Page
Top

コラムTOP > コラム > かおり > 六本木『MUSERVA』かおり「私が売れ始めたあの日」♡

六本木『MUSERVA』かおり「私が売れ始めたあの日」♡

六本木『MUSERVA』のトップキャスト、“かおりん”ことかおりさんがメゾンドボーテ初登場! 18歳で入店した『舞人』を皮切りにそのキャリアのほとんどを六本木で積んできたかおりさん。在籍店でのエピソードや売れるきっかけとなった出来事、そしてキャバ嬢として大事にしている信条を語って頂きました♡

 

オーナーの覆面面接をパスして『舞人』入店

歌舞伎町の『ジェントルマンズクラブ』に半年いた時期もありつつ、キャバ嬢をやっていない時期も挟みつつ、18歳のときから働く街はずっと六本木です。

最初のお店は六本木の『舞人』。元々キャバ嬢をやるつもりで18歳になって東京に出てきたんですけど、上京するなりキャバクラで働き出したら親が心配するなと思って、半年くらいはアパレルでショップ店員をしてました。

舞人を選んだのは、当時スカウトさんに「舞人が一番採用基準キビしいよ」と言われたから。でも入っちゃえば楽だよって。それで試しに受けてみたら受かっちゃいました。

舞人時代。かおりん19歳♡

後で知ったんですけど、採用基準がキビしいといっても面接自体はあまり関係がなくて、体入のときにお客さんとして来ているオーナーを接客して、そこで採用か不採用かをオーナーが判断していたみたいです。もちろん女の子には正体を教えずに。そんなこととは知らずに席に着いていたから、その後もしばらくは誰がオーナーなのかわからなかったです(笑)。

ただ、体入でフリーに着いたとき、「お前銀座のほうがいいんじゃない?」と言われた席があって、思えばあれがオーナーだったのかなぁ?みたいな。

舞人では最年少でとにかくすごく楽しくて、週6で働いてましたね。別に売れてるとかではなかったけど真面目に出勤していたし楽しんで仕事をしてました。

 

ジェントルから舞人に出戻って名前が売れる!

舞人には1年半くらい。オーナーが変わったら数字とかキビしくなっちゃって…。次に働いたのは歌舞伎町のジェントルマンズクラブ。それまで歌舞伎町って怖いイメージがあったから働こうとは全然思ってなかったんですけど、この辺で一回見ておこうかなと。条件が良かったっていうのもありつつ、もうすぐ六本木に新店が何店舗かできるって話も聞いていたのでそれも見越しつつ、ジェントルでは半年ほど働きました。

一度歌舞伎町に行ったのは良い経験になりました。ガツガツする感覚がわかったというか、「キャバクラで頑張るってこういうことか」がわかったので。六本木って競い合うみたいな空気がどうしても薄いから。

ジェントル時代。20歳くらいの頃。「歌舞伎町で明るい髪色の子が多いなか暗い髪色で隙間産業してました(笑)」

歌舞伎町は怖いとかも意外となかったですね。店も活気があってキャバキャバしてる感じが良かったんですけどそのぶんアフターも多くて。体力消耗するなぁみたいな。それでまた六本木へ。そうこうするうち舞人がリニューアルするって話を聞いて出戻ることに。

ジェントルで頑張るってことを覚えたぶんキャバ嬢としてのキャパが広がったのか、二度目の舞人では結果も出せるようになってました。戻ってすぐにアドトラック掲載をかけたレースがあってそこで1番を取って広告の真ん中に載ることもできたし。頑張るっていいなみたいな。そこから雑誌のタイアップページに出演させてもらったりして露出も増えて、2度目の舞人時代に名前も売れました。

(左)アドトラックレースで1番をとってセンターポジションを獲得。(右)『姉ageha』のタイアップページにも出演。舞人に戻ったときに『インスタ頑張れ』と言われて、SNSに力を入れ出したのもこの頃。それまでは鍵アカだったからすごい進歩」

 

太いお客様を掴んだ途端、いきなり指名が増えだした♥

初めて六本木で1位が獲れて常にナンバー入できるようになったのは六本木に戻ってから。21歳くらいの頃。何で売れたかっていう理由はわからないけど、売れたいっていう気持ちをしっかり持って、ちゃんと出勤するとかマメに連絡するとか努力はしてきたからその積み重ねだったのかな? ある日たまたま太いお客様に気に入られて、そこからは新しいお客様がどんどんが増えていってトントン拍子でした。

その太いお客様が招き猫だったのかな? 「売れたい!」から「売れた♡」に変わったことで心に余裕が生まれたのかも。そういう心の状態って表に出ますもんね。高いお酒入れてほしいって思っているときは全然入らないけど、そういうこと考えずに楽しめるようになるとどんどんシャンパンが下りるみたいな。

二度目の舞人時代は2年くらい続いたかな。そのあと、お店を変えたいっていうタイミングがあったから何店舗か見て六本木の『Lalah』に入店。コロナの最初の自粛期間を挟んだりしながらここにいたのは半年くらい。

コロナで休業も重なっていたし六本木に来るお客さんも激減していたし、キャバクラ自体をやめようかなと考えていたとき錦糸町のお店のプロデュースの話がきて。そっちをやることにして夜は一旦終了。

Lalah時代。お誕生日をお祝いしてもらった日。「同伴して出勤したらサプライズで個室がバルーンでいっぱいになってました。アルマンドブラックは別日。ずっと飲んでみたかったので嬉しかった♡」

キャバクラ店のプロデュースのほうは2020年の11月から。でも、年が明けてしばらく経った頃から六本木の景気も盛り返してきていて、「いいなあ。やっぱりキャバ嬢やりたいなあ」って。プレーヤーのほうに気持ちがどんどん傾いていっちゃって。プロデュースのほうが半年ごとの契約更新だったので更新はせず、6月に今のMUSERVAで現役復帰しました。 やっぱりこの仕事楽しいです!

MUSERVAでキャバ嬢復帰。「MUSERVAは数年前にも体入してたけどその時は他のお店を選んで入店しなくて。ただそれからもずっと月一くらいでMUSERVAのグループのお偉いさんが連絡をくれてて、本当はLalahに戻るつもりだったけど熱意と条件でMUSERVAに」。写真は、入店から1カ月後。クリュッグやラベイなど約2週間分の抜きものたちと♡ ちなみにへアアレンジはミディアムの巻きおろし、ドレスはピタピタ タイトめが定番。

 

今の時代にキャバ嬢でいられることに感謝!

キャバ嬢としてのポリシーはストレスフリーに働くこと。苦手なお客様に対しては無理して頑張らない。このお客さん嫌だなと思うと顔に出ちゃって結果続かないから。プロとしては良くないかもだけど、耐え続けて病んでたり長期で休むコとか結構見てきたから、そのぐらい割り切ってたほうが心穏やかに働けそう。実際、指名の席は自分が本当に楽しんでる席ばっかり。指名をもらえただけでも嬉しいのにお客さんが面白かったり応援したいって思ってくれる気持ちが伝わってくるとなおさら嬉しい♡

毎日全力で頑張りすぎると続かないし燃え尽きちゃうのもわかっているので、普段は無理せず7〜8割ぐらいの力で仕事をして、頑張ると決めたら全力で頑張る。そういう緩急をつけた働き方も意識してます。

お料理が好きなかおりさん。きちんとご飯からアイデア料理までレパートリー豊富♡ インスタにはお料理アカウントも。「食べたいなと思ったものは食べに行くより作ったほうが早いからほぼ毎日自炊。ウーバーイーツはマックとお寿司くらい」
エプロン姿もかわいい♡

ここ5〜6年くらいで六本木の客単価も時給相場も上がりましたよね。今はキャバ嬢っていうだけで偏見を持たれたりすることもなくなって、職業を堂々と名乗れるようにもなったしSNSを通じて女のコたちも集客しやすくなったし。この時代にキャバ嬢でいられることにすごく感謝しています。

前みたいにがむしゃらに頑張らなくても、売上を立てるコツみたいなものはだんだんわかってきたかな。フル出勤時代より出勤日数は減ったけど、それでもこれまで以上の売上は出せているから。これで努力したらもっと伸びるだろうなって思うけど、かといって無理もしたくない。体調悪いわけじゃないけど以前に比べると体力がないので(笑)。これからの方針的にはもっと効率よく楽しみながら頑張れるようにしたい。そんな感じです♡

 

売れたいと願いながらあたり前のことをあたり前に頑張っていれば、いつか花開くときがくる。投げ出さずに続けるってやっぱり大事ですね!

六本木『CLUB MUSERVA』に在籍する人気キャバ嬢。過去には歌舞伎町『ジェントルマンズクラブ』六本木『舞人』『Lalah』などにも在籍。キャバクラのプロデュースを手掛けていた時期もある。

在籍:六本木『CLUB MUSERVA』
出勤:週3〜5日
生年月日:1995年10月14日
身長:167cm

Today's Ranking

  • 東海一愛されている 錦『グラマラス』鳳まりあの一生キャバ嬢宣言!!

    日本最大級のキャバクラ情報サイト「ナイツネット」東海版のアクセスランキングでは1位を独占。名古屋を代表する有名嬢・錦『グラマラス』の鳳まりあさんがメゾンドボーテ初登場! お酒を飲めないノンアルキャバ嬢のまりあさんがトップの成績を維持している秘密とは。キャバ歴9年のヒストリーとともにお仕事心得を語り尽くします!   キャバクラで働き出した当初は毎日号泣してた 『グラマラス... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくり... 続きを読む
  • 歌舞伎町『OVERTURE』天乃えま 週7働くえまちゃんの1日♡

    売れ続けているコは成績も出勤もメンタルも安定しているのが共通点。一体どんな毎日を送っているのか、一条響さんの後継者との呼び声も高い『OVERTURE』の売れっ子・天乃えまさんの一日に注目! 起床から就寝まで日々の生活パターンから安定感の秘密を探ります♡   青汁を飲んで1日がはじまります! ―天乃えまの一日:起床〜ヘアメまで― 13:00 起床 犬のごはん 14:00 青汁... 続きを読む
  • 指名が取れない超Sクラスキャバ嬢!! きほ(ファブリック六本木)接客は1日1組...

    指名が取れない超Sクラスキャバ嬢として注目度急上昇中!! 『ファブリック六本木』のきほさんがメゾンドボーテ初登場! 太いお客様だけを大事する少数精鋭の営業スタイルや、そのための時間の使い方や自分ルール、キャバ嬢としてのスタンスを余すところなく語って頂きました♥   六本木の前は愛媛の松山。大学生兼キャバ嬢でした ファブリック六本木のきほです。ファブリック在... 続きを読む
  • 『FOURTY FIVE』藤澤せなのお仕事心得を初公開!! 全方位的に愛されるキ...

    コロナで客足が遠のいた時期もなんのその、終わってみれば2021年も売上好調。なんならゆるやかに右肩上がりだったという“せなぽよ”こと歌舞伎町『FOURTY FIVE』の藤澤せなさん。せなさんといえばプロデューサーの愛沢えみりさんをはじめ誰もが認めるお店一の努力家。そこには一体どんな努力があるのか? 普段から心掛けていることを“ぽよの法則”として場面ごとに教えて頂きました♡ &nbsp... 続きを読む
  • メゾンドボーテ 2021年下半期 人気コラムTop 20!!

    明るいニュースも暗いニュースもいろいろあった2021年が終わり、2022年がスタート! というわけで今回は、2021年7月1日~12月31日に公開されたコラムの中で、多くのアクセスがあった記事ベスト20をご紹介します。 皆さんの心に残ったあのエピソードは果たして何位にランクインしているでしょうか…? まだ読んだことのない記事も、ぜひこの機会にチェックしてくださいね♥ ... 続きを読む
  • 桜咲乃愛の『BEAUTY図鑑♡』 ヘア、メイクからマインドまで 乃愛様こだわりの...

    キャバ嬢、ブランドプロデューサーとしてはもちろん、ドレス・カラコンモデルとしても引っ張りだこな歌舞伎町『NOW』の桜咲乃愛さん。日々「かわいい」の進化が止まらない乃愛さんのビジュアル、お手本にしている人も多いのでは? そこで、ヘア、ネイル、メイクのこだわりを中心に乃愛さん流の「かわいいの作り方」を詳しくリサーチ。“乃愛様っぽくなれる”ポイントを探りました!   ―Hair... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……... 続きを読む
  • 歌舞伎町『FOURTY FIVE』一条響 の質問箱 ~お仕事・お金・お買い物編~

    メゾンドボーテのInstagramで実施した一条響さん(歌舞伎町『FOURTY FIVE』)への質問募集。寄せられた質問の数がとてつもなく多かったので内容ごとにカテゴリー分けしてお届け! 一問一答で計50個の質問にお答えいただきました♡ 第1弾は売上モンスターの真髄に迫る『お仕事編』と、お金の使い道や物欲傾向、愛用ブランドに迫る『お金・お買い物編』! 完全保存版の内容です♡ &... 続きを読む
  • このホストのコラムがアツい‼~超有名ホストの下積み時代から今最も勢...

    メゾンドボーテではこれまでキャバ嬢だけではなく、ホストの方々にもお話を伺ってきました。キャバ嬢さんと比べるとまだまだ記事数は少ないものの、登場するのは輝かしい記録や伝説を残している方々ばかり。今回はその中からスタッフおすすめの記事を、見どころとあわせてご紹介します! ビッグマウスに壮絶な過去!?ぶっ飛んだ世界がおもしろい ホストと言えば、派手なコールにまばゆい宣伝トラックのような、非日... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > かおり > 六本木『MUSERVA』かおり「私が売れ始めたあの日」♡