムバナー

    最強コンカフェ嬢 『舞々悪魔』佐藤くるみができるまで♡ 職業・お姫様の履歴書!!

    コンカフェの最高峰店『舞々悪魔(まいまいでびる)』統括マネージャー佐藤くるみさんが2度目の登場! 初登場時は“まいでび”のお話がメインでしたが、今回は改めてくるみさん個人にスポットを当てたコラムをお届け。 地元茨城のローカルキャバクラからはじまり、上野時代、昼職時代と様々な時代を経てコンカフェ界の頂点に立つまで。そのキャリアの変遷をたどりながらくるみさんの人物像に迫ります♡ ★『舞々悪魔』さきぼん... 続きを読む
  • 落語日本一、早稲田卒、ソープで土下座… 南条京垓 地雷メイクなクセ強ホストの人生...

    Twitterに面白動画を上げ続けてたちまち認知度全国区! お茶の間に笑いを届ける『Chloe(クロエ)』の南条京垓(なんじょう きょうが)さんがメゾンドボーテ初登場! 女装が絶妙にかわいかったり、ちいかわを大量に背負っていたり、早稲田卒だったり、落語日本一だったり…と、構成要素が盛りだくさんな南条さん。キャラと個性と経歴が大渋滞しているので、生い立ちから現在までを年表でまとめつつその人物像に迫っ... 続きを読む
  • 正統派のNo.1ホスト・歌舞伎町『Lillion』ノア “リリオンの良心”がメ...

    「ホスト養成所」で知られるエルコレ屈指の人気店『Lillion(リリオン)』。そのナンバー1で代表のノアさんがボーテ初登場! 個性派ぞろいのリリオンメンバーのなかで、正統派のカッコいいホスト像を貫いているノアさんはどんな人なのか。ホストヒストリーからお仕事心得までを深掘り。ノアさんの人物像に迫ります! “怒られくん”こと爆撃竜馬さんとのほっこりエピソードや、“軍神”こと店舗プロデューサーの“心湊一... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 優士 > ROLAND GROUP 優士 6億2,000万のホスト【後編】売上日本一の「習慣・マインド・仕事術」編!!