Page
Top

コラムTOP > コラム > 藤咲めい > 『蓮 上野/錦糸町』藤咲めいの仁義なき戦い♡ なりふり構っていられなかったあの頃の卍夜STORY

『蓮 上野/錦糸町』藤咲めいの仁義なき戦い♡ なりふり構っていられなかったあの頃の卍夜STORY

『club蓮 上野/錦糸町』2店舗のプロデュースを務める藤咲めいさんがメゾンドボーテ初登場! 錦の赤字キャストから始まり歌舞伎町の1,000万プレーヤーになるまでのキャバ歴、若くしてプロデューサーに転身した経緯、そして野望…。「生き急ぐあまり考え方が卍だった」と語るめいさんの夜ストーリーをお届けします♡

 

プロデューサーとして裏方仕事をしつつ指名があれば接客も

『club蓮』の上野店と錦糸町店、2店舗のプロデュースをしている藤咲めいです。

プロデューサーの役割としては主に広報・求人・広告・コンサル。それぞれのお店へ週に1回ずつ行って女のコと面談をしたり営業講習をしたり、黒服さんたちと面談して担当の女のコとどんな感じかを聞いたりしています。

他にもモニターで流すPVのディレクションや、お店のLINE @と公式インスタグラムの管理。LINE @に来る求人の対応もしているので裏方って感じでガチで動いていてますし、指名のお客様のみキャバ嬢として接客もしてます。

2つのお店どちらに出勤するかはその日の来店予定しだい。店と店が車で10分くらいの距離なので上野で接客したあと錦糸町に移動なんてこともあります。

キャバクラのプロデュースを始めたのは2020年の7月。それまでは新宿の『ファブリック』に在籍。写真は上野・蓮でのバースデー。

 

成り上がる気満々で上京! 修行のため店を転々とする

キャバ嬢を始めたのは名古屋で大学生をしていた二十歳の頃。お店は『ザナドゥ』っていう錦の老舗キャバクラ。夜一本でがっつりやり出したのは大学を卒業してから。キャバ嬢として成り上がりたくて上京もしました。

将来好きなことをやるためにも自分がまず影響力を持てるような人になろう。そのためには歌舞伎町とか都会のキャバクラで成功するのが近道だと思っていたので。

東京で最初に働いたお店は歌舞伎町の『キングダムクイーン』。ここには1年いました。その後『セリュックス』に移籍して1年。六本木の『ルーベル』が9カ月。次が新宿の『ファブリック』。結構お店を転々としてますけど、1年以内にお店を変えるっていうのがマイルールだったんです。

上京して初めて働いたお店は『キングダムクイーン』。同じお店だった、ボーテでもおなじみの一ノ瀬れなさん(右)とは今も仲良し♡

同じお店にいるとやりやすくなっちゃうと思って。長く在籍して売上も立てていれば黒服さんも良くしてくれるじゃないですか。それじゃ成長できない気がして。「そんな甘えてちゃダメだ! どこ行っても私は私の力でやっていくんだ!」みたいな感覚で。

1年近く働けばみんなと仲良くなるし居心地も良いから全然移籍したくないんですけど、「友達作りに来てんじゃねえ! 攻めの攻めだ!」くらいの気持ちであえて移籍してました。若かったのでだいぶ尖ってた。生き急ぐあまり考え方が卍でしたね(笑)。

セリュックス時代。この頃からインスタの更新が鬼マメに。徐々にフォロワー数が伸びてファブリック時代には毎日インスタからの指名があったそう。

 

お茶を引いた日はアフターで営業。収穫のない日を作らない!

お店を転々とするのは落ち着かないけど良い面もいっぱいありました。適応力やコミュニケーション能力も磨かれたし、いろんな店舗に行ったことで交友関係も広がったので。「友達作りにきたんじゃねえ!」とか思いながら友達いっぱいできてました(笑)。

ルーベル時代。「六本木も知っておこうと思ってルーベルへ。働いてみた結果、歌舞伎町も六本木もそんなに変わらないなって思いました(笑)」

マイルールといえば、「収穫のない日を作らない」ことも自分の中のルールでしたね。毎日何かしらの成果を必ずあげる。予定がくずれてお茶を引いてしまった日は、自分への罰じゃないけど押し掛けアフターをすることにしてました。営業終わりに「女のコ足りてない席ない?」ってサパーの人にめっちゃ連絡するんです。アフターで女のコが足りなかったらヘルプで行くから紹介してくださいって。

よくあるじゃないですか。アフターの約束したのに結局女のコが来なかったとか。誰も呼べなかったとか。3人で飲んでて自分だけ女のコがいないとか。そういう席に呼んで頂いて、「よろしくお願いします。藤咲めいです!」みたいな。お茶を引いて1日終わったらその日の収穫はゼロ。でも、アフターで営業すれば少なくとも種まきにはなるからゼロじゃない。

売れるためだったら恥ずかしいとか気まずいとかないです。名古屋時代、指名がなさすぎて「予定ができるまで出勤してくるな!」と言われたときも、営業終わりに店の下でナンパして同伴してくれる人を探しました(笑)。

おじさんに「よかったらこれから一緒にご飯どうですか?」って声を掛けて。ご飯を食べたら「明日よかったら同伴してもらえないですか」とお願いしてみる。今考えるとヤバい女ですよね。でも、赤字キャストだったので、抜け出するためにはやれることやるしかない(笑)。

「お前ヤバいね。同伴してやるよ」って言ってくれた人もいたので無駄じゃなかったです。12,000円のポンパドールっていう都内には置いていないような安いシャンパンを入れてもらうのが精一杯だったけど目的は出勤することだから。出勤さえできればフリーに着いてお客さんを掴むチャンスはあるので。

 

キャバ嬢として昇り調子だったときコロナ禍に…。

夜歴丸6年の中で最大の転機といえばやっぱりコロナかもしれない。最初の緊急事態宣言で自粛生活に入ったときに、この先どうしていくか次のステップを真剣に考え始めたので。

当時はファブリックに在籍していてキャバ嬢としても一番調子が良かった。月1,000万売れるくらい成績も伸びてたし。それが入店して7カ月経った頃、世の中がコロナ禍になっちゃって。

いつコロナが終息するか先が見えないし景気が戻るかもわからない。そんな中でこれまで以上の結果を出せるのかなって考えたら自信がなくて。お客様に求められてもいないのに「お願い来て来て」って必死に営業して、「めいちゃんヒマらしいよ」って噂されながらジリ貧になっていくのは嫌だなって(笑)。

だったら一番調子が良いときに上がって次の展開につなげていったほうがいいいかな。キャバ嬢というキャリアを生かして違うことをしていったほうが先がありそうだなって思いました。

今の自分に何ができるか考えたとき、そんなノウハウっていうほど素晴らしいものは持ってないですけど、錦糸町や上野といった郊外のキャバクラのプロデュースやコンサルだったら、マーケティング的に自分にもニーズがあるかなと。

それでお客様にKEIYOグループの方とつないでもらって自分から売り込みました。「こんなことができますがプロデューサーとしてどうですか」って自らプレゼン。

ファブリック時代。月に1,000万の売上を立てられるまでに成長♡

 

コロナがなかったらモブな感じでキャバ嬢をしていたと思う♡

コロナがなければ今も100%現役でモブな感じでやってたと思います。モブは言い過ぎだけどそこそこくらいでやってたんじゃないかな。知ってる人は知ってるけど大体の人は「藤咲めい? 誰?」みたいな立ち位置で。

現役を上がるって決めたのも自信のなさが大きいですよね。エンリケさんや一条響さんみたいに爆発的に売上があったわけではないし。自分の中の強みでいうとキャバ嬢単体では弱かっただろうなって。プロデューサーをやり始めて、こういうことのほうがより向いてるかもしれないなって思いました。店や人を輝かせて伸ばしていくことにやり甲斐も感じてます。

報酬はコンサル料として固定のお給料+キャストとしての売上バック。月収はプレーヤーの頃よりも増えたそう♪

プロデュースをはじめてもうすぐ1年半。上野・蓮も錦糸町・蓮もエリアナンバー1の売上を出しています。系列7店舗中でも1位が上野・蓮、2位が錦糸町・蓮なんです。

歌舞伎町を離れて郊外のお店のプロデュースを始めたとき、「藤咲めい落ちた」とか「都内じゃ通用しないから郊外へ行ったんだ」とか言われました。錦糸町や上野ってやっぱりローカル感があるから。「なんでそんなとこ行ったの戻ってくればいいのに」っていろんな人に言われて、それがすごく悔しくて。だからこそ絶対に蓮を有名にして見返したいって気持ちは強いです。

次の展開としては来年春を目途に蓮の六本木進出の準備を進めています。六本木が成功したら次は歌舞伎町に出店。そしてさらに全国展開というのが今の私の野望です♡

 

キャバ嬢の経験を生かす方向でセカンドキャリアを築いた藤咲めいさん。サパーでのアフター営業や、自らプレゼンして仕事を開拓していく行動力、見習いたいですね!

 

<RECOMMEND>
こちらの記事もおすすめです。

『キングダムクイーン』『ファブリック新宿』『六本木ルーベル』などで人気を博した元キャバ嬢で、現在は若くして『club蓮』上野/錦糸町/六本木の3店舗のプロデュースを手掛ける。ドレスモデル、YouTubeなどでも活動中。

現在の肩書き:『club蓮』上野/錦糸町/六本木 プロデューサー
生年月日:1995年3月21日
身長:159cm
血液型:O型
出身地:愛知県

Today's Ranking

  • クビになったキャバ嬢がナンバー1キャストに♡ 六本木『Lalah』のらら 悔しさ...

    小悪魔agehaモデルとしても活躍中な六本木『Club Lalah(ララァ)』のららさんがメゾンドボーテ初登場! 秋田から上京してララァにたどり着くまでのお話を中心に、安定した結果を出し続けるための働き方や、キャバ嬢人生最大の転機「突然のクビ宣告」エピソードなど、盛りだくさんでお届けします♡   面接一回落ちたのに、素知らぬ顔してまた受けました♡ 六本木のララァのららです。ララァは201... 続きを読む
  • 1億伝票のあのコが六本木進出!『ファブリック六本木』みな の進化を止めない成長マ...

    今年2月に『ファブリック新宿』からグループ本店の『ファブリック六本木』に移籍したみなさん。移籍を決めた経緯を振り返りつつ、億伝票が話題を呼んだ昨年のバースデー以降の動き、キャバクラという仕事への思いなどなど、みなさんの進化を止めない成長マインドを掘り下げました♡   新宿から六本木へ。2月にグループ内で移動♡ 『ファブリック新宿』から『ファブリック六本木』に移籍したのは2月? 2月の初旬... 続きを読む
  • 「今日も軍神に叱られた!」怒られるほど愛される 爆撃竜馬の “怒られ力”が最強す...

    ダメなところが愛されて怒られれば怒られるほど人気者に! AbemaTV『愛のハイエナ』や、YouTube『エルコレ〜歌舞伎超TV〜』での怒られキャラで注目度急上昇。お茶の間レベルで人気者になった歌舞伎町『Lillion(リリオン)』の爆撃竜馬さんがボーテ初登場! 遅刻、欠勤、殴り合いの喧嘩から軍神合宿脱走まで、次から次へとやらかしては怒られて、ついたあだ名は“怒られくん”。そんな竜馬さんの「怒られ... 続きを読む
  • 月間1億5,000万の大学生キャバ嬢「はじめまして、みなです。」 “億伝票”で話...

    前代未聞の“億伝票”で歌舞伎町をザワつかせた超大型新人、『ファブリック新宿』の“みな”さんがボーテ初登場!! 一体どんな女の子なの? これまでの経歴から、アンチも気にせず我が道を行く強気マインドまで、自己紹介コラムをお届け!  新世代キャバ嬢の誕生に刮目せよ、です♡   現在大学3年生! キャバ嬢は1年生! 今年の4月中旬に『ファブリック新宿』に入店しました。キャバ嬢もここからがスタート... 続きを読む
  • 全国有名キャバ嬢の極太客で超金持ち!謎多き “まあたん”の正体とは?

    全国有名キャバ嬢の極太客で超金持ち!謎多き “まあたん”の正体とは?

    愛沢えみりさんや有名キャバ嬢の極太客として知られ、彼女たちのインスタにも度々登場している男性“まあたん”。Instagramのフォロワー数はなんと10万人超えと、なかなかの有名人!一体なぜそんなにお金持ちなのか?何をしている方なのか??謎のベールに包まれたその正体が遂に明らかになります♡ 【まあたんさんプロフィール】 肩書き:経営者/出身地:福岡県/趣味:筋トレ/最終学歴:早稲田大学大学院修士課程... 続きを読む
  • 教えて!いつき先生『軍神・心湊一希のモテ合宿』!! 男女の異性モテから人類モテま...

    “いつき先生”として、一般向けにモテセミナーを開催したり、依存や洗脳のメカニズムを解説する教育系YouTubeもやっている、エルコレ“軍神”こと心湊一希さんに、モテの極意を直撃!「一般男性の異性モテ」から「キャバ嬢のお客さんモテ」、「全人類モテ」まで5つのカテゴリーでモテ方を教えていただきました♡ ★関連記事★軍神・心湊一希にあのYouTube(歌舞伎町TV)の話を聞いてみた!!   ①... 続きを読む
  • 指名が取れない超Sクラスキャバ嬢!! きほ(ファブリック六本木)接客は1日1組...

    指名が取れない超Sクラスキャバ嬢として注目度急上昇中!! 『ファブリック六本木』のきほさんがメゾンドボーテ初登場! 太いお客様だけを大事する少数精鋭の営業スタイルや、そのための時間の使い方や自分ルール、キャバ嬢としてのスタンスを余すところなく語って頂きました♥   六本木の前は愛媛の松山。大学生兼キャバ嬢でした ファブリック六本木のきほです。ファブリック在籍は1年くらいです... 続きを読む
  • 結婚営業・DVは今すぐSTOP!! club Latte代表 心湊一希 “ホスト...

    ホスト1年目から4年連続1億超え、キャリア2年で代表就任、月間最高売上5,550万円などなど、数々の偉業を成し遂げてきた“漆黒の皇帝・一希様”こと心湊一希(みなといつき)さんにインタビュー! スモーキーマウンテン※育ち、年商10億の会社経営者、30歳でホストデビュー…etc。異色の経歴が大渋滞する一希さんの人生から成功するマインドをCHECK! 一希さんが提案する、これからのホストの売り方に迫りま... 続きを読む
  • なんでそんなにかわいいの!? 永久保存版 “きほの顔”全解説♡

    初登場からたちまち大人気!! 「こんなかわいいコがいたなんて!」と話題沸騰中な『六本木ファブリック』のトップキャスト・きほさん。その「かわいい」はいかにして築き上げられているのか、“きほ流美の作り方”をフィーチャー! メイク、スキンケアから整形までからかわいすぎるお顔の秘密を解説してもらいました♡ お顔解説 -メイク&コスメ- メイクのポイントは猫目と平行太眉♡ ―きほさん的なメイクのポイントって... 続きを読む
  • 歌舞伎町『Drop』代表・獅龍仁 ホストですらないかもしれない 異端の生き様!!

    ホスト雑誌にも度々登場する、歌舞伎町CRAZY GROUPの顔であり『Drop(ドロップ)』代表の獅龍 仁(しりゅう じん)さんがメゾンドボーテ初登場!! パッと見コワモテ、でも超おしゃれ、そして多彩な趣味…。いわゆる“ホストっぽくない”という形容詞すら追いつかない、仁さんの型にハマらない生き様、マインドを掘り下げます!   歌舞伎歴は9年、プレーヤーを上がって4年 ―仁さん、コワモテな... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 藤咲めい > 『蓮 上野/錦糸町』藤咲めいの仁義なき戦い♡ なりふり構っていられなかったあの頃の卍夜STORY