Page
Top

コラムTOP > コラム > 一ノ瀬恋 > 一ノ瀬恋、六本木へ!移籍問題・全て語り尽くします♡

一ノ瀬恋、六本木へ!移籍問題・全て語り尽くします♡

一ノ瀬恋六本木ララー

歌舞伎町から六本木Lalah(ララー)へ

歌舞伎町『ジェントルマンズクラブ』の看板嬢・一ノ瀬恋さんが、六本木の『Club Lalah(ララー)』に移籍!!長年在籍したジェントルを離れる決意を固めた背景には何があったのか。その心境の変化とは? モチベーション問題から店を変えるタイミング、これからのことまで移籍についてとことん語り尽くします!

ララー一ノ瀬恋ドレス

環境を変えたかったのが移籍を決めた一番の理由♡

10月1日付けで六本木の『Club Lalah』に移籍しました♡ ジェントル歴は7年。この店が好きだったし、キャバクラの最後はジェントルでもいいなってずっと思っていたから、まさかそんな、自分からお店を移ろうと思う日が来るなんて思ってもみなかった(笑)。

いろんなタイミングに背中を押されて移籍に踏み切ったわけだけど、環境を変えたかったことが一番の理由だと思う。今年の3月のバースデー開けから、なぜか急激に仕事に対してのモチベーションが下がっちゃったんだよね。疲れともまた違って、なぜかヤル気が全然出ないの。

お店の人にもモチベーションがダダ下がりしていることは相談していて。「じゃあ自由に出勤していいよ」ってことで出勤は週3、4に減らしてみたけど気持ちは全然楽にならなかった。これまでずっとフル出勤が当たり前だったから自分の気持ちの変化に自分が一番戸惑っていた気がする。

仕事がつまらなくなるってキャバ嬢にとって致命的…。

マンネリだったのかな? 仕事がつまんなくなっていたんだと思う。仕事がつまんないって相当ヤバイ。キャバ嬢にとってヤル気がすべて、嫌々仕事をしているとすぐに結果に響いてくる。出勤日数も減っているし、このままずるずるルーズにやっていたら成績は下がる一方。そうなればますますやる気を失くして、仕事が辛くなって今の生活を維持できなくなる。負の連鎖だなと思った。「何かを変えなきゃ」ずっとその方法を考えてたな。

その頃、自分の中で選択肢が3つあった。『気持ちを入れ替えてもう一回ジェントルでがんばる』か、『このまま、なあなあにマイペースにいく』か、『他店に移る』か。この三択。最初の2つ、「気持ちを入れ替える」のも「このままなあなあにいく」のも現実的じゃない。夜を上がるつもりがない以上、環境変えなきゃダメになりそう。

夜を上がるという発想もないわけじゃなかったけど、辞める理由が見つからないの。結婚するとか独立して何かをするとか、次のステップを考えてるなら別だけどそうじゃないから(笑)。しかも別にキャバクラが嫌いになっているわけじゃないっていう。だったらもう『他店に移る』が今の自分にとってベストな選択肢。でも、そこまで考えてやっぱり迷う。ジェントルは好きだし、ここで積み上げてきたものもあるし…。

一ノ瀬恋六本木キャバ嬢

変化のキッカケが欲しくてジェントル公認で体入へ!

とにかく一度、体入してみることにしたのが今年の9月。その結果、決意が固まるかもしれないし、やっぱりジェントルで頑張ろうと思うかもしれないし、とにかく一回やってみようって。それで、ジェントルから体入に行く許可をもらって、六本木のビゼとララーに行ってみた。タイミング的にも本気で移籍を考えるなら今だなとも思ってた。ちょうどその頃、ジェントルのほうでキャバキャバに載せるキャスト紹介をナンバー順にしようかという話が出ていて、「えっ、今変えるの?」みたいな気持ちがあったから。

キャバキャバのキャスト紹介をナンバー順にすることには何の異存もないんだけど、だったらもっと早くやってくれてたら良かったのにっていう悔しさ? そういうものが自分の中にすごくあった。これまで7年ちゃんとやってきたつもりだし、納得いく結果を出してきたつもりだから、そのときに「ナンバー順に変えます」っていうなら全然よかった。それが、大して出勤もしていない今の状態で順番が出るのは嫌だったの。自分がどのへんにいるか分からない。ただ、時給も下がってるわけじゃないしその分はしっかり賄えてたけど、今の成績が私の実力だと思われたくないっていうプライド。「なんだ、一ノ瀬恋って大したことないんだな」って思われたくない! みたいな。

でもさ、「何言ってんだ私」って自分で自分にツッコミも入るんだ。「仕事をなあなあにやっている現状があるのに、それでいて“看板は誰にも譲らない”とか思っているのってどうなの?」って。そんなの筋が通らないし、プライドにしがみついてる自分も嫌だった。

全部リセットしなきゃ進めない!厄介なプライドを捨てたかった。

ジェントル時代の7年間、お客さんを呼ばない日は1日もなかったし、夜9時から閉店までの4時間、自分のお客さんが途切れることは恥ずかしいことだと思ってた。それは誇りでもあったんだけど、出勤も減ってなあなあに仕事をするうちに、やっぱり上手く回らなくなるんだよね。それでたまにフリーに着いたりすると「あっ、この人ヒマなんだな」って思われるんじゃないかって、いつの間にか嫌なプライドに変わってた。

フリーの席で、「恋さんが着くなんて珍しい」って、女のコに言われたりすると気まずくて。そのコ的には「フリーに着くのは超レアだから、お客さんはラッキーだよ」というむしろいい感じで言ってくれているのに私が勝手に気まずくなってた。「あっすみません、今日ヒマなんですよね」みたいな。

人目が気になって卑屈になっちゃう。そういうよくない流れを自分で作っているなと思って、そんな自分に疲れてもいた。いつの間にか変なプライド作っちゃったな、一回このプライドを全部捨てて別な場所で一から頑張りたい、みたいな。移籍を決めた背景にはそういう心境もすごくあった。

一ノ瀬恋六本木キャバ嬢

街が変わるとすべてが変わるその変化が新鮮に感じる♡

歌舞伎町から六本木に街を変えたのも、全部を一新したいって気持ちから。歌舞伎町にはもう9年くらいいるわけだから、街の中で店を変えるくらいじゃ何も変わらないって気がしたの。もちろん六本木は前々から一度行ってみたいなと思う街だったしね。

移籍先をララーに決めたのは自分にとって一番刺激があるお店だと思ったから。お客さんも入っているし、女の子もみんなすごくかわいい。ここで一からがんばりたいと思ったの。歌舞伎町時代のお客さんはありがたいことについて来てくれてる。でも、そこに頼り過ぎたらよくないから、自分を甘やかさないという意味で数には数えないようにして、六本木は六本木で新たにお客さんを掴むつもりでフリーにも着いて新規開拓中♡

六本木と歌舞伎町はやっぱり全然違うなって思う。わかりやすいところで言ったら、稼げるのは歌舞伎町だけどお客さんの層がいいのは六本木。なんとなくだけど、六本木の金曜日はそこまで強くなくて、どっちかっていうと木曜日が混む。これはララーの場合だけど、店休が土日で週休2日なとこも強気だなって思った。

入店して1カ月ちょい。なんか今すごく楽しいんだよね。前はアフターとか面倒臭いし、お客さんとも必要最低限しか絡みたくないと思っていたけど、別に今は苦じゃないみたいな。なんでか知らないけど毎日飲んでるし毎日アフターにも行ってる。久々にヤル気に満ち溢れてる自分がいて嬉しいんだ。

もう歌舞伎町には戻れない六本木で絶対に売れたい!

いざジェントルをやめるってときは、割と急ではあったけど円満退店でお店の人も温かく送り出してくれた。「後悔はして欲しくないから」って。そもそも女のコを無理やり引き留めるような店ではないけど、「戻って来たくなったらいつでも戻って来なよ」とまで言ってくれた。嬉しかったな。でもさ、だからこそ「ぜったい、戻りたくない!!!」とも思ったの(笑)。こんないいお店やめて歌舞伎町を離れて、それで「やっぱダメでした」って戻って来るなんて、そんなダサイことしたくない。

ララーはナンバーのシステムがなくてそこはジェントルと一緒。ノルマや罰金もないし出勤の縛りもない。店側が「頑張れ!」って煽るよりは、頑張りたいコが自分で頑張る感じだから、自分のヤル気が試されるなって思う。私はナンバーよりも毎月自分の成績を上書きするようなつもりで向き合いたい。そういうのは自己満かもしれないけどそこは自己達成感でいいなって思ってる。別に周りに認められたいとかじゃないけど、自分で離れた街だから、「六本木でダメだね」って言われるのだけは絶対に嫌。そこは絶対に売れたい。売れてやるって思う。だから今、生まれ変わったような気持ちで頑張ってるんだ♡

一ノ瀬恋六本木キャバ嬢

働くお店を変えるというのは抵抗があるけど、キャバ嬢なら誰でも悩んだ事があると思います。歌舞伎町ジェントルマンクラブもすごく良いお店だったという一ノ瀬恋さん。看板だった歌舞伎町から六本木へ。一からスタートするとなると大変だとは思いますが、後悔しない移籍になりそうです。これからも活躍してもらいたいですね。

一ノ瀬恋さんのオススメ記事はこちら

一ノ瀬恋バナー移籍ララー

一ノ瀬恋さんの着用ドレスはこちら

Related columns

名刺でプレイバック 夜の事件簿! ~一ノ瀬 恋・歌舞伎時代総まとめ編~

あの日、あの時、あの店で、名刺で振り返るキャバ嬢ヒストリー♪ 六本木『Club Lalah』の売れっ子、一ノ瀬 恋さんのネオン街人生をプレイバック! 移籍してからは店の空名刺を愛用しているという恋さん、歌舞伎町時代を写真 […] 続きを読む

美食家・一ノ瀬 恋オススメ!失敗しない“同伴ごはん”のお店❤

同伴コーディネート術から、お客さんの心をつかむ気づかいテクニックまで六本木『Club Lalah』の一ノ瀬恋さんがお答え❤ 売れっ子キャバ嬢の同伴アレコレをQ&Aでチェック!都内各所のありとあらゆる美食を食 […] 続きを読む
2017/11/15 │

相手に感謝はするけど、微妙な物はその場で断った方が後々の関係のため♡一ノ瀬恋

自分のために作ってくれた物は一生レベルの宝物! 物としてもらったプレゼントの中で一番高かったのは、ハリー・ウィンストンの時計。去年、愛用してたフランク・ミュラーの時計が壊れちゃって、たまたま来てくれた馴染みのお客さんにそ […] 続きを読む
有名キャバ嬢と聞かれたら、必ず名前が挙がるキャバ嬢。歌舞伎町老舗店Gentlman’sclubから2017年10月に六本木Club Lalahへ移籍。小悪魔agehaやBETTYといったファッション誌でモデルとして出演し、最近では大手アパレルブランドのイメージモデルに起用されるなど、活動の幅を広げている。
雑誌のみならず、多くのフリーペーパーやヘアメイクスタジオ、ドレスサイトにも出演しています!

生年月日1990年3月23日/O型/身長160cm/

Today's Ranking

  • 2カ月でNo.1!!現役女子大生みゆの 挫折知らずなキャバ嬢人生♡

    2カ月でNo.1!!現役女子大生みゆの 挫折知らずなキャバ嬢人生♡

    男女問わず目が釘付けになっちゃう、リアル峰不二子のような抜群のプロポーションを持つみゆさん♪ キャバ嬢歴はわずか1年ながら、あっという間に売れっ子になったという彼女の魅力に迫ります! 【みゆさんプロフィール】 生年月日:1997年9月23日/血液型:O型/身長:166センチ/出身:東京都/出勤:週4日/夜歴:21歳~/在籍:ファブリック新宿 留学費用を稼ぐためキャバクラへ! 現役大学 続きを読む
  • 年間7億超えちゃうかも♡一条響ブチ上げ伝説が止まらない!!

    年間7億超えちゃうかも♡一条響ブチ上げ伝説が止まらない!!

    入店2週間で3,000万を売り上げ、その後も月売り3,000、4,000万はあたり前! 45(フォーティーファイブ)移籍から人気がますます加速している一条響さんを直撃! 「前の店での売り上げは」「営業方法とか変えたの?」「高額ボトルがガンガン下りるあおり方は?」気になること全部聞きました♡ 響ちゃんの売り上げがヤバいと巷で話題なので、今日はそのへん含めて詳しく突っ込もうと思ってます。ちなみ 続きを読む
  • 経営者でYouTuberでモデル♡ 多忙な野の花の将来設計図

    経営者でYouTuberでモデル♡ 多忙な野の花の将来設計図

    キャバクラの経営者としてはもちろん、YouTuberとして自虐的な面を惜しみなくさらけ出すなど活動やキャラクターの幅をガンガン広げている桜井野の花さん。もう十分すぎるほど有名なのに、なぜそんなに多様な働き方をしているのか?その理由を教えてもらいました♡ また、同世代の人気キャバ嬢が現役を退いていくなか、歌舞伎町に居続ける理由もお伺いしたので要チェックです♪ 社長としてもYouTuberとし 続きを読む
  • 25キロヤセて人生変わった!小河青空の成り上がりヒストリー♡

    25キロヤセて人生変わった!小河青空の成り上がりヒストリー♡

    田舎で生まれ育った、どこにでもいる普通の女のコからモデルとしてもキャバ嬢としてもどんどんのぼり詰めていった小河青空さん。 その裏には25キロ減という怒涛のダイエットと負けん気根性がありました♡ モチベーションを落とさないための、青空さん流の方法は要チェックです♪ ヤセようと思ったきっかけはなんですか?昔、すごいダイエットしたって聞きました! すべての始まりは、当時つき合っていた彼氏に 続きを読む
  • 中洲No1キャバ嬢の秘密・元看護師彩花ゆいの「カウンセリング接客」とは?

    中洲No1キャバ嬢の秘密・元看護師彩花ゆいの「カウンセリング接客」とは?

    福岡は中洲の超有名キャバ嬢・彩花ゆいさんがコラム初登場 在籍するクラブアトリエの歴代売り上げを更新した、超実力派キャバ嬢にして元看護師という異色の経歴の持ち主の彩花ゆいさん。これまでのお仕事歴とほっこり癒し系なキャラに迫ります! 朝は病院勤務、昼間は看護学校、夜はキャバクラの3足のわらじ♡ はじめまして、中洲のクラブアトリエ在籍の彩花ゆいです。アトリエに入店してからもうすぐ4年に 続きを読む
  • 初めての昼職、初めての経営!一条響、まつエクサロンOPEN♡

    初めての昼職、初めての経営!一条響、まつエクサロンOPEN♡

    「何がしたいか考えたときに、まつエクサロンの経営がやりたいと思った!」という一条響さん。オープンまでは楽しいことばかりじゃなく、むしろ大変なことのほうが多かったそう。そんな一筋縄でいかなかったオープンに至るまでのお話と、今後の野望・展望をお伺いしました! まつエクサロンオープンおめでとうございます! オープンするまでどうでした? まず「浅はかだったな~!」って思いました。もっと 続きを読む
  • 東海一の人気者"小川えり"ことエンリケ。名古屋で6年間No. 1をキープし続けるマル秘テク

    東海一の人気者”小川えり”ことエンリケ。名古屋で6年間N

    2017年10月のバースデーは2日間で1億円超え!!今やキャバクラ界を代表するスーパーキャバ嬢 名古屋は錦のアールズカフェ在籍小川えり、こと通称エンリケさんにインタビューをしてきました。 驚異の売り上げを誇る今Instagramで話題の東海地区ナンバーワンのエンリケさんは 最初の6年感はどん底だったけど、そのあとの6年間はずっと1位! だったそうです。今をときめくスーパ 続きを読む
  • 月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを築くブレない接客術

    月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを

    気がつくとハマって抜け出せない、それがROLAND(ローランド)様ワールド! 「冴えない男と飲むリシャールより俺と飲む雨水」、「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」などの名言で有名な、歌舞伎町プラチナ本店の取締役を務めるローランド様。伸び悩んだ不遇の時代からホスト界の帝王に就任するまでの歴史や、独自の世界観をお届けします♡ ローランド様プロフィール 歌舞伎町PLATINA 続きを読む
  • 愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    歌舞伎町を代表する愛沢えみりさんと、著書『日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力本』(KADOKAWA)を出版し、ますます注目度が高まるエンリケこと小川えりさん。ふたりの馴れ初めからお互いへの質問まで、メゾンドボーテでつながったふたりの、ここでしか読めない仲良しリスペトークをお届け♡ ふたりの出会いっていつ頃なの? 小川えりさん(以下エンリケ):1年半くらい前かな??えみりちゃん 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので…… 続きを読む
コラムTOP > コラム > 一ノ瀬恋 > 一ノ瀬恋、六本木へ!移籍問題・全て語り尽くします♡