Page
Top

コラムTOP > コラム > ビジネス > 嵐がこようがイベントがある限り働き続ける影の主役、花屋の実態♡

嵐がこようがイベントがある限り働き続ける影の主役、花屋の実態♡

嵐がこようがイベントがある限り働き続ける影の主役、花屋の実態♡

街で、インスタで、パッと目を引くキャバクライベントの派手な装飾。かわいくって特別感も出せる華やかなお花やバルーンは、一体どういう人の手によって作られているのか♡ キャバクラのイベントを影で支えるお花屋さんのお仕事について聞いてきました!
今回は歌舞伎を愛し、歌舞伎に生きる「新宿の花屋」杉山さんにお話をお伺いしました♡

歌舞伎町でお花屋さんに困ったら「新宿の花屋」!

いきなりなんですけど、お店の名前が「新宿の花屋」なんですね?

そうです。もともとは「オスカル」っていう名前だったんですけど去年の4月に変えました。お客様も夜の業界の方が多く、東京以外から新宿に頼まれるようになってきてるんですね。たとえば大阪から新宿にとか。そういう場合、どこのお花屋さんにたのんだらいいかわからないじゃないですか?「新宿 花屋」で検索してもらえれば検索に引っかかるようにっていう、そういう理由です(笑)

なるほど!名前を変えたことで、何か今までと変わったことはありました?

これからじゃないですかね? 少しずつ浸透してくると思うので。

杉山さんはエミリアウィズのイベント時の店舗装飾もやられていたと記憶していますが、夜のお店だけじゃなく、アパレルのお店でもOKなんですか?

大丈夫です。あとはプライベートなホームパーティーのバルーン装飾のオファーとかもありますよ。お花もバルーンもどちらもできるんですけど、キャバクラさんはお花とバルーンのMIX案件が多くて、一般家庭は子供の誕生日とかホームパーティとかで、バルーンがメインになりますね。

それは注文した側がそういう希望を言うんですか?

はい、お客様から注文が来るので打ち合わせして。たとえばホテルでプロポーズしたいっていう依頼がくれば、ホテルに装飾することもあります。

事前に打ち合わせするんですね!

そうですね、しないとできないです(笑)

結構、細かいところでわからないことが多いので。たとえば部屋を装飾するってなると、何で留めていいのかわからない。両面テープで貼ると壁紙が剥がれてしまったりとか、いろんなことがあるので現地をみないとわからないですね。

1件1件見るんですか?

装飾して、主役が帰って来てサプライズっていうパターンだと必要になりますね。でも写真で対応する場合もあります。「どれくらいの広さですか?」とか「ピン使って平気ですか?」とかヒアリングして。

装飾物を撤収するところまでがセットですよね?

バルーンは割って処分してもらうこともあります。持ち帰りたい方にはそのまま持ち帰ってもらったりもします。

キャバクラのイベント時の装飾とかお店の面積も広いし飾り付けも豪華ですよね?そういうのって大体何人くらいでどのくらい時間がかかるんですか?

規模によりますが予算100万円超えとかの大きめな案件は4、5人で1日かかったり。お花をさす時間と設置する時間が必要じゃないですか?
それで大体2チームにわかれるんですけど、まず前日までに作っておいて当日納品するだけなら3人とかでもできます。あとはスケジュールと規模によってバラバラです。

嵐だろうがイベントが有る限り働き続ける影の主役、花屋の実態

水商売からお花屋さんへ突然の転職♡

杉山さんはなぜこのお仕事をされてるんですか?

私がもともと水商売をしていて、六本木や大阪でショークラブやサパーにいたんです。で、水商売に関係のあるヘアメイク、ネイル、ドレス、花など関連事業があるじゃないですか? その中で売り上げに悩んでいた花屋の買取り話が、最初僕の先輩のところにきて、そこから僕のところまで話が降りてきたのが始まりです。

ええ!?いきなりですね。そんな急に買い取るのって勇気いきませんか?

勇気いります。まぁリサーチはした状態で、圧倒的にダメな部分があったのでソコさえ改善すれば大丈夫でしょうってところがあったのでGOは出しました。

そもそもなぜお花屋さんを?

単純に儲かるって思ったんです。知り合いもたくさんいて、見込みもけっこうあったんで。何百万くらいの売上はとりあえず立てられるでしょうっていう概算があって。人が多くなければまわるでしょうっていう。人件費が一番かかるので。そこだけ精査すれば、あとは自分の給料をおさえれば最初は大丈夫、っていうところでやりましたね。

結果どうでした?

結果…色々ですね(笑)

大変なこともありましたし、そんな簡単にはうまくいかないです。でもなんとか続けさせてもらってます。

街のお花屋さんとは違うんですか? 普通にお花は買えるんですか?

買えますよ。普通に花束とかも作ります。ただ、そういうイメージのお店作りをしていないので。作業場…工房みたいな感じなんです。街のお花屋さんみたいなディスプレイはしてないです。だからシャッターをあけたら脚立があって花瓶があって…みたいなノリなので。「なにこれ花屋?」ってなると思います(笑)

嵐だろうがイベントが有る限り働き続ける影の主役、花屋の実態

じゃあ何も知らない人がポンとお花を買いにくることはないですか?

ほぼないです。知ってる人しかいないですね。

ところで、キャバ嬢の方のバースーデーベントの装飾をする際に、女の子から指名されるんですか?

本人もしくはお店から連絡が来ます。お店行って打ち合わせして、金額と内容を決めて。女の子も売り上げが上がったほうがいいから、うちのほうでも宣伝したりしますね。たぶん歌舞伎町の中だけで1,500人くらいは知ってると思います。池袋、六本木、渋谷には弱いんですけど。

歌舞伎だけで1,500人ってすごいですね! 

でも10年かかりましたんで(笑)

辞めた人もいますし。いったりきたり、出たり入ったりがあってなんとなく今は1,500人くらいって言う感じです。

歌舞伎町には他にもお花屋さんってあると思いますが、その中でも「うちは1番なんじゃないか」っていう自信はありますか?

ないです。他のお花屋さんがやってる装飾も結構見てるんで。うちだけじゃないよなっていうのはわかってます。たとえば、うちってキャバクラさんは強いんですけどホストさんのお客様はまだ、全売り上げの1割程度です。

嵐だろうがイベントが有る限り働き続ける影の主役、花屋の実態

じゃあ、あんまり一人勝ち感は自覚ないんですね?

僕の勝手なイメージなんですけど、キャバクラさんのほうが流行に乗ってるというか。装飾はインスタ映えもしますし。ホストさんは一部の敏感な方だけにしかそれがないように感じてます。

たしかにホストさんでインスタのフォロワー数多い方ってあんまりいないですよね。キャバ嬢さんだといっぱいいますけど。ところで、お仕事内容が独特な気がしてたんですけど、やってる事は街のお花屋さんとそんなに変わらないんですか?

いや、ぜんぜん違うと思います(笑)

お花を仕入れにいったりは同じですけど、打ち合わせや装飾するっていうところは違うと思います。やっぱりこう…基本的にお客さんが良かったらOKじゃないですか?業界的に色を押し付ける側面があるんですよ花屋って。「うちはこういうのしかできませんから」みたいなことが結構ある。それは良くないことだと思うんです。僕もともと水商売なのでお客さんの気持ちわかるじゃないですか?だから、「喜べば何だっていいんじゃない?」みたいな。

地道な数珠つなぎで活動で新宿の立役者に♡

ところで、どうやってお客さんを掴んでいったんですか?

最初は飲みに行きました。顔を覚えてもらわないといけないんで、半分売り込みです。「どうすればいいかな、どことつながればどうなるかな」っていうのを考えて。たとえば、仲のいいキャバクラの女の子に、他店で働いてる女の子を紹介してもらうんです。で、紹介された子のところに行って「何かあったら頼みますね」っていうのを永遠やってました。

数珠つなぎですね!

そうです。その頃からキャバクラ系のサイトは豊富にあったので「この店のナンバー1は誰」とか分かってるわけですよ。そこにどうやったらたどり着くかな、みたいなことをしてました。で、女の子には黒服さんがついてるので、その方と仲良くなって情報交換したりとか。めちゃくちゃ地道ですよ。そこの部分で最初は赤字出ました、ずいぶんお金払いましたね(笑)

そうですよね!でもそれは初期投資でしょうがない。

しょうがないです。初対面でいきなり「良かったら頼んで」とは言えないじゃないですか、やっぱり。「良かったら使ってやってください」くらいな感じで。

そこまでの草の根運動をみんなができるのか…。途中で心折れる人がほとんどな気がします。

まぁ運が良かったんじゃないですか? もともと水商売やってたのもあって知り合いが増えていくのも早かったんで、それは良かったと思います。

何かトラブルとか、急な変更依頼とかも多そうです。

はい…でもそんなことよりもキャバクラ全体が流行らなくなるのが一番困ります。業界が流行ってないと花屋は必要ないから、そっちのほうが怖いです。今のところ大丈夫ですけど、なんかあるんですよ、5年に一度くらい周期が。「イベントが減った」、「イベントするけどお金はかけない」みたいなことが度々。オリンピックがあるからってキャバクラは流行らないんですよね、多分。いいものを作るのが先か、安いものをたくさんつくるのが先かみたいなところがあって、どっちかっていうと「数が少なくても良いものを出したほうがいいんじゃないの?」っていう時期に来てる気はします。

そういう波も読まなきゃいけないんですね。今後、他の街に進展する予定はありますか?

ないです、ずーっと歌舞伎町です。少なくとも他の誰かと行って、誰かにさせるのはないですね。同じことができないし、時代も違うし。歌舞伎町だから通用したものがそっちでは通用しないとか。あと、歌舞伎が日本で一番流行りが早いって思ってるので。似たようなものが他の地域にあることはあっても、よそからの発信ってあんまりない。圧倒的にかわいいのも、規模も、街レベルで考えたらやっぱり歌舞伎町が一番だと思います。

嵐だろうがイベントが有る限り働き続ける影の主役、花屋の実態

キャバクライベントでのかわいい装飾は繁華街の風物詩的なものになったけど、それだって当たり前じゃない♡ 夜な夜な打ち合わせして装飾して、動いてくれる人たちがいるから成り立ってるということに改めて感謝♡

Today's Ranking

  • 無理しないのが貯金の近道!ことみ流・財テクのすべて♡

    無理しないのが貯金の近道!ことみ流・財テクのすべて♡

    そもそもキャバ嬢になった理由が「学費を稼ぐため」だったと以前語ってくれたことみさん。稼げるイメージの夜職だけど、「稼げる」のと「貯金できる」ことはイコールにならないもの。今回は、「稼ぐ上に貯金もしている」ことみさんに、そのテクニックを教えてもらいました♡ キャバ嬢は収入も多いけど出費も多い職業だと思います。その中で無理なく貯めるにはどうしてますか? 自分が何にいくら使っているのか把握す 続きを読む
  • 銀行からキャバクラに転職!異色のノンアルキャバ嬢・メイサ♡

    銀行からキャバクラに転職!異色のノンアルキャバ嬢・メイサ♡

    会社を辞めて24歳からキャバクラで働きはじめたという異色の経歴をもつメイサさん。 よくよく話を聞くと3ヶ国語喋れたりハーフだったり結構な詐欺にあっていたり、何かとキャラが濃い模様!気になることだらけのメイサさんのアレコレを聞いてきました♪ 【メイサさんプロフィール】 生年月日:1990.7.28生まれ/身長160㎝/血液型:A型/出身地:東京都/在籍店:六本木JUNGLE TOKYO 続きを読む
  • 月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを築くブレない接客術

    月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを

    気がつくとハマって抜け出せない、それがROLAND(ローランド)様ワールド! 「冴えない男と飲むリシャールより俺と飲む雨水」、「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」などの名言で有名な、歌舞伎町プラチナ本店の取締役を務めるローランド様。伸び悩んだ不遇の時代からホスト界の帝王に就任するまでの歴史や、独自の世界観をお届けします♡ ローランド様プロフィール 歌舞伎町PLATINA 続きを読む
  • 大人になるほど美肌になっていく!美容オタク椿そらの秘密♡

    大人になるほど美肌になっていく!美容オタク椿そらの秘密♡

    言わずと知れた美肌の持ち主、椿そらさん。キャバ嬢としてもYouTuberとしても多忙な毎日を送っているのにその肌にはツヤがあり潤いがある!しかも、年々キレイになっていくと話題♡ その秘訣はいったいなんなのか聞いてきました! 美容に目覚めたきっかけは先輩に怒られたこと(笑) 19〜20歳くらいの頃は、肌水みたいに「たくさん入ってて安い!」みたいなコスパがいいスキンケア用品を使ってたんですよ。それ 続きを読む
  • 東海一の人気者"小川えり"ことエンリケ。名古屋で6年間No. 1をキープし続けるマル秘テク

    東海一の人気者”小川えり”ことエンリケ。名古屋で6年間N

    2017年10月のバースデーは2日間で1億円超え!!今やキャバクラ界を代表するスーパーキャバ嬢 名古屋は錦のアールズカフェ在籍小川えり、こと通称エンリケさんにインタビューをしてきました。 驚異の売り上げを誇る今Instagramで話題の東海地区ナンバーワンのエンリケさんは 最初の6年感はどん底だったけど、そのあとの6年間はずっと1位! だったそうです。今をときめくスーパ 続きを読む
  • 歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る"売上の壁"の超え方!!前編

    歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る”売上の壁”の超

    「億の男」としてその名を知られるシンスユーの蓮士 メゾンドボーテ初登場!!蓮士さんといえば「4年連続売上1億超え」や「月間売り上げ5,000万突破」など、レジェンドプレーヤーとして夜の世界で知らない人はいない歌舞伎町の伝説。現在進行形で偉業を更新し続けるその原動力とは?ロングインタビューを前・後編でお届けします♪ 蓮士さんプロフィール 『SINCE YOU  RESISTANCE 続きを読む
  • 教えて響ちゃん!“キャバ嬢あるある”なお悩みにお答え!

    教えて響ちゃん!“キャバ嬢あるある”なお悩みにお答え!

    結果が売り上げやランキングなどダイレクトに数字にあらわれるキャバ嬢というお仕事。指名がもらえない、お客様への連絡の仕方が分からない、お客様との接し方に困る…などなど、多くの悩みがつきまとうもの。そこで、常にトップで輝き続ける一条 響さんに、キャバ嬢ならば一度は通るであろう、「あるあるなお悩み」に答えてもらいました♪ <初心者編> Q.これからキャバ嬢になりたいと思ってます! お店選びの 続きを読む
  • エリアを変えてRE:START♡  ふうか・六本木から歌舞伎町へ電撃移籍!

    エリアを変えてRE:START♡ ふうか・六本木から歌舞伎町へ電撃移籍!

    今年の5月に六本木を飛び出し、現在は歌舞伎町・45(フォーティファイブ)へ移籍したふうかさん。 慣れ親しんだ街を抜け出し、新たに歌舞伎町で再スタートすることを決めた経緯や心境など語ってもらいました♪ 六本木から歌舞伎町へ、エリアを変えてまで移籍した理由はなんですか? シンプルに「環境を変えて頑張ってみたい!」と思ったのが理由です。新しいことにチャンレジするのが昔から好きなんですよね♪ 続きを読む
  • キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    都内の高級キャバクラでは一番安いボトルでも15万~20万円はするという超高級シャンパンのアルマンド。キャバ嬢の新定番といっても過言ではありません。3年前までは知らない人も多かったアルマンドがなぜいきなり流行りだしたのか?Ace of Spades(スペードのエース)のラベルでおなじみのシャンパンが流行りだした5つの理由とは? (2018年11月10日追記あり) アルマンドはシャンパンとして 続きを読む
  • 愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    歌舞伎町を代表する愛沢えみりさんと、著書『日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力本』(KADOKAWA)を出版し、ますます注目度が高まるエンリケこと小川えりさん。ふたりの馴れ初めからお互いへの質問まで、メゾンドボーテでつながったふたりの、ここでしか読めない仲良しリスペトークをお届け♡ ふたりの出会いっていつ頃なの? 小川えりさん(以下エンリケ):1年半くらい前かな??えみりちゃん 続きを読む
コラムTOP > コラム > ビジネス > 嵐がこようがイベントがある限り働き続ける影の主役、花屋の実態♡