Page
Top

コラムTOP > コラム > 鈴音りん > 初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

フォーセンスグループの新星・鈴音りんさんがメゾンドボーテモデルの仲間入り♪昨年5月に歌舞伎町に現れて以来、快進撃を続けるりんさんの意外な夜歴とは?『La Van(ラヴァン)』入店後、飲まずにナンバーを駆け上がった営業方法にも注目!

ナンバー表を見てムカついたのが始まりだった!

歌舞伎町に来て『La Van(ラヴァン)』に入店したのが去年の5月。ちょうど1年前。その前は錦糸町で一番最初は小岩。だから、夜歴的には中央総武線をじょじょに都心へと近づいて行ったみたいな感じです (笑)。

キャバクラを始めたときは全くヤル気とかなくて、近場でお小遣い稼ぎ程度に働けたらいいかなって感じでやっていたから、歌舞伎町とか六本木とかガチの街は一切視野に入ってなかった。その日、その日、お金稼げたラッキーみたいな。もらった日払いをその日に使っちゃうような。それでお金なくなったら出勤して…そういう気楽な体入感覚。

もちろんナンバーなんて気にしたこともなく、それはそれでハッピーに暮らしていたんだけど、“順位”って勝手につけられるじゃないですか。錦糸町時代のある日、1日の売り上げ表みたいなのが張り出されているのをふと見ちゃって。そしたら、自分の名前が下の下の下のほうにあって、「イヤだな」って思った。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!錦糸町時代。出勤を週1から週4に増やした途端にナンバー1に♥

まともに出勤もしていないから成績が下なのは当然なんだけど、名前が下の下の下にあることにムカついた。「景色悪いな」って。そこが始まりだった。

でも、どうしたら成績が上がるのかやり方なんてわかんない。そしたらその当時の店長に「出勤を増やしてみたら?」って言われたの。確かにそれまでは週1とか2週間に1回とかしか出勤していなかったから。それで週4にしたらすぐに売り上げが上がって、「これイケるかも」って弾みがついた。

毎日出勤するだけでつかめるチャンスが増える♥

いま思えば、錦糸町ってヤル気のあるコとないコとはっきりわかれるから、当たり前のことをすれば割とすぐに結果が出る。ナンバーに入る努力も歌舞伎町に比べれば比較的楽っていうのはあるんだけど、でもこのときに「毎日出ればお客さんに顔を覚えてもらえる」、「フリーでも良いお客さんが来たときに取りこぼさない」、「チャンスをつかむ確率が上がる」ってことは実感として学んだんだと思う。

せっかくフリーバックにつながっても、そのとき自分が店にいなかったら意味がない。だからちゃんと毎日出るってことに意味があるんだなってことは、歌舞伎町に来てますます感じで、今は店休以外はキッチリ出勤してる。

週4出勤するようになってすぐに、錦糸町のお店ではナンバーワンになった。お客さんたちにも「なんでここにいるの?都心に行ったほうがいいよ」って言われることが増えて「そんなに言うなら、じゃあ行っちゃおうかな」って。それで歌舞伎町へ(笑)。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!錦糸町時代のバースデー。この頃の源氏名は“りおな”だったそう♥

歌舞伎町でキャバ嬢をしようとは決めていたけど、錦糸町のお店を辞めたあとはちょっと休んで数カ月ニート。その間にお客さんのLINEも全部消しちゃってたから、歌舞伎町で働き出したときはお客さんゼロからのスタートだった。

入店早々の賞レースで新人賞&グループ2位!

歌舞伎町では何店か体入に行ったけど、その中で私を必要としてくれたのが『ラヴァン』だった。「看板に載るような女のコになって欲しいから」って親身になってくれて、私をすごく歓迎してくれた。

某老舗キャバクラの面接も受けたけど、そこでは「未成年でお酒も飲めないし、お客さんもいないし、それでどれだけ結果が出せるのかわからないから」ってあまり良い顔はされなかった。提示された時給も想定していた額の半分くらい。確かに今の時点で伸びしろが見えないっていうのは事実だったんだけど…。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

その点、『ラヴァン』では「お酒が飲めなくても飲めないなりのやり方を一緒に探していこう」って言ってもらえたのが嬉しかった。寄り添ってくれる感じが信頼できたし、必要としてもらえるのやっぱり嬉しい。その期待に応えたいって思えた。

歌舞伎町で体入をした時点で、この街は今まで私が知ってる街とは全然違うんだってことはすぐわかった。みんなヤル気もあるしそもそもレベルが全然違う。この街で自分がどこまで勝負できるのかわからないけど、とにかく全力で仕事をしようと思って、入店が決まったその日からフル出勤。お客さんは全部フリーからつかんだ。

入店して2カ月経った頃、フォーセンスグループ恒例の夏のグループレースが始まった。さすがにそこで上位を狙えるとは思っていなかったけど、入店4カ月以内のキャストを対象にしたニューフェイス枠があったからそこでは絶対1位を獲ろうと決意。「同伴、指名、売り上げ、シャンパン部門で新人賞をとって4冠達成しよう!」みたいな。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!入店早々グループ総合2位に! 10代でこの結果は快挙!

そう思っていつも以上に頑張っているうちに、レースの中間発表を見たら全体で3位にランクインしていることがわかって俄然スイッチが入った。残りのレース期間中もがんばって結果はグループレース2位。お客さんゼロの状態でスタートして2位だったんだから、よくやったって思うけどやっぱり悔しい。勝ち負けにこだわって生きていると疲れはするけど、負けず嫌いだから、どうせやるならみたいなところで熱くなっちゃう。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!賞レースの結果が反映されるフォーセンスのグループ看板は歌舞伎町名物のひとつ。ちなみに2019年夏のレースで1位だったのは五十嵐美咲さん♥

飲めなくてもタイミングを読めばシャンパンは入る♥

ラヴァンはすごくしっかりしたお店だから、二十歳のバースデーまで本当にお酒を一滴も飲むことなく接客していて、お酒解禁は12月のバースデーから。初めて飲んだお酒はバースデーの日に同伴してくたお客様が入れてくれたアルマンド♥

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!12月の16、17日に開催されたバースデーでシャンパン解禁♪

お酒を飲むようになったといってもそんなに量は飲めないから、飲むのはシャンパン1本につき乾杯の一杯程度。量はさておき、「シャンパン飲みたい」って言えるのようになったことはすごくありがたい。お酒飲めなかった頃も、シャンパンを入れて欲しくて「飲みたい」って言ってみたこともあったけど、「何言ってんの。飲めないでしょww」で終わっちゃってたから。今は心おきなく煽れるようになってよかった(笑)。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!飲めない期間に、飲まなくてもシャンパンが入る極意を習得!♪

お酒を飲めなかった期間は「飲みたい」とは言えないぶん、団体の席では雰囲気でボトルを入れる流れを自分なりに工夫してた。ある程度「今日はシャンパンこのくらい入れよう」って思って来ていたとしても、シャンパンを開けたくなるような“タイミング”がなかったら開けないから、場の流れを読んで要所要所でどう盛り上がる場面を作っていくか。そこをすごく研究してた。

たとえば、大勢で飲みに来てるお客さんの席で、着いた女のコがシーンとしてたらシャンパン入れるどころじゃないけど、かわいいコが一気にそろったら絶対にそれはシャンパンを開ける流れ。そういう流れを見逃さないように。リクエストっていう形で付け回しの人に、「このコとこのコとこのコ付けて下さい」ってお願いしておいたり、流れを作って演出することも意識してた。

キャバクラで上に行こうと思ったら、持ちつ持たれつお互いに助け合う気持ちがあったほうが昇りやすいと思う。団体の席で同じ卓に着いてもらったり、アフターにつき合ってもらったり、ヘルプに入ってもらったり、助けを必要とする場面がめちゃくちゃあるから。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

「助けてもらったら恩返しを必ずする」それも大事にしてる。助けてくれたコの指名の席で連れの人が特に指名がないならフリーでも全然着くし、アフターもかぶってなければ全然行く。口でお礼をいうだけじゃなく、行動で示すことは絶対に必要なことだと思う。

でも、お客様に恵まれてた部分もすごくある。お酒飲めなくてもシャンパン入れてくれる人の半数がお客さん自身もお酒をあんまり飲まない人で、売り上げのために入れてあげるよっていう人だったから。だからヘルプのコもボーイさんも飲まなくていいよっていうパターンが8割くらい。本当にありがたかった。

それプラス未成年のときにどの卓でも必ず頼んでいたのが“りんスペシャル”っていう名前をつけたマンゴーヨーグルトジュース。これ1杯¥5,000で、ピッチャーだと¥20,000。みんなの間では「あの、高っかいジュース、りんスペね」でお馴染みだったwww 飲めないならオリジナルドリンク作っちゃうのもありだと思う(笑)。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!バースデーではタワーも2種類。シャンパンも各席で乾杯の1杯ずつ飲んで顔が真っ赤になったそう♪

キャバクラを限界までやり抜きたい!

『ラヴァン』での成績は、1位の月もあれば2位の月もありって感じ。でも、ナンバー1と2をお互い行ったり来たりしているコとはすごく仲が良い。相番の卓もあるから一緒にお客さんを呼んだり、一緒にアフター行ったり、何かと協力し合ってる。何でも相談できる頼れる先輩でもあり仲良しなお友達でもありっていう関係。こういう感じが私は理想♥

この1年、『ラヴァン』で働いて、キャバクラで一番大事なのは信頼関係だなって思った。お客さんとの関係もそうだしキャスト同士もそう。信頼ってすぐに作れるものじゃないから普段の私の行いがすべて。「感謝」と「謙虚さ」この2つは肝に命じて、「ありがとうございました」は心を込めてしっかり言うようにしてる。

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

歌舞伎町に来てよかったなって思ってる。女のコのレベルが高い中で、自分がガツガツ戦っている感じが好き。

やるって決めたことに対しては限界まで頑張ってやり抜きたいタイプ。昔っから負けず嫌いな性格で、これって決めたら限界までやる。スポーツでも勉強でも趣味でもそう。それが今回はキャバクラっていう仕事だった。

逆に自分の中でやり切ったなと思ったらスパンと終わらせちゃったりする。だから、これからのことはわかんない。キャバクラ以上に興味のあることが出てきたら、スパンと切ってそっちに行っちゃうかもしれない。どうなるかは自分じゃわかんない。でも、キャバクラを精一杯やりきることが今の目標。毎日できることを精一杯やる。やりたいことをやりたいように限界まで全力でやりたい!

初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!

お酒を飲まずとも華々しい結果を出し続けていたりんさん。二十歳になってシャンパン解禁となった今年はさらに大活躍の予感です♥

小岩でキャバ嬢デビュー。錦糸町へ移籍し、出勤日数を週1から週4に増やしたところ店舗のNo.1に。さらに高みを目指すために歌舞伎町へ。

『La Van(ラヴァン)』に入店早々、売上・指名本数・同伴2位や場内指名1位に輝くなど、大型新人キャバ嬢として飛躍。当時は10代で、ノンアル営業のハンデをものともせず、入店2ヵ月目にはグループレースで総合第2位と新人賞の結果を残す快挙を遂げた(ちなみに、同イベントの2019年夏のレースで1位だったのは系列店『フォーセンス』勤務の五十嵐美咲さん)。

2022年には関西コレクションでランウェイモデルとして出演。現在は『Solomon』に在籍中。

職業:キャバクラ嬢
在籍:歌舞伎町『Solomon』
生年月日:1999年12月16日
身長:156cm
血液型:B型
出身:大分県
出勤:週6(日曜日休み)


【来歴】

・錦糸町のキャバクラに入店
・2019年5月:歌舞伎町『La Van(ラヴァン)』に在籍
・2023年:歌舞伎町『Solomon』に移籍


【pickup interview】

Q.どうやったらシャンパンが入るの?

A.シャンパンを開けたくなるような“タイミング”がなかったら開けないから、場の流れを読んで要所要所でどう盛り上がる場面を作っていくか。そこをすごく研究してた。たとえば、大勢で飲みに来てるお客さんの席で、着いた女のコがシーンとしてたらシャンパン入れるどころじゃないけど、かわいいコが一気にそろったら絶対にそれはシャンパンを開ける流れ。そういう流れを見逃さないように。

Q.ちなみに10代のときは何を飲んでたの?

A.必ず頼んでいたのが“りんスペシャル”っていう名前をつけたマンゴーヨーグルトジュース。これ1杯¥5,000で、ピッチャーだと¥20,000。みんなの間では「あの、高っかいジュース、りんスペね」でお馴染みだったwww 飲めないならオリジナルドリンク作っちゃうのもありだと思う(笑)。

Q.これからの目標は??

A.キャバクラを精一杯やりきることが今の目標。毎日できることを精一杯やる。やりたいことをやりたいように限界まで全力でやりたい!

(※2020年6月14日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
売れっ子キャバ嬢は普段どんな生活を送っているのか? おはようからおやすみまで有名嬢の日常を追跡する「働く一日」シリーズ。今回密着したのは歌舞伎町のエース『ソロモン』の鈴音りんさん。 その日のメインのお客様をVIPとしてお […]
売れっ子キャバ嬢は普段どんな生活を送っているのか? おはようからおやすみまで有名嬢の日常を追跡する「働く一日」シリーズ。今回密着したのは歌舞伎町のエース『ソロモン』の鈴音りんさん。 その日のメインのお客様をVIPとしてお […]
続きを読む
有名キャバ嬢さんがもれなく備えているものといえばキラキラでハッピーなオーラ。それはどんな生き方から生まれるものなのか? 仕事に対してはとことんストイック。自分を追い込みながらもいつも笑顔で元気な鈴音りんさん(歌舞伎町『ソ […]
有名キャバ嬢さんがもれなく備えているものといえばキラキラでハッピーなオーラ。それはどんな生き方から生まれるものなのか? 仕事に対してはとことんストイック。自分を追い込みながらもいつも笑顔で元気な鈴音りんさん(歌舞伎町『ソ […]
続きを読む
数字にはそのコのすべてが表れる♪ 今回計測されたのはフォーセンスグループのエース、歌舞伎町『La Van』の鈴音りんさん。12月に開催されたバースデーイベントも大盛況だったりんちゃんのBODYサイズ、顔面サイズを実測! […]
数字にはそのコのすべてが表れる♪ 今回計測されたのはフォーセンスグループのエース、歌舞伎町『La Van』の鈴音りんさん。12月に開催されたバースデーイベントも大盛況だったりんちゃんのBODYサイズ、顔面サイズを実測! […]
続きを読む

Today's Ranking

  • お洋服代は月2,000万円!?億女を数字で丸裸♡歌舞伎町『FOURTY FIVE...

    数字にはその人のすべてが表れる♡ BODYやお顔の各パーツからお仕事&生活習慣までそのコのすべてを数字で解体する「解体新書シリーズ」。今回計測されたのは歌舞伎町が誇る年間7億の売上モンスター『FOURTY FIVE』の一条響さん。解体新書登場は4年ぶり2度目。4年間変わらないボディサイズに驚愕する一方、仕事面やライフスタイルでは大きな数字の変化も…。最新版・億女の数字をお届けします!! &nbsp... 続きを読む
  • 変顔で3億4,000万売った『BLACK DIAMOND CLUB』たおの“キモ...

    一度見たら忘れられない独特な顔面加工でおなじみ、歌舞伎町『BLACK DIAMOND CLUB』のたおさんがボーテ初登場! 奇妙な挙動とふざけた発言でイカれた人オーラを振りまく、たおさんのバックグラウンドとは? 新人時代から圧倒的な顧客数を誇る売り方、端正な顔立ちを変顔で隠す“キモいブランディグ”まで、何かと気になる人物像に急接近! 歌舞伎町に独自の地位を築く“謎多きgroup BJ”についてもお... 続きを読む
  • すすきの『P&J』羽澄まりのBEAUTY図鑑♡ ヘアやメイクからマイン...

    可憐なルックスとクリオネ級の透明感から“北海道の妖精”のキャッチコピーを持つ、すすきの『P&J』の羽澄まりさん。その美しさはどうやって作られているのか? ヘア、ネイル、コスメ、スキンケアからマインドまで、まりさんの「かわいいの作り方」を詳しくリサーチ! 北の国の妖精のこだわり美容を掘り下げました♡   ―羽澄まりヘア図鑑― アレンジはいつでも波巻き表面MIX! まりさんの御用達ヘ... 続きを読む
  • 整形、美容、シャンパンで振り返る 一条響の2023年 もはや恒例!ひびたん365...

    2年連続7億円という規格外のレコードを持つだけでなく、以降も年間5億超えという破格の売上を上げ続けている一条響さん(歌舞伎町『FOURTY FIVE』)。毎年年末には、「来年はそんなに行かないよ。無理だよ」と言いつつ5億超えてしまうその実力は唯一無二! さてさて2023年はどんな1年だったのか? 毎月撮り続けている12カ月のビジュアルとともに、この1年の出来事を雑談ベースでゆるっと振り返ってみまし... 続きを読む
  • 平良翔太の質問箱 Part.2『お金とLOVEとメンタル管理編』 恋愛観・結婚観...

    ボーテのInstagramで質問を募った、ホスト界のスーパースター平良翔太さん(歌舞伎町『club Leo』)の質問箱。ライフスタイルや生い立ちが語られたPart.1に続き、Part.2となる今回は『お金とLOVEとメンタル管理編』。 好きなもの、好きな女性のタイプから、恋愛観、結婚観、お金事情などなど気になるQ&Aが満載! 33問33答でお届けします♡ ★Part.1 はこちら ★Part.3... 続きを読む
  • クビになったキャバ嬢がナンバー1キャストに♡ 六本木『Lalah』のらら 悔しさ...

    小悪魔agehaモデルとしても活躍中な六本木『Club Lalah(ララァ)』のららさんがメゾンドボーテ初登場! 秋田から上京してララァにたどり着くまでのお話を中心に、安定した結果を出し続けるための働き方や、キャバ嬢人生最大の転機「突然のクビ宣告」エピソードなど、盛りだくさんでお届けします♡   面接一回落ちたのに、素知らぬ顔してまた受けました♡ 六本木のララァのららです。ララァは201... 続きを読む
  • きこコラムバナー

    『VENICE CLUB』きこ 出世するより社長になりたい 「証券会社から銀座に...

    証券マンから夜の世界に飛び込んだ変わり種、いま銀座で一番勢いがあると言われるキャバ嬢、きこさん(『VENICE CLUB(ヴェニスクラブ)』)がボーテ初登場! 今年の春まで在籍していた『J-VOGUE』では、入店翌月からナンバー1。その後12カ月連続ナンバー1も達成したその強さの秘密とは? 異色の経歴やキャバ嬢転向の理由が語られる、きこさんの初登場コラムをお届け♡ 某N證券で社長賞も受賞した、エリ... 続きを読む
  • 愛沢えみり 2億5千万円のキャバ嬢ヒストリー❤︎最終回 -最強キャ...

    社長、モデル、YouTuber、キャバクラから美容クリニックのプロデュースまで幅広く活躍する愛沢えみりさん。その原点ともいえるキャバ嬢としての歴史を完全プレイバック。秘蔵エピソードとともに語り尽くす『愛沢えみりヒストリー』も今回が最終回。2億5千万円を売り上げた伝説のラストイベントの裏側に注目です!! 第1回:鬼電で鍛えた 愛沢えみりの「人を呼ぶ力」 第2回:太客探しの旅に出たラストバースデー1カ... 続きを読む
  • 正統派のNo.1ホスト・歌舞伎町『Lillion』ノア “リリオンの良心”がメ...

    「ホスト養成所」で知られるエルコレ屈指の人気店『Lillion(リリオン)』。そのナンバー1で代表のノアさんがボーテ初登場! 個性派ぞろいのリリオンメンバーのなかで、正統派のカッコいいホスト像を貫いているノアさんはどんな人なのか。ホストヒストリーからお仕事心得までを深掘り。ノアさんの人物像に迫ります! “怒られくん”こと爆撃竜馬さんとのほっこりエピソードや、“軍神”こと店舗プロデューサーの“心湊一... 続きを読む
  • 月間1億5,000万の大学生キャバ嬢「はじめまして、みなです。」 “億伝票”で話...

    前代未聞の“億伝票”で歌舞伎町をザワつかせた超大型新人、『ファブリック新宿』の“みな”さんがボーテ初登場!! 一体どんな女の子なの? これまでの経歴から、アンチも気にせず我が道を行く強気マインドまで、自己紹介コラムをお届け!  新世代キャバ嬢の誕生に刮目せよ、です♡   現在大学3年生! キャバ嬢は1年生! 今年の4月中旬に『ファブリック新宿』に入店しました。キャバ嬢もここからがスタート... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 鈴音りん > 初めて飲んだお酒がアルマンド♥錦糸町に転がっていたダイヤの原石 ラヴァン・鈴音りん伝説!!