Page
Top

コラムTOP > コラム > 葉月芽生 > ナンバー1が偉いという常識を覆したい!〜葉月芽生の業界改革♡〜

ナンバー1が偉いという常識を覆したい!〜葉月芽生の業界改革♡〜

ナンバー1が偉いという常識を覆したい! 〜葉月芽生の業界改革♡〜

六本木・美人茶屋でずっとTOPを走り続けている葉月 芽生さん。どれだけ売れっ子になっても常に忙しくお仕事の予定を入れているイメージの芽生さんが考えているコトを教えてもらいました♡ 意外な一面も垣間見えたインタビューになったので、ぜひご覧ください!

ずっと同じお店にいて、いっつも忙しいイメージがある芽生さんですが、今後の希望、展望とかってあるんですか?

えーっと、そもそも今のお店に入った理由は恩を返すためだったんですよ。入店したきっかけは、昔いた柏のお店で1年くらい通ってくれていたお客さんがいて。普通に1、2時間いてドリンク出して世間話してパーっと帰るみたいな。超細いけど、めっちゃいい人。「この人、何が目的で来てるんだろ」みたいな、月に1回来るか来ないかくらいの人がいて。で、私がそのお店を辞めるときに「実は辞めるんですよ」って言ったら「どうするんですか今後」みたいな。

そのお客さん、本当にそんな喋り方なんですか?

その人ずーっと敬語なんですよ(笑) で、柏にいた当時「水商売の頂点は六本木」っていうイメージが私の中で強くて。「六本木で一回働いてみたいな」って思ってたから、「六本木に行って働くんです」って言ったら「店とか決まってるんですか?」って聞かれて。「全然、お店一件も知らないです」って言ったら、実はその人が美人茶屋の従業員さんで。「実は今まで黙ってたんですけど」ってそのとき教えてくれたんです。「あ、そうなんですね! だったら紹介してくださいよ」って言って、美人茶屋を紹介してもらったんですよ。

でも、当時はプライベートでも色々あって何回もバックレて。「六本木で働くんだったら東京に家欲しいんで、家探してほしいです」ってその人に言ったら本当に探してくれて、あとはハンコ押すだけっていうタイミングで私が音信不通にしちゃって(笑) 面倒くさくなっちゃったんですよね。結局そのお家は借りなかったんで、その人がめっちゃツメられるっていう。で、「いいや、柏のお店辞めて休もう」って思って。

ナンバー1が偉いという常識を覆したい!〜葉月芽生の業界改革♡〜

その人に対して「申し訳ないな」っていう気持ちは頭の隅にはあったけど、「まぁいいや」って思っちゃってて。でもちょっとしてから「やっぱ働きたいな」って思って六本木に体入行こうって思ったんだけど、その人しか知り合いがいないじゃないですか?だからその人にまた連絡して「お店紹介してください」みたいな。

そんなに色々バックレて、相手は怒ってなかったんですか?

全然怒ってなかったんですよ! それで怒ってたら関係も切れてたかもしれないけど。「全然気にしないでください」みたいな。マジでめっちゃ優しくて。後々、その人に対して「申し訳ないな」って思って「あ、この人に恩返ししよう!」って。私が美人茶屋に入ったらきっとその人が担当になるし、私の成績が良ければこの人も昇格するだろうし、もう茶屋しかないって。

それで美人茶屋に入店しようって決意したんですか?

そうです、恩返ししようって思ったのがきっかけで。まぁここまではいい話なんですけど(笑)

最終的にその人が色々な部分で表彰されたり昇格してるのを見て、「あ、もうそろそろいいな」って思ったんです。とにかく彼は仕事ができなかったの! 一緒に仕事していくのはキツイなって思ってて。で、最終的に担当もはずして…。でも彼はすごい位置まで昇格したんですよ。副店長くらいまでいったのかな? まぁ他のいろんな子の支えもあって。今は別の店舗で働いてるんですけど。「六本木で1番を獲る!」って目標で六本木に来て、グループで1番獲らせてもらったりして、担当も昇格させるっていう私の目標も達成できたし。だから今は、女の子を育てようと思ってます♡

えー!!

まぁ育てるというか、キャバクラ業界を変えたいというか…。やっぱりナンバー1の子って怖がられる存在じゃないですか?「この人に嫌われたらどうしよう」とか。そういうのが私にはあったから。ナンバー1が天狗になってるのって、やっぱり怖かったし。

それって下の子が勝手にビビっちゃうんですかね? じゃなくて本当に怖い?

席でいじめられたりとかがあって、嫌だなって思ってて。でも東京って売り上げがすべてだから、売り上げが高い人の言葉は絶対だし。たとえば、売り上げ一番の子が「あいつクビにしろ」って言ったらクビになる世界じゃないですか? で、「良いお店、女の子が入りやすいお店ってどういうお店なんだろう?」って考えたときに、ナンバー1の子が親しみやすくて良い人だったら、多分そのお店ってめちゃくちゃ働きやすいお店になるんじゃないかなって思ったんですよ。

ちなみに茶屋は派閥もないし、みんな仲良いし気軽に話しかけてくれる。「ナンバー1は偉い」っていう概念を変えたいんですよね。「ナンバー1が威張っていい場所じゃないんだぞ」っていう。

え、でもナンバー1だと威張っちゃわないですか?

それがダメなの! ナンバー1だからってスタッフをコキつかったりとか、自分の地位を利用して女の子をクビにさせたりとか。やっぱそうすると働きにくいお店になるし、だから女の子も東京でお店を転々とするんだと思う。私が長く今のお店にいる理由は、私がそういうふうに思ったら変わっていくんじゃないかな? って思ってやってるんです。ちなみに今の茶屋は、私が入ったときとは全然違いますよ!だから、ちょっとずつだけど自分がやってきたことには意味があったなって思って。

具体的にどんなことをしてきたんですか?

たとえば「体入です」って来た女の子がいますよね。体入って心細いじゃないですか? 一人だったり、上京してきた子だったり…。知らないお店のナンバー1ってなったら、体入の子からは絶対に話しかけられないと思うんですよ。だから自分から話しかけたり写真撮ろうって言ったりとか、そういうのを心がけてます。ちょっとずつだけど浸透していってほしいなって、キャバクラ業界に。

私なんて小さい存在だけど、もっと売れてるキャバ嬢の子がやったら業界って変わると思うから。地方から出て来る子の意見を聞くとさ、やっぱ怖いって言うんですよ。いじめとか、お客さんを取り合うとか。前にもちょっとコラムで話したと思うんですけど、爆弾されるってことは、爆弾される側にも原因があると思うから。仲よかったらそういうのって生まれないと思うし。

体入の身で、芽生ちゃんから「こんにちはー!」とか話しかけられたら、向こうは超びっくりしません?

最初はすごいびっくりしてくれて。でも私が挨拶することで、「プライベートで飲みに行きましょうよ」って誘ってくれたり、「ごはん連れてってください!」とか言ってきてくれるのがすごい嬉しい。「慣れてくれたのかな、居やすいお店って思ってくれたのかな」って思えて♡

芽生ちゃん、もはや自分自身が好かれるかどうかよりも、お店とか業界が好かれるかどうかなんですね。

もちろん自分に対しても好いてもらえたら嬉しいし、気軽に話しかけてほしいなって思ってるからできるんだろうけど、まずは「いいお店」って思ってもらわないとその子たちと一緒に働けないし仲良くもなれないから。やっぱり「いいお店だな」って思われたいかも。

だって、1番とってる子がちゃんとしてたら、お店もちゃんとなると思うんですよ。東京のお店ってだいたい1番の子が権力を持ってるから。権力を持ってる子しか変えられないと思うんですよね。

たしかに、1番の子がちゃんとしてるのに2番の子が威張ったりはできない。上の子がしてたら、下の子たちも「私も」「私も」ってなりそう。

そうそう! 体入で私が話しかけた子がいつか1番になったときに、後輩に「自分もこうしてあげよ」って思うわけだから、それが伝染していったらキャバクラ業界は変わるんじゃないかなって思う。

じゃあ「女の子を育てる」っていうのは売り上げ的な意味じゃなくて「いいお店づくり」に関すること?

でも結局それも売り上げに関わってくるかも、人としての部分とか。女の子を味方につけてマイナスなことってないから。やっぱり友達や味方が多いほど、ヘルプもしてくれるし。

たしかに芽生ちゃんは女の子に対してすごく気をつかってるイメージ。

でもそれは昔からかも。まずは「ヘルプの女の子に気つかってね」っていう。そこでやっぱり感じ悪く、お客さんにだけ「行ってくるね」って言って去っちゃう女の子って、私的には「感じ悪いなぁ」って思う。ヘルプについた女の子の気持ちを考えたときに、一言「お願いします」とか、「行って来ます」とか、その子にも言ってあげたら気持ちよく仕事ができるし、女の子に気をつかってあげるっていうのが接客業の醍醐味な気がする、私的に。

ナンバー1が偉いという常識を覆したい!〜葉月芽生の業界改革♡〜

どうしてもお客さん第一になりがちじゃないですか? まぁお客さんに気を使うのは当然として…。

それは当然として…。でも、その子が女の子にも気を使えるようになったら、もっと伸びると思う! 女の子に気をつかえない子って、団体では指名もらえないんじゃないかな。個々の戦いになりそうだからもったいない。もっと女の子に気を使えれば売り上げも上がるのになって。

ナンバー1の子って、なんとなく孤独なイメージでした。

正直いうと、ナンバー1の悩みって「本数が〜」とか、「売り上げが〜」とかで、下の子には絶対相談できないじゃないですか、嫌味にしか聞こえないから。だってお客さんがいない子ってその悩みすらない。だから下の子にそんな相談もできないし、そう考えると孤独っちゃ孤独かもしれないけど…。

ところで芽生ちゃんは今のお店好きですか?

すごい好き! ほかのお店に行ったことないから比べようもないけど。

比べようがないのに今のお店がいいって言い切れるのはどうして?

イメージ。まわりの女の子や友達から、ほかのお店の状況が耳に入るじゃないですか。そうするとやっぱりうちのお店はいいお店なんだなって思う。実際自分が働いてないからわからないけど、やっぱり派閥があって…とか聞きます。あと、お客さんからも聞くじゃないですか?

たとえば目の前を通った子がかわいくて「あの子なんていう名前?」って聞いたら「知らない」って女の子が答えて。「俺は感じ悪いって思ったんだよね」って。そう言うこと聞くと、「そんな子いるんだ!ありえない!」って思っちゃう。まぁわざと言ってるのかもしれないけど、そういうお店ってあんまり良くないですよね。

私だったら「わかる、あの子めっちゃかわいいよね! 場内入れる?」って乗っかっちゃう。

そっちのほうが感じ良いですよね? お客さんも楽しくなれそうだし。

そうそう、お客さんも「え、仲悪いの?」とか気にしちゃいそう。そういう話を聞くと、私は本当に恵まれてるんだなって思う。お店とかお客さんとかに…。あの、自分の気持ち的には私はずっと最下層にいて。

華がある子っていうか、レジェンドっているじゃないですか? えみりさんとか葵さんは生まれつきのレジェンドだと思ってるんですよ。顔が仕上がってて才能もある方だと思ってて。でも自分にはその才能はゼロだと思ってる。もう雑草だなって思ってて。そういう意識があるから自分的にはいまだに最下層にいるんですけど、まわりが異常な過大評価をするから、自分ですごい戸惑う!

たとえばお客さんが北海道に行った時に「お前のこと好きなファンの子がいて」とか「沖縄に行ってもおまえのこと知ってる子がいて、おれはすごい鼻が高かったよ」って言われると「え、なんで!?」って、逆に。なんでそこまで評価されるんだろうっていまだに思う。

自己評価と他者の評価が合致してないんですね。でもキャバクラって数字で自分がどれほどの位置にいるか分かるものじゃないですか?

それは分かったとしてもグループ内の話じゃないですか?まったく違う世界の、たとえばOLの子が「ファンなんですー!」って飲みに来てくれたりとかすると、自分では「なんでこんなに評価されてるんだろう」って。でも、周りの評価と自分の評価が一致しちゃうと、人って天狗になっちゃうんだと思う。自分のレベルがもともと低いって思ってるから天狗になれないし、そういう器じゃないって思ってる。だから恥ずかしいもん!

なにが恥ずかしいの!?(笑)

たとえばBarとか行って「芽生ちゃんですよね!?」って言われると恥ずかしい!すっごく嬉しけど、「え、私なんかが!?え!!」みたいな。すごい戸惑う。

確かに、他者の評価と自己評価が一致すると天狗になるのはそうなのかも。「かわいい!」って言われても「でしょうね、知ってる」ってなるってことですよね?

そうそう!(笑) そうなってくると多分、下の子とかスタッフさん、お客さんにもそういう態度になってきちゃうんだと思う。だから細いお客様の席はつかないとか、そういう態度になってきたり。そういうの、私は好きじゃない。

そうすると、どんどん自分を戒めないとじゃないですか? 自分自身が上がってくにつれて声かけられたりして、自意識も上がっていっちゃいそう。

私はならないと思う。もともとそういうタイプじゃないし、昔いたキャバクラでもお客さんに「ブス」とかけなされ続けてたし。

ええ!?そんなこと言ってくる人いるの!?傷つく…。

全然傷つかない!

マジでなにもプライドないから、「ブス」とか、けなされることが喜びというか、私のこと気にかけてくれてるって思う。ホメられるほうが反応に困るっていうか、苦手かも。「かわいいですよね」って言われると、すっごく嬉しいけど「そんなかわいくないです!」ってなって照れちゃう!(笑)

ナンバー1が偉いという常識を覆したい!〜葉月芽生の業界改革♡〜

自分のためじゃなくてお店のため、女の子のため、キャバクラ業界のために働く芽生さん。「自分さえ良ければいい」となってしまいがちな人間が多い中、この考え方は見習いたいもの! 「なぜ自分のことを指名してくれているのか分からない」と語る芽生さんの姿も意外でした♡

葉月芽生さんの着用ドレスはこちら

Related columns

中身は実はオタクだった!?~数字で見る葉月芽生の解体新書♡~

六本木・美人茶屋でトップを走り続けている葉月芽生さんのプライベートを数字で紐解きました! どれだけ売れっ子になっても常に笑顔でいられるヒミツは、オタクとアルコールが生活にあったから!?意外な一面をぜひご覧ください♡ 芽生 […] 続きを読む

生きるパワースポット・葉月芽生が伝授!良い人間関係を築く3つの法則

どんな人にも分け隔てなく、いつでもどこでも人当たりの良いイメージの芽生さん。六本木・美人茶屋のNo.1でありながら気取ることなく、『機嫌悪くなる時はないの?』っていうくらい、いつでもニコニコしてて、とにかく〝感じがいい〟 […] 続きを読む

今や六本木の一大イベント!葉月芽生バースデーレポート2018♥

毎年、大勢のお客さんで大にぎわいする葉月芽生さんのバースデー。9月の28日、29日と2日間に渡って開催された2018年のイベントの模様をお届け。「バースデーは1年間頑張った自分へのご褒美」と語る芽生さんに、当日の盛り上が […] 続きを読む
キャバクラ大手のグループイベントにて売上、指名など四冠に輝く六本木美人茶屋勤務のナンバーワンキャバ嬢。イメージモデルや雑誌モデルとしての活動も多い、今注目の六本木有名キャバ嬢。

生年月日:1990年9月29日/B型
身長:157cm/週5~6出勤
六本木美人茶屋勤務

Today's Ranking

  • 無理しないのが貯金の近道!ことみ流・財テクのすべて♡

    無理しないのが貯金の近道!ことみ流・財テクのすべて♡

    そもそもキャバ嬢になった理由が「学費を稼ぐため」だったと以前語ってくれたことみさん。稼げるイメージの夜職だけど、「稼げる」のと「貯金できる」ことはイコールにならないもの。今回は、「稼ぐ上に貯金もしている」ことみさんに、そのテクニックを教えてもらいました♡ キャバ嬢は収入も多いけど出費も多い職業だと思います。その中で無理なく貯めるにはどうしてますか? 自分が何にいくら使っているのか把握す 続きを読む
  • 銀行からキャバクラに転職!異色のノンアルキャバ嬢・メイサ♡

    銀行からキャバクラに転職!異色のノンアルキャバ嬢・メイサ♡

    会社を辞めて24歳からキャバクラで働きはじめたという異色の経歴をもつメイサさん。 よくよく話を聞くと3ヶ国語喋れたりハーフだったり結構な詐欺にあっていたり、何かとキャラが濃い模様!気になることだらけのメイサさんのアレコレを聞いてきました♪ 【メイサさんプロフィール】 生年月日:1990.7.28生まれ/身長160㎝/血液型:A型/出身地:東京都/在籍店:六本木JUNGLE TOKYO 続きを読む
  • 月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを築くブレない接客術

    月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを

    気がつくとハマって抜け出せない、それがROLAND(ローランド)様ワールド! 「冴えない男と飲むリシャールより俺と飲む雨水」、「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」などの名言で有名な、歌舞伎町プラチナ本店の取締役を務めるローランド様。伸び悩んだ不遇の時代からホスト界の帝王に就任するまでの歴史や、独自の世界観をお届けします♡ ローランド様プロフィール 歌舞伎町PLATINA 続きを読む
  • 大人になるほど美肌になっていく!美容オタク椿そらの秘密♡

    大人になるほど美肌になっていく!美容オタク椿そらの秘密♡

    言わずと知れた美肌の持ち主、椿そらさん。キャバ嬢としてもYouTuberとしても多忙な毎日を送っているのにその肌にはツヤがあり潤いがある!しかも、年々キレイになっていくと話題♡ その秘訣はいったいなんなのか聞いてきました! 美容に目覚めたきっかけは先輩に怒られたこと(笑) 19〜20歳くらいの頃は、肌水みたいに「たくさん入ってて安い!」みたいなコスパがいいスキンケア用品を使ってたんですよ。それ 続きを読む
  • 東海一の人気者"小川えり"ことエンリケ。名古屋で6年間No. 1をキープし続けるマル秘テク

    東海一の人気者”小川えり”ことエンリケ。名古屋で6年間N

    2017年10月のバースデーは2日間で1億円超え!!今やキャバクラ界を代表するスーパーキャバ嬢 名古屋は錦のアールズカフェ在籍小川えり、こと通称エンリケさんにインタビューをしてきました。 驚異の売り上げを誇る今Instagramで話題の東海地区ナンバーワンのエンリケさんは 最初の6年感はどん底だったけど、そのあとの6年間はずっと1位! だったそうです。今をときめくスーパ 続きを読む
  • 歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る"売上の壁"の超え方!!前編

    歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る”売上の壁”の超

    「億の男」としてその名を知られるシンスユーの蓮士 メゾンドボーテ初登場!!蓮士さんといえば「4年連続売上1億超え」や「月間売り上げ5,000万突破」など、レジェンドプレーヤーとして夜の世界で知らない人はいない歌舞伎町の伝説。現在進行形で偉業を更新し続けるその原動力とは?ロングインタビューを前・後編でお届けします♪ 蓮士さんプロフィール 『SINCE YOU  RESISTANCE 続きを読む
  • 教えて響ちゃん!“キャバ嬢あるある”なお悩みにお答え!

    教えて響ちゃん!“キャバ嬢あるある”なお悩みにお答え!

    結果が売り上げやランキングなどダイレクトに数字にあらわれるキャバ嬢というお仕事。指名がもらえない、お客様への連絡の仕方が分からない、お客様との接し方に困る…などなど、多くの悩みがつきまとうもの。そこで、常にトップで輝き続ける一条 響さんに、キャバ嬢ならば一度は通るであろう、「あるあるなお悩み」に答えてもらいました♪ <初心者編> Q.これからキャバ嬢になりたいと思ってます! お店選びの 続きを読む
  • エリアを変えてRE:START♡  ふうか・六本木から歌舞伎町へ電撃移籍!

    エリアを変えてRE:START♡ ふうか・六本木から歌舞伎町へ電撃移籍!

    今年の5月に六本木を飛び出し、現在は歌舞伎町・45(フォーティファイブ)へ移籍したふうかさん。 慣れ親しんだ街を抜け出し、新たに歌舞伎町で再スタートすることを決めた経緯や心境など語ってもらいました♪ 六本木から歌舞伎町へ、エリアを変えてまで移籍した理由はなんですか? シンプルに「環境を変えて頑張ってみたい!」と思ったのが理由です。新しいことにチャンレジするのが昔から好きなんですよね♪ 続きを読む
  • キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    都内の高級キャバクラでは一番安いボトルでも15万~20万円はするという超高級シャンパンのアルマンド。キャバ嬢の新定番といっても過言ではありません。3年前までは知らない人も多かったアルマンドがなぜいきなり流行りだしたのか?Ace of Spades(スペードのエース)のラベルでおなじみのシャンパンが流行りだした5つの理由とは? (2018年11月10日追記あり) アルマンドはシャンパンとして 続きを読む
  • 愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    歌舞伎町を代表する愛沢えみりさんと、著書『日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力本』(KADOKAWA)を出版し、ますます注目度が高まるエンリケこと小川えりさん。ふたりの馴れ初めからお互いへの質問まで、メゾンドボーテでつながったふたりの、ここでしか読めない仲良しリスペトークをお届け♡ ふたりの出会いっていつ頃なの? 小川えりさん(以下エンリケ):1年半くらい前かな??えみりちゃん 続きを読む
コラムTOP > コラム > 葉月芽生 > ナンバー1が偉いという常識を覆したい!〜葉月芽生の業界改革♡〜