Page
Top

コラムTOP > コラム > 有名ホスト紹介 > ホストっぽさゼロってこういうこと! ネオホス・アルトの接客スタイル〜前編〜

ホストっぽさゼロってこういうこと! ネオホス・アルトの接客スタイル〜前編〜

歌舞伎町ネオホスト・アルトの接客

冬月グループのプリンス・アルトアンチ体育会系な「ホスト道」 前編

ネオホストとしても広く知られる歌舞伎町『LIBERTY』のナンバーワン、アルトさんが登場♪ お酒を飲まずとも売り上げる秘訣、そして“普通っぽさ”が売りの接客スタイルとは? ロングインタビューを前後編でお届け★ 前編では警察官を目指していたという大学生ホスト時代&内勤を経験したカムバック期をピックアップ。アルトさんの知られざるホスト人生前半戦に注目です♥

Aruto(アルト)

生年月日:1992年10月18日/血液型:AB型/身長:178cm/出身地:東京都/在籍店:歌舞伎町『LIBERTY』/出勤:レギュラー出勤/月間最高売り上げ1,100万、指名120本。

歌舞伎町ネオホスト・アルトさんの接客

おしゃカジュアルな私服ですね。いつもこんな感じなんですか?

今日は取材だけで撮影があると思っていなかったのでめちゃくちゃラフな格好できてしまったんですけど、大丈夫ですか?

日頃見ることのできないリアルな普段着、ということでアリじゃないでしょうか。

どうなんですかね。パーカーとか着てますけど(笑)。

お仕事のときはイメージ違う感じですか?

仕事のときもカジュアルですけど、もうちょっとカチッとはしているかな。シャツを着たりするしもうちょいキレイめにまとめているかもしれないです。 

ちなみにアルトさんのお買い物スポットと好きなブランドは?

服を買いに行く街は表参道が多いです。ブランドはサンローラン、ジバンシイ、ディオール、最近はバレンシアガやバーバリーも好きです。

ではお仕事の話を。アルトさんの接客はどんな感じですか?

どんな感じなのかな。こんなふうに普通に話している感じですかね。僕はお酒を飲まないので酔っ払って盛り上げるみたいなことは基本的にできないので。

歌舞伎町ネオホスト・アルトさんの接客

お酒は飲めない? それとも飲めるけど飲まない?

飲めない、ですね。お酒、ほんと弱くて。お店ではポカリかトマトジュースを飲んでいます。だから人よりたくさんしゃべって、人よりたくさん考えますね。酔っていない普通の頭で考えているのでちゃんと返せるんですよ。お客様に対してはあんまりホストって感じでも接していないし、男として接しているわけでもないのでその中間ぐらいなのかな。

シャンパン煽ったりは?

僕、今は一切煽らないです。ホストに復帰した頃とかは「誰よりも煽ろう」と決めて煽ったりしたこともありますが、今はもうしないですね。あとちょっとで大台に乗るとか、どうしても今入れてほしいみたいなタイミングだったら普通に「入れて」ってお願いします(笑)。普通に話せば「うん、わかった」って言ってくれます。

“復帰した頃”というとホストをやめていた時期もある?

そうです。初めてホストになったのが18歳の頃で冬月グループのお店でした。このお店自体はもうないんですけど、そこで1年弱くらい働いて、そのあと5年間くらいブランクがあるんです。

5年のブランクって長いですね。その間は何をしていたんですか?

ホストをやりながら大学にも行っていたので、やめてからは大学生活を満喫してました。某大学の法学部だったんですけどキャンパスが八王子にあって、カリキュラム的にホストをしながら通うのが大変になってきて。そもそも自分、警察官になりたくて法学部に入ったので、そのときはそっちを優先した感じです。

警察官志望のホスト!?

そうなんですよ(笑) ホストを始めたのは友達に誘われたのがキッカケで。別にお金に困っていたわけでもないし、ホストで一旗揚げたいとかでもなく、“友達と一緒にホストをやる”っていうことに惹かれて始めたんです。僕、それまでバイトもしたことがなかったので、友達と何かを一緒にやってお金を稼げるのって多分楽しいんじゃないかなと思って。それにホストクラブって基本的に誰でも面接に受かるんですよ。それなら友達と一緒に働けるなと。

18歳当時はどのくらい出勤していたんですか?

土日メインで週1~3日ですね。こう見えてちゃんと大学にも休まず通っていたので。

真面目なんですよ意外と(笑)。

歌舞伎町ネオホスト・アルトさんの接客

じゃあ「テッペンとるぞ!ギラギラ」的な働き方ではない?

始めの頃はそうですね。それが途中から段々とギラギラして最後のほうには「テッペンとるぞ」みたいになっていったんですけど。

コツがつかめたらギラついてきたみたいな?

遊びじゃなくなった感じですかね。2カ月目くらいのときに一緒に入店した友達がやめちゃったんですよ。そのへんから何かちょっと意識が変わりましたね。友達と一緒にやっているっていう遊び感覚から、一人でお金を稼ぐっていう意識に変わった? それまでは売り上げゼロみたいな感じでしたけど、仕事意識が芽生えてからは売り上げもついてくるようになって給料も200万くらいになって、そこから本気でやるようになりましたね。

ホストという仕事にも面白さを感じるように?

面白くはなかったですね(笑)。今でこそないですけど、その時のホストクラブって暴力的だったし、それこそ男社会で上下関係も厳しかったんで。僕、そういうのはちょっと…。体育会系な育ちをしていないので肌に合わないんですよ。中学、高校と先輩に普通にタメ口使ってた系なんで。ホストクラブの上下関係って入った順なんですよ。年齢も売り上げも関係なく先に入った人は誰でも先輩なんです。自分より売り上げがなくて自分より年下の人に「オマエ、しっかりやれよ」とかむちゃくちゃ言われてたんで、最初はそれにムカついてましたね。「なぜおれはこんな人にこんなことを言われなきゃいけないんだ?」って。よく思いましたよ、「先輩には好かれないし、誰とも仲良くなれないし、友達もいなくなって、何でこんな嫌な思いをしながら、それでも働いているんだろう」って(笑)。

確かに。なぜ頑張っているんだろうwww

それで、店をやめようと思ったこともあったんですよ。で、そのとき、店の代表の人に自分の気持ちを全部伝えたんです。もうやめるしこの際だから全部言いたいこと言ってしまえって。そしたら、「もっと圧倒的に売れて、絶対的な立場を作っていけばアルトに対して先輩たちの見方も変わってくる」って言われたんです。「そうなのか!」と。「だったら話は別だ!」と。そこで気持ちがガラッと変わりました。「一緒に入った友達もやめて、どうせおれもやめるって思われている、そんな中でおれが売り上げを上げていったら、今おれにふざけた態度を取っているこいつら全員どんな顔するかな」みたいな(笑)。それからは働く理由がそこになりましたよね。売上もどんどん上がっていって。

そうなるとせっかく昇り調子のときにやめるのは少しもったいない気もしますね。

その時期、ホストと大学の両立でいろいろ思うところがあったんですよね。警察官になるっていう目標はそのときも変わっていなかったので。公務員試験対策クラスみたいなのを新たに取ることにしたんですけどそれが土曜とかで。それまでホストは土日メインで出勤してたんで。この先続けられるか微妙だなぁと。そんなとき、ナンバーワン目指した月に負けちゃったんですよ。一番かわいがってくれていた先輩が1番だったんですけど、もうこてんぱんにされて。結果的に500万くらいの差が開いてたのかな?「オマエなんてそんなもんや」みたいなことを言われて、「確かに!」と思ってしまった。多分今のまま大学とホスト、どっちも続けようと思ったら限界があるなって。出勤も今まで何とか週3出ていたけど、大学を優先したらもっと減ってしまう。週1~2出勤で1千万売るって考えたとき、自分でその状況が想像できなかったんですよね。成功するイメージが浮かばなくて(笑)。そのときは、「おれだったら他にいくらでも何やっても成功するだろ」、みたいに思っていたのもあってホストはやめたんです。

「おれだったら何をやっても成功する」という自信もすごいですね。

そういう自信が小さい頃からずっとあるんです、なぜか(笑)。僕、すごい負けず嫌いなんですよ。誰かに勝ちたいと思って本気でやったもので、負けたことがないんです。1番になりたいと思って頑張るとかじゃなくて。大勢の中で「コイツには絶対負けたくない」と思ってやると大体勝てる。勉強なんかだとそういうモチベーションでやっていると大概は1番になっているという感じなんです。

そして大学を卒業し?

大学は半期遅れて卒業したんです。大学3年、4年のときに友達と自分たちで何か事業がしたいねってことでいろいろやっている間に卒業が半年伸びちゃって。半年遅れるってことは公務員試験を受けるのも次の年になっちゃうので。その間に何かやらなきゃいけないなと。それで就活を初めました。とにかくそのときはみんなより出遅れた状態のままでいることが嫌だったんです。ずっと昔から、「おれは他の人間より何をやってもできる」っていう考えなんで。そのおれが出遅れてしまった、それを挽回するには他の人間よりいいところに就職するしかないと思ったんです。みんな大学3年くらいから就活して企業面接とか行って、それで志望する企業に就職できたりできなかったりしている中で、おれが大手に就職できたらどう思うんだろうって。悔しいって思うだろうなと。「じゃあ半年遅れでも就職したろう」って。中途採用で大手だけ全部受けて。それで受かった会社に入社しました。

ネオホスト・アルトさんの接客

就活でも負けず嫌いを発揮して?

そうですね。そのときは何やってでも大手企業に就職するっていうのが目標でしたね。それで超一流とまではいかない、1.5流くらいの会社に就職して。給料も手取りで70万くらいとよかったんですけど。目標が「就職」だったのでそれだけの動機じゃ続かないんですよ。なんかやっぱり違うなという感じになってきて結局会社は半年くらいでやめたんです。

ホストの世界に戻ろうと思った理由は?

会社をやめたあと、何をしたらいいかわからなくなっちゃって、バイトをしたりもしていたんですよ。でも、次に何かやるってなったときにはある程度長く続けないといけないなとか、覚悟を持って取り組める仕事がしたいとか自分なりのビジョンはあって。それを考えたときに唯一頭に浮かんだのがホストだったんです。じゃあホストをずっと長くやっていくと考えたときにどういうステップがあるのか。プレーヤーとして売れるっていうのはもちろんですけど、そのあとの展開としてどう進んでいくか。まず代表になって社長になって、いずれは自分でグループを作って店を出す、そこまで考えてホストをやろうと決めました。

先の先まで考えてホストに。

それでプレーヤーに戻る前にまず裏方を経験しようと思って内勤から始めたんです。それが24歳になる手前、23歳の8月くらいかな。アイス運んで飲み物を運んで、受付をして付け回しをして…黒服ですね。半年くらい内勤をしてプレーヤーに復帰したのが2016年の1月です。

あえて内勤を経験したのはどうしてですか?

お店を作っているのはホストだけじゃないから。初めてホストをやったときにもそれは感じていました。内勤の存在ってとても大切なのでその業務を経験することは後々を考えたらとても大事なことなんじゃないかと。内勤にだけにしかできない仕事や、内勤の立場や目線だったりというものも知っておく必要があるなと。いずれ自分でグループ展開したいっていう目標がある以上、店の運営は全部知っておいたほうがいい。その仕事や立場は自分で経験してみないと実感としてわからない部分が多いから。そこからの物の見え方がわかっていないとどう動いて欲しいか教えていくこともできないと思うので。それで内勤を半年経験してからプレーヤーに戻ったんです。

ホストの世界に復帰したときも、お店は冬月グループだったんですね?

ずっと冬月です。初めて働いたお店というところで気心が知れている部分もあるので冬月グループにまた戻りました。人見知りなので知らない人たちとゼロからやるのは嫌だなという気持ちもありました(笑)。

 

後編はこちら

歌舞伎町ホストアルトバナー

 

Today's Ranking

  • 日本の頂点、銀座!いま最も勢いのある新進気鋭の“明日香ママ”とは

    日本の頂点、銀座!いま最も勢いのある新進気鋭の“明日香ママ”とは...

    「30歳には銀座で自分のお店を持つ」そう心に決めて叶えた銀座「Blair」(ブレア)の明日香ママこと唯吹明日香さん。ブレアだけでなく、バーや美容院、エステの経営も行なっているというパワフルな女性。日本一の場所、銀座で成功し今も走り続ける明日香ママの知られざる歴史をおうかがいしました♡ 自分の上に人がいるのが嫌。負けず嫌いを発揮して勝ち取ったナンバー1 最初に夜を始めたのは大学3年生の4月くらい... 続きを読む
  • 月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを築くブレない接客術

    月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを...

    気がつくとハマって抜け出せない、それがROLAND(ローランド)様ワールド! 「冴えない男と飲むリシャールより俺と飲む雨水」、「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」などの名言で有名な、歌舞伎町プラチナ本店の取締役を務めるローランド様。伸び悩んだ不遇の時代からホスト界の帝王に就任するまでの歴史や、独自の世界観をお届けします♡ ローランド様プロフィール 歌舞伎町PLATINA... 続きを読む
  • 名刺でプレイバック 夜の事件簿! ~一ノ瀬 恋・歌舞伎時代総まとめ編~

    名刺でプレイバック 夜の事件簿! ~一ノ瀬 恋・歌舞伎時代総まとめ編~...

    あの日、あの時、あの店で、名刺で振り返るキャバ嬢ヒストリー♪ 六本木『Club Lalah』の売れっ子、一ノ瀬 恋さんのネオン街人生をプレイバック! 移籍してからは店の空名刺を愛用しているという恋さん、歌舞伎町時代を写真名刺でプレイバック❤ 仕事に生きると決めてジェントル入店! ジェントルマンズクラブに入ったばっかりの頃に作った名刺❤ キャバクラデビューは1... 続きを読む
  • 春木開(カイ)君って?人気キャバ嬢のインスタに出没する謎の有名人💖

    春木開(カイ)君って?人気キャバ嬢のインスタに出没する謎の有名人💖...

    メゾンドボーテはもちろん、全国の有名キャバ嬢のInstagramに登場する謎の有名人、カイ君こと春木開さん。 愛沢えみりさんに関西キャバ嬢を紹介してくれたのはカイ君だったそうです。そんな業界の有名人、春木開さんと愛沢えみりさんのキャバクラ対談です。 春木開さん(通称カイ君) 生年月日:1988年6月28日(岡山県出身) 大阪ミナミ在住の29歳 全国で7店舗展開しているSwar... 続きを読む
  • “かわいいだけじゃ嫌”一条 響、快進撃の理由♡

    “かわいいだけじゃ嫌”一条 響、快進撃の理由♡...

    45(フォーティファイブ)に移籍して以降、売り上げやキャラ立ちがぐいぐいと上がっている一条 響さん。 どんどん知名度と売り上げをアップしていく術や接客方法をインタビュー! また、響さんが描く未来予想図も語ってもらいました。 響ちゃん、インスタのストーリーで歌ったり踊ったりしてますよね? あはははwww アレは前のお店のときからやってたんだけど、インスタにはのせてなかったの。45に移籍... 続きを読む
  • 周りとキャラ被りしない!自分の武器を知ることが成功の秘訣♡

    周りとキャラ被りしない!自分の武器を知ることが成功の秘訣♡...

    大阪で知らない人はいないと言われるほど有名なエースファクトリーグループ。Club A(エース)に在籍するみゆうさんは、他の子と被らない見た目と自由人なところが魅力♪ 普段あまり多くを語らないみゆうさんの、知られざる内面をちょこっとお届けします♡ キャバクラで働き始めたきっかけを教えてください! 最初知り合いに誘われてガールズバーでバイトしてて。でもどうせならもっと稼ぎたいからキャバに行... 続きを読む
  • すすきので知らない人はいない名物嬢貴咲モエカのぶっちぎりの営業法♡

    すすきので知らない人はいない名物嬢貴咲モエカのぶっちぎりの営業法♡...

    北海道・すすきのでトップを走り続ける貴咲モエカさん。 メゾンドボーテ初のすすきのキャバ嬢は貴咲モエカさん。最近はテレビ出演をしたりと大活躍♪ 2位の子と倍以上の差をつけて、圧倒的1位をキープする方法とメンタル。そして気になる接客方法を教えてもらいました♡ 貴咲モエカ(きさきもえか) 生年月日:1993年12月17日(24歳)/血液型:A型/身長:165㎝/出身地:札幌/在籍:オー... 続きを読む
  • スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法...

    最近、雑誌やメディアの露出も増え、歌舞伎町ディアレスト勤務の人気キャバ嬢、一条響さんにインタビュー。 「目標を立てたらそこまでしか行けない。がむしゃらに頑張る事で自分を超えられる」 Instagramのフォロワーも9万人を超え、歌舞伎町だけでなく、全国的な知名度を持つキャバ嬢一条響さん。そんな彼女の下積み時代と現在の営業方法についてお話を聞いて来ました。 とにかく遊びたい。キャバ... 続きを読む
  • “貯金嬢王”望月美穂さんの お金の使い方を調査!! 〜貯まるキャバ嬢CHECKリスト〜

    “貯金嬢王”望月美穂さんの お金の使い方を調査!! 〜貯まるキャバ嬢CHECKリ...

    贅沢しているつもりはないのにいつの間にかお財布が空っぽ…。同年代のコと比べたら高給取りなのに貯金の残高が増えないのはどうして? 貯まらない理由を探るべく、“堅実キャバ嬢”としてメディアでも紹介される望月美穂さんにインタビュー! 頑張って貯金しなくても自然と残高が増えていく「貯まる生活」をレクチャーします♥ ◆◆貯まるキャバ嬢CHECKリスト◆◆〜まずは日頃の自分の生活を振り... 続きを読む
  • キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由...

    都内の高級キャバクラでは一番安いボトルでも13万円以上はするという超高級シャンパンのアルマンド。キャバ嬢の新定番といっても過言ではありません。2年前までは知らない人も多かったアルマンドがなぜいきなり流行りだしたのか?Ace of Spades(スペードのエース)のラベルでおなじみのシャンパンが流行りだした5つの理由とは? アルマンドはシャンパンとしても最上級 1763年に創業した歴史の... 続きを読む
コラムTOP > コラム > 有名ホスト紹介 > ホストっぽさゼロってこういうこと! ネオホス・アルトの接客スタイル〜前編〜