Page
Top

コラムTOP > コラム > 黒咲サリー > 太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった 黒咲サリー、月の売上1億円の病み

太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった 黒咲サリー、月の売上1億円の病み

「1,200万円のロマネが下りた!」「月の売上が1億越え!」などなど華やかな伝説を持つ黒咲サリーさんがメゾンドボーテのコラムに初登場♥ 人気絶頂のなか21歳で突然の引退!2年半の昼職生活を経て復帰!移籍! サリーさんのキャバ嬢人生に迫ります♪

 

21歳のときに一度引退しています♥

12月1日からは六本木の新店の『67(ロクナナ)』というお店にいます黒咲サリーです。その前は『舞人』に丸1年くらい。その前は夜を休業して昼職してました♥

私の夜歴をざっと振り返ると、キャバ嬢を始めたのは18歳の終わり頃。お店は地元横浜のキャバクラでした。歌舞伎町に来たのは20歳になる少し前。最初のお店はアジアンクラブ。そのあと21歳でレヴューに移って22歳目前で引退。2年半くらいはお昼の仕事をしてました。

辞めたときは、レヴューで歴代記録を出していたときだったので、お客さんも含めて周りの人みんなに驚かれました。でも、もともと20代前半で引退するってことは、キャバクラを始めたときに決めていたこと。その年齢だったらそのときやりたいことにチャレンジして、もし失敗したとしても戻ってこれるから。仮にキャバ嬢だけをやり切ったとしても、そのときにやりたいことがあるかもわからないし、ひとつの世界だけしか知らないのは私にとってはリスクが高いと感じていたので。まだ戻れる場所を残したまま、新しい世界に飛び込む選択をしました。

太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった六本木『67』黒咲サリー、月の売上1億円の病み12月1日から六本木の新店『67』に在籍♪

 

昼職はドレス販売をしていました♥

昼では自分で会社を作って、訪問のドレス販売のお仕事をしてました。

キャバクラに営業に行ってドレス販売の契約を取って、お店の営業中から営業後にかけて直接ラックを持って売りに行く。そこで直接好きな物選んで買ってもらうっていう“ドレ販”です。なんでもネットで手に入るけど手に取って買える安心感に勝るものはないのでそこを突いた商売です。

ネットで買った商品って、想像通りじゃないことも多々あるし、ドレスってぴったり自分サイズなことは少ないからお直しは必須。お直しに出すなら自分でどこかに持っていかなきゃ行けないから手間も時間かかる。ドレ販だったらその場で着てその場で丈を測ってお直しに出して一週間後にはお店に届くシステムだから、キャバ嬢からしたら楽。アナログだけど実は効率が良い手法で確実に売れるんです。

自分が横浜でキャバ嬢をしていたときはドレ販が主流で、ドレス代も給引きできるから何かと手軽でよかったんですよね。

太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった六本木『67』黒咲サリー、月の売上1億円の病み

夜に復帰したのはちょうど1年くらい前。2019年の12月です。これといった大きな理由はなくて、強いて言うなら、昼の仕事もある程度経験してみて、だんだんと夜の世界に戻りたくなったっていう感じでしょうか。

当時、付き合っていた彼と別れたくても別れられない状態にあって心機一転出直したい気持ちもありましたしお世話になっている社長さん方や、その後入店することになった『舞人』の社長にも「君は表に立つ仕事が向いている」と言われ続けていて、それも復帰する後押しになりました。自分的には裏方的な立ち位置で仕事を回していきたい気持ちが強いけど、需要があるなら、今は表に立ったほうがいいんじゃないかなって。

太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった六本木『67』黒咲サリー、月の売上1億円の病みAngel Rのモデルもしています♥

 

太客を掴んで成り上がってきました♥

復帰して思ったのは、キャバ嬢としての自分のウリがわからないっていうことでした。「いまさらそこ?」って話なんですけど、引退前のキャバ嬢時代前半は、運良く太いお客様を掴んで一気に成り上がったので、私には下積みがなかったんです。

いつもそうだったんです。横浜時代も歌舞伎町時代も。

二十歳でアジアンに入ったとき、最初の1カ月はお茶を引きました。毎日オープンから出勤してずっとフリー回りをしていてたら、ある日突然、めちゃくちゃ太いお客様を掴んで、そこからあっという間に売上上位。誕生月に1,200万円のロマネコンティが下りて、普通の日でもアルマンド3本入れて飲み比べとかしているような。飲めなかったら「飲めな~い」とか言って流したりして。それが通用するような状態が日常。

レヴューに入ったときは、アジアン時代のお客様は全部切れていたから、担当から「とりあえずお前は1カ月後には1日平均5組呼べるようになることが目標だな」と言われてました。「絶対無理でしょ」って思っていたけど、呼べるようになってからは自分でもいくら使ってもらっているのか把握できないくらい売り上げてました。お客様曰く、半期でも「良い家が買えるくらい」は使ってもらっていたみたいです。お客様もその方ひとりではないから、全部含めたら1カ月で億を超えるくらいいったこともあったと思います。

太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった六本木『67』黒咲サリー、月の売上1億円の病み二十歳の頃のサリーさん。そして1,200万円のロマネコンティ!

 

太客を抱える病みは誰よりも知っている

当時は、自分がどれだけ売れているのかもよくわかってなくて、担当に「どうしたらもっと売れるか」を聞いたりしてました。でも「そのままでいいんだよ」としか言われない。

若いときから太いお客様を掴むことに長けていたぶん、下積みがないからキャバ嬢としてのテクニックやスキルがなくて、それがずっとコンプレックス。どうしてたまたまた運良くお客様がつくのか未だにわからないです。

ただ、太いお客様ばかりの大変さは誰よりもわかってるとは思います。お金を使ってくれるぶん、自分の時間もキャバ嬢としてのチャンスもすべてを使わざるを得ないので背負うものも重いです。

太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった六本木『67』黒咲サリー、月の売上1億円の病み

歌舞伎町時代はお客様の電話で起きてお客様の電話で寝る日々でした。アフターも禁止されていたから本当は別のお客様とアフターに行っていても、深夜の4時、5時にヘロヘロになりながらアフター先のトイレでこっそり電話。お家のふりをして「今から寝るね」って連絡しなきゃダメでした。そしてお客様からのモーニングコールで起きる。そうしないとお客様が病んじゃうから、とにかくお客様を病ませないように尽くしてました。

お店でも他の席に着くと嫌がられるから卓の移動もままならない。新しくお客様を掴むためにフリーに着くなんてもってのほか。

営業中もお客様がかぶらないように、接客は前半の同伴隊と後半のアフター隊とに分けていて、前半の同伴隊は18時頃に待ち合わせして20時から21時に入店。そして23時くらいに終了。そこからから入れ替わりで後半のアフター隊が入店。営業終わりには毎日アフターでご飯屋さんへ。そして朝方には同伴隊のお客様におやすみなさいの連絡を入れる…。毎日そんな生活を送るうちにストレスと同伴&アフターで太りました。

この人の機嫌を損ねたらキャバ嬢としての今の地位がなくなってしまう。でも、いずれは決着をつけなきゃいけない場面がくる。いつかはストレスで自分もつぶれてしまう…。お金より大切なものに気づいた時はこの時です。心が崩れました。お客様の気持ちに応えられないから、お店のほうを辞めました。

太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった六本木『67』黒咲サリー、月の売上1億円の病みレヴュー時代も太客をつかんで一気にブレイク

 

もう一度、自分の限界に挑戦してみたい

徐々に売れて行く人って下積み時代があるから、そのぶん強い。

私には下積みがない。その差って後から出てくるんですよね。復帰したときにそれをすごく感じたし、私には何があるんだろうってすごく考えました。

キャバ嬢のコはみんなそれぞれ武器があると思うんです。とにかく顔がかわいいとか、ノリがいいとか、トークが上手いとか。でも私にはこれといった武器がない。大きな欠点こそないかもしれないけど特筆してこれって思えるものはない。

私、面白くはないんです。面白い人間じゃないことには自覚もあります。

20、21歳のときも、「このコ話は面白くはないけど一生懸命だからいい」って言われてました。お客様がお連れ様に私をご紹介する時もこのコ面白くはないけどとにかく一生懸命だから指名してる」って言ってました(笑)。面白い話もできない、面白い人間でもない、リアクションもキャバ嬢らしくないかもしれない。でも楽しませようって気持ちはきっと伝わってると思う。絶対に手を抜かないしできることはする 一生懸命話を聞くし、話すし、何でも全力でやる。一生懸命がきっとわたしのいいところなんだと思います。

夜に復帰して『舞人』で1年働いて思ったのが、もう一回自分の限界に挑戦してみたいってことでした。アジアンのときは全力だった。レヴューのときも最初は全力を出し切っていない自分もいたけど、それは「アジアンのときはすごかったのに」って言われるのが怖かったから。でも、全力でやったらアジアンの自分を超えられた。この体験をもう一度体現してみたい。それが今、私が目指しているものかもしれないです。自分の限界を超えてみたい。

太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった六本木『67』黒咲サリー、月の売上1億円の病み六本木の新店『67(ロクナナ)』で新たなスタート!

今のお店『67(ロクナナ)』は、新店だから知名度は低いです。知名度が低いから当然フリーのお客様も少ないです。でも、素敵な女のコや従業員の方がそろっているお店なので、最善を尽くしていけば必然的に知名度も上がってお客様の満足度もきっと上がる顧客満足度が上がればお客様がお客様を呼んできっと広がっていくだろうなって思っています。

私の場合、仕事となると自分を追い込みすぎてしまう性格なので、そのへん上手に緩急つけつつバランスを取りながら、ロクナナを人気店に押し上げながら自分の理想を追求できたらと思っています♥

引退前のキャバ嬢人生も華やかながら、これからの活躍もさらに楽しみなサリーさん。今後も注目です! ちなみにサリーさんは大の猫好き。サリーさんの影響で猫を飼い始めるお客様もいるんだそうですよ♪

ドレスブランドや雑誌「小悪魔ageha」などのモデルとしても知られる人気キャバ嬢。セクシー&ビューティーなビジュアルから放たれる圧倒的な魅力で支持を集めている。

在籍:六本木『リリックトーキョー』
職業:キャバクラ嬢
出身:神奈川県横浜市


【来歴】

18歳、横浜のキャバクラに勤務。19歳で歌舞伎町の高級店『azian club(アジアンクラブ)』に移籍。21歳、『revju(レヴュー)』に移り、当時の歴代売上記録を塗りかえるなど人気絶頂のタイミングで突然の引退を発表。約2年半のドレス販売を経て2019年12月に六本木『舞人(マイト)』で復帰。2020年12月より六本木『67(ロクナナ)ラウンジ』に勤務。2021年に『ファブリック六本木』へ移籍。


【pickup interview】

Q.どうして人気絶頂の最中、一度引退したの?

A.もともと20代前半で引退するってことは、キャバクラを始めたときに決めていたこと。その年齢だったらそのときやりたいことにチャレンジして、もし失敗したとしても戻ってこれるから。

Q.太客を掴むコツは?

A.どうしてたまたまた運良くお客様がつくのか未だにわからないです。ただ、太いお客様ばかりの大変さは誰よりもわかってるとは思います。お金を使ってくれるぶん、自分の時間もキャバ嬢としてのチャンスもすべてを使わざるを得ないので背負うものも重いです。

(※2021年1月29日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
『67ラウンジ』から『ファブリック六本木』に移籍した、いつも白くて細くて美しい黒咲サリーさんの美の秘密をリサーチ! 2年間ウエスト53cmをキープしている “くびれメイク法”や、撮影前には“液体生活”で追い込むという極端 […]
『67ラウンジ』から『ファブリック六本木』に移籍した、いつも白くて細くて美しい黒咲サリーさんの美の秘密をリサーチ! 2年間ウエスト53cmをキープしている “くびれメイク法”や、撮影前には“液体生活”で追い込むという極端 […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 天使ニア 正真正銘女の子だけど ホストクラブで王子様してます♡

    女の子だけど王子様♡ ホストとして圧倒的な結果を出し続けている『FUYUTSUKI -Duo-』の天使ニアさんがメゾンドボーテ初登場! ニアさんがホストになるまでのバックグラウンドから、売れた理由、ニアさんならではの強みなどなど、女の子ホスト・ニアさんの唯一無二の魅力に迫ります!   ニアさんは女の子ホストの先駆者♡ ニアさんは性自認が女性で、恋愛対象も女性、ということは…。 いわゆるレ... 続きを読む
  • 六本木『ファブリックセブン』KIKO シャンパンタワーよりDRCコンプリートな...

    『ファブリックセブン』初代No.1にしてグループレースもNo.1(2022)。歌舞伎町から六本木に街を変えてさらに高みに登ったKIKOさんの、2年ぶりとなるバースデーイベントをプレイバック♡ これまで1〜2日で開催していたイベントを今回は3日間に延ばして盛大に開催! お客様満足度を追求したというバースデーをKIKOさんと一緒に振り返ってみました♪   バースデーイベントは2年ぶりに開催!... 続きを読む
  • 整形、美容、シャンパンで振り返る 一条響の2023年 もはや恒例!ひびたん365...

    2年連続7億円という規格外のレコードを持つだけでなく、以降も年間5億超えという破格の売上を上げ続けている一条響さん(歌舞伎町『FOURTY FIVE』)。毎年年末には、「来年はそんなに行かないよ。無理だよ」と言いつつ5億超えてしまうその実力は唯一無二! さてさて2023年はどんな1年だったのか? 毎月撮り続けている12カ月のビジュアルとともに、この1年の出来事を雑談ベースでゆるっと振り返ってみまし... 続きを読む
  • バーレスク東京RYOTA×愛沢えみり 夜に輝くプロデューサー対談♥

    バーレスク東京RYOTA×愛沢えみり 夜に輝くプロデューサー対談♥

    “日本を代表するショークラブ『バーレスク東京』プロデューサーのRYOTAさん”ד歌舞伎町『フォーティーファイブ』を激アツ店に導いたプロデューサーの愛沢えみりさん”。ネオン街の仕掛け人ふたりの夢の対談が実現! エンターテイメントの観点から、ショーとキャバクラの未来を語り合いました♥ (プロフィール) 内藤良太【RYOTA】 超刺激デジタルプロデューサー/15歳から水商売に携わり、伝説... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……」と謙... 続きを読む
  • クビになったキャバ嬢がナンバー1キャストに♡ 六本木『Lalah』のらら 悔しさ...

    小悪魔agehaモデルとしても活躍中な六本木『Club Lalah(ララァ)』のららさんがメゾンドボーテ初登場! 秋田から上京してララァにたどり着くまでのお話を中心に、安定した結果を出し続けるための働き方や、キャバ嬢人生最大の転機「突然のクビ宣告」エピソードなど、盛りだくさんでお届けします♡   面接一回落ちたのに、素知らぬ顔してまた受けました♡ 六本木のララァのららです。ララァは201... 続きを読む
  • 『ソロモン』鈴音りんの働く一日に密着!! おはようからおやすみまで こだわりキャ...

    売れっ子キャバ嬢は普段どんな生活を送っているのか? おはようからおやすみまで有名嬢の日常を追跡する「働く一日」シリーズ。今回密着したのは歌舞伎町のエース『ソロモン』の鈴音りんさん。 その日のメインのお客様をVIPとしておもてなしをする営業スタイルから、体型キープの秘密、部屋着の好みまで、仕事にもライフスタイルにもこだわりを持つりんちゃんの、「美メンテ2件をこなして同伴アフターする一日」を追いかけま... 続きを読む
  • さゆが選ぶ この本がすごい! 心揺さぶられる“大人になった今だからこそ読むべき...

    メゾンドボーテの取材を通して気づいたこと、それは、「売れている人には読書家が多い」という事実! みんなどんな本を読んでいるのか改めて知りたいということで始まったボーテ読書シリーズ、第2弾に登場するのはさゆさん。 看護学校と夜職を両立していたさゆさんに、愛読書の中から4冊をご紹介して頂きました♡   セレクトのテーマは「心を強く揺さぶられた本」 〜今日の本棚〜 ・夏目漱石『こころ』 ・山田... 続きを読む
  • 歌舞伎町『ジェントルマンズクラブ』KIKO いくら使ってもらうかは自分で決める...

    そのお客様が太客になるかどうかが直感でわかるという、歌舞伎町『ジェントルマンズクラブ』のKIKOさん。お客さんも自分も楽しめる範囲で、「損したな」のギリギリに抑えるという売上の立て方をcheck! 私がいまこの人を楽しませられるのはここまでだという線引きをする、いくら使ってもらうかは自分で決める。という顧客管理法も要チェックです。   焦らずがっつかず 値打ちこいとく! ―KIKOさんの... 続きを読む
  • 『夜の偉人伝』平良翔太 ―代表時代3年半の軌跡― 前編~語られざる努力編~

    4年連続売上2億over×組数1600本over! 記録に裏打ちされた圧倒的な実力に加え、そのカリスマ性とクリーンな存在感でホストのイメージアップに貢献! ホスト=エンターテイナーという価値観も生み出した、業界のスーパースター平良翔太さん。その功績を『夜の偉人伝』として改めてプレイバック! 前後編でお届けします。 前編となる今回は知られざる“努力”の部分に注目。今年4月に取締役会長に就任した翔太さ... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 黒咲サリー > 太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった 黒咲サリー、月の売上1億円の病み