Page
Top

コラムTOP > コラム > 桃瀬とも > 出戻りでブレイクした “すすきのの女帝” 桃瀬ともの現在地!

出戻りでブレイクした “すすきのの女帝” 桃瀬ともの現在地!

出戻りでブレイクした “すすきのの女帝” 桃瀬ともの現在地!

メゾンドボーテの新たなモデルとして、“すすきのの女帝”こと桃瀬ともさんが仲間入り。

キャバ嬢を卒業してアフター御用達のバーを2軒経営する桃瀬さんですが、年に1度バースデー月だけ現役復帰するのが恒例行事。そんな桃瀬さんにこれまでの夜の歩みとキャバクラ観を伺いました♡

【プロフィール】

桃瀬とも

1986年6月27日生まれ/身長:162cm/北海道函館市出身。10代から水商売の世界に入り27歳ですすきのにガールズバーをオープン。プレーヤー兼オーナーとなる。29歳で現役を引退し、現在は『T-STYLE』、『T-FUNNY(ティーファニー)』、フォトフラワーショップ『桃花(MOMOKA)』を経営。年に一度、バースデー月だけキャバクラに復帰するのが恒例♡

函館でキャバクラデビュー
流されるままにすすきのへ♡

すすきのでガールズバー『T-STYLE(ティースタイル)』と、男女混合のMIXバー『T-FUNNY(ティーファニー)』を経営している桃瀬ともです。はじめまして♡ ガールズバーとMIXバーの違いはありますけど、どちらもアフターメインのバー。盛り上げるのが仕事です。

出身は函館で、キャバクラを始めたのも函館。キッカケはなんだったかな? 周りがやっていたからやってみただけっていう、ふわっとした感じだったと思います。でも、始めてみてすぐに、「この仕事向いているな」って思いました。他の仕事をしたことがないから何とも言えないんですけど、水商売が嫌になったことはないのできっと天職なんだと思います♡

出戻りでブレイクした “すすきのの女帝” 桃瀬ともの現在地!

すすきのに来たのは19歳くらいの頃ですね。「すすきので一旗あげよう!」みたいな高いこころざしはなく、当時の彼氏が札幌に行くっていうから流されるままに(笑)。なんとなくついて来ちゃったみたいな感じでした。

水揚げされて夜引退…のはずが
結婚を取りやめて現役復帰♡

すすきので最初に働いたお店は『アトリエ』。ここには5年ぐらいいましたね。当時、すすきのでかわいいコが一番多いと言われていたお店だったので、かわいいコに会いたいなあくらいのノリで入りました。そこには不動のナンバー1みたいなコがいたので、そのコを越えるのにすごく時間がかかりました。1年以上はかかったと思います。で、その後、『オレンジテラス』に移籍。ここで1年働いたあと結婚しようかなあと思ってキャバクラを辞めるんですけど、ほどなくキャバクラ復帰w

辞めたあと、1年ぐらい主婦みたいな生活を送ってみたんですけどもうヒマでヒマで。自分は家庭に収まるタイプじゃないなってよくわかりました。することないから毎日エステに行きまくってたら、2カ月で10kgくらいヤセたんですけど、まあ、よかったことはそれぐらいで、毎日つまらなかったですね。

結婚に興味がなくなったことで吹っ切れたんですかね。『レッドシューズ』で復帰してから一気に勢いづきました。桃瀬ともっていう名前が売れ出したのもこの頃からです。

今は結婚願望はあるっちゃあるんですけど、あるって言ってる自分に酔っているのかもしれない。実際、結婚しようってなったら「うーん」ってなると思います。

キャバ嬢を続けるために
アフターバーを作りました★

バーをオープンしたのも『レッドシューズ』時代。27歳のときです。キャバ嬢を辞めたあと次のステップとしてバーをやる人は多いと思いますが、私の場合はその逆。「キャバ嬢を続けるために自分用のバーが必要だ」と思ったのがキッカケでした。

その当時、卓かぶりがすごくて、1卓5分しか席に着けないみたいな状態が当たり前になっていたんですね。それでお客さんがどんどん切れていっちゃったときがあって、それをどこで補うかっていったらアフターしかないなと。

出戻りでブレイクした “すすきのの女帝” 桃瀬ともの現在地!

それでアフターに力を入れていたんですけど、1日3〜5件くらいアフターをすると、キャバクラで自分が働いている時間より、アフターをしている時間のほうが長くなるし、5時間待ちのお客さんとかが出てきちゃったりして、それはそれでまずい状況だったんです。自分の体力も持たないし、お客さんの体力も持たない。どうにかしなきゃなあみたいな。で、「だったらいっそのこと、まとめてアフターしたらいいんじゃないか?」と思いついて出したお店が『ティースタイル』でした。

「アフターはティースタイルに集合!」みたいな感じで、アフター待ち問題は解消して、その後、31歳の頃に2店舗目の『ティーファニー』もオープン。その頃にはプレーヤーをやり切った感もあったし、お店の経営が楽しくなっちゃって本腰入れたいなという気持ちになっていたので夜は卒業しました。とはいえ年に1回、バースデー月にはキャバクラ復帰するのが恒例なのでバースデー時期の、あのプレッシャーとは今もおつきあいしています♡

横のつながりを重視してすすきの人脈拡大中♡

自分でバーを経営してみてつくづく感じたのは黒服さんのありがたみ♡

特に『ティースタイル』はガールズバーなので、女のコのケアや管理もしなきゃいけないので、「なんて大変なんだろう」と思いました。女のコってワガママだから、そこをわかった上で上手に回して行くってそりゃあもう大変なことなんだなあって。今までのキャバ嬢人生では黒服さんに強い当たり方をしたこともあったので、心から反省しましたね(笑)。

プレーヤー時代は2カ月連勤とかしていたので、当時に比べると今は比較的ゆるっと働いていますが、生活リズムや働く時間は特に変化なし。キャバクラの営業時間中はお客さんと一緒にキャバクラへ飲みに行って、キャバクラが終わる頃そのままで自分の店に行くっていうのが流れなので。仕事の内容的にも基本は変わらないかな。

ただ、情報共有と横のつながりはすごく意識しています。

出戻りでブレイクした “すすきのの女帝” 桃瀬ともの現在地!

「ここの店にかわいいコが入った」とか、「あそこの店の○○ちゃんが最近売れているらしい」とか、そういうすすきの情報には常にアンテナを張っていて、気になるコにはどんどん会いに行きますし、「このコいいな」と思ったコとは積極的に仲良くなるようにしています。アフターで使ってくれるお客様にかわいいコを紹介できるようにっていうのももちろんありますけど、同時に女のコにも合うお客さんを紹介したいんですよね。
キャバ嬢だった頃から、お客さんと女のコをつなげるのが得意だったんです。どういうタイプと気が合うかとか、なんとなくパッとわかるんですよ。

キャバクラは団体戦♡
人と人をつなげるのが好き

キャバクラの女のコって、指名が割れたら売上も割れるので、自分の席に指名で女のコを呼ぶのはみんな嫌がるんですけど、私は割れても回数来てくれればいいと思っていたので、いろんなコにバンバン指名を振ってました。仲良しのコだけじゃなく、お客さんやお客さんの連れの人と合いそうだなと思うコをどんどんつけていく。それでお客さんやお連れさんが楽しめて満足してくれたら、また来ようって思ってもらえるし、それを繰り返していれば店の人気も上がるじゃないですか。モチベーションとしては「他のお店に勝とうよ!」っていう感覚ですね。私、キャバクラは団体戦だと思ってるんです。店全体で考えて利益を追求するほうがうまくいくんじゃないかなって。

個人の売り上げをそれぞれが伸ばすことで、店全体の売り上げも伸びるっていう考え方は基本なんですけど、もっと格段に上を目指そうと思ったら全体で売り上げを伸ばす方向で考えたほうが伸びる気がするんですよね。店が人気になれば、お客さんも増えて、盛り上がれば使う額も増える。結果個人の売り上げも上がるじゃないですか。
それに気づいたのは自分の売上に余裕が生まれてからでしたけど、「全体で潤ったほうがみんなが得をする」という考え方になってからは、人と人とをつなげるのがすごく楽しいし、やりがいも感じます。

お客さんと女のコをつなげる。キャバ嬢時代は自分の店の中でやっていたことを、今はすすきのの街全体でやっている感覚です。あの店のあのコとこのお客さんは合いそうだと思ったら、どんどん紹介してつなげていく。
その結果、アフターで自分のお店を使ってもらえたら嬉しいことですけど、そうじゃなかったとしても街全体がにぎわって潤ってくれたら、結果アフターのお客さんも増えるからそれでいい。今のモチベーションとしては「すすきの全体で盛り上がろう!」という感覚だと思います♡

出戻りでブレイクした “すすきのの女帝” 桃瀬ともの現在地!

もはや店という枠を越えて、街全体でマッチングを考えている桃瀬さん。その視野の広さと懐の深さ、さすが“すすきのの女帝”ですね!

桃瀬ともさんの着用ドレスはこちら

1986年6月27日生まれ/身長:162cm/北海道函館市出身。
10代から水商売の世界に入り27歳ですすきのにガールズバーをオープン。プレーヤー兼オーナーとなる。29歳で現役を引退し、現在は『T-STYLE』、『T-FUNNY(ティーファニー)』、フォトフラワーショップ『桃花(MOMOKA)』を経営。年に一度、バースデー月だけキャバクラに復帰するのが恒例♡

Today's Ranking

  • 無理しないのが貯金の近道!ことみ流・財テクのすべて♡

    無理しないのが貯金の近道!ことみ流・財テクのすべて♡

    そもそもキャバ嬢になった理由が「学費を稼ぐため」だったと以前語ってくれたことみさん。稼げるイメージの夜職だけど、「稼げる」のと「貯金できる」ことはイコールにならないもの。今回は、「稼ぐ上に貯金もしている」ことみさんに、そのテクニックを教えてもらいました♡ キャバ嬢は収入も多いけど出費も多い職業だと思います。その中で無理なく貯めるにはどうしてますか? 自分が何にいくら使っているのか把握す 続きを読む
  • 銀行からキャバクラに転職!異色のノンアルキャバ嬢・メイサ♡

    銀行からキャバクラに転職!異色のノンアルキャバ嬢・メイサ♡

    会社を辞めて24歳からキャバクラで働きはじめたという異色の経歴をもつメイサさん。 よくよく話を聞くと3ヶ国語喋れたりハーフだったり結構な詐欺にあっていたり、何かとキャラが濃い模様!気になることだらけのメイサさんのアレコレを聞いてきました♪ 【メイサさんプロフィール】 生年月日:1990.7.28生まれ/身長160㎝/血液型:A型/出身地:東京都/在籍店:六本木JUNGLE TOKYO 続きを読む
  • 月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを築くブレない接客術

    月給1ケタから現代ホスト界の帝王に。ROLAND(ローランド)様というジャンルを

    気がつくとハマって抜け出せない、それがROLAND(ローランド)様ワールド! 「冴えない男と飲むリシャールより俺と飲む雨水」、「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」などの名言で有名な、歌舞伎町プラチナ本店の取締役を務めるローランド様。伸び悩んだ不遇の時代からホスト界の帝王に就任するまでの歴史や、独自の世界観をお届けします♡ ローランド様プロフィール 歌舞伎町PLATINA 続きを読む
  • 大人になるほど美肌になっていく!美容オタク椿そらの秘密♡

    大人になるほど美肌になっていく!美容オタク椿そらの秘密♡

    言わずと知れた美肌の持ち主、椿そらさん。キャバ嬢としてもYouTuberとしても多忙な毎日を送っているのにその肌にはツヤがあり潤いがある!しかも、年々キレイになっていくと話題♡ その秘訣はいったいなんなのか聞いてきました! 美容に目覚めたきっかけは先輩に怒られたこと(笑) 19〜20歳くらいの頃は、肌水みたいに「たくさん入ってて安い!」みたいなコスパがいいスキンケア用品を使ってたんですよ。それ 続きを読む
  • 東海一の人気者"小川えり"ことエンリケ。名古屋で6年間No. 1をキープし続けるマル秘テク

    東海一の人気者”小川えり”ことエンリケ。名古屋で6年間N

    2017年10月のバースデーは2日間で1億円超え!!今やキャバクラ界を代表するスーパーキャバ嬢 名古屋は錦のアールズカフェ在籍小川えり、こと通称エンリケさんにインタビューをしてきました。 驚異の売り上げを誇る今Instagramで話題の東海地区ナンバーワンのエンリケさんは 最初の6年感はどん底だったけど、そのあとの6年間はずっと1位! だったそうです。今をときめくスーパ 続きを読む
  • 歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る"売上の壁"の超え方!!前編

    歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る”売上の壁”の超

    「億の男」としてその名を知られるシンスユーの蓮士 メゾンドボーテ初登場!!蓮士さんといえば「4年連続売上1億超え」や「月間売り上げ5,000万突破」など、レジェンドプレーヤーとして夜の世界で知らない人はいない歌舞伎町の伝説。現在進行形で偉業を更新し続けるその原動力とは?ロングインタビューを前・後編でお届けします♪ 蓮士さんプロフィール 『SINCE YOU  RESISTANCE 続きを読む
  • 教えて響ちゃん!“キャバ嬢あるある”なお悩みにお答え!

    教えて響ちゃん!“キャバ嬢あるある”なお悩みにお答え!

    結果が売り上げやランキングなどダイレクトに数字にあらわれるキャバ嬢というお仕事。指名がもらえない、お客様への連絡の仕方が分からない、お客様との接し方に困る…などなど、多くの悩みがつきまとうもの。そこで、常にトップで輝き続ける一条 響さんに、キャバ嬢ならば一度は通るであろう、「あるあるなお悩み」に答えてもらいました♪ <初心者編> Q.これからキャバ嬢になりたいと思ってます! お店選びの 続きを読む
  • エリアを変えてRE:START♡  ふうか・六本木から歌舞伎町へ電撃移籍!

    エリアを変えてRE:START♡ ふうか・六本木から歌舞伎町へ電撃移籍!

    今年の5月に六本木を飛び出し、現在は歌舞伎町・45(フォーティファイブ)へ移籍したふうかさん。 慣れ親しんだ街を抜け出し、新たに歌舞伎町で再スタートすることを決めた経緯や心境など語ってもらいました♪ 六本木から歌舞伎町へ、エリアを変えてまで移籍した理由はなんですか? シンプルに「環境を変えて頑張ってみたい!」と思ったのが理由です。新しいことにチャンレジするのが昔から好きなんですよね♪ 続きを読む
  • キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    キャバ嬢の新定番?アルマンドが流行る5つの理由

    都内の高級キャバクラでは一番安いボトルでも15万~20万円はするという超高級シャンパンのアルマンド。キャバ嬢の新定番といっても過言ではありません。3年前までは知らない人も多かったアルマンドがなぜいきなり流行りだしたのか?Ace of Spades(スペードのエース)のラベルでおなじみのシャンパンが流行りだした5つの理由とは? (2018年11月10日追記あり) アルマンドはシャンパンとして 続きを読む
  • 愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    愛沢えみり×エンリケ 営業法は真逆なふたりのテッペン対談!!

    歌舞伎町を代表する愛沢えみりさんと、著書『日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力本』(KADOKAWA)を出版し、ますます注目度が高まるエンリケこと小川えりさん。ふたりの馴れ初めからお互いへの質問まで、メゾンドボーテでつながったふたりの、ここでしか読めない仲良しリスペトークをお届け♡ ふたりの出会いっていつ頃なの? 小川えりさん(以下エンリケ):1年半くらい前かな??えみりちゃん 続きを読む
コラムTOP > コラム > 桃瀬とも > 出戻りでブレイクした “すすきのの女帝” 桃瀬ともの現在地!