Page
Top

コラムTOP > コラム > 桃瀬とも > 『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥

『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥

北海道を拠点にガールズバー、アフターバーを出店し成功させてきた“すすきのの女帝”桃瀬ともさんが、『T-STYLE ROPPONGI』でついに全国進出!!  このご時世に関わらず経営する店舗の売上はすべて右肩上がり。「むしろ今が一番良い」と語るともさんに、お店を流行らせる秘訣を直撃! 夜の実業家・桃瀬ともの経営手腕に迫ります♪

 

六本木を知るためにキャバクラで働いた!

―ともさんがすすきので経営する『T-STYLE』が東京進出! 六本木の新しいアフターバーとして人気ですけど、オープンはいつだったんですか? 

緊急事態宣言明けですね。時期はかなり悪かったんですけど、1月、2月にはもう開店は決まっていて、家賃だけ発生させている状態だったので強行突破でオープンしました♪

―東京進出にあたって六本木を選んだ理由は?

銀座、六本木、西麻布で考えていて、どこが一番合ってるか事前に調査して決めました。お客さんにいろんなお店に連れて行ってもらって、そこでお姉さんたちに話を聞いて。西麻布は街自体がアフター店がメインだからそこに参入するのはちょっと違うと思ったのと、銀座はクラブがアフター店まで経営しているケースが多いから食い込みづらい。というところで六本木に。ただ、街を全然知らないのでバーを開業する前に六本木のファブリックでキャバ嬢として働かせてもらいました。

『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥コロナの自粛明けに『T-STYLE ROPPONGI』をオープン♪

―自ら働いてリサーチ!? 

T-STYLEオープンの半年ちょい前から出勤していましたね。街や女のコの感じ、客層、アフターへの流れ方、そういったことを掴むには実際働いてみるのが手っ取り早いと思って。たまたまファブリックのオーナーさんが札幌の私のお店に来てくれていて、「そういえば六本木でお店やってるって言ってたな」と思って、「お店を出すために六本木で働きたいんですけど、ちょっとだけ雇ってもらえますか」ってお願いして。

―オーナー自ら、その街で働いてみようという発想が画期的ですね。

東京で働いたことがなかったのでこれも良い経験かなと思って。お客さんもリアルに見えるし、どういう女の子たちがいるのかも一緒に働いたほうがわかるから。六本木のお店ってナンバー表とか売上表が出ないところが多いみたいなんですよ。そういう環境で何をモチベーションにして働いているのかが不思議だったっていうのもありますよね。結果、六本木はガツガツしてないのがいいのかなって思いました。女の子にちょっと余裕があるというか。

――働いてみて六本木どうでした? ともさんだったらすぐ売れそう。

売れました♥ 六本木には魔物が住んでますね! お客さんもすぐに掴めましたし売上がめちゃくちゃいいです。現役で働くなら六本木がいいですね。実は今も在籍してます(笑)。

『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥六本木を知るために六本木ファブリックに勤務。札幌―東京を行き来する生活がスタート♪

すすきので何気にスナックも始めました♥

東京進出っていつから考えていたんですか?

いつからかなあ。ノリ(笑)? 願望があったとかはないですね。すすきのの自分のお店で、東京のお客さんが増えて来たなあと思ったときに、東京でもやろうかなって。

ともさんって、今お店何店舗経営しているんですか?

ガールズバーの『T-STYLE SUSUKINO』『T-STYLE ROPPONGI』、男女混合のミックスバーの『T-FUNNY』があって、フォトフラワーショップの『桃花(MOMOKA)』がありますね。あと、スナックも増えたのでいま5店舗ですね。

―スナックも始めたんですか!?

そうなんですよ。すすきので『M』っていうスナックを始めましたママがみかちゃんというコで、私が桃瀬なんで『M』でいいんじゃない?って(笑)。お店自体は3月くらいからやっているんですけど、コロナ時期とかぶってしまって大々的にまだお披露目はできていないので(取材時)、いずれちゃんとお披露目をしなきゃなあと思いつつ営業中です。

―スナックはママが重要ですけど、すぐ見つかりました?

割とすぐ見つかりました。見つかったというかずっと狙ってたコだったので♥ みかちゃんは別のスナックで雇われママをやっていて、スカウトしてきました。

―ちなみにスナック始めた経緯は?

ちょっと面白い物件があったんですよね。店舗って毎月の家賃を払う感じじゃないですか? でも、そこはその区間を買うんですよ。お店のスペースを買う。マンションを買うみたいな感覚ですよね。管理費は毎月かかるんですけど最初にお金払っちゃえば家賃はかからないから。面白そうだなと思ってとりあえず購入して、「何やろうかな~」みたいな。箱もそんなに広くないし、地域的にもスナック横丁みたいな、小さいお店が軒を連ねている場所だったのでスナックに。キャバクラと客層が全然違うので、私はあんまり店には入っていないんですけどね。

『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥

全員がハッピーになれる“大入り”システムを採用

―次々とお店を出して、しかも1店舗もつぶしていないってすごいことですよね。

そうなんですよ、ありがたいことに。売上も年々上がって今が一番良いかもしれない。おかげさまで良い感じで保ててます。

―流行らせる秘訣があるんですか? 人件費をケチらないとか?

確かに、従業員にはどこのお店のコよりも稼いで欲しいとは思っていますね。うちの店で稼いでるコはそのへんのニュークラのコよりもらってます。そういうシステムにしているから。売上があるコに売上バックがつくのは当然だけど、T-STYLEでは “大入り”っていうバックもあって、お客さんを呼べないコがいても、お客さんを読んだコの席で頑張ればそのぶん収入につながる仕組みにしているんです。

―どんな仕組みなんですか?

設定した1日の売上目標を超えたら、そこから10万円刻みでその日出勤した従業員全員に“大入り”っていうバックが入るようにしてますね。売上目標や大入りの額は店によって違いますけど、団体戦で考えてもらって、店全体でみんなが助け合って頑張れるような仕組みを作っています。元々は他の経営者さんでそういうことをやっている方がいて、それを見て「これはいいな」と思ったんですよ。それで、自分がバーを始めたときに取り入れました。良いものはどんどんパクッていこうみたいな♪

―お客さんいっぱい呼んでるコからしたら、「私が頑張ってるからなのに」ってちょっと不満が残ったりしないですかね?

でも、みんなが頑張って盛り上げたり、いっぱいお酒飲んでくれれば、そのコの席の売上が上がるわけだから、お客さん呼んでるコも超ハッピーじゃないですか。

―ですね! 

今のコたちってそれほどお金に執着して働いているわけでもないんですけど、でも、お金はあるに越したことはないし、せっかく私のところで働いてくれてるんだから稼いでいってほしいなって思います。努力が形として評価されるのってヤル気につながるじゃないですか。“大入り”はみんなで頑張ってくれたことの証だから、そういうものを毎日設定していくことで店としての団結力も増しますよね。

―スタッフの定着率も良さそうですね。

女のコはあんまり辞めないですね。多分働きやすいんだと思います。私も怒ったりしないし。辞めるコもいるけどネガティブな辞め方ではないですね。「他が見たい」って言って辞めていくコもいるけど、「やっぱりココがいい」って結構戻って来るし(笑)。

『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥すすきの『T-STYLE』は6年目。こちらは5周年のイベントポスター。

『T-STYLE』で太いお客さん掴んで欲しいです!

―T-STYLEはガールズバーですけど、女のコが「キャバクラ行ったほうがいいかもな~」とかって移っちゃうことないんですか?

むしろそれ全然ありだと思います! うちの店で働く絶対的なメリットは客層が厳選されているところ。VIPな方ばかりなのでうちで働いて、良いお客さんを掴んでからキャバ嬢になるっていうパターンもオススメしたいですね。実際、T-STYLEを卒業してキャバクラで頑張っているコたちもいるし、それはもう全面的にバックアップしますね。キャバ嬢になったらなったで今度はアフターで来てくれるじゃないですか♥

―店で頑張っていても稼げるし、キャバ嬢になるにしても良いお客さんが掴める。どっちに転んでも良いことしかないですね。

経営者の方とか、人が辞めると「うち辞めてあそこに行きやがって」みたいな感じで怒っちゃう人もいるけど、ちょっともったいないですよね。人が動くことで新たな形のつながりが生まれたりもするから、ネガティブな辞め方でなければ悲しむべきことじゃないと思うんですよ。

―ネガティブな辞め方をされないためにはやっぱり人を大事にすることですかね?

そうだと思います。働きやすい環境を整えるとかコミュニケーションをちゃんと取るとか、そういったことは大前提。その上でちゃんと正当に稼がせてあげること。そういう仕組みをしっかり支えることが人を大事することじゃないかなって思います。

―ところでともさんといえば、バースデー月だけキャバ嬢に復活することでもおなじみですが、それは今回も変わらず?

やりました。誕生月は6月なんですけど、そのときは六本木のファブリックでバースデーをして、すすきのでは時期をズラして10月に。今回はプリンスグループのパリコレクションというお店でキャバ嬢をしましたね。

『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥2020年は六本木ファブリックでもバースデーを開催。リア誕にはアルマンド信号機付きのお金ケーキのサプライズも。諭吉がともさん♪

大阪進出が次なる野望。経営者を極めたい!

―ちなみにともさんは事業展開していくにあたって、金主はいたりするんですか?

「オーナーいるんでしょ」ってよく言われるんですけど、いないんですよ。全部自分のマネーでやってます。スポンサーがいたらずっと売上の何%か渡さなきゃいけなくなるじゃないですか。それは無駄だなと思って。上納していたらそのぶん利益も少なくなるから、従業員に還元できるぶんやお客さんや店に使えるお金も少なくなっちゃう。無駄を省くためにも全額自己資金です!

―新たな店舗展開も考えていたりします?

まだまだ願望ですけど、次は大阪の北新地にT-STYLEを出したいなって思ってます♥ もともと出張のある仕事に憧れていたので。今は北海道と東京を1週間ずつ行き来していますけど、そこに大阪が加わったら理想ですよね。欲をいえば沖縄にも(笑)。本当は東京よりも先に沖縄にお店を出そうと思って偵察にも行ったんですけど、沖縄はアフターバーの需要があんまりなさそうで。ここではお金を生み出せないと思って棚上げしました。でも、沖縄大好きなので社員旅行で使える別荘とか作ろうかなって計画中です。もしくは何か違う形でのビジネスとか。

『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥「毎年スタッフを連れて慰安旅行へ行ってます♪」写真はまだハワイ旅行ができた頃のひとコマ。

―ともさんってこれからどこまで大きくなっていくんでしょうね。

極めたいですね。経営者を。お金が欲しいっていうわけじゃないんですけど、もうここは安定したな」と思うと、次にやりたいことが見えて来るんですよ。「次、これだな」みたいな。ただ、ノリはいいけどビビリなんで。石橋叩きまくって渡るタイプだから、それこそリサーチとか徹底的にやらないとスタートできないんですけどね♪

 

従業員を大切する経営でハッピーな循環を生んでいる桃瀬ともさん。こんな社長だったらついて行きたくなりますね。ちなみにともさんのお店では常にスタッフ募集中。「かわいいに越したことはないけど、性格良いコが一番♥」とのことです♪

Related columns
メゾンドボーテの新たなモデルとして、“すすきのの女帝”こと桃瀬ともさんが仲間入り。 キャバ嬢を卒業してアフター御用達のバーを2軒経営する桃瀬さんですが、年に1度バースデー月だけ現役復帰するのが恒例行事。そんな桃瀬さんにこ […]
続きを読む

ガールズバー「T-STYLE」(ススキノ、六本木。六本木店は2020年に新規オープンし東京進出)と男女混合のミックスバー「T-FUNNY」、スナック「M」、フォトフラワーショップ「桃花(MOMOKA)」を経営する実業家。六本木の高級店「FABRIC LOUNGE TOKYO (ファブリック)」にもキャバ嬢として時々復帰中。“すすきのの女帝”として現在も脚光を浴び続けている。

職業:経営者
生年月日:1986年6月27日
星座:かに座
身長:162cm
血液型:A型
出身:北海道函館市

【来歴】

19歳の頃にすすきのの「CLUB ATELIER(クラブ アトリエ)」に勤務。1年で同店のNo,1に君臨。5年ほど勤務したのち「オレンジテラス」に移籍した。一度、キャバクラを引退するも「Red Shoes(レッド シューズ)」にて復帰。1卓5分しか着けない売れっ子キャバ嬢となり、一気に知名度を上げた。1日3~5件のアフター被りを回避するために、自身が経営するガールズバー「T-STYLE」を27歳でオープン。店の経営に集中するため29歳で現役を引退。31歳で「T-FUNNY」もオープンさせる。

(※2020年9月20日時点の情報を元に作成しています)

Today's Ranking

  • 『アジアンクラブ』れみが見つけた バースデー月間が「意外といい」理由♡

    『アジアンクラブ』れみが見つけた バースデー月間が「意外といい」理由♡

    バースデーイベントはキャバ嬢にとっての集大成。コロナ禍で思ったようなイベントを打てずジレンマを抱えるコも多いかも。そんななか、今までやったことがない「バースデー月間」というスタイルにチャレンジして新しい発見があったというのが『アジアンクラブ』のれみさん。どんな人にバースデー月間が向いているのか詳しくお話を聞きました♥   イベントは打たなくても ポスターは作りまし 続きを読む
  • 名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

    名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

    あの日、あの時、あの店で、名刺で振り返るキャバ嬢ヒストリー。 昨年末、歌舞伎町フォーティーファイブに移籍してさらに波に乗る“一条響”さんが登場。古株お姉さん達にきたえられた六本木時代から、キャバ嬢として大きく羽ばたいた歌舞伎町までネオン街人生をプレイバック!! 髪をバッサリ切って「響=ショート」が定着♥ (名刺1/舞人時代) 六本木の舞人(マイト)がキャバクラデビ 続きを読む
  • 『アジアンクラブ』きよみん 午前2時からのナイトルーティン♥ むくみ知らずな1日1食生活&お水の威力!!

    『アジアンクラブ』きよみん 午前2時からのナイトルーティン♥ むく

    夜のお仕事ってお酒も飲むし、ストレスもあるし、食事の機会も多いから体型や美肌をキープするのは大変。でも、その一方で肌荒れしたり太ったりという変化がなく安定している人も。そこでいつ見ても細くてお肌ツヤツヤなきよみんのライフスタイルに注目! 営業終わりから寝るまで、夜の時間に密着して秘密を探ります♥   仕事が終わったらほぼ直帰します♪ ―きよみんさんはいつ見ても見た 続きを読む
  • コロナ禍バースデー振り返り♪ 椿そらのシャンパンタワーをしないプライド!!

    コロナ禍バースデー振り返り♪ 椿そらのシャンパンタワーをしないプライド!!

    売上がありながらイベントでタワーをしないのはなぜなのか? ヘルプの女のコたちが進んでお酒を飲んでくれるのはどうしてか? 12月に開催された椿そらさん(歌舞伎町 ジェントルマンズクラブ)のバースデーを振り返りながらその謎に迫ります!! 併せて大きな変化が訪れつつある近況についてもインタビュー♪   遠隔シャンパンで4桁いきました♥ ―昨年は12月の10日、11日にバ 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気です♥

    天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます 続きを読む
  • 初書籍がベストセラー♥ 一条響『億女』出版記念インタビュー ここだけの制作裏話を大公開!!

    初書籍がベストセラー♥ 一条響『億女』出版記念インタビュー ここだ

    初書籍が好評な歌舞伎町『FORTY FIVE』の一条響さん。年間7億を売り上げる具体的な接客のテクニックからプライベートまで、普段語られることのない面がクローズアップされた『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりかた』。制作の裏話をあれこれ聞いてみました♪   億女と書いて「オクジョ」と読みます♪ ―3月3日に、響ちゃんの初著書『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりか 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので…… 続きを読む
  • 3日で1億のホスト、愛夢路澪 ~前編:「ホスト脳」と「ビジネス脳」 逆算のセオリー!!~

    3日で1億のホスト、愛夢路澪 ~前編:「ホスト脳」と「ビジネス脳」 逆算のセオリ

    バースデー3日間で1億円を売り上げ歌舞伎町の伝説になったホスト、愛夢路澪(あむろ れい)さんにインタビュー♪ 2019年に上梓された著書『3日で1億円売り上げたホストの稼ぐセオリー』のこと、オーナーを務めるホストクラブ『Arthur(アーサー)』のこと、そして夢を実現するための“成功のセオリー”について、前後編でお届けします!   6年連続で1億越えもしていた! ―以前メゾンド 続きを読む
  • 追っかけ費のため夜の道へ♥ CLUB REIMS(ランス)えれなの今まで♥

    追っかけ費のため夜の道へ♥ CLUB REIMS(ランス)えれなの

    伝説のカリスマキャバ嬢・門りょうさんが数々の伝説を築き上げた『Club MON』。その場所に新たにオープンしたエースグループのお店『CLUB REIMS(ランス)』の勢いが、今ヤバイってウワサ! そこで、れいさんと共に看板を背負って立つえれなさんのモットーを聞いちゃいました! 【えれなさん プロフィール】 生年月日:1996年8月9日/血液型:A型/身長:159cm/出身地:福岡県/ 続きを読む
  • マイペースキャバ嬢、ふうかが たまに売上1位を獲りにいく理由!!

    マイペースキャバ嬢、ふうかが たまに売上1位を獲りにいく理由!!

    ファッションやライフスタイルに独特のこだわりを持つ個性派キャバ嬢・ふうかさん。「キャバ嬢としての成果については意外と知られていないかも?」ということで、在籍店『FORTY FIVE(フォーティーファイブ)』での成績についてインタビュー! 時々やってくるという“1番をとりたい波”、FORTY FIVE名物“テキーラ観覧車”についてもお話を伺いました♪   成績は上位をキープしながら 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 桃瀬とも > 『T-STYLE ROPPONGI』桃瀬ともプロデュースはなぜ成功するのか!? すすきのの女帝から全国区へ♥