Page
Top

コラムTOP > コラム > 鈴音りん > 初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

フォーセンスグループの新星・鈴音りんさんがメゾンドボーテモデルの仲間入り♪昨年5月に歌舞伎町に現れて以来、快進撃を続けるりんさんの意外な夜歴とは?『La Van(ラヴァン)』入店後、飲まずにナンバーを駆け上がった営業方法にも注目!

ナンバー表を見てムカついたのが始まりだった!

歌舞伎町に来て『La Van(ラヴァン)』に入店したのが去年の5月。ちょうど1年前。その前は錦糸町で一番最初は小岩。だから、夜歴的には中央総武線をじょじょに都心へと近づいて行ったみたいな感じです (笑)。

キャバクラを始めたときは全くヤル気とかなくて、近場でお小遣い稼ぎ程度に働けたらいいかなって感じでやっていたから、歌舞伎町とか六本木とかガチの街は一切視野に入ってなかった。その日、その日、お金稼げたラッキーみたいな。もらった日払いをその日に使っちゃうような。それでお金なくなったら出勤して…そういう気楽な体入感覚。

もちろんナンバーなんて気にしたこともなく、それはそれでハッピーに暮らしていたんだけど、“順位”って勝手につけられるじゃないですか。錦糸町時代のある日、1日の売り上げ表みたいなのが張り出されているのをふと見ちゃって。そしたら、自分の名前が下の下の下のほうにあって、「イヤだな」って思った。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!錦糸町時代。出勤を週1から週4に増やした途端にナンバー1に♥

まともに出勤もしていないから成績が下なのは当然なんだけど、名前が下の下の下にあることにムカついた。「景色悪いな」って。そこが始まりだった。

でも、どうしたら成績が上がるのかやり方なんてわかんない。そしたらその当時の店長に「出勤を増やしてみたら?」って言われたの。確かにそれまでは週1とか2週間に1回とかしか出勤していなかったから。それで週4にしたらすぐに売り上げが上がって、「これイケるかも」って弾みがついた。

毎日出勤するだけでつかめるチャンスが増える♥

いま思えば、錦糸町ってヤル気のあるコとないコとはっきりわかれるから、当たり前のことをすれば割とすぐに結果が出る。ナンバーに入る努力も歌舞伎町に比べれば比較的楽っていうのはあるんだけど、でもこのときに「毎日出ればお客さんに顔を覚えてもらえる」、「フリーでも良いお客さんが来たときに取りこぼさない」、「チャンスをつかむ確率が上がる」ってことは実感として学んだんだと思う。

せっかくフリーバックにつながっても、そのとき自分が店にいなかったら意味がない。だからちゃんと毎日出るってことに意味があるんだなってことは、歌舞伎町に来てますます感じで、今は店休以外はキッチリ出勤してる。

週4出勤するようになってすぐに、錦糸町のお店ではナンバーワンになった。お客さんたちにも「なんでここにいるの?都心に行ったほうがいいよ」って言われることが増えて「そんなに言うなら、じゃあ行っちゃおうかな」って。それで歌舞伎町へ(笑)。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!錦糸町時代のバースデー。この頃の源氏名は“りおな”だったそう♥

歌舞伎町でキャバ嬢をしようとは決めていたけど、錦糸町のお店を辞めたあとはちょっと休んで数カ月ニート。その間にお客さんのLINEも全部消しちゃってたから、歌舞伎町で働き出したときはお客さんゼロからのスタートだった。

入店早々の賞レースで新人賞&グループ2位!

歌舞伎町では何店か体入に行ったけど、その中で私を必要としてくれたのが『ラヴァン』だった。「看板に載るような女のコになって欲しいから」って親身になってくれて、私をすごく歓迎してくれた。

某老舗キャバクラの面接も受けたけど、そこでは「未成年でお酒も飲めないし、お客さんもいないし、それでどれだけ結果が出せるのかわからないから」ってあまり良い顔はされなかった。提示された時給も想定していた額の半分くらい。確かに今の時点で伸びしろが見えないっていうのは事実だったんだけど…。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

その点、『ラヴァン』では「お酒が飲めなくても飲めないなりのやり方を一緒に探していこう」って言ってもらえたのが嬉しかった。寄り添ってくれる感じが信頼できたし、必要としてもらえるのやっぱり嬉しい。その期待に応えたいって思えた。

歌舞伎町で体入をした時点で、この街は今まで私が知ってる街とは全然違うんだってことはすぐわかった。みんなヤル気もあるしそもそもレベルが全然違う。この街で自分がどこまで勝負できるのかわからないけど、とにかく全力で仕事をしようと思って、入店が決まったその日からフル出勤。お客さんは全部フリーからつかんだ。

入店して2カ月経った頃、フォーセンスグループ恒例の夏のグループレースが始まった。さすがにそこで上位を狙えるとは思っていなかったけど、入店4カ月以内のキャストを対象にしたニューフェイス枠があったからそこでは絶対1位を獲ろうと決意。「同伴、指名、売り上げ、シャンパン部門で新人賞をとって4冠達成しよう!」みたいな。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!入店早々グループ総合2位に! 10代でこの結果は快挙!

そう思っていつも以上に頑張っているうちに、レースの中間発表を見たら全体で3位にランクインしていることがわかって俄然スイッチが入った。残りのレース期間中もがんばって結果はグループレース2位。お客さんゼロの状態でスタートして2位だったんだから、よくやったって思うけどやっぱり悔しい。勝ち負けにこだわって生きていると疲れはするけど、負けず嫌いだから、どうせやるならみたいなところで熱くなっちゃう。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!賞レースの結果が反映されるフォーセンスのグループ看板は歌舞伎町名物のひとつ。ちなみに2019年夏のレースで1位だったのは五十嵐美咲さん♥

飲めなくてもタイミングを読めばシャンパンは入る♥

ラヴァンはすごくしっかりしたお店だから、二十歳のバースデーまで本当にお酒を一滴も飲むことなく接客していて、お酒解禁は12月のバースデーから。初めて飲んだお酒はバースデーの日に同伴してくたお客様が入れてくれたアルマンド♥

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!12月の16、17日に開催されたバースデーでシャンパン解禁♪

お酒を飲むようになったといってもそんなに量は飲めないから、飲むのはシャンパン1本につき乾杯の一杯程度。量はさておき、「シャンパン飲みたい」って言えるのようになったことはすごくありがたい。お酒飲めなかった頃も、シャンパンを入れて欲しくて「飲みたい」って言ってみたこともあったけど、「何言ってんの。飲めないでしょww」で終わっちゃってたから。今は心おきなく煽れるようになってよかった(笑)。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!飲めない期間に、飲まなくてもシャンパンが入る極意を習得!♪

お酒を飲めなかった期間は「飲みたい」とは言えないぶん、団体の席では雰囲気でボトルを入れる流れを自分なりに工夫してた。ある程度「今日はシャンパンこのくらい入れよう」って思って来ていたとしても、シャンパンを開けたくなるような“タイミング”がなかったら開けないから、場の流れを読んで要所要所でどう盛り上がる場面を作っていくか。そこをすごく研究してた。

たとえば、大勢で飲みに来てるお客さんの席で、着いた女のコがシーンとしてたらシャンパン入れるどころじゃないけど、かわいいコが一気にそろったら絶対にそれはシャンパンを開ける流れ。そういう流れを見逃さないように。リクエストっていう形で付け回しの人に、「このコとこのコとこのコ付けて下さい」ってお願いしておいたり、流れを作って演出することも意識してた。

キャバクラで上に行こうと思ったら、持ちつ持たれつお互いに助け合う気持ちがあったほうが昇りやすいと思う。団体の席で同じ卓に着いてもらったり、アフターにつき合ってもらったり、ヘルプに入ってもらったり、助けを必要とする場面がめちゃくちゃあるから。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

「助けてもらったら恩返しを必ずする」それも大事にしてる。助けてくれたコの指名の席で連れの人が特に指名がないならフリーでも全然着くし、アフターもかぶってなければ全然行く。口でお礼をいうだけじゃなく、行動で示すことは絶対に必要なことだと思う。

でも、お客様に恵まれてた部分もすごくある。お酒飲めなくてもシャンパン入れてくれる人の半数がお客さん自身もお酒をあんまり飲まない人で、売り上げのために入れてあげるよっていう人だったから。だからヘルプのコもボーイさんも飲まなくていいよっていうパターンが8割くらい。本当にありがたかった。

それプラス未成年のときにどの卓でも必ず頼んでいたのが“りんスペシャル”っていう名前をつけたマンゴーヨーグルトジュース。これ1杯¥5,000で、ピッチャーだと¥20,000。みんなの間では「あの、高っかいジュース、りんスペね」でお馴染みだったwww 飲めないならオリジナルドリンク作っちゃうのもありだと思う(笑)。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!バースデーではタワーも2種類。シャンパンも各席で乾杯の1杯ずつ飲んで顔が真っ赤になったそう♪

キャバクラを限界までやり抜きたい!

『ラヴァン』での成績は、1位の月もあれば2位の月もありって感じ。でも、ナンバー1と2をお互い行ったり来たりしているコとはすごく仲が良い。相番の卓もあるから一緒にお客さんを呼んだり、一緒にアフター行ったり、何かと協力し合ってる。何でも相談できる頼れる先輩でもあり仲良しなお友達でもありっていう関係。こういう感じが私は理想♥

この1年、『ラヴァン』で働いて、キャバクラで一番大事なのは信頼関係だなって思った。お客さんとの関係もそうだしキャスト同士もそう。信頼ってすぐに作れるものじゃないから普段の私の行いがすべて。「感謝」と「謙虚さ」この2つは肝に命じて、「ありがとうございました」は心を込めてしっかり言うようにしてる。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

歌舞伎町に来てよかったなって思ってる。女のコのレベルが高い中で、自分がガツガツ戦っている感じが好き。

やるって決めたことに対しては限界まで頑張ってやり抜きたいタイプ。昔っから負けず嫌いな性格で、これって決めたら限界までやる。スポーツでも勉強でも趣味でもそう。それが今回はキャバクラっていう仕事だった。

逆に自分の中でやり切ったなと思ったらスパンと終わらせちゃったりする。だから、これからのことはわかんない。キャバクラ以上に興味のあることが出てきたら、スパンと切ってそっちに行っちゃうかもしれない。どうなるかは自分じゃわかんない。でも、キャバクラを精一杯やりきることが今の目標。毎日できることを精一杯やる。やりたいことをやりたいように限界まで全力でやりたい!

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

お酒を飲まずとも華々しい結果を出し続けていたりんさん。二十歳になってシャンパン解禁となった今年はさらに大活躍の予感です♥

Related columns
週6出勤×週6シャンパン祭り!「高額ボトルが入らない日はない」という歌舞伎町『La Van(ラヴァン)』の鈴音りんさん。その勢いは一体どこから来るのか? 聞けばそこには、キャバ嬢としての基本方針や売上を伸ばすための戦略が […]
続きを読む

錦糸町・小岩でキャバ嬢デビュー。出勤日数を週1から週4に増やしたところ同店のNo.1になり、さらに高みを目指すために歌舞伎町へ。「La Van(ラヴァン)」に移籍した。

入店早々、売上・指名本数・同伴2位に。さらに場内指名1位に輝くなど、超大型新人キャバ嬢として活躍。お酒の飲めない10代ながらそのハンデをものともせず、入店2ヵ月目にはグループレースで総合第2位と新人賞の結果を残す快挙を遂げた(ちなみに、同イベントの2019年夏のレースで1位だったのは系列店「フォーセンス」勤務の五十嵐美咲さん)。

20歳になった現在はお酒を解禁。これからの活躍にも注目が集まっている。

職業:キャバクラ嬢
在籍:La Van(ラヴァン)
出勤:週6(日曜日休み)
出身:大分県
生年月日:1999年12月16日
身長:156cm
血液型:B型


【来歴】

・錦糸町のキャバクラに入店
・2019年5月:「La Van(ラヴァン)」に在籍


【pickup interview】

Q.どうやったらシャンパンが入るの?
A.シャンパンを開けたくなるような“タイミング”がなかったら開けないから、場の流れを読んで要所要所でどう盛り上がる場面を作っていくか。そこをすごく研究してた。たとえば、大勢で飲みに来てるお客さんの席で、着いた女のコがシーンとしてたらシャンパン入れるどころじゃないけど、かわいいコが一気にそろったら絶対にそれはシャンパンを開ける流れ。そういう流れを見逃さないように。

Q.ちなみに10代のときは何を飲んでたの?

A.必ず頼んでいたのが“りんスペシャル”っていう名前をつけたマンゴーヨーグルトジュース。これ1杯¥5,000で、ピッチャーだと¥20,000。みんなの間では「あの、高っかいジュース、りんスペね」でお馴染みだったwww 飲めないならオリジナルドリンク作っちゃうのもありだと思う(笑)。

Q.これからの目標は??

A.キャバクラを精一杯やりきることが今の目標。毎日できることを精一杯やる。やりたいことをやりたいように限界まで全力でやりたい!

(※2020年6月14日時点の情報を元に作成しています)

Today's Ranking

  • 名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

    名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

    あの日、あの時、あの店で、名刺で振り返るキャバ嬢ヒストリー。 昨年末、歌舞伎町フォーティーファイブに移籍してさらに波に乗る“一条響”さんが登場。古株お姉さん達にきたえられた六本木時代から、キャバ嬢として大きく羽ばたいた歌舞伎町までネオン街人生をプレイバック!! 髪をバッサリ切って「響=ショート」が定着♥ (名刺1/舞人時代) 六本木の舞人(マイト)がキャバクラデビ 続きを読む
  • 『アジアンクラブ』きよみん 午前2時からのナイトルーティン♥ むくみ知らずな1日1食生活&お水の威力!!

    『アジアンクラブ』きよみん 午前2時からのナイトルーティン♥ むく

    夜のお仕事ってお酒も飲むし、ストレスもあるし、食事の機会も多いから体型や美肌をキープするのは大変。でも、その一方で肌荒れしたり太ったりという変化がなく安定している人も。そこでいつ見ても細くてお肌ツヤツヤなきよみんのライフスタイルに注目! 営業終わりから寝るまで、夜の時間に密着して秘密を探ります♥   仕事が終わったらほぼ直帰します♪ ―きよみんさんはいつ見ても見た 続きを読む
  • 3日で1億のホスト、愛夢路澪 ~前編:「ホスト脳」と「ビジネス脳」 逆算のセオリー!!~

    3日で1億のホスト、愛夢路澪 ~前編:「ホスト脳」と「ビジネス脳」 逆算のセオリ

    バースデー3日間で1億円を売り上げ歌舞伎町の伝説になったホスト、愛夢路澪(あむろ れい)さんにインタビュー♪ 2019年に上梓された著書『3日で1億円売り上げたホストの稼ぐセオリー』のこと、オーナーを務めるホストクラブ『Arthur(アーサー)』のこと、そして夢を実現するための“成功のセオリー”について、前後編でお届けします!   6年連続で1億越えもしていた! ―以前メゾンド 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気です♥

    天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます 続きを読む
  • 初書籍がベストセラー♥ 一条響『億女』出版記念インタビュー ここだけの制作裏話を大公開!!

    初書籍がベストセラー♥ 一条響『億女』出版記念インタビュー ここだ

    初書籍が好評な歌舞伎町『FORTY FIVE』の一条響さん。年間7億を売り上げる具体的な接客のテクニックからプライベートまで、普段語られることのない面がクローズアップされた『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりかた』。制作の裏話をあれこれ聞いてみました♪   億女と書いて「オクジョ」と読みます♪ ―3月3日に、響ちゃんの初著書『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりか 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので…… 続きを読む
  • マイペースキャバ嬢、ふうかが たまに売上1位を獲りにいく理由!!

    マイペースキャバ嬢、ふうかが たまに売上1位を獲りにいく理由!!

    ファッションやライフスタイルに独特のこだわりを持つ個性派キャバ嬢・ふうかさん。「キャバ嬢としての成果については意外と知られていないかも?」ということで、在籍店『FORTY FIVE(フォーティーファイブ)』での成績についてインタビュー! 時々やってくるという“1番をとりたい波”、FORTY FIVE名物“テキーラ観覧車”についてもお話を伺いました♪   成績は上位をキープしながら 続きを読む
  • コロナ禍バースデー振り返り♪ 椿そらのシャンパンタワーをしないプライド!!

    コロナ禍バースデー振り返り♪ 椿そらのシャンパンタワーをしないプライド!!

    売上がありながらイベントでタワーをしないのはなぜなのか? ヘルプの女のコたちが進んでお酒を飲んでくれるのはどうしてか? 12月に開催された椿そらさん(歌舞伎町 ジェントルマンズクラブ)のバースデーを振り返りながらその謎に迫ります!! 併せて大きな変化が訪れつつある近況についてもインタビュー♪   遠隔シャンパンで4桁いきました♥ ―昨年は12月の10日、11日にバ 続きを読む
  • 伝説のAV女優・里美ゆりあ3億円脱税事件から始まった六本木キャバ嬢人生

    伝説のAV女優・里美ゆりあ3億円脱税事件から始まった六本木キャバ嬢人生

    AV女優として長年第一線で活躍するレジェンドにして、六本木の売れっ子キャバ嬢でもある里美ゆりあさんがメゾンドボーテ初登場。“脱税事件”がキッカケだったというキャバ嬢デビューの背景、巨額の貯金を失って180度変わったという生き方。お金、仕事、人生について語り尽くします♡ AV女優とキャバ嬢、二足のわらじを履いています♡ 六本木の『舞人』に在籍している里美ゆりあです。キャバクラと並行してAV女優を 続きを読む
  • 「職業、イケメン。」AIR GROUPのナンバー1・怜、叶わない夢じゃない年間6億円の野望!!

    「職業、イケメン。」AIR GROUPのナンバー1・怜、叶わない夢じゃない年間6

    端正なお顔とソフトな接客で大人気♥  年間売上&指名ともにAIR GROUPのトップに君臨するホスト『ALL WHITE(オールホワイト)』の怜さんがメゾンドボーテ初登場!!  目指すところは年間売上6億円!? 「どんな無理難題も問題を細分化できれば無理じゃない」と語る怜さんのホスト戦略とは?   半年以内に1,000万売れなかったら 坊主にしてホスト辞める! 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 鈴音りん > 初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!