Page
Top

コラムTOP > コラム > 桜井野の花 > 野の花は見た!! 売れる・売れないキャバ嬢①『外見編』

野の花は見た!! 売れる・売れないキャバ嬢①『外見編』

野の花は見た!! 売れる・売れないキャバ嬢①『外見編』

ルックスだったら負けていないのに、あのコは売れていて私はイマイチ…この差って一体なに? 謎を解明すべく、歌舞伎町一の名物キャバ嬢にしてナイトビジネスプロデューサーの桜井野の花さんを直撃。百戦錬磨のキャバ歴の中でつちかった観察眼で、『売れるキャバ嬢・売れないキャバ嬢』を分析してもらいます!

自分を“女”という商品として見ているか?

いきなりざっくり聞きますが、どうしたら売れますか?

いやいやいやいや、それが一発でガツンとわかればみんな悩まないよ♥ 今頃みんなめっちゃハッピーでしょww

ですよね!そしたらじゃあ見た目の分析からお願いします。

「かわいいコがいい!」って男は口をそろえて言うけど、そこには“好み”という複雑な壁があるからなあ、見た目はね、結構奥が深い。それにすっぴんだとパッとしないコでも、ヘアセットしてキチンと化粧して、ドレス着てスイッチ入ると別人化するコもいるから。「見た目的にこういうコが売れる」っていうセオリーもないんですよ。

野の花さんはスイッチ入るほうですか?

私もどっちかっていうとスイッチ派です。職場以外ではマジヤバイんで。私、普段は猫背だしショボショボのおじいちゃんみたいな感じなんですよ、でも、席に着いた瞬間にスンッと背筋が伸びて、桜井野の花になるんですよww

この、こんもりとした猫背が伸びるんですね♥

そう、スンって伸びるのwww でもキャバ嬢って化けるんで。売り方とかも本当にその人それぞれだし。世間には伝説のキャバ嬢だとか、銀座ホステスが語るどうしたこうしただとか、そういう本が溢れているけど、「じゃあ私、どうしたら売れるの?」に対しての答えは未だに見つかっていない。それは、100人いたら100通りの売れ方があるからだと思います。

桜井野の花売れるキャバ嬢売れないキャバ嬢

途方もないですね。

でも、だから逆に自分なりのやり方で売れる可能性が残っている分野だとて思いますよ。どう売れるかは、そのコの個性とブランディング次第だから。でも、いかにブランディングするにしても、最低限コレだけは身だしなみとしてやっておかなきゃマズイっていうのはありますよね。

最低限の身だしなみ?

そう、肌の手入れ、髪の毛の手入れ、体型の手入れ、体毛の手入れ、体臭の手入れ、口臭の手入れ…erc。

結構いっぱいありますね。

いっぱいありますよ。でもパッと目につくところで言えばカラーの生え際と、ツメの手入れとかはかなり目立つかもしれないですね。ネイルの根元が伸びていたりとかすると「あぁ…」みたいな。ツメの1本や2本、ネイルのパーツが外れていても平気ってコもいるじゃないですか? そういうコを見ると「こりゃ、売れねえな!」って思いますよね。

メンテナンスが行き届いていない的な?

そうそう。「商品なんだからしっかりしてよ」って思います。スーパーに大根を買いに行って、めっちゃ泥まみれで葉っぱがシナシナになってる大根と、ちゃんと洗ってあって葉っぱもイキイキしている大根が並んでいたら、どっち買います?

洗ってあって葉っぱがイキイキしている大根がいいです♥

そういうことなんですよ。キャバ嬢って、前提として“女としての自分”を商品にしている職業じゃないですか。でもそれは性別としての女ってわけじゃなくて、ちゃんと泥を洗い落として女としてブラッシュアップされた自分を売らなきゃいけない。だから「最低限、このぐらいは磨き立てておいてもらわないと話にならないよね」っていうのはありますよね。女でさえあればいいんだったら、めっちゃその辺にいるんで。

確かに。オフィスにも道端にもご家庭にも女性はいっぱいいる。

だったら別にお金払ってまで会いに来なくてもいいじゃないですか、その辺にいるんだから。その辺にいない“女”だからこそ、お金を払ってまで会う価値があるんですよ。っていうと、どんだけお前はイイ女なんだよって話ですけどww でも、やっぱりそこを目指さないと。見た目もそうだし、立ち居振る舞いもそうだし。“女の中の女”を売りにして商売しているのがキャバ嬢だから。最低限のアピールポイントとして、磨かれている部分を前面に出すのは義務だと思うんですよ。

桜井野の花売れるキャバ嬢売れないキャバ嬢

キャバ嬢ってむちゃくちゃ大変じゃないですか。

大変なんですよ! だからこそ他の仕事よりも時給高いんですよ。そのコがズボラでダラしなくてめっちゃテキトーな性格だったとしても、職業としてキャバ嬢を選んでいる以上、求められているものは“女の中の女”。だから、最低限の身だしなみっていうものが求められるんですよ。

そう言われるとそんな気がします。

私なんて別に3日風呂に入らなくても平気ですよ。むしろ入りたくない。頭だってボッサボサでいいです。パジャマでコンビニ行けると思う。でも、キャバ嬢だから。毎日出勤前には風呂に入るし、髪もセットしに行くし、パリッとしたドレスを着るんですよ。そういう仕事だからネイルもパーツが1コ取れたら速攻で直しに行くし、髪だって3週間に1回カラーリングするんです。すべては仕事だから。コンビニのバイトじゃないんでね。

そういう基本的な身だしなみができないコっていうのは?

売れてないです。というか、売れているコで身だしなみにスキがある人はいないですよね。ネイルがボロボロのナンバーワンとか、ドレスのボタンが1コ取れちゃってる看板嬢とか。見たことないです。

桜井野の花売れるキャバ嬢売れないキャバ嬢

整形の前にまず口元ケア。売れるコは歯がキレイ♥

突っ込んだ話ですけど、売れるためには整形も必要ですか?

してもしなくてもそれは自己判断でいいんじゃないですか? 必要だと思えばやればいいし。周りの反応も含めて整形すること自体、みんな抵抗なくなってきてるから。「でも、そこじゃないんだよ!」って私はちょいちょい思いますけど。

直すところが間違っているってことですか?

売れていないコに限って、目をやりたい鼻をやりたいってワーワー話していますよね。でも、そこじゃないんだよ、歯を直せって思います。歯が虫歯だらけだったり、黄ばんでいたり、スキっ歯だったりするのに、そこよりもまず目を大きくしたいとか鼻を高くしたいとか、そっちに意識が向くってことが、ズレてるなって思います。

まずは歯のケアだと?

例えていえば、すっごい髪とかキメてるのに鼻毛がピロンと出ているホストと一緒? 髪がキメキメなほど鼻毛が残念じゃないですか、そういう感じなんですよ。美意識がズレている。そこに気を使えないのはしんどい。

口元ってその人の印象をかなり左右しますね。

別に歯をさしかえろとまでは言わないですけど、でもやろうと思えばできることはいっぱいあるじゃないですか? 虫歯の治療は保険診療でできるし、歯のホワイトニングもそんなに高くないし、出っ歯やすきっ歯の矯正も器具が見えないように裏側から出来るから仕事に差し支えないし。目や鼻をいじるよりも口元をキレイにするほうが確実に売れます!

そう言われてみると有名嬢の方はみんな歯がキレイですね。

キャバ嬢はしゃべるのが仕事だから、口元は何より大事なんですよ。目より鼻よりまず口元なんです♥ 四六時中、あの至近距離でお客さんと話しているんで。

自分で思っているよりも見られている?

見られてますよ。でも、自分自身では自分がどんなふうに見えているかって意外と知らないんですよね。鏡を見ても、それは無防備なときの顔ではないし、自撮りとかはしていても盛れてる角度だったり口を閉じていることが多い。動画もかわいく映るように意識して撮るだろうし、どうしても自分自身の口元には気づけない。モデルとかだったら口閉じちゃえばいいし、修正しちゃえばいいかもしれないけど、我々お客様の目の前で動いてしゃべっているキャバ嬢なんで、口元はキレイなほうがいいんじゃないかなって思います♥

(野の花の教え♥本日のおさらい)

★最低限の身だしなみのハードルは高い。
★商品という意識を持って見た目を磨く。
★自分の本当の顔を知っているのはお客様。
★見られているのは目より鼻より口元。

 

今回はまだまだ、話して頂きました♪ご期待ください。
次に続きます♪

新宿・歌舞伎町のキャバクラ『桜花(おうか)』『花音(かおん)』のオーナー社長をつとめ、キャバ嬢として95ヵ月連続No.1の記録を持つ。
自虐的なネタを赤裸々にUPするインスタグラムのストーリー投稿も大人気。整形手術を受けていることを公言しており、整形手術は100回以上、総額でおよそ2,500万円以上。

職業:キャバクラ嬢、ファッションモデル、経営者
出身:大阪府
生年月日:1991年4月8日
血液型:O型
身長:162 cm
体重:45kg
足のサイズ:23cm


【来歴】

大学1年生の夏、当時ハマっていたホストにお金を使うためにキャバ嬢をはじめる。
『ルベス』『シュバルツ』『レジェーラ』『フォーセンス』と、平均3ヵ月~半年未満でお店を点々とし、『バロンドール』に移籍。3年半ほど在籍したのち系列の『クレンズフォール』に移籍。95ヵ月連続No.1をキープする。
2017年6月に看板嬢を降り、『桜花(おうか)』の前身となる新店舗『N』のプロデューサーとなった。2018年には、雑誌『小悪魔ageha』の読者投票による表紙争奪総選挙で初代女王となる。2018年末からはYouTubeにチャンネルを開設。YouTuberとしても活動する。


【著書】

・『「一番」という生き方』(光文社)


【pickup interview】

Q.今まで顔面のお直しにいくらくらい?

A.2,000万ぐらいですね。体だと乳首縮小と脂肪吸引で200万くらい。

Q.頭の中を仕分けすると何がどのくらいになりますか?

A.9割仕事ですね。残り1割は「カニ食いてえなあ」とか「男抱きてえなあ」とかその時々の欲求です。

Q.売れるための営業スキルとして必要なものって何?

A.絶対に絶対に必要なものはマメさ。よく言われることだけど結局のところマメさに尽きると思う。どんなにブスでもマメでさえあれば絶対に指名がつきます。あとはプラス下ネタ?下ネタに免疫があるかどうか。マメだったらどんなコでも月300万円は売り上げ出せるとこまではいける!

Q.売れないコの共通点ってあったりしますか?

A.パッと思い当たるところでは、同じ店の女のコ同士でいつも飲みまくっているコはマジで売れてないですね。息抜き程度なら全然あると思うけど、そういうコってアフターも行かずに同じメンバーで連日のように飲みに行っているんですよ。飲みに行ったことでお金が儲かったわけでもないし、無駄な時間を過ごしているなあと思います。

(※2020年5月2日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
久々メゾンドボーテにご登場の桜井野の花さん♪ コラム前半は、野の花さんが経営する歌舞伎町の美容室『cerisier-スリジエ』について。店長を務めるお兄さんのことやサロンの売り、今後の展望など根ほり葉ほりインタビュー!  […]
久々メゾンドボーテにご登場の桜井野の花さん♪ コラム前半は、野の花さんが経営する歌舞伎町の美容室『cerisier-スリジエ』について。店長を務めるお兄さんのことやサロンの売り、今後の展望など根ほり葉ほりインタビュー!  […]
続きを読む
キャバクラの経営者としてはもちろん、YouTuberとして自虐的な面を惜しみなくさらけ出すなど活動やキャラクターの幅をガンガン広げている桜井野の花さん。もう十分すぎるほど有名なのに、なぜそんなに多様な働き方をしているのか […]
キャバクラの経営者としてはもちろん、YouTuberとして自虐的な面を惜しみなくさらけ出すなど活動やキャラクターの幅をガンガン広げている桜井野の花さん。もう十分すぎるほど有名なのに、なぜそんなに多様な働き方をしているのか […]
続きを読む
歌舞伎町のキャバクラ『N』の社長を務めながら、メゾンドボーテのモデルもこなす桜井野の花さん。相変わらず多忙なようですが、ついに2店舗目をOPEN! プロデューサーを経て2018年1月から社長となり、およそ1年半…これまで […]
歌舞伎町のキャバクラ『N』の社長を務めながら、メゾンドボーテのモデルもこなす桜井野の花さん。相変わらず多忙なようですが、ついに2店舗目をOPEN! プロデューサーを経て2018年1月から社長となり、およそ1年半…これまで […]
続きを読む

Today's Ranking

  • お洋服代は月2,000万円!?億女を数字で丸裸♡歌舞伎町『FOURTY FIVE...

    数字にはその人のすべてが表れる♡ BODYやお顔の各パーツからお仕事&生活習慣までそのコのすべてを数字で解体する「解体新書シリーズ」。今回計測されたのは歌舞伎町が誇る年間7億の売上モンスター『FOURTY FIVE』の一条響さん。解体新書登場は4年ぶり2度目。4年間変わらないボディサイズに驚愕する一方、仕事面やライフスタイルでは大きな数字の変化も…。最新版・億女の数字をお届けします!! &nbsp... 続きを読む
  • 変顔で3億4,000万売った『BLACK DIAMOND CLUB』たおの“キモ...

    一度見たら忘れられない独特な顔面加工でおなじみ、歌舞伎町『BLACK DIAMOND CLUB』のたおさんがボーテ初登場! 奇妙な挙動とふざけた発言でイカれた人オーラを振りまく、たおさんのバックグラウンドとは? 新人時代から圧倒的な顧客数を誇る売り方、端正な顔立ちを変顔で隠す“キモいブランディグ”まで、何かと気になる人物像に急接近! 歌舞伎町に独自の地位を築く“謎多きgroup BJ”についてもお... 続きを読む
  • すすきの『P&J』羽澄まりのBEAUTY図鑑♡ ヘアやメイクからマイン...

    可憐なルックスとクリオネ級の透明感から“北海道の妖精”のキャッチコピーを持つ、すすきの『P&J』の羽澄まりさん。その美しさはどうやって作られているのか? ヘア、ネイル、コスメ、スキンケアからマインドまで、まりさんの「かわいいの作り方」を詳しくリサーチ! 北の国の妖精のこだわり美容を掘り下げました♡   ―羽澄まりヘア図鑑― アレンジはいつでも波巻き表面MIX! まりさんの御用達ヘ... 続きを読む
  • 愛沢えみり 2億5千万円のキャバ嬢ヒストリー❤︎最終回 -最強キャ...

    社長、モデル、YouTuber、キャバクラから美容クリニックのプロデュースまで幅広く活躍する愛沢えみりさん。その原点ともいえるキャバ嬢としての歴史を完全プレイバック。秘蔵エピソードとともに語り尽くす『愛沢えみりヒストリー』も今回が最終回。2億5千万円を売り上げた伝説のラストイベントの裏側に注目です!! 第1回:鬼電で鍛えた 愛沢えみりの「人を呼ぶ力」 第2回:太客探しの旅に出たラストバースデー1カ... 続きを読む
  • クビになったキャバ嬢がナンバー1キャストに♡ 六本木『Lalah』のらら 悔しさ...

    小悪魔agehaモデルとしても活躍中な六本木『Club Lalah(ララァ)』のららさんがメゾンドボーテ初登場! 秋田から上京してララァにたどり着くまでのお話を中心に、安定した結果を出し続けるための働き方や、キャバ嬢人生最大の転機「突然のクビ宣告」エピソードなど、盛りだくさんでお届けします♡   面接一回落ちたのに、素知らぬ顔してまた受けました♡ 六本木のララァのららです。ララァは201... 続きを読む
  • きこコラムバナー

    『VENICE CLUB』きこ 出世するより社長になりたい 「証券会社から銀座に...

    証券マンから夜の世界に飛び込んだ変わり種、いま銀座で一番勢いがあると言われるキャバ嬢、きこさん(『VENICE CLUB(ヴェニスクラブ)』)がボーテ初登場! 今年の春まで在籍していた『J-VOGUE』では、入店翌月からナンバー1。その後12カ月連続ナンバー1も達成したその強さの秘密とは? 異色の経歴やキャバ嬢転向の理由が語られる、きこさんの初登場コラムをお届け♡ 某N證券で社長賞も受賞した、エリ... 続きを読む
  • 月間1億5,000万の大学生キャバ嬢「はじめまして、みなです。」 “億伝票”で話...

    前代未聞の“億伝票”で歌舞伎町をザワつかせた超大型新人、『ファブリック新宿』の“みな”さんがボーテ初登場!! 一体どんな女の子なの? これまでの経歴から、アンチも気にせず我が道を行く強気マインドまで、自己紹介コラムをお届け!  新世代キャバ嬢の誕生に刮目せよ、です♡   現在大学3年生! キャバ嬢は1年生! 今年の4月中旬に『ファブリック新宿』に入店しました。キャバ嬢もここからがスタート... 続きを読む
  • 正統派のNo.1ホスト・歌舞伎町『Lillion』ノア “リリオンの良心”がメ...

    「ホスト養成所」で知られるエルコレ屈指の人気店『Lillion(リリオン)』。そのナンバー1で代表のノアさんがボーテ初登場! 個性派ぞろいのリリオンメンバーのなかで、正統派のカッコいいホスト像を貫いているノアさんはどんな人なのか。ホストヒストリーからお仕事心得までを深掘り。ノアさんの人物像に迫ります! “怒られくん”こと爆撃竜馬さんとのほっこりエピソードや、“軍神”こと店舗プロデューサーの“心湊一... 続きを読む
  • 整形、美容、シャンパンで振り返る 一条響の2023年 もはや恒例!ひびたん365...

    2年連続7億円という規格外のレコードを持つだけでなく、以降も年間5億超えという破格の売上を上げ続けている一条響さん(歌舞伎町『FOURTY FIVE』)。毎年年末には、「来年はそんなに行かないよ。無理だよ」と言いつつ5億超えてしまうその実力は唯一無二! さてさて2023年はどんな1年だったのか? 毎月撮り続けている12カ月のビジュアルとともに、この1年の出来事を雑談ベースでゆるっと振り返ってみまし... 続きを読む
  • 結婚営業・DVは今すぐSTOP!! club Latte代表 心湊一希 “ホスト...

    ホスト1年目から4年連続1億超え、キャリア2年で代表就任、月間最高売上5,550万円などなど、数々の偉業を成し遂げてきた“漆黒の皇帝・一希様”こと心湊一希(みなといつき)さんにインタビュー! スモーキーマウンテン※育ち、年商10億の会社経営者、30歳でホストデビュー…etc。異色の経歴が大渋滞する一希さんの人生から成功するマインドをCHECK! 一希さんが提案する、これからのホストの売り方に迫りま... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 桜井野の花 > 野の花は見た!! 売れる・売れないキャバ嬢①『外見編』