Page
Top

コラムTOP > コラム > 桜ゆみ > 「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥

歌舞伎町の『FABRIC LOUNGE SHINJUKU』から『OVERTURE』に移籍した桜ゆみさん。「プレーヤーとしてではなく、思い描く必要な人生を手に入れるために今の自分に必要な店を選んだ」というゆみさんに、その経緯についてお聞きしました。一生は続けられないキャバ嬢人生、セカンドキャリアについて考え始めた人も必見♪

 

自粛がキッカケでじっくり将来を考えました♥

―ファブリックからOVERTUREへはいつ移籍されたんですか?

OVERTUREには10月2日からお世話になっています♪

ファブリックもすごく良い店ですよね。何か理由が?

3月31日からコロナの自粛でお店が休みになって、5カ月休んで8月末から仕事に復帰したんですけど、その間にいろいろと自分の人生を考えたんですよね。ファブリックに移籍する際も今後を考えて移籍したんですけど、「考える」っていうレベルが休業期間中にすごく深まったというか。もっと奥のほうへ降りて行って自分を見つめ直すことができたというか。

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥10月2日から『OVERTURE』在籍です♥

―ゆみさんって普段から超絶考えていますけど、それ以上にってことですか?

今までもどう仕事をしていくか、考えているほうだったとは思うんですけど、ずっと週6で働いていたので自分が思っているよりも考えられてはいなかったんですよ。日々、お酒の分解だけで体力を使い切って、日曜日も疲れて寝てるだけみたいな。慢性的に疲れていたせいで、考える体力がなかったんだなってことに、休んで体力が回復して気づきました。

―どんなことを考えたの?

私には、あと2年先くらいにはキャバ嬢以外にも仕事の軸を持っていたいっていう目標があるんですね。週6ガチみたいな働き方は卒業したいっていう。そこを目指していくときに「今のままじゃダメだなぁ」みたいな。ファブリックはプレーヤーとしてはすごく良いお店なんです。良いお客さんもいっぱいいるし、すごく稼げる。私も20代前半だったら絶対にファブリックにいます。ただ、今後自分で何か仕事を作っていきたいって考えたときに、いろんな人に名前を知ってもらっていたほうが、何をしていくにしてもいいじゃないですか。それが現状だと難しいかなって。

―ファブリックでは名前を売るのが難しい?

ブランディングの違いですよね。ファブリックは六本木系というか、キャストを前面に出すよりも店としてのクオリティの高さで売るお店なんですよ。在籍キャストのアベレージの高さとか店の内装のゴージャス感とか。ここで働けることはステータスだし良いお客さんも掴めるけど、自分の名前を売って知名度を上げて基盤を築いていこうって考えるとちょっと難しいんですよ。

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥自粛期間中はお家カフェをしながらじっくり将来を考えたんだそう。美味しそう♪

歌舞伎町にいるなら名前を売らなきゃ意味がない♪

―ネガティブな理由ではなく、方向性の違い的な移籍だったんですね。

そうです! 今欲しいものではなくて、この先欲しいものを考えたときに、今いるべき場所はここじゃないって思ったんです。歌舞伎町ではセリュックスが一番長かったんですけど、未だに「セリュックスにいたコだよね?」って言われることが多くて。キャストを前面に出す店はやっぱり記憶に残るんですよね。歌舞伎町にいるなら名前が売れる店にいないと意味ないなあっていうところで悩んでいて。

―なるほどー。

そういうとき、久しぶりにお客さんと電話で話す機会があったんですけど、その方は(FOURTY FIVEのプロデューサーである愛沢)えみりさんとジェントルマンズクラブ時代から付き合いがあったみたいで、「だったらえみりさんのとこ行けばいいじゃん♪」って言われたんですよ。「いやいやいや、そんな私に需要ないですよ」って感じだったんですけど、「とりあえず一回話すだけ話してみたら?」とつないでくれて。

―そこで、45グループとつながったわけですね。

それで、えみりさんと話したときに、「私はこの先こうなりたくて…」っていう将来のビジョンから、こういう部分が足りてないとか、自分の力だけでは追いつかないとか、そういうことも含めて全部あらいざらい話したんですねそういう細々とした話に対してえみりさんとオーナーがすごく親身になって聞いてくれて、且つ的確なアドバイスをくれたんですよ。

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥

―的確なアドバイスというと?

「この先自分で仕事を作っていけるようになりたいけど、そのためには、今キャバ嬢としてどうしたらいいか?」。そういう漠然とした難しい質問に対して、「こういう方法がある」「こういうやり方もできる」「自分たちだったらこういう手助けができる」といったことを明確に答えてくれました。私の投げたボールをしっかり打ち返してくれたというか、知りたいことに対してちゃんと答えくれる人たちって、今までいなかったから、そこでもすごく感動したんですよね。相談できる相手がいる心強さも感じたし、これは45グループに行きたいって思いました。それで、率直なところをファブリックのオーナーとも話し合って、OVERTUREに入ることに決めました。

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥OVERTURE入店初日。ケーキとお花のサプライズ♥

欲しい物を手に入れられない生活、すなわち「死」!

―移籍にはそういう経緯があったんですね。

それまでは、プレーヤーとして「自分にとって都合のいい条件のところだったらどこで働いても一緒でしょ」って思ってたんですよ。やることは一緒だし。でも、今までと全然違うものを求めている今は、全く違うところへ行こうと思ったんです。

―ゆみさんは最終的にどうなったらハッピーですか?

一生、自分の力で何不自由なく生きていきたいです。今はキャバ嬢だからOL さんより稼げているし、洋服とかバッグとか宝石とか買えるけど、その生活を自力でずっと続けられる人になりたいんですよ。もちろんずっとキャバ嬢として生きていくことはできないって、みんなわかっているじゃないですか。結婚するなり、昼職行くなりするしかない。でも、私は結婚したくないし、昼職といってもそもそもOLが向いてなくてキャバ嬢になったのに、キャバ嬢ができなくなったからOLになれるかっていったら無理ですよね。それができるならそもそもOL辞めてない。となったら、自分で仕事していくしかないじゃないですか。自分で仕事していくかor死ぬか、みたいな。

―自分で仕事or DIE(笑)。

食べていければいい、ただ雨風しのいで生命の維持をするためだけに生きてるんだったら私は生きてる意味が感じられないんです。ダイヤモンドが欲しいとかそういう欲が強いので欲しい物を手に入れられるくらい稼げないと生きてはいけない。となったら自分で仕事を作っていく必要がありますよね。そのためにどうするか。そういうところでえみりさんやオーナーにアドバイス頂いた感じです。えみりさんや(FOURTY FIVEのトップキャスト、一条)響さんは、夜の世界の人じゃなくても「名前は聞いたことある」っていうくらい認知度がありますよね。私の目指すところもそこなんです。

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥移籍祝いのボトルたち♪

ハッピーに生きていくために強欲でいたい♥

―ゆみさんは欲が強いんですね♥

強欲なんです。欲があるから、欲しいから頑張る。いまって欲がない人も多いけど私はそうじゃない。「キレイになりたい」も欲だし、美容にこだわってるのも筋トレしてるのも自分を高めたいっていう欲ですよね。お客さんに「なんでそんなに筋トレしてるの? どうしたいの? どうなりたいの?」って言われたりしますけど、自分が幸せでいたいだけ。鏡で自分のことを見ているのは自分じゃないですか。自分を見る自分は幸せなほうがいい。「お腹出てるな~」って思うより、「よし、今日もかわいい!」そういう気持ちでいたいから頑張ってます。それも幸せでいたいっていう欲だと思う。ただ、名誉欲とか自己顕示欲があるかっていったらないんですけどね。

―自己顕示欲はないけど?

知名度を上げていくためには自己顕示も必要だなと思うからSNSはやっています。インスタも興味がなくて全然やっていなかったけど、もっと先に自分が欲しいものを考えたとき、それが必要だなと思うからやっていますね。コロナ以降は特に、「必要な人生を手に入れるために、必要なことをしていく」っていう考え方にシフトしたので。

―ちなみにさっき「結婚したくない」って言ってましたけど、「今はしたくない」的な意味ですか? それとも一生したくない?

結婚願望的なものはないですね。自分が求める人生を手に入れたうえで、もしもそのとき一緒に生きていきたいという人がいたら結婚もいいなと思いますけど。生活が不安だからとか、OLはできないから主婦になろうとかで一緒になるのは違うなって思ってます。まぁ私の場合、協調性がなくて人と一緒に暮らしていけなさそうだなっていうのもありますけど(笑)。

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥入店初日には初心に返って、上京して初めてのバースデーで着たドレスを着用♪

ナンバー1になることは通過点のひとつ。頑張ります!

―FOURTY FIVEもOVERTUREも定休日なしで営業してますけど、ゆみさんの出勤シフトは?

厳密にいえば、OVERTUREは火曜日が店休日です。ただ、その日は合同営業日なのでキャストもスタッフもフォーティーに出勤しているっていう形ですね。それで、私も週7出勤というものをやってみたんですけど、週7フルで出勤するのはちょっときびしいなって感じました。今は、週に1日はメンバー出勤みたいな形にしています。もしもお客さんが来たら呼んでもらうみたいな。

―ゆみさんは今までも週6出勤だから、週6でいいのでは説…。

そもそも、今まで週6出勤していたのって、お客さんが来てくれたとき店にいないっていう状況を作りたくなかったからなんです。だから、定休日がないお店となるとフル出勤ということになるわけですよ。ただ、気力体力的にそうもいかないので、自分会議の結果メンバー出勤で折り合いがついたみたいな感じです。

―OVERTUREで働き出してどうですか。いい感じですか?

思っていた以上に女のコとは楽しくやってますね。みんな優しい。そしてかわいい♥  接客面では未だに戸惑う部分ありますね。 客層が違いすぎて。今までのお店は、セリュックス、ジェントル、ファブリック、このへんをぐるぐる回遊して飲み歩いているような人たちが多かったので。且つそういう人たちに私はウケが良かったので。

―ゆみさんは“玄人感”ありますもんね。確かに超飲み慣れている人にウケる感じはわかります。

多分そういうことだと思いますww  サラリーマン系の人だと、「ゆみちゃんはちょっと…玄人すぎるから大丈夫だよ」って感じで縁がつながらないことが多かったですww OVERTUREでは、どういうテンションがハマるのか手探りしている感じですかね。まだまだこれから。頑張らないと♥

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥「フォーティーのコとも、OVERTUREのコともすぐ打ち解けました♥」とゆみさん。写真は営業終わりのミーティングのひとコマ。楽しそう♪

―ナンバーにはこだわるんですか?

田舎でキャバ嬢やっていたときはバチバチに戦ってましたけど、それでちょっともう十分みたいな気持ちもあって、東京に来てからはナンバーにこだわる気持ちは皆無だったんですね。むしろ、ナンバーが1位だったり8位だったり、2位だったり6位だったりするコよりも、ずっとコンスタントに安定した売上を出しているほうが大事だなと思ってきたので。でも、それはプレイヤーとして稼いでいくための考え方なので、OVERTUREではまたスタンスを変える必要もありますね。自分が欲しいものに近づくためにナンバー1になることも必要だなって思ってます。ただ、それはゴールではないです。自分が求めているものを手に入れるための通過点の1つだと思っています♥

「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥

コロナの自粛期間がキッカケとなって、OVERTUREで新しいスタートを切った桜ゆみさん。お店も歌舞伎町も盛り上げていってくれそうです!

歌舞伎町『OVERTURE』に在籍する人気キャバ嬢で、YouTubeやTikTok、17 Liveなどキャバクラ以外でも活躍の場を広げている。

職業:キャバクラ嬢
在籍:歌舞伎町『OVERTURE』
出勤:週6
生年月日:7月11日
身長:162cm
血液型:A型
星座:ふたご座
出身:長野県


【来歴】

地元・長野県松本市で会社員として働いていたが、もっと余裕のある生活がしたいと奮起しキャバクラでも働き始める。1年ほど在籍したのち、松本市で一番流行っていたお店に移籍。入店後すぐにいじめの対象となったが、自分の居場所を作るためにお客様を呼んだことで次第に結果に繋がっていったとインタビューで振り返っている。キャバ嬢としての実力を積んだのち、昼職を辞めて上京。新宿歌舞伎町『CELUX(セリュックス)』に2年ほど勤務。その後『アジアンクラブ』『ジェントルマンズクラブ』『FABRIC LOUNGE SHINJUKU(ファブリックラウンジ)』へと移籍し、現在は『OVERTURE』の看板嬢の一人。


【pickup interview】

Q.自分で自分に課している「お仕事ルール」はある?
A.絶対に守ると決めているのは週6出勤。これは絶対です。「行きたい行きたくないとかではなく行く」

Q.ゆみさんの特技や強みってどんなところ?
A.とりあえず楽しそうなところかな?あと病まないところかもしれない。歌舞伎町で病まないって結構特技じゃないですか?病んじゃうコ多いから。

Q.「OVERTURE」への移籍の理由は?
A.今欲しいものではなくて、この先欲しいものを考えたときに、今いるべき場所はここじゃないって思ったんです。歌舞伎町にいるなら名前が売れる店にいないと意味ないなあっていうところで悩んでいて。

(※2021年2月5日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
いざキャバ嬢を始めてみたものの、「根本的に人と接するの苦手かも…」と気づいてしまった、というのはあるあるな話。でも大丈夫! 人と接することが苦手でも、“養殖陽キャ”という道もあります!「実は極度の人見知りで極度のコミュ障 […]
いざキャバ嬢を始めてみたものの、「根本的に人と接するの苦手かも…」と気づいてしまった、というのはあるあるな話。でも大丈夫! 人と接することが苦手でも、“養殖陽キャ”という道もあります!「実は極度の人見知りで極度のコミュ障 […]
続きを読む
「20代前半の頃からノーファンデ生活を続けている」という、歌舞伎町『OVERTURE』の桜ゆみさん。化粧品や美容医療など外側からのアプローチだけでなく、日々の食生活で美の土台を整える “美食同源”なスキンケアをフィーチャ […]
「20代前半の頃からノーファンデ生活を続けている」という、歌舞伎町『OVERTURE』の桜ゆみさん。化粧品や美容医療など外側からのアプローチだけでなく、日々の食生活で美の土台を整える “美食同源”なスキンケアをフィーチャ […]
続きを読む
『ジェントルマンズクラブ』から『FABRIC LOUNGE SHINJUKU(ファブリック ラウンジ シンジュク)』へ移籍した桜ゆみさん。3カ月が経過した今の心境や仕事に対する思いとは? お客さんを惹きつける秘訣や接客術 […]
『ジェントルマンズクラブ』から『FABRIC LOUNGE SHINJUKU(ファブリック ラウンジ シンジュク)』へ移籍した桜ゆみさん。3カ月が経過した今の心境や仕事に対する思いとは? お客さんを惹きつける秘訣や接客術 […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 動き出したのはイベント前日!? 歌舞伎町『フォーセンス』五十嵐美咲 ギリギリバー...

    キャバ嬢にとってコケることができない年に1度のイベントいえばバースデー! 誰でもバースデー前は大なり小なり“病み”は襲ってくるもの。毎年盛大にイベントを打っている有名嬢ともなればそのプレッシャーはなおさら。歌舞伎町『フォーセンス』不動のナンバー1、五十嵐美咲さんの場合は…!? キャバ嬢特有の病み期の波とイベントがバッティングした美咲さんバースデーの顛末をお届け!! バースデー前に病むのはみんな一緒... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくり... 続きを読む
  • 『ファブリック六本木』きほ 強気な私を作る“きほメンタル”の成分表-後編-病まな...

    前後編でお届けしている、『ファブリック六本木』きほさんの“きほメンタルの成分表”。お客さん選びや付き合い方、人間関係のスタンスが語られた前編に続き、後編はキャバ嬢と病みの関係についても言及。夜で病まないメンタルの強さを掘り下げます! 「嫌われることから始める」や「今の時代のキャバ嬢に病んでるヒマはない」など、心に刺さる名言も盛り沢山♡ ★前編はこちら   -きほメン... 続きを読む
  • 歌舞伎町『OVERTURE』天乃えま 週7働くえまちゃんの1日♡

    売れ続けているコは成績も出勤もメンタルも安定しているのが共通点。一体どんな毎日を送っているのか、一条響さんの後継者との呼び声も高い『OVERTURE』の売れっ子・天乃えまさんの一日に注目! 起床から就寝まで日々の生活パターンから安定感の秘密を探ります♡   青汁を飲んで1日がはじまります! ―天乃えまの一日:起床〜ヘアメまで― 13:00 起床 犬のごはん 14:00 青汁... 続きを読む
  • 『ファブリック六本木』れい おかえり♡新生れいれい 六本木伝説の始まり!!

    現場を離れることおよそ2年半…。元・北新地『ランス』のれいさんが『ファブリック六本木』でキャバクラ復帰!! お休みの間は何をしていたのか、現在のお店への入店のキッカケや復帰1カ月でのバースデー、働き方の変化まで。れいれい2年半ぶりのキャバ嬢人生に迫ります♡   4月に六本木のファブリックで現場復帰しました♥ ―れいさんお久しぶりです♡ メゾンドボーテは3年ぶり? ... 続きを読む
  • 睡眠4時間7時起床!『NEXT 六本木』&『NEXT 銀座』かわいすぎるラウンジ...

    初登場時から「かわいい!!」と大人気だった、メゾンドボーテ初のラウンジ嬢さゆさん(『NEXT 六本木』&『NEXT 銀座』)。2度目の登場となる今回は当サイトの名物シリーズ解体新書!! お顔のパーツサイズからボディサイズ、ライフスタイルやお財布の中身、さゆさんを様々な角度から数字で解体! さゆさんのかわいいの秘密も見えてくるかも♡ -BODY- 下半身カリカリッに細くなりたい♡ ... 続きを読む
  • 『OVERTURE』桜ゆみ 隠キャ・人見知り・内向型でもキャバ嬢はできる!“養殖...

    いざキャバ嬢を始めてみたものの、「根本的に人と接するの苦手かも…」と気づいてしまった、というのはあるあるな話。でも大丈夫! 人と接することが苦手でも、“養殖陽キャ”という道もあります!「実は極度の人見知りで極度のコミュ障」という、歌舞伎町『OVERTURE』の桜ゆみさんに、人間が苦手でも接客業のプロとして第一線で活躍するノウハウをお聞きしました♡   猫のためにしばらく育... 続きを読む
  • 伝説のAV女優・里美ゆりあ3億円脱税事件から始まった六本木キャバ嬢人生

    AV女優として長年第一線で活躍するレジェンドにして、六本木の売れっ子キャバ嬢でもある里美ゆりあさんがメゾンドボーテ初登場。“脱税事件”がキッカケだったというキャバ嬢デビューの背景、巨額の貯金を失って180度変わったという生き方。お金、仕事、人生について語り尽くします♡ AV女優とキャバ嬢、二足のわらじを履いています♡ 六本木の『舞人』に在籍している里美ゆりあです。キャバクラと並行してAV女優を... 続きを読む
  • スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    最近、雑誌やメディアの露出も増え、歌舞伎町ディアレスト勤務の人気キャバ嬢、一条響さんにインタビュー。 「目標を立てたらそこまでしか行けない。がむしゃらに頑張る事で自分を超えられる」 Instagramのフォロワーも9万人を超え、歌舞伎町だけでなく、全国的な知名度を持つキャバ嬢一条響さん。そんな彼女の下積み時代と現在の営業方法についてお話を聞いて来ました。 ※在籍店、SNSフォロワ... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 桜ゆみ > 「欲望が満たされない人生は、死んでいるのと一緒!!」 桜ゆみ “強欲な移籍”を語る♥