Page
Top

コラムTOP > コラム > 森絵里 > 舞台から舞い降りた永遠少女バレリーナ♡“もりえり”っていったい誰?-前編-

舞台から舞い降りた永遠少女バレリーナ♡“もりえり”っていったい誰?-前編-

舞台から舞い降りた永遠少女バレリーナ♡“もりえり”っていったい誰?-前編-

一瞬ごとにストーリーが展開されていく私たちの人生というドラマ。美しく輝く女性たちは、どのように時を重ねているのでしょうか。今回はバレエダンサーの森 絵里(もり えり)さんに、人生のターニングポイント、大切にしている仕事の流儀。そして、これからの目標についてインタビュー。前編をお届けします!

☆後編はこちら

バレエを始めれば、誰かに変身できるって思ったんです。

考え方次第でもっと輝ける。バレエが教えてくれた前向き論|森 絵里・前編(本人提供画像)

初対面でいきなりすみません、美し過ぎて本物のプリンセスかと思いました。(♪♪♪~…部屋は優美なクラシック音が響く)

(笑)プリンセスではないですけど、サリーちゃんに憧れてバレエの世界に入ったので、近いかもしれませんね♡

サリーちゃんって、アニメの「魔法使いサリー」ですか?

そうです♡ 小さい頃、魔法を使って変身ができるサリーちゃんに憧れて「バレエならなれるよ」って親に言われたのが、バレエを始めたきっかけなんです。

何歳までサンタさん信じていた問題じゃないですけど、サリーちゃんになれないと気づいたのはいつですか?

私は今まで一度もそう思ったことがなくて…舞台に立つと違う自分がいるんですよ。衣装に着替えて、ヘアスタイルも変える。そうすると誰かに変身できるんです。子供の頃からずっとそんな感じなんです。

考え方次第でもっと輝ける。バレエが教えてくれた前向き論|森 絵里・前編

現実も舞台も関係なく、作品の世界に入り込んでいるってことなんですね。そうなるまでに、相当な努力をされたのでは?

努力をしたつもりも全くないです。バレエをしていないとソワソワしちゃうし、単純に好きなことだから。学校に通う時間があったら、バレエに時間を注ぎたかった。なので努力はしてないけど、情熱は人一倍あったのかもしれません。

それに私、バレリーナ界でいうとあまり恵まれた条件の身体つきではなくて…股関節の開きも悪いし、両肩も前にいってますし。身体がすごく硬かったんですよ。

意外です。もとから柔らかいのかなと思っていました!

負けず嫌いな部分もあったので、身体を柔らかくするために夜中もずーっとストレッチをしていました。そのまま“土の字”で寝ちゃって、朝いたたたた…って目が覚めたり(笑)

考え方次第でもっと輝ける。バレエが教えてくれた前向き論|森 絵里・前編

ちょっとドジなサリーちゃんですね(笑)

ふふ♡笑

誰もが自主練習しているので、やっぱりプラスαで差が付くんです。やったらやった分だけ、自信のある踊りや仕草になっていきますし。負けず嫌いがヒートアップして、バレエ教室がおやすみの土曜日に、先生に教室を開けて欲しいって電話したこともありました(笑)みんなと同じことをしていては、技術は磨けないんです。

そこまで情熱を注げるのは、バレエと相性が良かったのもありますか?

あります、あります。バレエだけを愛してきたし、バレエしか知りません。私はここにいるべくして存在しているって思います。

教室の子同士でライバル視したりとかは?

小さい頃はありましたけど、プロになってからは一切ないですね。お互いの演技を尊敬して、研究し合っています。「おいしいね~♪」って♡♡

おいしいね???

バレエの先生に「おいしい演技をしなさい」ってアドバイスしていただいていたんです。じゃないと見ている人は満腹感を得られない。おいしい演技を見て、幸せな気分にさせなさいよってことです♡

大事なのは自分自身。環境は関係ない。

考え方次第でもっと輝ける。バレエが教えてくれた前向き論|森 絵里・前編▲「東京シティ・バレエ団」の舞台で主演ソリストを務める森 絵里さん(本人提供画像)

現在入団されている「東京シティ・バレエ団」に入ったきっかけを教えてください。

バレエは主役だけが上手いのではなく、コール・ド・バレエ(主役の群舞を担当)の完成度もすごく大事で…東京シティ・バレエ団の「白鳥の湖」を拝見したときに、すごく感動したんです。全員の息がぴったりと合っていたことが一番の決め手ですね。

海外に拠点を移そうか迷ったことはありますか?

実は小学生のときに、ロシアでバレエをやろうかなと考えてはいました。ただ、家族に相談したら反対されて、そのときは見送ることにしました。

でも今は、環境は関係ないなって考えに変わりましたね。バレエは世界共通語みたいなものなので、どこでやっていても結局、大事なのは自分自身。環境ではないんです。

考え方次第でもっと輝ける。バレエが教えてくれた前向き論|森 絵里・前編▲「白鳥の湖」全幕ゲスト出演(本人提供画像)

ご出身の名古屋から東京に移って10年目だそうですが、当時はどんな思いで上京をしましたか?

一番になる、バレエを仕事にしたい、ですね。学校もほとんど行ってないし、青春って何だか分からない。でも、ここまでバレエを続けさせてもらったので、一生かけて恩返しをしないとって。

演じるときに大切にされていることはありますか?

まずは自分が楽しむことです。最初から役に染まるのは無理なので、生活の中からだんだんと創り上げていくんです。「くるみ割り人形」で主人公のクララを演じたときは、日常の服装や仕草を17歳っぽく設定したりとか。バレエウエアもあえてピンクにしたり♡ 歩き方だって変わりますし、頭の中も見た目も常にクララになるくらい役を楽しんでいます。

仕事と遊びはグラデーションです♡

考え方次第でもっと輝ける。バレエが教えてくれた前向き論|森 絵里・前編▲プライベートの時間や大切な仲間からエネルギーをもらう時間も大切にしているそう(本人提供画像)

常にONな印象ですが、OFFはあるんですか?

全然ありますよ! 練習しなきゃいけない期間は絶対にするんですけど、そうじゃない日はその辺(部屋)で一週間くらいごろごりしたり、Uber Eatsでピザを頼んで食べたりします♡ あとカップラーメンも食べますよ♡ふふ

いきなり親近感が湧いてきました。

私はプライベートも一切制限をかけていないんです。昔は日焼けを気にして海に行かないようにしようとか、バレリーナの暗黙のルール的なものを守っていたんですけど、そういうことは止めました。

前にテレビで俳優さんが「遊ばないと面白い演技ができない」って言っていて、感銘を受けたんですよ。基本的にバレエは無言劇なので、自分の想像力を駆使して演じるんです。旅行で「あぁ楽しかった♡」って自然体な感情を知っていることで、演技もよりリアルに近づけると思っています。

ONのためのOFFなんですね。

ほんとそう!OFFになることでONの自分を客観視できたり、今自分がいる環境に改めて感謝できたりもします。仕事と遊びはそれぞれがグラデーションのように繋がっているんです。

バレエは総合芸術だと思いますが、その中でもここだけはチェックして欲しいポイントはありますか?

私、一切そういうこと言わなくて、とにかく見に来て欲しいです!無言劇なぶん、解釈は人それぞれなので、そのそれぞれを楽しんで欲しい。「ちなみに、わたしのこと見つけたかな?」って、逆に抜き打ちチェックしたいですけどね♡笑

今後はバレエをする側から支える側になりたい。

考え方次第でもっと輝ける。バレエが教えてくれた前向き論|森 絵里・前編

森 絵里さんのチェックは入るんですね(笑)今年でバレエ歴28年。今後の目標はありますか?

現役で舞台に立ちながら、2019年9月にオープンしたERI GYMを大きくしていきたいです。日本のバレエは海外と比べるとサポート体制が整っていないので、後輩はバイトを掛け持ちしながら練習しているんです。

バレエと全く関係ないところでバイトをするよりも、バレエを活かせる場所でバイトしたほうがよっぽど身になるじゃないですか。そういう子たちが働ける環境を私が作ってあげられたら、バレエがもっともっと盛り上がるかなって♡

環境関係なく、情熱を注ぎながら仕事を楽しむことが大事になる。毎日の確かな一歩が大きな力になるのだと、森 絵里さんが教えてくれました。後編では、バレエ&フィットネススタジオを経営している彼女に迫ります。ぜひ合わせてチェックしてくださいね!

華やかな容姿と繊細な踊りでファンを魅了するバレエダンサー。「くるみ割り人形」や「ジゼル」など代表的な公演で主要な役に抜擢される。

インスタもかわいい!とバレエ界以外でのファンも多い。2019年にオープンしたプライベートジム「ERI GYM」は、美意識の高い有名キャバ嬢やモデルもお忍びで通う。

職業:バレエダンサー
バレエ&フィットネスジム オーナー
生年月日:5月5日生まれ
出身:愛知県名古屋市
趣味:トレーニング・サウナ
ERI GYM:店舗instagram


【経歴】

5歳からバレエを習いはじめる。始めたきっかけは、小さい頃に見ていたアニメ、魔法使いサリーちゃん。「バレエならサリーちゃんみたいに変身できるよ」と親に言われて始めた。

中学校3年生まではウクライナと日本を行き来しながらバレエの練習に勤しむ。全国バレエコンクールでは、小、中、高と全国1位に輝く。

2014年には東京シティ・バレエ団に入団。「くるみ割り人形」や「ジゼル」などの作品に出演しながら、自身がオーナーを務めるプライベートジムで誰でも気軽にできるバレエ&フィットネスをレクチャーしている。


【来歴】

・全国バレエコンクール:小、中、高 全国1位
・2001年:世界&モダンダンスコンクール最年少セミファイナリスト
・2002年:セルジュ・リファール記念キエフ国際バレエコンクールにて第2位銀賞受賞
・2004年:最も歴史ある大会、ヴァルナ国際バレエコンクール第2位、銀賞受賞。ポーランド世界フェスティバル「タランチュラ」にゲスト出演。同年キエフ・シェフチェンコ劇場にてバレエガラに出演
・2008年:日本バレエ協会創立50周年記念「コンブリオ」(ベルギー・トラソン振付)に出演
・2011年:Kバレエカンパニーへ入団
・2013年:ファースト・アーティストに昇格。その後、同団を退団。
・2014年:東京シティ・バレエ団入団。
・2015年:「ジゼル」ペザントにて好評され、同年、全幕 「くるみ割り人形」クララ主演
・2016年:日生劇場にて、全幕 「コッペリア」スワニルダへ主演
・2019年:バレエ&フィットネスジム「ERI GYM」をオープン。


【pickup interview】

Q.役を演じるときに大切にしていることは?
A.まずは自分が楽しむこと。日常の服装や仕草から役作りをしている。

Q.休みの日は何してる?
A.OFFの日はUber Eatsでピザを頼んだりカップラーメンも食べる。日焼けを気にせず友達とビーチで思いっきり遊ぶ。プライベートに制限をかけないことも役を演じるうえで大切♪

Q.プライベートジムを経営してうれしかったことは?
A.ブライダル前に来ていただいたお客様の美容のお手伝いができたこと。ダイエットに成功して素敵なブライダルフォトが送られてきた♡

Q.使ってるリップは?
A.CHANELの赤リップ。ココ・シャネルがドレスコレクションを発表した5月5日は、わたしの誕生日で運命を感じた♡

(※2020年04月12日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
2020/04/17 │
一瞬ごとにストーリーが展開されていく私たちの人生というドラマ。美しく輝く女性たちは、どのように時を重ねているのでしょうか。今回はバレエ&フィットネスジムのオーナーを務めている森 絵里(もりえり)さんに、ジムをオープンした […]
一瞬ごとにストーリーが展開されていく私たちの人生というドラマ。美しく輝く女性たちは、どのように時を重ねているのでしょうか。今回はバレエ&フィットネスジムのオーナーを務めている森 絵里(もりえり)さんに、ジムをオープンした […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 動き出したのはイベント前日!? 歌舞伎町『フォーセンス』五十嵐美咲 ギリギリバー...

    キャバ嬢にとってコケることができない年に1度のイベントいえばバースデー! 誰でもバースデー前は大なり小なり“病み”は襲ってくるもの。毎年盛大にイベントを打っている有名嬢ともなればそのプレッシャーはなおさら。歌舞伎町『フォーセンス』不動のナンバー1、五十嵐美咲さんの場合は…!? キャバ嬢特有の病み期の波とイベントがバッティングした美咲さんバースデーの顛末をお届け!! バースデー前に病むのはみんな一緒... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくり... 続きを読む
  • 『ファブリック六本木』きほ 強気な私を作る“きほメンタル”の成分表-後編-病まな...

    前後編でお届けしている、『ファブリック六本木』きほさんの“きほメンタルの成分表”。お客さん選びや付き合い方、人間関係のスタンスが語られた前編に続き、後編はキャバ嬢と病みの関係についても言及。夜で病まないメンタルの強さを掘り下げます! 「嫌われることから始める」や「今の時代のキャバ嬢に病んでるヒマはない」など、心に刺さる名言も盛り沢山♡ ★前編はこちら   -きほメン... 続きを読む
  • 歌舞伎町『OVERTURE』天乃えま 週7働くえまちゃんの1日♡

    売れ続けているコは成績も出勤もメンタルも安定しているのが共通点。一体どんな毎日を送っているのか、一条響さんの後継者との呼び声も高い『OVERTURE』の売れっ子・天乃えまさんの一日に注目! 起床から就寝まで日々の生活パターンから安定感の秘密を探ります♡   青汁を飲んで1日がはじまります! ―天乃えまの一日:起床〜ヘアメまで― 13:00 起床 犬のごはん 14:00 青汁... 続きを読む
  • 睡眠4時間7時起床!『NEXT 六本木』&『NEXT 銀座』かわいすぎるラウンジ...

    初登場時から「かわいい!!」と大人気だった、メゾンドボーテ初のラウンジ嬢さゆさん(『NEXT 六本木』&『NEXT 銀座』)。2度目の登場となる今回は当サイトの名物シリーズ解体新書!! お顔のパーツサイズからボディサイズ、ライフスタイルやお財布の中身、さゆさんを様々な角度から数字で解体! さゆさんのかわいいの秘密も見えてくるかも♡ -BODY- 下半身カリカリッに細くなりたい♡ ... 続きを読む
  • 『ファブリック六本木』れい おかえり♡新生れいれい 六本木伝説の始まり!!

    現場を離れることおよそ2年半…。元・北新地『ランス』のれいさんが『ファブリック六本木』でキャバクラ復帰!! お休みの間は何をしていたのか、現在のお店への入店のキッカケや復帰1カ月でのバースデー、働き方の変化まで。れいれい2年半ぶりのキャバ嬢人生に迫ります♡   4月に六本木のファブリックで現場復帰しました♥ ―れいさんお久しぶりです♡ メゾンドボーテは3年ぶり? ... 続きを読む
  • 『OVERTURE』桜ゆみ 隠キャ・人見知り・内向型でもキャバ嬢はできる!“養殖...

    いざキャバ嬢を始めてみたものの、「根本的に人と接するの苦手かも…」と気づいてしまった、というのはあるあるな話。でも大丈夫! 人と接することが苦手でも、“養殖陽キャ”という道もあります!「実は極度の人見知りで極度のコミュ障」という、歌舞伎町『OVERTURE』の桜ゆみさんに、人間が苦手でも接客業のプロとして第一線で活躍するノウハウをお聞きしました♡   猫のためにしばらく育... 続きを読む
  • 伝説のAV女優・里美ゆりあ3億円脱税事件から始まった六本木キャバ嬢人生

    AV女優として長年第一線で活躍するレジェンドにして、六本木の売れっ子キャバ嬢でもある里美ゆりあさんがメゾンドボーテ初登場。“脱税事件”がキッカケだったというキャバ嬢デビューの背景、巨額の貯金を失って180度変わったという生き方。お金、仕事、人生について語り尽くします♡ AV女優とキャバ嬢、二足のわらじを履いています♡ 六本木の『舞人』に在籍している里美ゆりあです。キャバクラと並行してAV女優を... 続きを読む
  • メゾンドボーテ初登場♡ 六本木『NEXT』さゆ に聞く ラウンジ嬢の働き方♡

    六本木の会員制ラウンジ『NEXT』の売れっ子・さゆさんがメゾンドボーテ初登場!! お仕事の軸を昼におきながらダブルワークをしてきたさゆさんが語る、ラウンジ嬢の働き方とは? 来年の4月からは看護学校に入学予定というさゆさん。看護師を目指すことを決めた背景にも迫ります♡ ラウンジで働く女のコの出演はボーテ史上初!! 貴重な語り系自己紹介、お見逃しなく。   来年の4月から昼は... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 森絵里 > 舞台から舞い降りた永遠少女バレリーナ♡“もりえり”っていったい誰?-前編-