Page
Top

コラムTOP > コラム > 椿そら > 1杯のドリンクからナンバー1に昇りつめた“わらしべキャバ嬢物語”。

1杯のドリンクからナンバー1に昇りつめた“わらしべキャバ嬢物語”。

1杯のドリンクからナンバー1に昇りつめた“わらしべキャバ嬢物語”。

歌舞伎町ジェントルマンズクラブ勤務の椿そらさん

この仕事はどれだけ自分と向き合えたか、自分の弱い心と戦ったか、それが数字になって表れる職業だと思う。

地道にコツコツと語る営業スタイルでナンバーワンに上り詰めたそうです。

椿そらコラム画像

友達のつき合いで体入へ。働きだしたのは私のほうだった♥

キャバ嬢になるために生まれてきたような水商売が天職のコっているけど、私は全然そっちじゃない。地道にコツコツやってきたタイプ。毎日出勤して、毎日いろんな人に着いて、

毎日できる限りの努力をする。日々その繰り返し♥

歌舞伎町にきて10年くらい経つけど、最初に働いた街は埼玉県の志木っていう街だった。キャバクラがあるということすらわかんないくらいの小さい繁華街。大学1年生のときで、友達と一緒にいるときにスカウトされて、友達が「やろうよ!」っていうから一緒に行ったのがキッカケだった。結局やりたいって言っていた友達は全然働かず、つき合いでついて行っただけの私が週3で働き始めたっていう(笑)。

歌舞伎町に来たのは志木で1年半くらい働いたあと。私をかわいがってくれていた椿奈々さんというナンバー1の先輩が『アジアンクラブ』で働くことになって、それについて行ったんだよね。

志木のお店では最終的にナンバー2まで行ったけど、その先輩の紹介がなかったら当時の私じゃアジアンには入れなかったと思う。まあ、それは後から思ったことで、そのときは歌舞伎町がどんな街かもよくわかっていなかったし、がんばればどうにかなるかな? くらいのノリ。なるようになるかなって。

源氏名が“椿そら”になったのはアジアンから。名字は先輩の椿奈々さんからもらって、名前は初代の担当さんがつけてくれた。「元気いっぱい2文字がいいね」って。

椿そらコラム画像

まったく売れなかったアジアン時代。実力不足を痛感…。

歌舞伎町へ行けば行ったでなんとかなるだろうと軽く考えていたけど、そう甘くはなかったよね。アジアンではなかなかお客さんもつかめなくてヘルプばっかり。お客さんを持っていない状態でいきなりアジアンに行くのはキビしい。ココは実績を積んでから行くお店だってすぐに気がついた。

それでも1年半くらい在籍して、その後『DEEPS』に入店するんだけど、この頃が自分のキャバ嬢人生の転機だったと思う。それまでずっと一緒だった奈々さんの元を離れてひとりで働き出したことが、まず大きな変化だった。ケンカをしたとかそういうことじゃないよ。奈々さんとは今でも仲良しだから。ただ、そのときは、一緒にいたら奈々さんの妹分という立場に甘えてしまう自分がいて、このままじゃいけないなって思ったの。同じお店にいればどうしても金魚のふんみたいな感じなっちゃうし、そのことにも葛藤があった。親離れじゃないけどそんな感じ。違う場所で新しい挑戦をしたかった。そうしなきゃ多分、成長できないと思ったから。

奈々さんにその気持ちを伝えたら、「わかった。でもせめて自分の目の届くところにはいてほしい」って言われた。それで、奈々さんの志木時代からの友達、綾小路聖羅さんがいるお店で働くことになった。それが『DEEPS』。綾小路聖羅さんといえば当時の超人気キャバ嬢で、『DEEPS』の看板だった方だよ♥

椿そら歌舞伎町ジェントルマンズクラブのキャバ嬢

一から這い上がることを心に誓って『DEEPS』に入店!

自分の友達がかわいがっている後輩が同じお店に入ってきたら、誰だってできる限り良くしてあげようって思うものじゃない? なんとなくそれがわかっていたから、聖羅さんにはあらかじめ「甘やかさないでほしい」ってお願いしたんだ。「一から自分の力だけでお客さんをつかんでいきたいから、席に呼んでくれたり、自分のお客さんを紹介してくれたり、そういう特別待遇はいらないです」って。生意気だし何様だよって感じだけど、そのときは必死だったから。店のナンバー1の人から優遇されたら、ガツガツした気持ちを持ち続けるのがツラくなる。今、ひとりでがんばらなかったら、この先もずっとがんばれない。誰にも必要とされないキャバ嬢になっちゃうって。

「ひとりでがんばるんだ!」って言うのは簡単。そこから売れるまでの道のりは平坦じゃなかった。最初の頃は売り上げがない日もあったよ。なんでみんな、そんなに売り上げが出せるんだろうってボトルの下りてる卓がいつもまぶしかった。でも、当時の担当・青田さんがめちゃくちゃいい人で、いい人っていうか私にはすごく合っていて、何かと心の支えになってくれたんだよね。不安なときや自信を失いかけたとき、いつも的確に励ましてくれて、それが本当にありがたかった♥

椿そら歌舞伎町ジェントルマンズクラブのキャバ嬢

 1組で100万より、50組で100万の売り上げを目指す♥

入店して数カ月経った頃、思っていたよりも売り上げが伸びなくて、担当の青田さんに相談したことがあった。指名本数こそ増えてはいたけど、キャバクラはやっぱり売り上げ重視だから。テキトーにやっていて成績が上がらないならわかるけど、精一杯やってこの結果…。私なんてこの程度で、もうこれ以上どうにもならないんじゃないかって絶望的な気分だった。そんな私に青田さんが言ってくれたんだ。「いいんだよこれで。そらは間違ってないよ」って。「お客さんを持っていれば売り上げはついてくるから、気にせず今まで通りがんばりなよ」って。普通なら「もっとがんばらなきゃね」って言われる展開なのに…。青田さんのその一言で、スーッと気が楽になって心がイッキに軽くなった。

「2,000円のドリンク1杯でも10組だったら2万円上がるから、ちょっとだけ上げるつもりでやってみるといいよ」そんなアドバイスももらった。確かに、1組でドカンと売り上げを出すのは難しくても、2,000円、3,000円を積み上げていくことだったら私にもきっとできる。その日から、「お客さんをつかむ」、「いつもより1杯多くドリンクを頼む」そのことだけを考えるようになった。

もう1杯多くドリンクを頼むためには、「もっと飲もう♪」と思えるようにお客さんを楽しませなきゃいけない。そのためにその場その場で知恵をしぼるようになった。会話で盛り上げる、ゲームをする、いろんな方法がある。目標は“もう一杯のドリンク”だけど、だんだんとドリンク一杯以上のものが返ってくるようになって、売り上げも伸びていった。そのうちナンバーの中にも入れるようになって、最終的には看板をやらせてもらえるようにもなった♥

椿そらコラム画像

売れて天狗になっていた自分には、もう戻りたくない!

『ジェントルマンズクラブ』に移籍して、今3年目。入店してまず思ったのが、「どのコもみんな、なんて仕事意識が高いんだろう!」ってことだった。その印象は今も全く変わらない。キレイで細いのはまず当然として、優しくて感じがいいコが多いのもすごく印象的だった。これは私の推測だけど、仕事意識が高いコって、自分のやるべきことに集中しているぶん、いい意味で他人に関心がないのかも。人をねたんだりアラを探したり、そんなことしているヒマはない、みたいな♥ 誰かにチヤホヤされなくても、自分の価値を自分でちゃんとわかっているから、心にも余裕が持てる。そんな気がする。

キャバ嬢椿そらジェントル

『DEEPS』には6年いたけど、最後の時期の自分は今思い出しても嫌なヤツだった。名前が売れていくうちに、いつの間にか天狗になってワガママになっていたと思う。周りがチヤホヤしてくれるのを自分がえらくなったと錯覚して、そのうち信頼も失くして、人も離れていって…。大事なものをたくさん失ってから「このままじゃマズイ」ってやっと気づいた。あの頃の自分にはもう戻りたくない。ジェントルに入店するときも、ワガママな自分はもう捨てようと思って入ったんだよね。

これからは競争よりも共存。お店を盛り立てていくために存在したいし、必要とされる限りはキャバ嬢を続けていたい♥ 今年で30歳。もうここからは、“椿そらはどこまで働けるか”への挑戦かな♥ どこまでやれるかなって自分でも興味あるし(笑)。

 

新宿歌舞伎町の老舗高級店「ジェントルマンズクラブ」に勤務。15年間週6勤務の積み上げ型営業で着々と人気を集め、看板嬢に上り詰めた。自身のバースデーイベントでは同店の歴史史上最大の売上を達成。

キャバ嬢として働く傍ら、YouTuberやライバーとしても活動中。自身のYouTubeチャンネル「おそらTV」では5,000万円でマンション購入、整形費用の総額は4,000万円など、浮世離れの企画で一気に注目を浴びた。

職業:キャバ嬢・ライバー・YouTuber
在籍:歌舞伎町ジェントルマンズクラブ
出勤:週6勤務
出身:茨城
生年月日:1987年生まれ
身長:160cm
血液型:O型


【来歴】

大学1年生のときにスカウトされたことがきっかけで、埼玉県・志木の小さな繁華街にあるキャバクラでキャバ嬢デビューする。週3勤務で1年半ほど同店に在籍。

その後、妹分として可愛がってくれていたナンバーワンの先輩が歌舞伎町の老舗高級店「アジアンクラブ」で働くことになり、その先輩の紹介で一緒に移籍した。在籍したばかりのときはなかなかお客さんが掴めずヘルプばかりで苦労したとインタビューで振り返っている。

1年半ほど「アジアンクラブ」に在籍したのち「DEEPS」に移籍する。入店して数ヵ月は思うように売上が伸びなかったが、お客さんを楽しませるための努力をコツコツと続け、お店の売上ランキング上位に入れるように。1組で100万より、50組で100万の売り上げを目指し、最終的にはお店の看板嬢になった。その後、愛沢えみりや一ノ瀬恋といった有名嬢を輩出してきた「ジェントルマンズクラブ」に在籍。現在はキャバ嬢として働く傍ら、ライバーやYouTuberとしても活動している。

【pickup interview】

Q.キャバ嬢とYouTuberに共通する部分はありますか?
A.結果が目に見えて出る!私はまだチャンネル登録者数は5万人くらいで、最高再生回数も120万回くらいだからまだまだですけど。でも、あんまり大きな目標は持たないです。それにストレス感じちゃうから。チャンネル登録数がどうとかよりも、チャンネル登録してくれてる人の声を聴いて活かしていくっていうだけかな、今やるべきことは。

Q.毎年売上を更新するバースデー。正直、プレッシャーとか不安はなかった?

A.毎年、去年の自分を超えることはプレッシャーでもあって。もともと誰かと比較はしないタイプなんですけど、昼は毎日YouTubeをやって夜は週6出勤を続けたのは自信になったかな。去年の自分よりはいろんな人と深くなれたと思うし、成長してる部分もあるから自分を信じようって。

Q.そらさんのスキンケアルーティンを教えて!

A.ENVIRONのアンチエイジング スキンケアシリーズ。洗顔、化粧水、プレクレンジング、オイル、パック、アイクリーム、美容液、クリームなど一式揃えてます♡ このシリーズは、クリニックで処方をしてもらうスキンケアで、人によって肌が違うからその人に合ったものを教えてもらえるんです♪

(※2020年6月21日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
発売1週間で完売! 再販も即完売! つねに入荷が心待ちにされている幹細胞美容液『leae’clat(レアエクラ)』。開発者は歌舞伎町『ジェントルマンズクラブ』の我らが椿そらさん。成分や製法へのこだわりから完成 […]
発売1週間で完売! 再販も即完売! つねに入荷が心待ちにされている幹細胞美容液『leae’clat(レアエクラ)』。開発者は歌舞伎町『ジェントルマンズクラブ』の我らが椿そらさん。成分や製法へのこだわりから完成 […]
続きを読む
売上がありながらイベントでタワーをしないのはなぜなのか? ヘルプの女のコたちが進んでお酒を飲んでくれるのはどうしてか? 12月に開催された椿そらさん(歌舞伎町 ジェントルマンズクラブ)のバースデーを振り返りながらその謎に […]
売上がありながらイベントでタワーをしないのはなぜなのか? ヘルプの女のコたちが進んでお酒を飲んでくれるのはどうしてか? 12月に開催された椿そらさん(歌舞伎町 ジェントルマンズクラブ)のバースデーを振り返りながらその謎に […]
続きを読む
YouTubeやSNSを通して自身の整形体験を公開してきた椿そらさん。プチ整形から大改造まで、かかった費用はざっと5,000万円!! (2020年12月現在)。 そんな”整形のプロ”椿そらさんが選ぶ「やってよかった整形B […]
YouTubeやSNSを通して自身の整形体験を公開してきた椿そらさん。プチ整形から大改造まで、かかった費用はざっと5,000万円!! (2020年12月現在)。 そんな”整形のプロ”椿そらさんが選ぶ「やってよかった整形B […]
続きを読む

Today's Ranking

  • メゾンドボーテ初登場♡ 六本木『NEXT』さゆ に聞く ラウンジ嬢の働き方♡...

    六本木の会員制ラウンジ『NEXT』の売れっ子・さゆさんがメゾンドボーテ初登場!! お仕事の軸を昼におきながらダブルワークをしてきたさゆさんが語る、ラウンジ嬢の働き方とは? 来年の4月からは看護学校に入学予定というさゆさん。看護師を目指すことを決めた背景にも迫ります♡ ラウンジで働く女のコの出演はボーテ史上初!! 貴重な語り系自己紹介、お見逃しなく。   来年の4月から昼は看護学校... 続きを読む
  • グループダンディきってのイケメンホスト『Luminous』JOE 顔面力だけじゃ...

    サッカー選手、モデルを経てホストに! グルダン・2019年イケメンコンテストNo.1、無整形のナチュラルイケメンJOEさん(歌舞伎町『Luminous(ルミナス)』)がメゾンドボーテ初登場! 「優しくても嘘つけなくてもありのままでも売れるという実績を残したい」と語るJOEさんの、お客さんだけでなく同僚にも愛される仕事術に迫ります♡   大学卒業後、新卒でホストに就職! ―ホスト... 続きを読む
  • 追っかけ費のため夜の道へ♥ CLUB REIMS(ランス)えれなの今まで♥

    追っかけ費のため夜の道へ♥ CLUB REIMS(ランス)えれなの...

    伝説のカリスマキャバ嬢・門りょうさんが数々の伝説を築き上げた『Club MON』。その場所に新たにオープンしたエースグループのお店『CLUB REIMS(ランス)』の勢いが、今ヤバイってウワサ! そこで、れいさんと共に看板を背負って立つえれなさんのモットーを聞いちゃいました! 【えれなさん プロフィール】 生年月日:1996年8月9日/血液型:A型/身長:159cm/出身地:福岡県/... 続きを読む
  • 清楚系 峰不二子♡『ファブリック六本木』れみれみ流・男女ウケする最強ヴィジュアル...

    細くてスタイル抜群だけど女性らしい丸みもあるボディや、華やかさと清潔感のあるファッション…。多面的な魅力で男性人気も女性人気も高いれみさん(今年8月に『ファブリック六本木』へ移籍)。 その、男女どっちにもウケる見た目はいかにして作られているのか。ファッションからボディメイクまで5つのジャンルで好感度の高いヴィジュアルを検証。ポイントを洗い出してみました!   〜男女ウケなヘ... 続きを読む
  • 指名が取れない超Sクラスキャバ嬢!! きほ(ファブリック六本木)接客は1日1組...

    指名が取れない超Sクラスキャバ嬢として注目度急上昇中!! 『ファブリック六本木』のきほさんがメゾンドボーテ初登場! 太いお客様だけを大事する少数精鋭の営業スタイルや、そのための時間の使い方や自分ルール、キャバ嬢としてのスタンスを余すところなく語って頂きました♥   六本木の前は愛媛の松山。大学生兼キャバ嬢でした ファブリック六本木のきほです。ファブリック在籍は1年... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます... 続きを読む
  • 一本釣りはやめました!! 歌舞伎町『FOURTY FIVE』天使かれん 復帰から...

    妊娠、炎上、出産…いろんなことを経てキャバ嬢に復帰したのが去年の10月。あれからざっと1年が経過した今、歌舞伎町『FOURTY FIVE』の天使かれんさんは何を想いどうしているのか…。お店での成績やお仕事事情、子育てと仕事の両立、交友関係などなど、かれんさんの現在地を調査しました!! ☆掲載以降アクセスランキング上位に君臨し続ける驚異的ロングヒット! かれんさんキャバ嬢復帰コラムはこちら ... 続きを読む
  • 『ファブリック六本木』 黒咲サリーの クレイジーな美容習慣♡...

    『67ラウンジ』から『ファブリック六本木』に移籍した、いつも白くて細くて美しい黒咲サリーさんの美の秘密をリサーチ! 2年間ウエスト53cmをキープしている “くびれメイク法”や、撮影前には“液体生活”で追い込むという極端すぎるダイエットにも注目♪   ~Hair care~ 美容で一番重視するのは髪! ―サリーさんが美容で一番こだわっているパーツってどこですか? 髪の毛... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?...

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……... 続きを読む
  • 歌舞伎町『Drop』代表・獅龍仁 ホストですらないかもしれない 異端の生き様!!...

    ホスト雑誌にも度々登場する、歌舞伎町CRAZY GROUPの顔であり『Drop(ドロップ)』代表の獅龍 仁(しりゅう じん)さんがメゾンドボーテ初登場!! パッと見コワモテ、でも超おしゃれ、そして多彩な趣味…。いわゆる“ホストっぽくない”という形容詞すら追いつかない、仁さんの型にハマらない生き様、マインドを掘り下げます!   歌舞伎歴は9年、プレーヤーを上がって4年 ―仁さん、... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 椿そら > 1杯のドリンクからナンバー1に昇りつめた“わらしべキャバ嬢物語”。