Page
Top

コラムTOP > コラム > 一条響 > 名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

あの日、あの時、あの店で、名刺で振り返るキャバ嬢ヒストリー。
昨年末、歌舞伎町フォーティーファイブに移籍してさらに波に乗る“一条響”さんが登場。古株お姉さん達にきたえられた六本木時代から、キャバ嬢として大きく羽ばたいた歌舞伎町までネオン街人生をプレイバック!!

髪をバッサリ切って「響=ショート」が定着♥

(名刺1/舞人時代)

舞人時代一条響写メで着ている服は撮影の衣装だと思う。当時、軽くモデルとかもしてたんだよね。私服はモード系とか好きだった。あとマウジーもよく着ていた気がする♥ ちなみに六本木時代の名刺はとってないの。

六本木の舞人(マイト)がキャバクラデビューのお店。前半は遊んでばっかりでほぼ出勤してなかった。お小遣いがなくなったら出勤する感じ(笑)
夜遊びもしたし昼も富士急行ったり、海外行ったり、バーベキューしたり。人生で一番アクティブに遊んでた時期♥このときとことん遊んだからそれでお腹いっぱいになって、その後マジメに働くのが苦じゃなくなったところはあるかも。
舞人に入店した頃にちょうど髪をバッサリ切って、それから響=ショートみたいになっていったよね。
この頃からずっと地毛は伸ばしてない。エクステとかつけても、今にいたるまで地毛はショートのまま。ちなみに源氏名は舞人のえらい人が決めてくれたのかな。でもこの頃は名字が「一ノ瀬」だったよ♪

酔っ払うとポンコツ! お客さんを覚えられない件ww

(名刺2/ビゼ時代)

ビゼ時代一条響ビゼはニュークラブだからお姉さん系がウケるってことで舞人の頃よりメイクは薄め。別に誰かに言われたわけじゃないけど髪色が明るかったからそのぶんメイクで引き算してた★

人が変わったように働きマンになって六本木ビゼに移籍♪
入店早々オスカーグループのレースの新人枠で売り上げ&指名本数で1位になった。それで名前が一気に売れたの★
そこから成績は1位~3位の間を行ったり来たりって感じだった。ビゼは古株のお姉さんがすごく多いからずっとナンバーワンっていうのは難しかったよね。
毎日知らないお客さんがいっぱい来て指名してくれてたから、「お客さんが切れてヤバイ!」みたいな事件はなかったんだけど、あまりにも人に会いすぎちゃって「今日来たの誰だっけ?」みたいになることがやたら多かった。むちゃくちゃお酒も飲んでたし酔っ払うとポンコツだから(笑)。
今はそこまで毎日飲むことはないけど当時は昼まで飲むのが楽しかったなあ♥アフターも「行く行く!わーい♥」みたいな感じだったし。終わったら女のコたちとさらにバーへ繰り出してた。お酒がすごく好きで、そうとうつき合いがよかった。それで指名が増えた部分もあると思う。
今はつき合い悪いから、その頃のお客さんには「つき合い悪くなったなオマエ!」って言われるwww

数々の不運を乗り越えて3年越しの初バースデー!!

(名刺3/セリュックス時代前半)

セリュックス時代一条響23歳になる直前に歌舞伎町に来たよ。セリュックスでバースデーイベントを打ったときの名刺。自分的に初バースデー!和装でインパクトを出してみた♥

お客さんの勧めもあって六本木から歌舞伎町へ街ごと移籍。選んだお店はセリュックス。
移籍と同時期にセッション(写真スタジオ)の看板になったからそれで顔を知った人も多かったみたい。節目として思い出深いのはやっぱり人生初のバースデーかな♥
それまではほんとにバースデーに縁がなくて。舞人時代はイベント打つほど真剣じゃなかったからいいとして、ビゼ時代はほんと不運だったの。最初の年はバースデーイベントの直前にインフルエンザになって流れて。2年目のときは盲腸で取りやめ…。大々的にイベントを打ってたわけじゃないからまだよかったけど、やっぱり悲しかった(泣)。
そんなこんなで3年越しの初バースデー。看板も大きく出したし内装も凝りまくってイベント期間は2日間。緊張したけど、でも嬉しかったな♪

名刺でプレイバック、夜の事件簿!一条響

アルマンド限定ボックスをそのままお持ち帰り♪

(名刺4/セリュックス時代後半)

セリュックス時代後半一条響セリュックス2回目のバースデー。2回目のときはタワーもやって1回目よりもさらにスケールアップ★

話は前後しちゃうけど、歌舞伎町に移ったときに名字も変わったんだよね。六本木時代は「一ノ瀬 響」だったんだけどセリュックスでは名字が一ノ瀬から「一条」になったの。下の名前が同じ女のコが2人いて、そのコたちの名字が一ノ瀬と藤堂でそれぞれ名字で呼ばれてたから、ややこしいよねってことで私が名字を変えたの。
このとき変えてなかったら今も一ノ瀬響だったんだなと思うとちょっと不思議(笑)
お酒絡みで記憶に残っているのはアルマンドの限定ボックスをもらったことかな。中身はプラチナ、ピンク、ゴールドで150万円くらいのボックス。
そのときそのボックスは日本で5コしかなかったの。お店のソムリエさんが入荷しているのを察知して、「欲しい!」ってお客さんに言ったらおろしてくれた♥別になんてことない日でそんなに飲む感じじゃなかったから、その限定ボックスはまんまとお持ち帰り♪ でも特に飲む機会があるわけでもなく、そのまま今も家にある(笑)

「フェイクで水を飲む」という技を習得する!!

(名刺5/ディアレスト時代)

ディアレスト時代①一条響名刺ディアレストに移籍して早々に作った名刺。ちなみに撮影のときはエクステをつけてロングにしたりすることが多いかも。でもすぐ外しちゃう。やっぱり基本ショート!!

 

ディアレスト時代②一条響名刺ディアレストに入ってちょっと経った頃。これは一番好評だった名刺かもしれない。結構ずっとこの名刺を使ってた♥

セリュックスには約2年くらいいたのかな。
その後、2016年の11月17日にディアレストに移籍したの♥ちなみになぜか日付をはっきり覚えてるのってキャバ嬢あるあるだと思う(笑)
この頃はお酒を昔ほど飲まなくなっていたよね。っていうか弱いってことがわかった。でもすぐにはつぶれないの。酔っ払うのはすごく早いんだけど長く飲めちゃうから強いと思われている節があってww というのも実はちょっとずつフェイクでお茶飲んだりしながらやってるから。ウエーイって乾杯するときは口をつけるんだけど、あとはちょいちょい水とかお茶飲んでる。
そういう技を身につけた!
みんながイッキしているときにイッキしないとバレバレだけど、みんなが酔っ払ってきたらもはや誰が何を飲んでいるかなんてわかんないから。そのへんで肝臓をいたわってるの(笑)

フォーティーファイブに移籍。入店祭しました♪

(名刺6/フォーティーファイブ時代)

フォーティーファイブ移籍一条響名刺フォーティーファイブに移籍したときに作った名刺。お店の看板と同じ名刺だよ。髪は久々にスーパーロングにしたよ♥

去年の12月5日からフォーティーファイブ在籍♥
黒服さんが自ら進んでお酒をたくさん飲んでくれることにまずビックリ(笑)その心意気、めちゃくちゃありがたい!!
フォーティーファイブでは入店祭というものをやったよ。ホストの世界では移籍したときによくやるけどキャバ嬢ではあんまり聞かないよね(笑)入店祭ではラベイでタワーもやりました。それとは別にダンボネ(クリュッグ・クロ・ダンボネ)とドンペリのP3を入れてもらったのが嬉しかったな♥
ドンペリP2までは普通に置いてあるんだけど、P3は歌舞伎町のキャバクラに入荷されるのは初だったらしい♥

新宿・歌舞伎町「FOURTY FIVE(フォーティーファイブ)」不動のNo.1キャバ嬢。

バースデーイベント3日間で1億円、イベントがない日でも3,000万円超えの売上記録を持ち、同店のディレクターとしても携わる。
自身のインスタグラムフォロワー数は40万人以上。お客さんはもちろんのこと女の子からの人気も高い。昼はまつエクサロン『Eye Sound』の経営者を務めている。

職業:歌舞伎町「フォーティーファイブ」ディレクター兼キャバ嬢 / まつげエクステサロン「Eye Sound」経営
在籍店:新宿・歌舞伎町 FOURTY FIVE
愛称:ヒビコ
生年月日:1992年9月9日
身長:161.5cm
体重:38kg
足のサイズ:23.5cm
星座/血液型:おとめ座/AB型
好きな食べ物:お鮨
嫌いな食べ物:にんじん
趣味:ゲーム


【経歴】

高校卒業後、友達に誘われたことがきっかけで六本木の高級店『舞人(マイト)』に勤める。当時は週1出勤、おこづかい稼ぎで働いていた。

その後、六本木の有名店『ビゼ』へ。週5勤務になり移籍後たった半年でグループレースの新人枠で1位に輝く。お客さんに歌舞伎町を経験すること勧められ、キャバ嬢人生のチャレンジとして新宿の『セリュックス』に移籍。入店1週間でお店の看板嬢になり、約2年在籍する。

同じく歌舞伎町の『ディアレスト』に移籍した後、現在勤める『フォーティーファイブ』に在籍。移籍後2週間で3,000万円を売り上げる。ちなみに六本木時代の名字は「一ノ瀬 響」。新宿『セリュックス』に同じ源氏名のコがいたことが理由で「一条 響」に変えた。


【在籍店】

・2010年:六本木・舞人(マイト)でキャバクラデビュー。約一年半在籍。
・2012年:六本木・ビゼに移籍。新人枠の売り上げ&指名本数で1位。
・2014年:新宿歌舞伎町・セリュックスに移籍。約2年在籍。
・2016年11月17日:新宿歌舞伎町ディアレストに移籍。
・2017年12月5日:新宿歌舞伎町フォーティーファイブ在籍


【pickup interview】

Q. SNSでのマイナス発言で生じるデメリットは?

A. イメージがついちゃう気がする。「このコはこういう感じなのかな?」みたいな。あるいはそれまでのイメージが崩れる危険もあるよね。そういうこと全部、自分的にはあんまり良いことじゃないなって思うから。思いはいろいろあっても言わないかな。

Q. 売れてる感を自分で作る?

A. 自分で自分の価値を上げれば、お客様側からしたら「このコにはお金を使わなきゃ」っていうふうに見えると思うんだよね。超ボロボロの服を着て、ボサボサの頭で、ハイブランドも何もつけずに、ただただ太っている体で座っていても、このコにお金を使おうとは思わないじゃない? だから「自己投資しなさい」っていうのはみんなにめっちゃ言ってる。アクセサリーは武器だし、かわいいは正義だし。デブは甘えなんだよね。キャバクラでは自分が商品だから。お金を使ってもらうに値する見た目は絶対的に必要。

Q.響ちゃんから見て、売れてない人に共通する特徴ってあったりする?

A. マイナス発言が多いことかな。言霊ってあるじゃん? それって結構本当だと思うんだよね。私太ってる、私かわいくない、私人気ない、私売上ない、そういう発言が「ヤル気が出ない」につながって「もういいや」になってっちゃう。「もういいや」ってなってる人にはパッとした明るさがないから人を惹きつけられない。結果もっと売れなくなる…負のループだよね。

(※2021年7月時点の情報を元に作成しています)

Related columns
歌舞伎町『FOURTY FIVE(フォーティーファイブ)』のディレクター、一条響さんがお店の女の子たちに教えているキャバ嬢の“商品心得”に注目! 年間7億を売る“億女”の教えは今よりもっと売れたいコ必見です♥ […]
歌舞伎町『FOURTY FIVE(フォーティーファイブ)』のディレクター、一条響さんがお店の女の子たちに教えているキャバ嬢の“商品心得”に注目! 年間7億を売る“億女”の教えは今よりもっと売れたいコ必見です♥ […]
続きを読む
初書籍が好評な歌舞伎町『FOURTY FIVE』の一条響さん。年間7億を売り上げる具体的な接客のテクニックからプライベートまで、普段語られることのない面がクローズアップされた『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりか […]
初書籍が好評な歌舞伎町『FOURTY FIVE』の一条響さん。年間7億を売り上げる具体的な接客のテクニックからプライベートまで、普段語られることのない面がクローズアップされた『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりか […]
続きを読む
年間売上2年連続7億円越え!!  一体どこまでブチ上げるのか、まだまだテッペンが見えない一条響さんのキャバ嬢人生♥  夜の世界では見たことも聞いたこともないこの圧倒的な数字、前人未到の記録を更新し続けられる […]
年間売上2年連続7億円越え!!  一体どこまでブチ上げるのか、まだまだテッペンが見えない一条響さんのキャバ嬢人生♥  夜の世界では見たことも聞いたこともないこの圧倒的な数字、前人未到の記録を更新し続けられる […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます... 続きを読む
  • 歌舞伎町『NOW』桜咲乃愛 突き抜けて売れたいコに贈る 病み卒業メソッド...

    キャバ嬢に病みはつきもの。とはいえ病まずに毎日ハッピーに過ごせたらそれに越したことはないですよね。「昔は全てのことが悲劇だと思っていた」という、歌舞伎町『NOW』の桜咲乃愛さんに病み卒業の方法を伺いました!   ペースを乱す人、不都合な人を受け入れない ―乃愛さんはキャバクラやってて病んだりします? 病まない。病む原因になることを断ち切る! キャバクラで病むのって大体お客... 続きを読む
  • 葉月芽生 昼職、アパレルはじめて物語♥️ カジュアル...

    デザイナー兼プロデューサーを務めるアパレルブランド『MAYLENE(メイレン)』が好調な葉月芽生さん。夜から昼へ、順調にセカンドキャリアを築きつつある芽生さんですが、始動した当初は「外の世界を知らない子供がいきなりお使いに出されたみたいだった」んだとか! ブランド立ち上げの経緯やはじめての昼職にまつわるお話を伺いました♡   カジュアル服のブランド立ち上げました♥ ... 続きを読む
  • 六本木『JUNGLE TOKYO』あみ が更にかわいくなった5つの秘密&...

    歌舞伎町から六本木に移って人気急上昇中!! 注目度がUPしている『JUNGLE TOKYO』のあみさん。近頃ではキャバクラ情報誌だけでなく一般誌のモデルにも起用されるなど活躍の幅も拡大。ますますかわいくなったと評判です。何がどう進化したのか、メイクからマインドまで5つの項目であみさんがかわいい理由を調査しました♥   六本木に来てかわいいって言われることが増えた&#... 続きを読む
  • 年間7億円の“億女”一条響の売れる7ルール♥ 今よりもっと売れたい...

    歌舞伎町『FOURTY FIVE(フォーティーファイブ)』のディレクター、一条響さんがお店の女の子たちに教えているキャバ嬢の“商品心得”に注目! 年間7億を売る“億女”の教えは今よりもっと売れたいコ必見です♥   ①ストーリーを上げ続けてフォロワー数が倍増♥ ―いま、インスタのフォロワー数が40万人(取材時)ですけど、フォーティーファイブ入店前とあと... 続きを読む
  • 日本の頂点、銀座!いま最も勢いのある新進気鋭の“明日香ママ”とは

    日本の頂点、銀座!いま最も勢いのある新進気鋭の“明日香ママ”とは...

    「30歳には銀座で自分のお店を持つ」そう心に決めて叶えた銀座「Blair」(ブレア)の明日香ママこと唯吹明日香さん。ブレアだけでなく、バーや美容院、エステの経営も行なっているというパワフルな女性。日本一の場所、銀座で成功し今も走り続ける明日香ママの知られざる歴史をおうかがいしました♡ 自分の上に人がいるのが嫌。負けず嫌いを発揮して勝ち取ったナンバー1 最初に夜を始めたのは大学3年生の4月くらい... 続きを読む
  • 『ファブリック新宿』夏目こころ ゼロから始まるキャバ嬢第二章♥...

    キャバクラ社長&プロデューサーからプレーヤー復帰!! 『ファブリック新宿』でキャバ嬢に戻った夏目こころさんの現役復帰インタビュー。「めちゃくちゃ恥ずかしかった」という復帰前後の心境、再出発の場所にファブリックを選んだ理由、そして現在のお仕事ぶりまで詳しくお話を伺いました♥   結果を出せばお金は後からついてくる ―こころさん、キャバ嬢に現役復帰したっていう話ですけ... 続きを読む
  • 『ジェントルマンズクラブ』KIKO 売上ゼロから始まったジェントルヒストリー!...

    昨年のバースデーイベント2daysが大盛況♥ ジェントルマンズクラブの人気者KIKOさんがメゾンドボーテ初登場! 地元・埼玉のキャバクラから池袋を経て、ジェントルに二度チャレンジしたキャバ嬢ヒストリーを語ります。   初めてのジェントルは売上ゼロだった! ジェントルマンズクラブでキャバ嬢をしているKIKOです。ジェントルは出戻りで、1年半くらい辞めている期間がある... 続きを読む
  • 歌舞伎町『レヴュー』ことみ “応援”を引き出す時間の使い方♥...

    長引くコロナ禍でも、売上を落とさずナンバー1をキープしている歌舞伎町『レヴュー』のことみさん。「毎日出勤できるのは指名があるから。残ってくれているお客様を大事にしたい」と語ることみさんに、「お客さんの“応援”を引き出す時間の使い方」を聞きました! ナンバー1キャバ嬢のお仕事術からコロナの時代を生き抜くヒントを探ります♪   もっと応援してもらえるようになった♥ ―... 続きを読む
  • 伝説のAV女優・里美ゆりあ3億円脱税事件から始まった六本木キャバ嬢人生...

    AV女優として長年第一線で活躍するレジェンドにして、六本木の売れっ子キャバ嬢でもある里美ゆりあさんがメゾンドボーテ初登場。“脱税事件”がキッカケだったというキャバ嬢デビューの背景、巨額の貯金を失って180度変わったという生き方。お金、仕事、人生について語り尽くします♡ AV女優とキャバ嬢、二足のわらじを履いています♡ 六本木の『舞人』に在籍している里美ゆりあです。キャバクラと並行してAV女優を... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 一条響 > 名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~