Page
Top

コラムTOP > コラム > 貴咲モエカ > すすきのナンバー1の次なる野望!! 貴咲モエカ キャバ嬢だけど ガールズバーはじめました♡

すすきのナンバー1の次なる野望!! 貴咲モエカ キャバ嬢だけど ガールズバーはじめました♡

キャバ嬢としてだけでなく近頃はグループの統括部長としてのお仕事も充実している、すすきの『Mona Class(モナクラス)』の貴咲モエカさん。さらに7月には自身がオーナーを務めるガールズバー『GIRLS PUBLIC BAR EMO』もオープンし、2021年は飛躍の年に! 『EMO』のお話を中心に、モエカさんの今とこれからについて伺いました♡

 

すすきのでガールズバーはじめました♡

―お久しぶりですモエカさん。この1年、お仕事は順調でした?

前半はコロナで組数が減ったり大変だったけど、なんだかんだキャバ嬢としては売上は悪くなかった気がします。むしろちょっと良かった。

ただ、単価勝負みたいな感じだったぶんお客さんの負担は大きかったと思うけど…、そうやって支えてもらえたってことが嬉しいですよね。全体として見ると組数は減ったけど良い年だったと思います。自分のお店のほうも調子良いですし。

―ガールズバーをオープンされたんですよね。その話を詳しく聞かなきゃと思ってました。

7月にオープンしました! 名前は『GIRLS PUBLIC BAR EMO』。オープン時も盛り上がったんですけどおかげさまでその後も順調! アフター利用も多いし、女のコのお客様もいっぱい来てくれてます♡

『EMO』は大盛況。お店のロゴもかわいいです♡「私が初めてグループナンバー1になったときに作ってもらったロゴがあって、それ以来バースデーのポスターに必ず使ってきたんですけど。すごくお気に入りのロゴなので新店用にアレンジして作ってもらいました」

―ちなみに店名に入っている“パブリックバー”って何ですか?

特にそういうジャンルがあるわけじゃなくて(笑)。 普通にガールズバーだけでもよかったんですけど、幅広くたくさんの人に利用してもらいたいなっていう意味合いを込めて“パブリック”っていうワードを入れてみました。

―なるほど。ちなみにお店の内装はどんな感じですか?

韓国っぽい感じです。お店の照明をピンクにしてネオンサインがかわいい内装にしました。韓国のカフェやバーみたいなイメージ。

ネオン管が目を引くピンクな店内!「写真で見ると店内がちょっと暗そうに見えるけど、全然そんな感じじゃないです。明るいかわいいピンクです♡」

 

新しいことにチャレンジして刺激を与えたかった

―ところでガールズバーをやろうと思ったのはどうしてだったんですか?

近いうちにナンバーを上がろうと思っていたので、そうなったときにもう一本軸になるようなものを持っておきたかったっていうのと、日々のお仕事にマンネリしている自分もいたので。

※2021年12月でナンバーを外れることを発表

仕事の手を抜くようなことはないんですけど、もう何年もグループナンバー1だし目指す高みがないまま毎日が同じ繰り返しになってしまっているような気がして。良くも悪くも現状で安定してしまっている自分がいたので、何か新しいことにチャレンジして刺激を与えようみたいな気持ちもありましたね。

―お店はモエカさんがオーナー? それとも出資は別?

私がオーナーです。何から何まで全部自分でやってます。よく聞かれるけど、エリアG(モナクラスを運営しているグループ)とは無関係ですね。ガールズバーのほうは自分の会社の事業としてやってます。ただ、コンサルタントみたいな形で(桃瀬)ともちゃんに入ってもらってます♡

ガールズバーやミックスバー、スナック、お花屋さんなど様々なお店を経営する実業家でありモエカさんと親交の深い桃瀬ともさんがコンサルとして入ってくれているそう。頼もしい限り! 写真は以前ふたりでハワイへ行ったときのひとコマ。

そもそも、ともちゃんからは「ガールズバーやりなよ」ってもう何年も言われ続けていたんですよ。「自分は独立してバーをやってよかったって思っているから、絶対にモエカにもやってほしい!」「わかんないことあったら何でも教えるから」って。

でも、全然やるつもりはなくて。「まあ、いつかタイミングがあったらそういうこともやってみたいな〜」くらいだったんですけど、そのタイミングがついに来たって感じですね。

―ともさんは経営者としてお店を何軒も成功させて来ている実力者だから頼もしいですね。しかも信頼できる相手だし。

そうなんですよ。裏方から立ち回り方までお店作りのノウハウをいろいろと教えてもらってます。それこそ酒屋さんとの契約や発注の仕方とかそういう実務的なことから、スタッフの教育まで幅広くアドバイスしてもらっています。

 

ガールズバーでは気働きできるコが喜ばれます

―キャバクラとガールズバーとではキャストの女のコに求められるものも違いますか?

勤怠が真面目なことは共通で求められる要素だし、かわいいに越したことはないけど、ガールズバーはノリがいいコや盛り上げるのが上手いコが求められるかな。

それと、ガールズバーではルックス以上に気働きができるコが喜ばれると思います。キャバクラだったら接客以外のことは黒服さんがやってくれるけど、ガールズバーだと大概のことは自分たちでやらなきゃいけないから。

席に案内するとか、飲み物を運んでくるとか、お会計とか…。厳密に「これだけやっていればいい」みたいな線引きがあるわけじゃないから、お互いの様子を見ながら手が空いてるコが手伝ったりっていう臨機応変さはある程度必要かも。

でも、そんなに特殊なことは求めてないです。カフェとかファミレスとかそういう世間一般のバイト経験があればできるようなことだし、飲食や接客業が未経験でも仕事内容は一から教えるので大丈夫♡

―一匹狼みたいなコより、女のコ同士で協力できるようなコのほうが店も上手く回りそうですね。

それはあると思う。基本、みんなで盛り上げるみたいな感じなので。でも、ありがたいことにうちのお店の女のコたち、みんな協力的なんですよね。自分のお客様じゃなかったとしても一生懸命接客してくれるし盛り上げてくれる。私がいなくても自分たちでお客さん呼んでくれたりするし積極的でいいなあって思ってます♡ 店全体で連携が上手くいっている感じも嬉しいですよね。

そういう女のコの頑張りに応えるためにも、お給料のシステムはしっかりしているつもりです! 働いてくれる女のコたちががちゃんと稼げるようにしたいですよね。

 

グループの統括部長として出張も増えました♡

―モエカさんはエリアGグループの統括部長もされていると思いますが、そちらのほうでは何か動きはありました?

関東・東北統括部長をやっているんですけど、2021年はそっちの動きも活発でした! コロナの影響で2020年は統括部長としてほぼ何もできないような状態でしたけど、今は各店舗を回ることができていて充実してますね。

6月はグループのお店『オレンジテラス』(歌舞伎町)の周年で、私もキャバ嬢としてそっちに出勤するのが恒例なんですけど、それはあくまでキャバ嬢としてなので。統括部長としてそれらしい仕事ができるようになって楽しいです!

―系列店は仙台と歌舞伎町にあるんでしたっけ?

そうです。歌舞伎町には元々お店があったんですけど、仙台の国分町にもオレンジテラスができたので出張が増えました。そのときは統括部長として行くのでドレスではなくスーツとか着てるんですよ♡

統括部長のときはスーツ着用のモエカさん♪

―統括部長としてはどんなことをしているんですか?

簡単に言うとその店舗の売上が上がるように、現場の動きを見てアドバイスをしたりする感じです。現状を知るために接客の現場にも出ているんですけど、そこではちょっと黒服さんの仕事も勉強させてもらってます。

飲み物を運んだりとかまではしないですけど、店側の人間としてお客様に挨拶して回ったり席に着いて飲んだりとか。今までにないことをしているので楽しいですね。

今までって席に着くのは全部指名じゃないですか。でも、指名のお客様がいる女のコの席に店側の人間として着いたりするわけですよ。女のコのために、店のために飲むっていう初めての体験をさせてもらってます。

 

後々プレーヤーを上がってもエリアGにいたい

―店側の人間として席に着いてみてどうですか?

女のコが喜んでくれる♡ それが嬉しいです。普通だったら他のコも呼んだら指名が割れちゃうし…とか、あるじゃないですか。でも、そういうことを心配せずにもっと高い次元で動けている感覚が楽しいですよね。女のコから「統括、ありがとうございます!」とか言われると嬉しいしやりがいを感じます。

2021年は春と夏とどちらも関コレ出演したモエカさん♪ 大忙し!

―エリアGという組織の中でモエカさんはどこを目指しているの? 社長?

いや、特に何かを目指しているとかではないです。この会社とただずっと関わっていたいんですよ。好きだから。後々プレーヤー引退してもエリアGっていう会社にいたいみたいな。キャバクラっていう世界に関わっていたいんですよね。

これからどう生きていくか、どうなっていくのかわからないですけど、夜の世界が好きだから。好きだと思うものの近くにいたいです。そのためのガールズバーオープンでもあり、そのための統括部長業でもあり。これからも私にできると思ったことはどんどんやっていきたいけど、それもやっぱりこの世界にいたいからっていうのが大きいと思います♡

 

「夜の世界が好きだからずっと関わっていたい」という言葉が嬉しくも頼もしいモエカさん。これからの活躍にますます注目です♪

<RECOMMEND>
こちらの記事もおすすめです。

日本三大歓楽街のひとつ、北海道・すすきのを代表する有名キャバ嬢。大手・エリアGグループが展開する『Monaclass(モナクラス)』に勤務。グループ歴代最高売上を5年連続更新、7年間ナンバー1に君臨し、2021年末で殿堂入りした。
現在もキャストとして活躍しながら、グループの関東・東北統括部長も兼務。また、2021年7月にはガールズバー『EMO』、2022年2月にはガールズシーシャバー『SECRET CAT』をオープンした。

職業:キャバ嬢・経営者
在籍:すすきの『Monaclass』
生年月日:1993年12月17日
星座:射手座
血液型 :A型
身長:165cm
出身:北海道札幌市


【来歴】

友人の誘いがきっかけで医療系専門学校と両立しながら、すすきののキャバクラに勤務。その後、大手プリンスグループの『Red Shoes(レッドシューズ)』に移籍。1年半で同店のナンバーワンに上り詰めたあと、『Espoir(エスポワール)』に入店。在籍中の約2年間、ナンバーワンをキープする。
その後エリアGグループの店舗に移り(当時の店舗名は『オールドジャッポーネ』)、7年間ナンバー1に君臨した。


【pickup interview】

Q.最初ってお客さん0じゃないですか?そこから指名をもらうにはどうしたらいいですか?

A.「絶対欲しい!」と思ったらめっちゃゴリゴリ行きます。連絡先聞いて、「え、オレ連絡先教えないんだよね」とか言われても無理矢理めちゃくちゃお願いして聞いたり、「教えてくれないなら居ていいですか?」みたいに結構ゴリゴリw そこから信頼関係を作っていって長くなるお客さんもいますよ。

Q.どういうお客さんが多いですか?

A.若い人はあんまりいないですね。40〜50代の方が多いです。よく言われるのは「24歳の落ち着きじゃないよね」って。「若い子は苦手だけどモエカだったら若い気しないわ。お前ホントは何歳よw」みたいな、そういういじりもあります(笑)。

(※2022年8月29日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
昨年7月に始めたガールズバーも無事1周年を迎え、今年2月にはガールズシーシャバーもオープン。現役でキャバ嬢を続けながら夜の実業家としても成長し続けているすすきの『モナクラス』の貴咲モエカさんにインタビュー! 新しいお店の […]
昨年7月に始めたガールズバーも無事1周年を迎え、今年2月にはガールズシーシャバーもオープン。現役でキャバ嬢を続けながら夜の実業家としても成長し続けているすすきの『モナクラス』の貴咲モエカさんにインタビュー! 新しいお店の […]
続きを読む
すすきのの2大巨頭が語り合う先輩後輩対談! 先輩は、手がける店を次々成功に導く夜のカリスマ経営者『T-STYLE』オーナー・桃瀬ともさん。後輩は、昨年オープンしたガールズバー『EMO』の経営も好調なすすきの『MonaCl […]
すすきのの2大巨頭が語り合う先輩後輩対談! 先輩は、手がける店を次々成功に導く夜のカリスマ経営者『T-STYLE』オーナー・桃瀬ともさん。後輩は、昨年オープンしたガールズバー『EMO』の経営も好調なすすきの『MonaCl […]
続きを読む
2020年12月、北海道はすすきので降りしきる雪のなか開催された貴咲モエカさんの生誕祭♡ モエカさんにとってはこれが最後のバースデーイベント。6年間記録を更新し続けた集大成 “すすきのホワイトバースデー”についてお話を伺 […]
2020年12月、北海道はすすきので降りしきる雪のなか開催された貴咲モエカさんの生誕祭♡ モエカさんにとってはこれが最後のバースデーイベント。6年間記録を更新し続けた集大成 “すすきのホワイトバースデー”についてお話を伺 […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 港区を生きるラウンジ嬢『LOUNGE JUNGLE』蘭子の転機 ひっそり働くのは...

    インスタグラマーとしてご存知の方も多い、『LOUNGE JUNGLE(ラウンジジャングル)』の人気ラウンジ嬢・蘭子さんがメゾンドボーテ初登場! この仕事のキャリアは18歳から。とはいえがっつり向き合い始めたのはコロナ以降という蘭子さん。仕事に目覚めたきっかけ、そしてラウンジ嬢を公表した理由とは? 「存在を認知されずどこまでいけるかがテーマだった」と語る、ラウンジ嬢ならでは(?)なマインドにも注目♡... 続きを読む
  • 今六本木で最も勢いがある『LOUNGE JUNGLE』で一番売れてるあのコが初登...

    六本木の高級会員制ラウンジ『LOUNGE JUNGLE(ラウンジジャングル)』超売れっ子・ゆりおさんがメゾンドボーテ初登場♡ これまでの夜歴やラウンジ嬢としての接客スタイルなど、はじめましての自己紹介コラムをお届け! ノルマなし自由出勤OKなラウンジでゆりおさんがフル出勤で頑張る理由とは? 「理想を投影してもらう」という独特な売り方にも注目です♡   キャバクラよりもラウンジを選びたい理... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます。細いし... 続きを読む
  • 歌舞伎町『FOURTY FIVE』星野ティナ 新・億女のそれから…。

    バースデーを開催した6月に売上1億を超え「新・億女」となった『FOURTY FIVE』の星野ティナさん。ネットニュースにも取り上げられるなど知名度も一気にアップ! 歌舞伎町歴1年で一躍有名嬢の仲間入りを果たしたティナさんですが、そこには爆速で億の女になってしまったが故の苦悩と葛藤もあったようで…。1億売ったバースデーまでの道のりを振り返りながらその後のお話をうかがいました♡   イベント... 続きを読む
  • きほ語録♡ Part 2~女の子は高飛車くらいでちょうどいい編~『ファブリック六...

    刺さる言葉が満載なきほさんのTwitterから、バズったものや心打たれるツイートをピックアップし、本人解説付きで『きほ語録』としてお届け! 自己肯定感が高まるツイートを中心にまとめたPart1に続き、Part2は恋愛観&モチベが上がるツイートをセレクト。オマケの待ち受けにしたい名言集も引き続き要チェックです♡   〜はじめに〜 ツイートの言葉通りに私が生きているというわけではなくて、“自... 続きを読む
  • 『RHYTHM』代表 一秋(にのまえ しゅう)の最強ヘルプ伝説!!~桐生レイラが...

    愛沢えみりさんのYouTube企画「ホストへ行こう第2弾」では、その物腰やわらかな接客や細やかな気配りからコメント欄が絶賛の嵐で埋まった、歌舞伎町『RHYTHM』の代表・一秋(にのまえ しゅう)さんがメゾンドボーテ初登場!! 超人気店RHYTHMの屋台骨を支える秋さんのホストヒストリーと仕事術とは!? “最強ヘルプ”を目指して実力を磨き、頭角を現した成り上がりストーリーは必見です!! オールジャン... 続きを読む
  • "好きな人に愛されたい"全女子が共感する恋愛界のメンヘラ女王みやめこ♡

    “好きな人に愛されたい”全女子が共感する恋愛界のメンヘラ...

    彼氏に浮気されてメンヘラ発動のみやめこさん。今ではTwitterフォロワー数250,000人! 先日出版した、初書籍「好きとか遊びとか本気とか浮気とか駆け引きとか、もうどうでもいいから愛してくれ」が大人気で、池袋エンジェルフェザーにてキャバ嬢としても勤務する。キャバ嬢界のTwitter女王みやめこさんにメゾンドボーテがインタビューしてきました。 好きな人に依存しちゃって抜け出せない恋愛中毒者の心の... 続きを読む
  • きほ語録♡ Part 1 〜自分を大事にできるのは自分だけ編〜 『ファブリック六...

    かわいいお姿が拝めるInstagramだけでなく、刺さる言葉が満載なTwitterも大人気のきほさん。昨年4月にスタートして以降フォロワー数も増え続けて現在11.5万人。そんなきほさんのTwitterからバズったものや心打たれるツイートをピックアップ! 『きほ語録』としてご本人解説付きの前後編でお届けします。 Part.1の今回は、自己肯定感が高まるお言葉を中心にセレクト。オマケでスマホの待ち受け... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……」と謙... 続きを読む
  • スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    最近、雑誌やメディアの露出も増え、歌舞伎町ディアレスト勤務の人気キャバ嬢、一条響さんにインタビュー。 「目標を立てたらそこまでしか行けない。がむしゃらに頑張る事で自分を超えられる」 Instagramのフォロワーも9万人を超え、歌舞伎町だけでなく、全国的な知名度を持つキャバ嬢一条響さん。そんな彼女の下積み時代と現在の営業方法についてお話を聞いて来ました。 ※在籍店、SNSフォロワー数は記事公開時(... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 貴咲モエカ > すすきのナンバー1の次なる野望!! 貴咲モエカ キャバ嬢だけど ガールズバーはじめました♡