Page
Top

コラムTOP > コラム > 北条桃 > キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡

『六本木ビゼ(bisser)』の売れっ子キャバ嬢、北条桃さんが語る「私がキャバクラを続ける意味」♡ 地元・静岡のネオン街からスタートして、歌舞伎町、六本木とキャリアを積み上げていった桃さんのキャバ嬢人生をご紹介します♪

いつか東京へ行こうと考えて大手グループに在籍♪

六本木ビゼ歴は3年。その前は、最近コロナで閉店してしまった歌舞伎町の『エンジェルフェザー』。それ以前は静岡の夜の街『両替町』で働いていました。

地元で最初に働いたお店は、県内では一番大きいグループの系列で『キングピアス』というお店でした。ここはその後『摩天楼』という店に変わったんだけど、昔歌舞伎町にあった有名店の『摩天楼』とは縁もゆかりもありません(笑)。そういえばこのグループのお店って聞き覚えのある店名がすごく多かったな。『プラウディア』もあるし、『キングダムクイーン』もあるし、今は『フォーティーファイブ』もあるらしいです(笑)。

この地元のグループで数年働いたあと、移籍したのが『マドレド』の静岡店。その後ずっとお世話になっているINSOUグループのお店です。マドレドに移籍したときは自分から売り込みました。オープンした当初に飲みに行って従業員の方とLINE交換だけして、それから3カ月後に連絡を取って面接して移籍っていう流れ。

移籍したのは東京へ行くハシゴが欲しかったから。二十歳くらいから上京したい気持ちが高まっていて、同じ頃にプラウディアとキングダムクイーンにも面接に行きました。歌舞伎町の本家本元のほうに(笑)。ただ、当時の彼氏が「上京ダメ絶対!」という感じだったので、そのときは結局東京行きは断念…。だったらせめて、東京に拠点があるグループで働いておこうみたいな。そのほうが思い立ったとき上京しやすいかなって。

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡静岡マドレド時代の桃さん。「マドレド時代はバチバチで楽しかったです。静岡の売れてるお姉さんたちもこの店に集結していたので、ナンバー争いとか燃えましたね。懐かしいです」

歌舞伎町のアフター文化に疲れちゃいました(笑)

念願叶って東京進出したのは23歳のとき。静岡のマドレドが閉店することになったのを機に上京しました♡ 最初は、「京都に『美人茶屋』がオープンするから京都へ行って欲しい」と言われたんですけど、京都には興味がなかったので。

お店を決めるときは、INSOUの社長と一緒に歌舞伎町から六本木から系列すべてのお店を回って決めました。社長には言えなかったけど、エンジェルフェザーがいいなっていうのは最初から決めてました。

「初月で最低でもナンバー5に入る!」ことを目標にエンジェルフェザーで働き出して、翌月からはナンバー1争いしていたので、街が変わって苦戦したという記憶はないですね。

歌舞伎町にいたのは1年半くらい。お店も好きだったし不満は特になかったけど、ちょっと歌舞伎町っていう街に疲れて六本木に移りました。

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡エンジェルフェザー 周年イベントにて。着物がお似合い♡

何に疲れたかといえば、いろいろありますけど、やっぱりアフターが長いことですかね。アフターは好きじゃない(笑)。

私の印象ですけど、静岡ってあんまりアフターが盛んじゃない。みんな割とお店が終わったらすぐ帰るし朝まで飲むとかあんまりなかったから。歌舞伎町の朝までアフターみたいな感覚がちょっと苦手で。誘われたら行くけど、基本行きたくないなみたいな感じでした。

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡引き続き歌舞伎町時代の桃さん。メイクや髪型で雰囲気がガラリと変わるのも持ち味♡

髪色も明るいし未だに六本木っぽくはないかも♡

六本木では同じくINSOU系列のビゼでずっと働いてます。最初は「歌舞伎っぽいね」ってめちゃくちゃバカにされました。「何あのコ」みたいな。それで、ちょっとメイクを万人ウケなものに変えて髪色を暗くしてみたけど、それでも店で一番髪色が明るいのは今も私なので、ただの気やすめですね。未だに六本木っぽさはないかもしれない(笑)。

六本木に来てからの今の成績は、1位のときもあれば2位のときもありっていう感じ。抜きつ抜かれつ切磋琢磨しています♡

お酒はめっちゃ飲むほうですけど、強くはないです(笑)。元々はカルピスサワーを半分飲んで気持ち悪くなっちゃうくらい弱いほう。思えば静岡時代は飲めない自分が悔しくて、夜な夜なベランダでビールを飲んで鍛えたりしていましたね(笑)。その頃に比べたらだいぶ強くなりましたけど、それでもキャバ嬢の中では弱いほうだと思います。すぐつぶれちゃう。飲めるコ、すごいな、いいなって思います。

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡こちらは歌舞伎町時代に撮影した着物姿での宣材写真♡

バースデーイベントで仕事の楽しさに目覚めた!

キャバ嬢としての転機があるとしたら、二十歳の頃だと思います。初めてのバースデーイベントで仕事との向き合い方がガラッと変わったので。

それまではキャバクラはただのお小遣い稼ぎ。時給をもらえたらそれでいいみたいな感じでした。「時給2,500円だから、4時間働いたら1万円ももらえる!」みたいな。その頃、昼はガソリンスタンドで働いていたんですけど、ガソスタの時給に比べたら2倍以上。もうそれだけで十分。「お客さん来なくていいよ。待機で時給もらえたらいい」って思ってました。

しかも、当時の彼氏が「出勤しないで」って行ったらお店に行かなかったし、「夜やめて」って言われたらやめたり。それでお金がなくなったらまた戻ったり。そんな感じだったから、1カ月に1組も指名が取れないくらい売れてなかったです (笑)。

ずっとそういう、いい加減な仕事ぶりだったにも関わらず、なぜかその年はお店のほうから「バースデーイベントやるから」って言われたんですよね…。それまで全然仕事もしていなかったし、別に売れてもいないのに。「え? バースデーなんてできるの?」って、自分がまず思いました。でも、結果的にそのイベントがなぜかすごくうまくいって、そこから仕事がどんどん楽しくなっていったんです。

今考えてみるとイベントがうまくいったのは、そうとは知らずに「営業」というものをしたからかなって思います。「来てって言ったら来てくれるかな? とりあえず言うだけ言ってみよ♪」みたいな感じで、「誕生日なんだけどお祝いしてよ」とか「シャンパン飲みたい」とか、そういうことを着いたお客さんにポンポン言っていたら、当日バーッと来てくれた。言ってみるもんだなって思いました。

そのバースデーのとき、すごく楽しかったんですよね。あっちで呼ばれるこっちで呼ばれる、卓かぶりまくりみたいな。その状態がめちゃくちゃ楽しくて。お客さんがいっぱいいるってこんなに楽しいことなんだみたいな。このとき初めて私は充実感とか達成感とか味わったんだと思います。

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡

キャバクラがなかったら自分にはなんもない!

人間何がキッカケで変わるかわかんないですよね。売れる楽しさを知ってからは、負けたくないっていう気持ちも芽生えて、上を目指すようになりました。それからずっと「仕事が第一」。毎日出勤するのも結果を出すのも当たり前っていう感覚です。

競い合って忙しく働いているのが日常になっていたから、コロナの自粛で3カ月お休みしたときは改めて自分にとってキャバクラってなんだろうって、いろいろと考えさせられました。毎年、バースデーのあとには1カ月くらいお休みをもらっていたけど、こんなに長く仕事を休んだことがなかったから。しかも誰に会うでもなくずっと自宅待機。否が応にも自分と向き合わざるを得ないですよね(笑)。

仕事ができない、誰にも会えないってなったら、めちゃくちゃさびしくなりました。「仕事がなくなったら私、なんもないな」って。他に何かあるんじゃないかっていろいろ探したけど、意外と何もなかった。何もなくてもいいから、早く『ビゼ』のある日常に帰りたいってずっと思ってました。

キャバクラは「お金が欲しい」で始めたことだったけど、いつの間にかこの場所が私には絶対必要な場所になってた。コロナがあってそれに気づいた感じです。キャバクラ好きなんだなって。まあ、ヒマだと余計なことも考えちゃいますよね。この時期読んだホリエモンの本にも「不安に対する一番の解決策は忙しさだ」って書いてあって、まさにこれだなと思いました。動いてるほうがいい。

動いているほうがいいし、目標を持ってそこに向かって進んでいるときが私は一番充実します。今の私の目標はINSOUのグループレース『ドリームガールズ』で1位をとること♡

ビゼ、ミュゼルバ、リブレット…、INSOUのニュークラブ事業部で売り上げを競う『クイーンズカップ』という賞レースがあって、去年の秋の『クイーンズカップ』では1位をとったんですけど、年明けの『ドリームガールズ』では2位だったんですよね。それがめちゃくちゃ悔しくて。1位をとりにいっていたし、自分史上最大に頑張ったっていう実感もあったから本当に悔しくて。

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡昨年秋に開催された賞レース、『クイーンズカップ』では1位を獲得♪

賞レースって不思議ですよね。戦いたくないし、戦わなくてもいいなら戦わないし、やりたくないって言ってるのに、始まると本気になっちゃう。「もう始めてるから」とか言われて、目の前にバンッと売り上げのグラフ出されたらやるんですよ。そこに自分の名前を見つけると、ガゼン頑張っちゃう(笑)。

結果を出すこと。結果を出すまでの頑張っている自分が好き。そこなんだと思う。
毎月の売り上げやナンバー、賞レースは一番わかりやすい形で結果が出るから。
今はこういうご時世だから、賞レースが開催されるかどうかはわからないけど、次の『ドリームガールズ』では絶対に1位をとりたいです♡

キャバ嬢じゃない私は、私じゃない!六本木ビゼ・北条桃コロナで自覚した私の居場所♡年明け早々に開催された冬の『ドリームガールズ』では惜しくも2位。「負けたまんまじゃ悔しすぎる!」と語る桃さん。次こそリベンジ♪

コロナ禍で改めて自分の居場所を再確認した桃さん。今は、接客できる喜びを実感しているそう。これから、さらなる活躍が楽しみですね♪

業界大手INSOU(インソウ)グループの高級店「bisser(ビゼ)六本木」に勤務する人気嬢。同グループのイベントレースで毎回1、2位を競うトップクラスの成績の持ち主。

職業:キャバクラ嬢
在籍:bisser(ビゼ)六本木
出勤:月~土
出身:静岡県


【経歴】

地元・静岡で一番大きいキャバクラグループの系列店「キングピアス」に勤務。その後、INSOU(インソウ)グループの「マドレド」に移籍。同店の閉店をきっかけに、23歳で上京した。

上京後の最初のお店は歌舞伎町の「エンジェルフェザー」。1年半ほど勤務したのち、現在の「bisser(ビゼ)六本木」に移籍した。


【pickup interview】

Q.どうして歌舞伎町から六本木に移ったの?

歌舞伎町にいたのは1年半くらい。お店も好きだったし不満は特になかったけど、ちょっと歌舞伎町っていう街に疲れて六本木に移りました。

Q.お酒は強いの?

お酒はめっちゃ飲むほうですけど、強くはないです(笑)。元々はカルピスサワーを半分飲んで気持ち悪くなっちゃうくらい弱いほう。思えば静岡時代は飲めない自分が悔しくて、夜な夜なベランダでビールを飲んで鍛えたりしていましたね(笑)。

Q.売れっコの桃さんだけど今後の目標はある?

結果を出すまでの頑張っている自分が好き。そこなんだと思う。毎月の売り上げやナンバー、賞レースは一番わかりやすい形で結果が出るから。今はこういうご時世だから、賞レースが開催されるかどうかはわからないけど、次の『ドリームガールズ』では絶対に1位をとりたいです♡

(※2020年10月25日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
コロナ禍で先行きの見えないこの時代、「頑張ろうと思ってもヤル気が出ない」という夜職のコも多いはず。こんなとき一体何を支えに気持ちを保てばいいのか? コロナ後でも安定した成績を維持している『bisser(ビゼ)六本木』の北 […]
コロナ禍で先行きの見えないこの時代、「頑張ろうと思ってもヤル気が出ない」という夜職のコも多いはず。こんなとき一体何を支えに気持ちを保てばいいのか? コロナ後でも安定した成績を維持している『bisser(ビゼ)六本木』の北 […]
続きを読む

Today's Ranking

  • メゾンドボーテ初登場♡ 六本木『NEXT』さゆ に聞く ラウンジ嬢の働き方♡...

    六本木の会員制ラウンジ『NEXT』の売れっ子・さゆさんがメゾンドボーテ初登場!! お仕事の軸を昼におきながらダブルワークをしてきたさゆさんが語る、ラウンジ嬢の働き方とは? 来年の4月からは看護学校に入学予定というさゆさん。看護師を目指すことを決めた背景にも迫ります♡ ラウンジで働く女のコの出演はボーテ史上初!! 貴重な語り系自己紹介、お見逃しなく。   来年の4月から昼は看護学校... 続きを読む
  • 『ファブリック六本木』 黒咲サリーの クレイジーな美容習慣♡...

    『67ラウンジ』から『ファブリック六本木』に移籍した、いつも白くて細くて美しい黒咲サリーさんの美の秘密をリサーチ! 2年間ウエスト53cmをキープしている “くびれメイク法”や、撮影前には“液体生活”で追い込むという極端すぎるダイエットにも注目♪   ~Hair care~ 美容で一番重視するのは髪! ―サリーさんが美容で一番こだわっているパーツってどこですか? 髪の毛... 続きを読む
  • 太客しか掴めない♥エースだけで成り上がった 黒咲サリー、月の売上1...

    「1,200万円のロマネが下りた!」「月の売上が1億越え!」などなど華やかな伝説を持つ黒咲サリーさんがメゾンドボーテのコラムに初登場♥ 人気絶頂のなか21歳で突然の引退!2年半の昼職生活を経て復帰!移籍! サリーさんのキャバ嬢人生に迫ります♪   21歳のときに一度引退しています♥ 12月1日からは六本木の新店の『67(ロクナナ)』というお店にいます。黒... 続きを読む
  • 一本釣りはやめました!! 歌舞伎町『FOURTY FIVE』天使かれん 復帰から...

    妊娠、炎上、出産…いろんなことを経てキャバ嬢に復帰したのが去年の10月。あれからざっと1年が経過した今、歌舞伎町『FOURTY FIVE』の天使かれんさんは何を想いどうしているのか…。お店での成績やお仕事事情、子育てと仕事の両立、交友関係などなど、かれんさんの現在地を調査しました!! ☆掲載以降アクセスランキング上位に君臨し続ける驚異的ロングヒット! かれんさんキャバ嬢復帰コラムはこちら ... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます... 続きを読む
  • 歌舞伎町『アジアンクラブ』きよみん フリーバック100%の法則♥ ...

    「着いたフリーは全部とれる自信がある!」と語る、歌舞伎町『アジアンクラブ』のきよみさんに聞く「フリーの掴み方」。短い時間で心を掴む接客の法則を自己分析してもらいました♥ 新人さんやフリーバック率が悪いとお悩みのキャバ嬢さん必見です!   必要としてくれる熱い店を選ぶことも重要!! ―アジアンは指名がかぶっていても、フリー回りをさせてくれるお店なんですよね? ... 続きを読む
  • 歌舞伎町『FOURTY FIVE』一条響 の質問箱 ~お仕事・お金・お買い物編~...

    メゾンドボーテのInstagramで実施した一条響さん(歌舞伎町『FOURTY FIVE』)への質問募集。寄せられた質問の数がとてつもなく多かったので内容ごとにカテゴリー分けしてお届け! 一問一答で計50個の質問にお答えいただきました♡ 第1弾は売上モンスターの真髄に迫る『お仕事編』と、お金の使い道や物欲傾向、愛用ブランドに迫る『お金・お買い物編』! 完全保存版の内容です♡  ... 続きを読む
  • 指名が取れない超Sクラスキャバ嬢!! きほ(ファブリック六本木)接客は1日1組...

    指名が取れない超Sクラスキャバ嬢として注目度急上昇中!! 『ファブリック六本木』のきほさんがメゾンドボーテ初登場! 太いお客様だけを大事する少数精鋭の営業スタイルや、そのための時間の使い方や自分ルール、キャバ嬢としてのスタンスを余すところなく語って頂きました♥   六本木の前は愛媛の松山。大学生兼キャバ嬢でした ファブリック六本木のきほです。ファブリック在籍は1年... 続きを読む
  • 歌舞伎町『Drop』代表・獅龍仁 ホストですらないかもしれない 異端の生き様!!...

    ホスト雑誌にも度々登場する、歌舞伎町CRAZY GROUPの顔であり『Drop(ドロップ)』代表の獅龍 仁(しりゅう じん)さんがメゾンドボーテ初登場!! パッと見コワモテ、でも超おしゃれ、そして多彩な趣味…。いわゆる“ホストっぽくない”という形容詞すら追いつかない、仁さんの型にハマらない生き様、マインドを掘り下げます!   歌舞伎歴は9年、プレーヤーを上がって4年 ―仁さん、... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?...

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 北条桃 > キャバ嬢じゃない私は、私じゃない! 六本木ビゼ・北条桃 コロナで自覚した私の居場所♡