Page
Top

コラムTOP > コラム > 愛沢えみり > 「批判を受け止める力」

「批判を受け止める力」

前・後編でお届けしている“YouTuber愛沢えみりインタビュー”。後編は動画制作の方向性を大きく変えたという「あはは♥」問題をクローズアップ!挫折と再生、これからの動画の展開について語り尽くします!

YouTubeとキャバクラは似ている!?

えみりちゃんが好きなYouTuberさんは?
いっぱいいる! めちゃくちゃいっぱいいる。自分が動画を作るようになってみて、YouTubeの奥深さも見えてきたし、動画を作ることの大変さもわかってきて。だから、そこでずっと続けている人って本当にすごいなと思うの。YouTubeをやっていたらみんなYouTuberって言われるのかもしれないけど、そこでちゃんと仕事として成立させている人はジャンル問わずみんなすごいと思う。YouTubeとキャバクラって似てるなあってちょっと思ったりもしたり。

YouTubeとキャバクラが似てる?
世間の印象として、「彼女キャバ嬢です」「彼氏YouTuberです」って言ったら特殊な仕事と思われところとか。でも、がんばっている人はいっぱいいて、その中で結果も人によって全然違うところも似ているし、自分で自分をプロデュースして発信していくこともキャバクラと似てるなって。あと、この仕事をずっとできるかっていうところで不安があるところとか。

YouTuberの人たちにもそういう不安はあるの?
あると思う。 YouTubeが仕事の人は。それを一生続けられるかって考えたとき、次はどうしようって考えてる人もいっぱいいるよね。でも、そういう不安がないと進歩もないとは思うけど。

危機感みたいな?
そうだね。でもそれはどんな仕事をしていてもそうかも。絶対に変わっていくものだから。えみりも、いまアパレルをやっているけどそれがずっと続くかどうかは、考えながらやらないと、絶対大丈夫って思ってやっていたら失敗しちゃうと思う。

YouTuberのお友達とそういう仕事の話をすることもある?
するねえ。えみりはYouTube以外の仕事をしているから、そこで「いいですね」って言われることもあるし。逆にえみりからしたらYouTubeで人気の人たちは超すごいからそれで「いいなあ」って思うし。お互いの悩みを通じて仲良くなれた部分はあるかも。YouTubeでがんばっているコたちと話すのってすごい楽だし楽しいんだよね。YouTubeという接点以外で利害関係が発生するようなことがないからかな? お互い本音で気兼ねなく話せて、そういう部分ですごく救われる。

「批判を受け止める力」

「あはは♥」だけじゃ想いは伝わらない!

えみりちゃんが作ってきた動画の中で思い出深いものは何?
作って良かったなあって思うのは『キャバ嬢引退イベント』の動画かな♥ あと評判が良くて意外だったのは『キャバ嬢メイク』。自分の中では普通のことだったから、そこに反響があったことが面白いなあって思った。でも、個人的に好きなのはティアラと一緒にまったり撮ってる動画かな。

動画を作っていく上で気をつけること、意識していることは?
「見た人が嫌な気持ちにならないように」っていうところは常に意識してる。人を傷つけるようなことはしたくないから。そこだけは慎重に。あとは結構、自分の意見や言いたいことは動画だったらちゃんと言ったほうがいいんだろうなあっていうのはある。「あはは♥」って笑ってるだけじゃ誤解されることもあるなって思ったから。YouTubeの場合は。

笑っているだけじゃなく、想いをちゃんと伝えるっていうこと?
そう。言い方とか内容とかは気をつけつつも、ちゃんと自分の言葉で思っていることを伝えていく必要があるなって思ってる。これまでずっと、嫌なことがあっても「気にしな〜い」とか「あはは♥」って誤魔化してその場を収めて生きてきたところがあって。それが悪い意味で誤解されてしまうこともあるんだなっていうことを知ったんだよね。

それは、YouTubeを通して気づいたの?
そうコメントで。「何が面白いんですか」とか言われることが結構あって。それで落ち込んだりもすごくしたんだけど、言われてみればそれもそうだなあって思うところもすごくあった。自分の中で笑っちゃうの癖だったから。でも、「あはは♥」の中にも自分の想いはあるわけじゃん? これは言わないほうがいいかなとか、実はショックだったとか、大変だったとか。そういう想いも全部「あはは♥」で済ませてきたんだけど、でも、そんなことは見ている人には伝わらないから。想いがあるならちゃんと言葉にしていかなきゃいけないなって。

「批判を受け止める力」

「YouTube辞めよう」そう思った時期もあった

その心境に至るのってなかなかの大変化では?
時間はかかったよ。「あはは♥」って笑っちゃうの癖だったから。癖で笑っちゃうからそこがね。「こういう話で笑うのはおかしい」とか「作ってる」とか、「本当は性格悪い」とか、いろいろ言われてすごく落ち込むっていう時期も経て…だよね。

実際、楽しくて笑っている場面もきっと多いよね?
そうそう。楽しくやってると自然に笑っちゃうんだけど、それはそれとして話はちゃんとしないといけないなって思ってる。仕事のこととか想いがあることに対しては、「あはは♥」で終わらせずに言葉にして伝えていかなきゃいけないなって。インスタのストーリーって15秒じゃない? だからそこで何かするときは「あはは♥」でよかったの。これまでは。でも、動画はちゃんと前後の流れもあるし内容もあるものだし残るものだから。しゃべるのは苦手だったけどそこを克服したい。だからこう思ったとか、何でこう思ったかとか、これをやった理由はこういう意味があるとか、相手にちゃんと伝えられるようになったほうがいいなって。「あはは♥」に対しての指摘では落ち込んだけど、でもそのことを通してすっごい自分と向き合えたと思う。数カ月めちゃくちゃ向き合った。意外と深くない?(笑)。

深い。そんなにいろいろ考えてるとは…。
いつも笑っているところは、人から一番「いいね」って言ってもらえるところだったから。でも、動画ではそこが一番批判されるところだったから悩んだよね。言われすぎてYouTubeやめようかなとも思った。

YouTube辞めようとまで!?
自分の一番良いところだと思っていたところが一番批判を浴びるところだったから。受け入れてもらえないなら辞めたほうがいいのかなって…。でも、よくよく考えたら、何かを始めて続けていく中で、「批判されたから辞める」「嫌だったらやめる」って自分にとってよくないなって思ったの。YouTubeをやめることがよくないんじゃなくて、「ヤダからやめよう」って何か違うなって。だったら解決しようと思ってすごく考えた。その過程で、自分が伝わらない話し方をしているんだなってことに気づけたから。ちゃんと伝えたいことは伝える、理由も説明する。そうしようって。

YouTubeは一般感覚を感じる場所♥

すごく前向きな思考。すぐに考え方をシフトできたの?
ちょっと時間かかったね。でも、インスタのストーリーだと15秒だから、「あはは♥」って笑っているのを見た人はむしろ、想像で補えたのかなって思うの。「仕事で大変なこととかきっとあるだろうけど、それを表に出さずにこうして笑顔でいられるのすごいな」って。見てる人に余白をゆだねられる部分があったと思うんだよね。実際そう言ってくれる人がすごく多かったから。でも、それが長い動画で配信されて、何回も見られるってなったら、いつも「あはは♥」って笑っているのってなんかちょっと変な人?(笑)。

ああ、なるほど。
インスタとかSNSはえみりを知っている人が見るっていう前提じゃない? でも動画はそうじゃないから。えみりを知らなくてたまたま関連動画で上がってきたのを見ている人もいるだろうし、予備知識のない人がきっと半分くらいはいるから。えみりを全く知らなくて客観的に見た人は、何も説明せずに「あはは♥」って笑っているえみりを見て、人間として変な人だなって多分思うんだよね。そういう意味でYouTubeって本当に一般的な意見がわかる場だと思う。そこを考えると批判的なコメントも納得みたいな。

一般感覚の視点も必要?
そこでSNSとは違う新しい視点が生まれたのかもしれない。やっぱり、毎日の生活の中で考えたらずーっと笑っているわけでもないし、嫌なこともあるし、いろいろ乗り越えてきたものもあるから。そういう部分も動画では出していけたらいいなっていまは思ってる。だから、今後は大変だったときの話とか、辛かったときの話とか、自分の弱いところも見せていこうかなって思うようになった。

変わっていく愛沢えみりを見ていて欲しい♥

えみりちゃんが今後、チャレンジしてみたい企画は?
大食い♥

え??
えみり食べるじゃん、めっちゃ。だから大食いをやってみたい願望がるんだよね♥ ガチの大食いYouTuberの人ほどは食べられないけど、普通の人よりもめっちゃ食べられるから。どこまで食べられるかをお披露目してみたい。なんて言ったら本気でちゃんと大食いをやっているYouTuberさんに失礼かもしれないけど。

お菓子爆食いとか?
ううん、お菓子じゃない。お寿司とかがいいな♥

高級志向(笑)。でも、銀座の超高級なお寿司をえみりちゃんが美味しく大食いしつつ、食レポもしてくれる動画見てみたいです。
いいね♥ 他にもいっぱいやりたいことはあるし、これからどんどん変わっていくから進化していくえみりを見ていてほしいなって思う。ただ、YouTubeでお金を稼ぎたいわけではないし、無茶して再生回数を伸ばしたいわけではないから、派手に煽ったりはしないけど。今の自分のままでやっていけたらいいなっていう感じだから、小さな変化を見つけていってもらえたら嬉しいかな♥

ところで、えみりちゃんがなぜかカメラを持っているのが気になるんですが…。撮影中も持ってましたよね?
ナゾ(笑)。これ自分のカメラだよ。今後、自分でも動画を撮影できるようになりたくていま勉強中なの。ゆくゆく撮影もするよっていう意味で持ってみた(笑)。目指せEMIKIN♥ ブンブンブン、エミキンです(笑)。社長界のヒカキン目指しますwww

「批判を受け止める力」

最後に、動画制作に関して今後の抱負を一言お願いします。
YouTubeで大切にしていきたいのはやっぱり自分らしさ。再生数はYouTubeのひとつの目安ではあるけど、そこばっかり気にして数字の伸びそうな動画をあげていくんじゃなくて、「私だから見せられるもの」や「私らしい動画」、そこをちゃんと大事にしながらこれからもやっていきたいなって思ってます♪

紆余曲折を乗り越えて再スタートを切った、『愛沢えみりキャバ嬢社長MyLife』チャンネル。YouTuberとして進化し続ける愛沢えみりさんの活躍は今後も要チェックです!

Related columns

顔面のやりすぎ加工やめました♥動画で起きた大異変!!

オフィシャルYouTube『愛沢えみりキャバ嬢社長MyLife』開設から1年と数カ月が経過♪100万再生を超える動画も続々と配信するなど勢いが止まらない愛沢えみりさんにインタビュー!YouTubeを始めた理由、制作を通し […] 続きを読む

業界が注目!! 愛沢えみりが美容クリニックをガチでプロデュース♡

6月15日のオープンから予約が殺到!モデルや有名キャバ嬢がリピートする『ヴィーナスビューティークリニック』。その設立裏話をプロデューサーの愛沢えみりさんにインタビュー♡医療業界も注目する最新マシンや、プライベートサロン感 […] 続きを読む

愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

歌舞伎町を代表する愛沢えみりさんと、著書『日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力本』(KADOKAWA)を出版し、ますます注目度が高まるエンリケこと小川えりさん。ふたりの馴れ初めからお互いへの質問まで、メゾンドボー […] 続きを読む
歌舞伎町No1キャバ嬢として、雑誌『小悪魔ageha』にスカウトされ、2011年から同誌の専属モデルに起用される。キャバ嬢としても未だ現役で、2013年には自身のブランド『EmiriaWiz』を立ち上げた。同ブランドはインターネット販売からはじまり2016年5月には念願の単独店舗を新宿に出店。月の売上が2億円を突破した事もあり、109で行った期間限定SHOPでは、109史上歴代1位の売上に輝いた。メゾンドボーテの総合プロデュースも務める、キャバ嬢、モデル、社長業と3つの顔を持つ日本一有名なキャバ嬢。

生年月日:1988年9月1日/B型
身長:164cm

Today's Ranking

  • キャバクラからクラブに!銀座でひと肌脱ぎます彩花ゆいの快進撃♥

    キャバクラからクラブに!銀座でひと肌脱ぎます彩花ゆいの快進撃♥

    福岡・中洲のキャバクラ『CLUBアトリエ』を卒業し、銀座のクラブ『CREOLE(クレオール)』で新たなスタートを切った彩花ゆいさん。クラブのシステムに戸惑いながらも全力で結果を出していくゆいさんの現在、経緯、苦労などあれこれクローズアップしました♥ キャバクラの次はクラブと決めてました 銀座クレオールに入った経緯はなんですか? クレオールの黒服さんが、じつは前からお客様とし 続きを読む
  • 電撃引退から半年…北新地の生きる伝説・門りょうの原点とこれから

    電撃引退から半年…北新地の生きる伝説・門りょうの原点とこれから

    2017年の10月に引退した伝説のキャバ嬢、門りょうの引退後の心境をインタビュー! 結婚や自淑伝の発売など、無意識のうちに世間を騒がし続けるりょうさんのアレコレをお伺いしました。 —もう何度も聞かれたと思いますが、引退した理由ってなんですか? 結婚です。結婚するからキャバクラを辞めることにしました。 ー引退を意識しだしたのはいつ頃? 辞めるって決めたのは2017年の8月。 続きを読む
  • 『Fourty Five』現ナンバー1藤澤せなの上京物語♡栃木の少女が歌舞伎町で見つけたもの

    『Fourty Five』現ナンバー1藤澤せなの上京物語♡栃木の少女が歌舞伎町で

    歌舞伎町フォーティーファイブのナンバー1、“せなぽよ”こと藤澤せなさんがメゾンドボーテ初登場♡ 高校卒業と同時に栃木から上京、まっすぐ歌舞伎町を目指したというせなさんの、入店、休業、出戻りストーリー。ナンバー1への軌跡をたどります♡ 入店当初は漫画喫茶で暮らしてました♡ 店休日が自分のお休み。お店が年中無休なら私も年中無休な藤澤せなです。週7出勤は去年の8月から。コロナの自粛期間があって中断し 続きを読む
  • 門りょうの秘密〜20の質問アルマンド姉さんとオラ営編

    門りょうの秘密〜20の質問アルマンド姉さんとオラ営編

    北新地CLUB MONの門りょうさん。高級シャンパン『アルマンド』をある意味日本で一番広めたキャバ嬢で、アルマンド姉さんの異名を持つりょうさんに、アルマンド姉さんの名前の由来とオラ営=オラオラ営業の秘密など20の質問に答えて頂きました。 アルマンドって何という人はこちら 『キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由』   *2017年10月14日に門りょうさんはキ 続きを読む
  • 全国有名キャバ嬢の極太客で超金持ち!謎多き “まあたん”の正体とは?

    全国有名キャバ嬢の極太客で超金持ち!謎多き “まあたん”の正体とは?

    愛沢えみりさんや有名キャバ嬢の極太客として知られ、彼女たちのインスタにも度々登場している男性“まあたん”。Instagramのフォロワー数はなんと10万人超えと、なかなかの有名人!一体なぜそんなにお金持ちなのか?何をしている方なのか??謎のベールに包まれたその正体が遂に明らかになります♡ 【まあたんさんプロフィール】 肩書き:経営者/出身地:福岡県/趣味:筋トレ/最終学歴:早稲田大学大学院 続きを読む
  • 「かわいい、欲しい、買おう」がすべて一条響の物欲論♡ディオールで1,300万円お買い上げ♪

    「かわいい、欲しい、買おう」がすべて一条響の物欲論♡ディオールで1,300万円お

    ディオールでお取り寄せショッピング 響ちゃんは、最近はどこのお洋服にが好きなの?  最近はディオールかな。服はディオールとセリーヌ。カバンはエルメス。でもシャネルとかも好きだし、靴だったらいろんなとこの履くし。ここだけってことはないかな。 ここ最近買ったものといえば? 靴。靴が好きだからちょいちょい買っちゃう。買って、結局まだ履いてないっていう靴もめっちゃあるんだけど。 靴好きあ 続きを読む
  • あおたんから葵ママへ伝説のキャバ嬢が現役引退!?一条葵の第二の人生スタート!-後編-

    あおたんから葵ママへ伝説のキャバ嬢が現役引退!?一条葵の第二の人生スタート!-後

    前回は、これまでのキャバクラ人生について赤裸々に語ってくださった一条葵さん。そんな葵さんが、なんとNOWの経験を生かして、9/2より『CLUB AOI(クラブ あおい)』をオープンさせたとのこと!NOW在籍20年を節目に、現役キャバ嬢を引退してオーナーママとしてやっていく決意をした葵さんに、その心境についていろいろ語ってもらいました♥ 20年を節目に、サポート側に回りたいと思うよう 続きを読む
  • キャバ嬢だったら知らなきゃヤバい!?ゴールド、P2、P3、ドンペリの種類と金額

    キャバ嬢だったら知らなきゃヤバい!?ゴールド、P2、P3、ドンペリの種類と金額

    キャバクラだけじゃなくて、高級レストランやホテルには必ずあるドンペリ なんで高いのか?本当に美味しいの?でもやっぱり高いから大好きドンペリ。よく考えると知らないことが沢山。みんな大好きドンペリについて調べてみました。コレを読めば高い値段と味に納得が出来るかも。 愛沢えみりさん(@emiri_aizawa)がシェアした投稿 - 2017年12月月23日午前9時33分PST 続きを読む
  • 進撃のノア、しんどい夜を生き抜く"ハッピー体質"の作り方💗

    進撃のノア、しんどい夜を生き抜く”ハッピー体質”の作り方

    北新地CLUB NILSに勤務する進撃のノアさん。 ナンバーワンの陰には人知れない苦労があります。 はじめて借りた部屋は1Kの2階。「いつかはあそこに住むんや!」ってタワーマンションを見上げてた 今回はそんな苦労を感じさせないハッピーオーラ全開のノアさんにインタビューをしてきました。 もちろん名前の由来も♡ 1度聞いたら忘れられない。そんな名前が欲しかった♡ 続きを読む
  • 日本の頂点、銀座!いま最も勢いのある新進気鋭の“明日香ママ”とは

    日本の頂点、銀座!いま最も勢いのある新進気鋭の“明日香ママ”とは

    「30歳には銀座で自分のお店を持つ」そう心に決めて叶えた銀座「Blair」(ブレア)の明日香ママこと唯吹明日香さん。ブレアだけでなく、バーや美容院、エステの経営も行なっているというパワフルな女性。日本一の場所、銀座で成功し今も走り続ける明日香ママの知られざる歴史をおうかがいしました♡ 自分の上に人がいるのが嫌。負けず嫌いを発揮して勝ち取ったナンバー1 最初に夜を始めたのは大学3年生の4月くらい 続きを読む
コラムTOP > コラム > 愛沢えみり > 「批判を受け止める力」