Page
Top

コラムTOP > コラム > 凰華麗 > カリスマホストにしてファッショニスタ 『APiTS』代表・凰華麗 ホストの”その先”の見つけ方!!

カリスマホストにしてファッショニスタ 『APiTS』代表・凰華麗 ホストの”その先”の見つけ方!!

歌舞伎町の中でもカルチャーとの親和性が高いSmappa! Group(スマッパグループ)の看板ホスト、『APiTS(アピッツ)』代表・凰華麗(おうかれい)さんにインタビュー! 33歳で現役として、お店の代表として活躍する麗さんが提案する「ホストの“その先”の見つけ方」とは? ホスト界のファッショニスタとしても知られる麗さんがハイブランドを着ない理由、ホストこそ読書をしたほうがいい理由も要注目です♡

 

歌舞伎歴13年、気づけばベテランでした

―麗さんのホスト歴は?

13年です。最初のお店もAPiTSで、グループ内での移動もなくてずっと変わらずAPiTSにいます。結構珍しいですよね。

―熊本から上京してすぐ歌舞伎町に?

そう。二十歳の頃ですね。その頃はお金を稼いでさっさと出て行こうと思ってたんですけど気づけばずっといる(笑)。

―歌舞伎町が好きになった?

好きですね。いろんな人がいて多様性がある。どんな人も受け入れてくれる寛大な街だなって思います。懐の深さに面白みを感じるし、ホストも好きな仕事だし。

―いつの間にかすっかりベテラン。

13年プレーヤーってなかなかいないですよね。しかも30歳超えてナンバー抜けずにプレーヤーでやってるホストって珍しいほうなんじゃないかな。まあ、いますけどね。

―歴が長いとナンバー抜ける人も多いですよね。

ナンバー抜けてた時期もあるんですけど、また戻りました。ちょうどそのとき拡大移転したタイミングだったっていうのもあるんですけど…。30歳超えてプレーヤーから内勤に移ったりホストを上がっていく人も多いなか、プレーヤーでしかもナンバーに入り続けるのって難しいだろうから、挑戦してみる価値はあるなと思って。

ホストとしてだけでなくファッショニスタとしても支持が厚い麗さん。インスタも超おしゃれ♪

―お店の代表でもありプレーヤーでもある場合って、プレーヤーのほうを抑え気味にしたりするんですか?

本気です! 確かに代表になるとみんなプレーヤーのほうは落ち着いていったりするんですけど、どっちも頑張ればいいでしょう。自分がプレーヤーやるんだったら目指すところは誰にも負けない1番のホストだし、それとはまた別に周りを支えていくっていうこともやればいいわけだし。

―接客するとき、お店での麗さんはどんな感じなんですか?

このまんまっすよ。キャラを作ったりとかはないですね。お酒入ってなかったら割と人見知りだけど、飲んだらテンション上がります。

―スマッパグループってエレガントなイメージがあるんですけど、APiTSはどんな感じなんですか?

スマッパは6店舗あるんですけど雰囲気は店によって違いますね。その中でAPiTSはカジュアルな感じです。私服のホストのほうが多いです。恐らくエレガントな雰囲気なのは本店ですね。ワインの種類が豊富だったり従業員もスーツ着用なので。

 

ハイブランドは似合わないので買いません(笑)

―麗さんはおしゃれホストとしても有名ですが、歌舞伎町のファッションの変遷って感じます?

おしゃれなホスト、めちゃめちゃ増えましたよね! 昔からおしゃれな人もそれなりにいっぱいいたと思うんですよ。でも、ネオホストが流行って同時にSNSが浸透していくなかでファッションの変化がどんどん拡散されていって、月日を経て街全体でおしゃれの底上げがされたみたいな感じですよね。

―私服とお店の服って違いますか?

変えます変えます。私服はラフだったりもするのでお店では割とホスト寄りでいきます。派手なシャツとか映えるんでよく着ますね。今日は全身黒ですけどむしろレア。普段は色、柄を取り入れたスタイルが多いです。

―APiTSはおしゃれなイケメンが集まる店って言われていますが、センスが良くないと働けないですか?

いや、全然そんなことないです。周りにおしゃれなコが多いから、自然とみんなセンスが良くなっていく感じです。新人の男のコで希望があれば一緒に服を買いに行ってアドバイスもしますよ。

麗さん御用達の服屋さんは新宿にあるセレクトショップ・THE FOUR-EYED。「よく買うブランドはY PROJECTとかEytysとか。THE FOUR-EYEDができてから新宿も尖ったファッションのコが増えましたよね」

―ちなみに、ファッションセンスを磨く良い方法は?

まずはカッコいいと思った人のファッションを真似することからじゃないですか。でも、そういう悩みの人って多いですよね。おしゃれになりたいけど何着ていいかわかんないっていう。

―とりあえずハイブランド着ちゃうみたいな?

ハイブランドを着るのってホストっぽくていいと思いますけどね、買えるっていうことはステータスだから。僕は着ないですけど。「来年どうするのかな?」って思っちゃうんで。もう着られないじゃないですか。

―ホストTVで「ハイブランドを買う→着られなくなった去年の服を後輩にあげる→後輩が型落ちの服を店で着る→店がダサくなる」っていう話をしていて、なるほどなと思いました。

ハイブランド自体は好きですよ。デザインもめちゃくちゃカッコいいし。だからこそブランドであり続けるわけだけど、型落ちの服を着るっていうのは考えものですよね。そんな服着てたってそのホストはカッコよくないですから。でも最近、ルイ・ヴィトンの50万くらいするジャケットをもらったんですよ。それで着てみたら、全く似合ってないけどなんかちょっと強くなった気がして(笑)。これかな、この感じなのかなって思いました。

―麗さんにはハイブランドのイメージないですね。

似合わないんです。キャラ的にも。昔、ネオホストが流行ったときに、俺らはちょっと違った角度から攻める尖った集団みたいな捉え方されてたんで。そういうのもあるのかな。

 

代表になって支えられる側から支える側に

―ホスト歴13年の中での転機ってありました?

何かの節目とか、あるとき大きく変化したってことはないかもしれない。どっちかっていうと淡々と自分のやることをやってきたなかで少しずつ変化していったので。

ただ、代表になったのが4、5年前なんですけど、その頃から考え方が徐々に変わっていった気がします。今までいろんな人に支えられて助けられてきたんだなってことに気づいたんですよね。これまで自分のことしか考えてなかったけど、今度は自分が誰かの後ろ盾になれるような人にならなきゃなって。

―精神的に一段階成長したみたいな。

徐々にですけどね。それまでAPiTSっていうお店は年間売上でグループ1位を取れなかったんですよ。それが自分が代表になって取れて、今は4年連続グループ1位。それは全然俺の力とかではないんだけど、1番取ったときすごく嬉しくてもっと頑張ろうと思って。代表になって支えられっ放しだったっていうのもあったんで、俺も返さなきゃいけないな。売れっ子ホストを作らなきゃなっていう。

自分に憧れを持ってホスト始めたいっていうコもちょこちょこ現れるようにもなっていたし、せっかく来てもらっているんだから売らせなきゃいけないっていう意識も強くなりました。

 

ホストこそ読書をしたほうがいい!

―スマッパって歌舞伎町のホストグループの中ではちょっと異色な存在ですよね。

変わってるってめちゃめちゃ言われます(笑)。

―アートギャラリーを持っていたり本屋さんを作ったり、カルチャー寄りなイメージ。

アートとか音楽とか文学とか、そういうカルチャーとホストをつなげるっていうのがスマッパグループの特徴というかうちの(手塚)マキ会長の方針ですね。最近だと「ホスト万葉集」とか出しましたしね。

手塚マキさん。有名な方ですよね。ホストさんたちによる短歌を集めた「ホスト万葉集」は2冊も出ていて。

僕も参加してますけど、大変ですよあれはww  本当にみんなそれぞれ自分で作った短歌なんで。月1、2回くらいみんなで集まって短歌を発表しあう短歌会が開催されるんですよ。そこで今日の会では誰の短歌が一番かみたいなのを決めたりして。今も引き続きやってます。このままだと3冊目も出すんじゃないですか(笑)。

こちらがその「ホスト万葉集」。巻の二も発売中♪ 麗さんのほか優希刃さん、風早涼太さんなどグループの有名ホストも多数参加。

―文化的な環境で影響を受けた部分もありますか?

めちゃめちゃあります。それこそいろんなアートに触れる機会をたくさんもらえたり、本を読む習慣が身についたり。これまで知らなかったことに触れさせてもらえるキッカケをたくさんもらえています。読書が好きになったのもマキ会長のおかげです。「おまえら本を読め」ってずーっと昔から言われてたんで。「本を読んで教養を身につけなさい」って。でも20代の頃ってそれが全然入ってこなくて。「本読めってなんだよ」みたいな。読書をするようになったのって30超えてから。もっと早くから読んでおけばよかった(笑)。

―本を読むことで何か変わった?

変わりました。本を読んで言葉を知ったことで自分が救われることが結構あって。それまで自分の中に漠然とあった“この感じ”を言い表す言葉を知ることで腑に落ちるじゃないけど。今まで言葉を知らなさすぎたんです。だから伝えたくても上手く伝えられなくて「なんか違うんだよな」みたいなことが多かったんですよ。

言葉を知ることで自分の感情を理解することもできるし、目の前にいる人のことも救ってあげられる可能性が増える。大人になってから言葉を知るって読書の中でしかできないんですよ。だからみんなもっと本を読んだほうがいい。

歴史やノンフィクション系の本をよく読むという麗さん。ノンフィクション作家の堀川惠子さんが好きで著作は全部読んでいるそう。「オススメは『教誨師』。50年以上死刑囚と向き合ってきた教誨師の方に取材した内容ですごく面白いです!」

 

ホストをやりながらそこに新たな可能性を継ぎ足していく

―トップを走り続けて30代になって改めて思うことってありますか?

ホストの『その先』みたいなものを見せていかないといけないなって思いますね。20代頑張ってくれた男のコたちが30代になったとき自分に可能性を感じられるように。30超えてお局みたいになって居づらくなってお店辞めて田舎に帰るみたいなパターンありますけど、誰もがそうはなりたくないしホストとして無駄に散りたくないじゃないですか。

―ホストで頑張った先にはどんな可能性がありますかね?

ホストを辞めて第二の人生っていうよりは、ホストをやりながら何か継ぎ足していけばいろんな道がひらけていくんじゃないかなって思います。たとえばファッションが好きだったらホストをやりながらファッションに関することをやればいい。本が好きだったらホストをやりながら本に関わることをやればいい。ホストとしての軸は別に変える必要はなくてそこに何か好きなこと、自分に付随するようなものを継ぎ足していく。趣味でもいいですよね。それが結果的に仕事になったりあるいは別な道が見えてきたり。そういう生き方ができれば素敵かな。

―ホストを辞めてどうこうではなく、ホストを続けながらっていう発想。

ホストを辞めるのもったいないじゃないですか。そこに注ぎ込んだ時間って大きいから。10年ホストやって、その10年が丸々無駄になるような生き方はしてほしくない。客商売10年やってたらそれはもう立派なキャリア。無駄にはならないんで。ホストはやりつつ別なこともやって幅を広げていったほうがいい。

界隈では奇跡の33歳と呼ばれている麗さん。どこから見ても美しいお顔。エモい雰囲気も持ち味♡

 

稼いだお金は自分への投資にも使ってほしい

―ホストをやりながら違うこともやっていくって今っぽいですね。

会社員とかもそうじゃないですか。副業したり、セカンドキャリアを充実させたり。俺にはこれしかないって思うことのほうが今の時代はツラくなっていくような気がします。もちろんホストである程度結果を出してからの話ですけどね。何かひとつのことを頑張るって大事なことだし、自分に投資するためにはお金も必要だから。本業のホストである程度基盤を整えてしっかりキャッシュ作ってから広げていく。

―ホストで稼いだお金で自分に投資して勉強したり新たな経験をしたり?

その投資は勉強だけじゃなく好きなことや趣味を追求していくとかでもいいと思う。その中から生かせるものが生まれてくると思うから。だから俺はブランド物にお金を使ってるのはもったいないなって思っちゃうんです。ちゃんとそのお金を活かすほうに使うなり貯めるなりしたほうがいいよって。ステータスとしてブランドブームみたいなものに多少乗っかっておくっていうのも歌舞伎町のホストとしては必要だけど、お金を活かすことも考えて使ったほうが自分のためになるんじゃないかな。

―今日はためになるお話を聞かせて頂きありがとうございました。最後に読者の方にメッセージを一言!

ホストクラブって暗くて湿ったイメージがあるかもしれないですけど、APiTSはめちゃくちゃ明るくて気軽にフランクに行けるお店なので、ホスト初心者の女のコの入り口としてもオススメです。よかったら遊びに来てください。従業員も絶賛募集中です。未経験から始めたコもたくさんいるし、業界の中でも働きやすい店なので体入に来てみてほしいですね。おしゃれになりたいコもぜひ!

 

落ち着いた大人な雰囲気と優しい語り口調が素敵だった凰華麗さん。静止画だけでなく話しているときの表情までとてつもなく男前だったことも記しておきます!

『APiTS(アピッツ)』の代表を務める、ホスト歴10年を超えるベテランホスト。月間売上1100万・月間指名100本プレイヤー。「Smappa!(スマッパ)」グループの年間売上をキープ。ファッションへのこだわりも強く、ホスト界随一のファッショニスタとして同業ホストからも憧れられる存在。

在籍店:歌舞伎町『APiTS(アピッツ)』
生年月日:1988年1月10日
身長:180cm
血液型 / 星座:O型 / やぎ座
出身地:熊本県
現在の肩書き:代表

(※2021年10月時点の情報を元に作成しています)

Today's Ranking

  • 噂の“実写版ハウル”がメゾンドボーテに降臨♪『club Leo』逆巻アヤトとメガ...

    実写版“ハウル”な見た目で注目度がアップ! 金髪ピンクジャケットのメガネ美男子、『club Leo』の逆巻アヤトさんがボーテにやって来た♪ 難関早稲田の商学部卒で元リクルート社員という優秀すぎるバックグラウンドから、ホストとしてのスタンス、一度見たら忘れられないビジュアルの起源まで、エルコレの次世代エース・アヤトさんを深掘りしました!   メン地下&早稲田からのリクルート社員を経てホスト... 続きを読む
  • 関西で初めて2億売ったホスト ミナミくん。(大阪) 「テーブルとイスさえあれば、...

    「関西ではじめて2億売ったホスト」とも言われる、ミナミ『FUYUTSUKI -WHITE-』の“ミナミくん。(大阪)”がボーテに降臨♪ 歌舞伎町から沖縄を経て大阪でブレイクしたホストヒストリーを追いかけつつ、38人の顧客を4人まで減らして2億を上げた話や、“ミナミチルドレン”の作り方などなど、“ミナミくん。(大阪)”の売り方を掘り下げました! 「2024年から8年間、地下に潜ります」という、本気か... 続きを読む
  • クビになったキャバ嬢がナンバー1キャストに♡ 六本木『Lalah』のらら 悔しさ...

    小悪魔agehaモデルとしても活躍中な六本木『Club Lalah(ララァ)』のららさんがメゾンドボーテ初登場! 秋田から上京してララァにたどり着くまでのお話を中心に、安定した結果を出し続けるための働き方や、キャバ嬢人生最大の転機「突然のクビ宣告」エピソードなど、盛りだくさんでお届けします♡   面接一回落ちたのに、素知らぬ顔してまた受けました♡ 六本木のララァのららです。ララァは201... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……」と謙... 続きを読む
  • いちか ジャングル東京 “戦国時代”を語る!! デイリーランキング公表でナンバ...

    店舗入り口横の大型ヴィジョンにて、毎日の売上ランキングが発表され注目を集めている六本木『JUNGLE TOKYO』。日々バチバチな戦いがを繰り広げているその模様を、同店きっての人気キャスト“いちかさん”がレポート! 今年の春から始まった“デイリーランキング”はキャストやお客さんにどんな影響を及ぼしているのか? 併せて「夜でメンタルを病まないための考え方」についてもお話をうかがいました♡ &nbsp... 続きを読む
  • 全国有名キャバ嬢の極太客で超金持ち!謎多き “まあたん”の正体とは?

    全国有名キャバ嬢の極太客で超金持ち!謎多き “まあたん”の正体とは?

    愛沢えみりさんや有名キャバ嬢の極太客として知られ、彼女たちのインスタにも度々登場している男性“まあたん”。Instagramのフォロワー数はなんと10万人超えと、なかなかの有名人!一体なぜそんなにお金持ちなのか?何をしている方なのか??謎のベールに包まれたその正体が遂に明らかになります♡ 【まあたんさんプロフィール】 肩書き:経営者/出身地:福岡県/趣味:筋トレ/最終学歴:早稲田大学大学院修士課程... 続きを読む
  • 天使ニア 正真正銘女の子だけど ホストクラブで王子様してます♡

    女の子だけど王子様♡ ホストとして圧倒的な結果を出し続けている『FUYUTSUKI -Duo-』の天使ニアさんがメゾンドボーテ初登場! ニアさんがホストになるまでのバックグラウンドから、売れた理由、ニアさんならではの強みなどなど、女の子ホスト・ニアさんの唯一無二の魅力に迫ります!   ニアさんは女の子ホストの先駆者♡ ニアさんは性自認が女性で、恋愛対象も女性、ということは…。 いわゆるレ... 続きを読む
  • 整形、美容、シャンパンで振り返る 一条響の2023年 もはや恒例!ひびたん365...

    2年連続7億円という規格外のレコードを持つだけでなく、以降も年間5億超えという破格の売上を上げ続けている一条響さん(歌舞伎町『FOURTY FIVE』)。毎年年末には、「来年はそんなに行かないよ。無理だよ」と言いつつ5億超えてしまうその実力は唯一無二! さてさて2023年はどんな1年だったのか? 毎月撮り続けている12カ月のビジュアルとともに、この1年の出来事を雑談ベースでゆるっと振り返ってみまし... 続きを読む
  • 六本木『ファブリックセブン』KIKO シャンパンタワーよりDRCコンプリートな...

    『ファブリックセブン』初代No.1にしてグループレースもNo.1(2022)。歌舞伎町から六本木に街を変えてさらに高みに登ったKIKOさんの、2年ぶりとなるバースデーイベントをプレイバック♡ これまで1〜2日で開催していたイベントを今回は3日間に延ばして盛大に開催! お客様満足度を追求したというバースデーをKIKOさんと一緒に振り返ってみました♪   バースデーイベントは2年ぶりに開催!... 続きを読む
  • 『ソロモン』鈴音りんの働く一日に密着!! おはようからおやすみまで こだわりキャ...

    売れっ子キャバ嬢は普段どんな生活を送っているのか? おはようからおやすみまで有名嬢の日常を追跡する「働く一日」シリーズ。今回密着したのは歌舞伎町のエース『ソロモン』の鈴音りんさん。 その日のメインのお客様をVIPとしておもてなしをする営業スタイルから、体型キープの秘密、部屋着の好みまで、仕事にもライフスタイルにもこだわりを持つりんちゃんの、「美メンテ2件をこなして同伴アフターする一日」を追いかけま... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 凰華麗 > カリスマホストにしてファッショニスタ 『APiTS』代表・凰華麗 ホストの”その先”の見つけ方!!