Page
Top

コラムTOP > コラム > 進撃のノア > 進撃のノア、しんどい夜を生き抜く”ハッピー体質”の作り方💗

進撃のノア、しんどい夜を生き抜く”ハッピー体質”の作り方💗

北新地CLUB NILSに勤務する進撃のノアさん。
ナンバーワンの陰には人知れない苦労があります。

はじめて借りた部屋は1Kの2階。「いつかはあそこに住むんや!」ってタワーマンションを見上げてた

今回はそんな苦労を感じさせないハッピーオーラ全開のノアさんにインタビューをしてきました。
もちろん名前の由来も♡

北新地CLUB NILS進撃のノア

1度聞いたら忘れられない。そんな名前が欲しかった♡

北新地の『CLUB NILS(ニルス)』 在籍のノアです。よろしくお願いします♡ 多分、誰もがナゾに感じるのは名前だよね(笑)。これは、もちろんあの有名な漫画が由来。ミナミのお店にいた19歳の頃に自分でつけた源氏名やねん。

名刺なんてお店を出たらポイッと捨てられちゃってもしょうがないものやし、そのコがどのコだったかなんて中々記憶と結びつかへん。飲み歩いている人だったらなおさらそう。だから、一度聞いたら絶対に忘れられないような、そんなインパクトのある名前がいいってずっと思っててん。飲んで、次の日に目が覚めたときに、名前と顔が結びつくようにしたかった。ちょうどそのとき、その漫画が「めっちゃ面白い」って話題になってて、自分の接客スタイル的にも“進撃”って言葉がしっくりくると思ったのもある。

「進撃のノア」って名前が売れるまでは、「なんやねんおまえ、ナメてんのか!」みたいな感じで、名刺出すだけでバカにされることもあったで。ふざけた名前やから冷たくあしらわれても仕方ないってわかってても、名刺渡したとたんに「チェンジ!」って言われると、やっぱり凹む。それで「ノア」と「進撃のノア」と、名刺を2枚持ち歩いて使いわけるようにしてん。面白いと思ってくれそうな人には「進撃のノア」のほうを渡して、この人はそういうのNGっぽいなって人には「ノア」の名刺を渡す。これなら誰も不快にならなくてみんなハッピーやん♡ ちなみに、元ネタの漫画は読んだことないねん。せやから「この漫画面白いよね!」とか熱く話されても、実は1ミリもわからへん(笑)。

北新地CLUB NILS進撃のノア

中学時代の夢はキャバ嬢!「これや!」って思ってん♡

うちが夜を始めたのは18歳になってすぐの頃。世間的には高校在学中の18歳やねんけど、ニュージーランドの高校に行っていた関係で、みんなが高校3年生の冬休みの頃にはもう卒業して帰国しとってん。なぜにニュージーランドの高校に行ってるかといえば、それは中学生の頃にさかのぼる話。

中学時代、キャバ嬢のドキュメンタリー番組みたいなのを見て、そのときに「ああ、これや!」って思った。何にどう惹かれたのか上手く説明できひんけど、無性に「ここに行きたい!」って感じてん。そのときからキャバ嬢になることが夢になって、立花胡桃さんの『ユダ』とか、夜関連の本をいろいろ読んだりして憧れを募らせてた。

今思えば、「キャバ嬢になりたい!」って中学生が言ったところで、「そうかあ」で流されるような話。…のはずなんやけど、なんでかうちでは、「だったら高校3年間のうちにちゃんと勉強して、英語もしゃべるようになって、どうにでもつぶしがきくようになるんやったらやってもいい!」って話になった。特に英語は「話せるようになっておくべし」ということで、そのときの流れでニュージーランドの高校に進学することになった。

留学中にTOEICも受けて、一応日本の大学にも合格して、その上で満を持して水商売デビューしたのが18歳になりたての頃。入学した大学は、結局すぐにやめちゃったけど。

始めて働いたお店は新地のクラブ。そのときはキャバクラとクラブの違いがあんまりよくわかってへんかった。働いてみて初めてそのシステムを理解して、それと同時に、クラブは向いてないと思った。ママのために接客して、ママのために同伴する、そこにやりがいが感じられへん。もっと真っ直ぐ自分のためにがんばりたいと思ってん。

北新地CLUB NILS進撃のノア

1番取ってくると約束して新地からミナミに移った。

新地のクラブは1カ月でやめたけど、働いてよかったことが2つある。ひとつはクラブが向いてないってわかったこと。もうひとつはここで、『CLUB 門』のりょうと出会えたこと。りょうとは最初からめちゃくちゃ気が合ってすぐに仲良くなって今も親友♡

19歳の頃、うちはミナミの『CLUB DEAR(ディアー)』に入店するんやけど、ちょうどそのとき、りょうも門に入るタイミングで、「うちはミナミで1番取り続けるから、新地とミナミで、お互い1番張ろうや!」って約束してん。

うちは子供の頃からめっちゃ負けず嫌い。目標や張り合う相手がおったほうががんばれる。りょうに約束した通り、それから1年間ずっと1番を取り続けて名前も売れ出した。引き抜きの話もめっちゃかかるようになった。その中でりょうがいるエースグループから、「新店を出すから新地に来うへんか?」という誘いがあって、その店が今在籍しているニルスやねん。

キャバ嬢はそれぞれいろんな売りがあると思うけど、うちはハッピーが売り。楽しさと元気を売ってる。お客さんとプライベートでは一切連絡取ったりはせえへんけど、「会ったときには180%の接客をして楽しい気持ちで帰ってもらう」というのが信条やねん。「うちとおったらめっちゃ楽しい!」って思ってもらえるように、いつもそれだけを考えてる。「おまえと飲んでたら、何かしらんけど元気になるわ」って言ってもらえると、めっちゃうれしいし、やりがいを感じる♡

北新地CLUB NILS進撃のノア

仕事しんどいなってときは、別な人生を想像してみる。

お酒はありえないくらいめっちゃ飲む。ビールから始まって次は缶チューハイ。9%のストロングとかを延々飲んで、そこからのシャンパンっていうのが大体いつものパターン。みんなで仲良く楽しく飲みたいから、盛り上がってきたら他の卓も巻き込んで、大宴会みたいになることもしょっちゅう。もちろん接待の席やったら別。そこは空気をちゃんと読む(笑)。

アフターもめっちゃ行くほう。なんか楽しくなっちゃって、店が終わっても真っ直ぐ帰りたくなくなるねん。だから家に帰るのはいつも朝7時とか。毎日ほぼ記憶はないけど、つぶれないし二日酔いもほとんどしない。今のとこ肝臓は元気や♡

うちは元気が売りやから、落ち込むことがあっても笑ってなあかんし、あんまりお酒飲みたくないなって日でも、キャラ的に絶対に飲まなあかんから、たまにしんどいなあってときもある。そういうときはふと別な人生を想像したりもする。

キャバ嬢は見た目が大事やから、毎日セットサロン行ってネイル行って、エクステつけて着飾って。メイクも常に勉強しなきゃいけないし、体型の管理もしなきゃいけない。そのぶん高いお給料をもらっているわけだけど、普通のコやったら、毎日セットサロン行かんでもいいし、ネイルがちょっと取れてもまあ2、3日平気かもだし、それなりにかわいくしていれば問題ない。見た目と数字で価値をはかられることもない。どっちがいいのかなあって。

北新地CLUB NILS進撃のノア

いつかタワーマンションのてっぺんに住むのが目標や♡

大学行っとったら、サークルとか入って、合コンとかして、お酒は適度にたしなんで…。今頃はどこかに就職してちょうど新入社員な時期やな? なんてこと考えてみるけど、すぐに、「やっぱり今の人生がいい♡」ってなる。サークルも合コンも興味ないし、会社に入って誰かの下で働くのは気が進まない。

水商売してたらそりゃしんどいこともあるけど、それってきっと一瞬。この仕事好きやし、店の女のコもお客さんもええ人多いし、黒服さんは親切やし…。「あれ? それって結構幸せなんじゃない?」っていつも改めて気がつく。付き合いが広がれば、街に知り合いや友達が増えて、「ノアちゃん、ノアちゃん」って声かけてもらえて、それもうれしい。そもそも、必要とされる場所があって、そこでお金も稼げるってめっちゃラッキーやん。なんだかんだ自分、楽しい毎日を送ってるんやなあって。なんかほっこりして元気になれる♡

うちにはちょっとした夢がある。それは今住んでるタワーマンションの最上階にいつか住むこと♡ 18歳で初めて独り暮らしをしたときは、1Kのマンションの2階に住んでた。部屋の窓からはタワーマンションが見えて、「いつか絶対にあそこに住もう!」って眺めてた。とりあえず次はもっと広い部屋で10階以上に住もうって決めて、次に引っ越したのは日本橋の1LDKの10階。ミナミに移ったときには本町の2LDKに引っ越した。今は、18歳のときに見上げてたあのタワーマンションに住んでる。最初の夢が叶った今、次なる目標は階数アップ! いつかてっぺんに住みたい。そのために、明日も仕事がんばろう♪

北新地CLUB NILS進撃のノア

今や関西を飛び出して、全国的な知名度を持つノアさん。ますます有名になっていく彼女の活躍に期待です♡

北新地の人気キャバクラ店「CLUB NILS(ニルス)」に勤務していたNo.1キャバ嬢。シャンパン10本をピンに見立てシャンパンボーリングをしたり、高級車ファントムをシャンパンで洗車(お客様のリクエスト)するなど、進撃のパフォーマンスと天真爛漫なキャラクターで人気を集めた。現在は看板嬢を引退している。

「CLUB REIMS(ランス)」の代表取締役を勤める傍ら、ライブ配信アプリ「17 Live (イチナナ)」でライバーとしても活動。2020年4月には当時国内史上最高値の1億コインを突破。この配信活動で得た収益を全額大阪府に寄付すると発表した。

職業:経営者・YouTuber・ライバー・DJ
生年月日:1995年1月12日
身長:159.5cm
血液型:A型

【来歴】

15歳、ニュージーランドの高校に留学。その後、一度大学に進学するも中学時代に見て憧れたキャバ嬢のドキュメンタリー番組が忘れられず、大学を辞めて夜の世界に飛び込んだ。初めて働いたお店は北新地のクラブ。当時の源氏名は「七瀬ノア」だった。その後、ミナミの「CLUB DEAR(ディアー)」に移籍。「進撃のノア」に改名した。


【在籍暦】

・2013年:北新地「ジュメイラ」に入店
・2013年:北新地「ルビー」にプレオープンから入店
・2013年:ミナミ「CLUB DEAR(ディアー)」に在籍
・2016年:エースグループに移籍


【著書】

・好かれる力(光文社)


【pickup interview】

Q.名前の由来は?
A.1度聞いたら忘れられない。そんな名前が欲しかった♡もちろんあの有名な漫画が由来。ミナミのお店にいた19歳の頃に自分でつけた源氏名やねん。ちなみに、元ネタの漫画は読んだことないねん。

Q.ハッピーオーラ的なものはどうやったら出せるんでしょう?
A.グチを言わない!しんどいことや嫌なことがあっても仕事中は出さない!むしろ仕事中にしんどい気持ちを出されへんことがしんどいけど(笑)、それはもうガマン!病んでも悲しくても笑ってる。ある意味私ってメンヘラやと思うw

Q.嫌なお客さんとかいたらどうするの?
A.昨日あった、めっちゃ嫌なお客さん。初めてのお客さんで、「マジで嫌!」と思ったけど、そのお客さんに直接言った。「私、苦手です」って!

(※2020年5月20日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
大阪・北新地から今や全国区に名前をとどろかせている進撃のノアさん♡ 昨年、23歳で本を出版したり2/1からはクラブランスのマネージャーに就任したりと、色々変化があった模様。ノアさんの本「好かれる力」をベースに、ノアさんの […]
大阪・北新地から今や全国区に名前をとどろかせている進撃のノアさん♡ 昨年、23歳で本を出版したり2/1からはクラブランスのマネージャーに就任したりと、色々変化があった模様。ノアさんの本「好かれる力」をベースに、ノアさんの […]
続きを読む
今年の7月より、特定のお店には在籍せずエースグループ4店舗での日替わり出勤をスタートさせた進撃のノアさん。指名はかぶらないの?お客さんは困惑しない?お給料は?そもそもどうしてそうなった?謎多きそのシステムの全貌に迫ります […]
今年の7月より、特定のお店には在籍せずエースグループ4店舗での日替わり出勤をスタートさせた進撃のノアさん。指名はかぶらないの?お客さんは困惑しない?お給料は?そもそもどうしてそうなった?謎多きそのシステムの全貌に迫ります […]
続きを読む
あの日、あの時、あの店で、名刺で振り返るキャバ嬢ヒストリー。大阪新地の有名嬢・進撃のノアさんのネオン街人生をプレイバック★ いま明かされる、禁酒令も出たミナミの暴れん坊時代!! キャバ嬢デビュー『北新地 ジュメイラ』時代 […]
あの日、あの時、あの店で、名刺で振り返るキャバ嬢ヒストリー。大阪新地の有名嬢・進撃のノアさんのネオン街人生をプレイバック★ いま明かされる、禁酒令も出たミナミの暴れん坊時代!! キャバ嬢デビュー『北新地 ジュメイラ』時代 […]
続きを読む

Today's Ranking

  • メゾンドボーテ初登場♡ 六本木『NEXT』さゆ に聞く ラウンジ嬢の働き方♡...

    六本木の会員制ラウンジ『NEXT』の売れっ子・さゆさんがメゾンドボーテ初登場!! お仕事の軸を昼におきながらダブルワークをしてきたさゆさんが語る、ラウンジ嬢の働き方とは? 来年の4月からは看護学校に入学予定というさゆさん。看護師を目指すことを決めた背景にも迫ります♡ ラウンジで働く女のコの出演はボーテ史上初!! 貴重な語り系自己紹介、お見逃しなく。   来年の4月から昼は看護学校... 続きを読む
  • 『ファブリック六本木』 黒咲サリーの クレイジーな美容習慣♡...

    『67ラウンジ』から『ファブリック六本木』に移籍した、いつも白くて細くて美しい黒咲サリーさんの美の秘密をリサーチ! 2年間ウエスト53cmをキープしている “くびれメイク法”や、撮影前には“液体生活”で追い込むという極端すぎるダイエットにも注目♪   ~Hair care~ 美容で一番重視するのは髪! ―サリーさんが美容で一番こだわっているパーツってどこですか? 髪の毛... 続きを読む
  • 太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった 黒咲サリー、月の売上1...

    「1,200万円のロマネが下りた!」「月の売上が1億越え!」などなど華やかな伝説を持つ黒咲サリーさんがメゾンドボーテのコラムに初登場♥ 人気絶頂のなか21歳で突然の引退!2年半の昼職生活を経て復帰!移籍! サリーさんのキャバ嬢人生に迫ります♪   21歳のときに一度引退しています♥ 12月1日からは六本木の新店の『67(ロクナナ)』というお店にいます。黒... 続きを読む
  • 一本釣りはやめました!! 歌舞伎町『FOURTY FIVE』天使かれん 復帰から...

    妊娠、炎上、出産…いろんなことを経てキャバ嬢に復帰したのが去年の10月。あれからざっと1年が経過した今、歌舞伎町『FOURTY FIVE』の天使かれんさんは何を想いどうしているのか…。お店での成績やお仕事事情、子育てと仕事の両立、交友関係などなど、かれんさんの現在地を調査しました!! ☆掲載以降アクセスランキング上位に君臨し続ける驚異的ロングヒット! かれんさんキャバ嬢復帰コラムはこちら ... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます... 続きを読む
  • 歌舞伎町『アジアンクラブ』きよみん フリーバック100%の法則♥ ...

    「着いたフリーは全部とれる自信がある!」と語る、歌舞伎町『アジアンクラブ』のきよみさんに聞く「フリーの掴み方」。短い時間で心を掴む接客の法則を自己分析してもらいました♥ 新人さんやフリーバック率が悪いとお悩みのキャバ嬢さん必見です!   必要としてくれる熱い店を選ぶことも重要!! ―アジアンは指名がかぶっていても、フリー回りをさせてくれるお店なんですよね? ... 続きを読む
  • 歌舞伎町『FOURTY FIVE』一条響 の質問箱 ~お仕事・お金・お買い物編~...

    メゾンドボーテのInstagramで実施した一条響さん(歌舞伎町『FOURTY FIVE』)への質問募集。寄せられた質問の数がとてつもなく多かったので内容ごとにカテゴリー分けしてお届け! 一問一答で計50個の質問にお答えいただきました♡ 第1弾は売上モンスターの真髄に迫る『お仕事編』と、お金の使い道や物欲傾向、愛用ブランドに迫る『お金・お買い物編』! 完全保存版の内容です♡  ... 続きを読む
  • 指名が取れない超Sクラスキャバ嬢!! きほ(ファブリック六本木)接客は1日1組...

    指名が取れない超Sクラスキャバ嬢として注目度急上昇中!! 『ファブリック六本木』のきほさんがメゾンドボーテ初登場! 太いお客様だけを大事する少数精鋭の営業スタイルや、そのための時間の使い方や自分ルール、キャバ嬢としてのスタンスを余すところなく語って頂きました♥   六本木の前は愛媛の松山。大学生兼キャバ嬢でした ファブリック六本木のきほです。ファブリック在籍は1年... 続きを読む
  • 歌舞伎町『Drop』代表・獅龍仁 ホストですらないかもしれない 異端の生き様!!...

    ホスト雑誌にも度々登場する、歌舞伎町CRAZY GROUPの顔であり『Drop(ドロップ)』代表の獅龍 仁(しりゅう じん)さんがメゾンドボーテ初登場!! パッと見コワモテ、でも超おしゃれ、そして多彩な趣味…。いわゆる“ホストっぽくない”という形容詞すら追いつかない、仁さんの型にハマらない生き様、マインドを掘り下げます!   歌舞伎歴は9年、プレーヤーを上がって4年 ―仁さん、... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?...

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 進撃のノア > 進撃のノア、しんどい夜を生き抜く”ハッピー体質”の作り方💗