Page
Top

コラムTOP > コラム > 蓮士 > 歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る”売上の壁”の超え方!!後編

歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る”売上の壁”の超え方!!後編

歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る"売上の壁"の超え方!!後編

「億の男」として知られる歌舞伎町の生きる伝説・蓮士さんへのロングインタビュー!後編は「年間テーマ」の立て方や、「接客法」など、億超えの秘密に迫ります♡ テレビなどメディアへの露出を極力セーブしていることでも知られる蓮士さん。貴重なインタビューは超レア、必見です♡

1億超えの2年目は、負ける気がしない“ゾーン”に入っていた特別な時期すよね。そうなると3年目はプレッシャーを相当感じそうですが?

そうすね。3年目、どうしようってなりましたね。それで、2015年は『遊びながら1億行こうか』っていうふうにちょっとスタンスを変えたんですよ。それで実際すごく遊んだんですよ。海外行ったり、温泉行ったり、スノボ行ったり、ほぼほぼ全部従業員となんですけど。みんなといろんなところへ遊びに行って。で、上半期終わったときに、「あ、このペースじゃ1億いかねえな」と気づいて。前半遊び過ぎたなと思ってwww 「あれ?」っつって。下半期からがんばり初めました(笑)。

でも達成はした?

2年目が1億6,000万いったんで、それに比べたらまあ、気持ちは楽だったんですけど。おかげさまでなんだかんだ1億2000くらいまで行ったんですよ。

『遊びながら1億超え』もクリアしてしまいましたね。

この年は充実してましたねww でもそうなるとさらに4年目どうしようってなるわけですよ。しかも、4年目からは月間ナンバーは殿堂入りしたんですよ。もう月に5,000万出せるやつなんて中々ないだろうってことで。けど、年間ナンバーは入ってくれと会長に言われて。やっぱり年間のナンバーで1億超えてるヤツがいるって、グループとしてもいいことだから入ってくれと。

それって「今年も1億超えてね」ってことですよね?

そうなんですよ。それで4年目は「月間ナンバーには入らないけど1億超え」が大きな目標になりましたね。お客さんにとっては、自分の応援している人が〇位になるっていうのが楽しかったりもするじゃないですか。それがおれの場合はもうない。月間ナンバーが表示されないんで、お客さんにしてみるとそういう楽しさはもうないんですよ。

億の男シンスユー蓮士ホスト

月間ナンバーが出ないって、1億超えを狙う上ではかなりハンデですね。

そこはもちろんお客さんに説明はしました。月間は出ないけど年間は出るよっていう。さらにこの年は環境や立場も少し変わったんです。それまでは『シンスユー 本店』の代表という立場だったんですが、『シンスユー レジスタンス』という新しい店ができて、そこの代表取締役になったので。4年目の年間テーマは『社長になって1億円』にしました。

予想外の年間テーマが飛び出しますね。それもクリアして2017年は?

4年目に億超えしたときに、キリのいいのは5年だなと思ったんですよ。5年連続でクリアしてこの1億設定を終えたいなと。なので2017年のテーマは『キリがいいから1億円』ですね(笑)。今でこそ億超えプレーヤーは珍しい存在ではないですけど、5年連続で超えた人はまだいないので。聞いたなかでは2年連続とかなんで。5年連続は達成したいですね。

1億超えする接客というものが知りたいです。蓮士さんはどんな接客スタイルなんですか? やっぱり煽りまくるんですか?

全く逆です。煽って売上を上げる接客ではないですね。フレンドリーな感じです。初めて1億目指そうって決めたときに接客のスタイルも変えたんですよ。今までのやり方だと限界があるなと思って。それで“サブ担”を極めようって決めたんです。

サブ担?

“本担”っていうのが女のコにとって本命のホストで、“サブ担”っていうのは2番手、たまに行こうかなみたいなホストのことです。元々、自分はお客さんとも友達みたいな感覚で接するほうが好きだし、悩みを聞いたり相談に乗ったりっていうことが多かったんですよ。お客さんが別なお店に行くっていうのもおれは全然気にならない。そういう2番手的なポジションでもよかったんで、そこをもっと極めようと。

それは気軽に来てくれるお客さんの数を増やすみたいなことですか?

そうですね。本担に対してはお金を使わなきゃいけない使命感みたいなものって少なからずあると思うんですけど、そういうのはなくていいですよっていう。話を聞いて欲しいときに来るのでもいいし、ただ普通に楽しみたくて来るのでもいい。気が向いたときに気楽にきてくださいっていう。そういう場所があったらそれはそれで楽しいじゃないですか。それに、おれ自身にとってもよかったんですよ。ほんとに楽しめるから。煽ったりしてすごくお金を使わせたりしなくていいんで。でも、バースデーとか特別なときにはお金を使ってくれたりお祝いしてくれたりして、それはすごくありがたかったです。

億の男シンスユー蓮士ホスト

結果的に“サブ担”になってしまうことは想像できますけど、そこをあえて狙うっていうやり方はよくあるものなんですか?

極めようと思ってやっているホストはいなかったんじゃないかな。だからよかったんですかね。怒らないし気にしないから。普通は、お客さんがどっかの店に行ったら怒る人がほとんどだろうしそれがホストのセオリーではあると思うので。

このやり方でいけるってよく発見しましたね。

いや、そこは試してみて、自分自身いけるなと思ったんですよね。合ってるなと。そもそも自分のお客さんって長い人が多いんですよ。友達みたいなつき合いなので切れるってことがないんです。どこかに行ってしまっても何カ月後かにまた戻って来てくれたりするので。1人のお客さんを特別に大事にするよりも、全部のお客さんと仲良く楽しくやっていくほうが自分には合っていたんだと思います。1億いこうと決めた1年目のとき、毎月1,000万を売り上げながら指名本数も100組超えようって決めてやっていて、そういう目標設定の中で「サブ担を極めよう」っていうやり方が上手く回っていった部分もありますね。一石二鳥なんで。ただ、毎日5~10組くらいのお客さんを接客するので、卓数がかぶるっていう問題はありましたけど。そうなるとどうしても着く時間が短くなってしまうので。

そこはどうフォローしていたんですか?

席に着くときは全力で楽しませるっていうところでなんとか。満足して帰ってもらうことを常に意識してはいました。でもやっぱりヘルプで席についてくれる従業員たちに助けてもらっていたところがすごく大きいです。おれが席に着いていない間、一生懸命盛り上げてお客さんを楽しませてくれていたので。なので、みんながいたから1億いけたようなものなんですよ。おれ、人にはめちゃくちゃ恵まれているんです。お客さんもそうだし従業員もそうだし。

億の男シンスユー蓮士ホスト

謙虚なんですね。

いや、ほんとにそうなんですよ。でも、億を超えようと思ったら絶対に周りの助けは必要だと思います。仲間がいて周りの力がなきゃ無理だと思いますよ。

チームワークも大切なんですね。

そこは意識して大事にしていく部分ですよね。だから自分も従業員とたくさんコミュニケーションをとるようにしています。みんなで遊びに行くのもそうだし飯食いに行くのもそうだし。とはいえ自分が楽しくなかったらやらないんですけどね。楽しいからやっているんだと思います。仕事にしても人間関係にしても自分が楽しくなかったら、相手も楽しくはないだろうなと思うんですよ。楽しませようと思ったらまず自分が一番楽しまないと。だから楽しむってすごく大事なことなんじゃないかなって思ってます。

蓮士さんがお仕事の中で日頃から気をつけている自分ルールみたいなものはありますか?

些細なことでもいいですか? それだと「接客中に足は組まない」「ソファーに寄りかからない」ですね。ルールというかもう身に着いちゃっていることですが。

それはなぜですか?

なんでだろうか?(笑)。あたりまえになり過ぎていてあんまり考えたことがなかったです。なんですかね。足を組んだりソファーにどかっともたれたりするのって偉そうじゃないですか? お客さんがいてのおれらじゃないですか。お金も払ってもらっているのに何を調子乗って足組んでんだって思っちゃうタイプなんですよ。

ああ。でもホストの人は態度もオラオラしているのかと思いました。

(そういう演出という意味で)そっちもそっちで全然良いと思います。タイプだと思います。自分が接客されるんだったら偉そうな感じで接客されたら嫌だなっていうだけですけどね。

仕事のモチベーションを保つヒケツはあったりしますか?

それ、よく聞かれますw なんでしょうね、自分もモチベーションが下がるときは全然あるんですけど…。従業員と遊んだりして気分を変えることですかね。あとは漫画かな。漫画を読む。家にめっちゃ漫画があって漫画を読めばヤル気が出るんですよ。ジャンルは何でもいいんですけど、やっぱりがんばってる漫画がいいかな。たとえばスラムダンクを読んだとしたら、練習をめちゃくちゃがんばっているのを見て、「おれももっとがんばろう」とか(笑)。主人公が負けてもあきらめないとか、努力したりしている、そういう漫画を読むと「そうだよな」って。「おれもがんばろう!ってなるんですよ。

心がやわらかい。

単純なんすかね(笑)。『ONE PIECE』とか読んだら、「仲間をもっと大事にしよう」とかすぐ思っちゃう。

億の男シンスユー蓮士ホスト

ちなみに、いつも心にとめている『言葉』はありますか?

『感謝忘れず』ですね。感謝の気持ちはやっぱり常にあります。良いときもそうだし、自分が苦しいときにも思い出すようにしているし。初心と感謝、これはいつも心にあります。

長いスパンで考えたときの今後の目標や夢は?

ゆくゆくホスト以外のこともやっていきたいというのはありますね。従業員がホストを上がったときに次のステップになるような職場を作っておきたいっていう気持ちがすごくあるので。ホストをやっていて30過ぎて売れていなかったら不安になると思うんですよね。あんまりそっちは考えてほしくはないんですけど。でも、ホストを続けられる年齢にはどうしても限りはあるので、そのとき次の展開が何もなかったら不安じゃないですか。30歳すぎてゼロから昼の仕事ってなった選択肢は少なくなると思うので。

次のステップがあったら安心ですね。

ホストがダメでもこっちに行けばいいやっていう意味の安心ではないんですけど。でも、将来に不安しかなかったら“今”にも全力を出し切れないとも思うので。心おきなくホストに集中できるようにその後の選択肢を増やしておきたいというのもあるし、自分の店の従業員たちがやっぱり好きなので、せっかくならホストを上がったあとも一緒に仕事ができるような環境も考えたい。そのためにも、夜だけじゃなく昼の分野でも事業展開していきたいというのがありますね。

では最後にひとつ。蓮士さんにとってホストとはどういうものですか?

「絶対にやったほうがいい職業」だと思っています。自分のがんばりだけが評価されることって他には中々ないですし、自分をきたえる一番の方法だと思います。この世界、礼儀正しい人もめちゃくちゃ多いですし、ホストの世界を知っておくことは人間力を上げる上でもすごく意味があると思いますね。

 

歌舞伎町ホスト新伝説 蓮士さんのコラム前編はこちらから

億の男前編

 

Related columns
メゾンドボーテに久しぶりの登場、元祖“億の男”蓮士さん!!  現在はプレイヤーを上がり、歌舞伎町の人気ホストクラブ2店舗を経営する社長となった蓮士さんに、近頃の歌舞伎町事情からゆるっとしたプライベートまで50の質問をぶつ […]
続きを読む
年間売り上げ5年連続1億超え、“億の男”蓮士さんと、歌舞伎町一の美形“ホストの神”越前リョーマさんとのホスト頂上対談!! 出会いは3年前の雑誌撮影。それ以来、イベントがあればお互いのお店を行き来する間柄というおふたり。仲 […]
続きを読む
メゾンドボーテは2回目の登場!RESISTANCE代表取締役社長『蓮士』 5年連続で億超えを果たし勢いが止まらない“億の男”こと蓮士さんにインタビュー。これまで語られることのなかった知られざる下積み時代に迫ります!! 6 […]
続きを読む

歌舞伎町『club RESISTANCE(レジスタンス)』、『club FioRe(フィオーレ)』代表取締役社長。プレイヤー時代には「4年連続売上1億超え」「月間売り上げ5,000万突破」といった前代未聞な記録を多数叩き出すなど夜の世界で知らない者はいない、歌舞伎町の伝説的な存在。

生年月日:1990年1月12日生まれ
血液型:O型
身長:178cm
趣味:漫画と旅行

~プレイヤー時代の記録~
☆5年連続年間売上1億超え
☆年間最高売上1億6000万
☆月間最高売上5000万
☆3年連続で年間指名1000組突破
☆年間指名1250組
☆月間指名151組

Today's Ranking

  • 『アジアンクラブ』れみが見つけた バースデー月間が「意外といい」理由♡

    『アジアンクラブ』れみが見つけた バースデー月間が「意外といい」理由♡

    バースデーイベントはキャバ嬢にとっての集大成。コロナ禍で思ったようなイベントを打てずジレンマを抱えるコも多いかも。そんななか、今までやったことがない「バースデー月間」というスタイルにチャレンジして新しい発見があったというのが『アジアンクラブ』のれみさん。どんな人にバースデー月間が向いているのか詳しくお話を聞きました♥   イベントは打たなくても ポスターは作りまし 続きを読む
  • 名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

    名刺でプレイバック、夜の事件簿!~移籍で波に乗る“一条響”編~

    あの日、あの時、あの店で、名刺で振り返るキャバ嬢ヒストリー。 昨年末、歌舞伎町フォーティーファイブに移籍してさらに波に乗る“一条響”さんが登場。古株お姉さん達にきたえられた六本木時代から、キャバ嬢として大きく羽ばたいた歌舞伎町までネオン街人生をプレイバック!! 髪をバッサリ切って「響=ショート」が定着♥ (名刺1/舞人時代) 六本木の舞人(マイト)がキャバクラデビ 続きを読む
  • 『アジアンクラブ』きよみん 午前2時からのナイトルーティン♥ むくみ知らずな1日1食生活&お水の威力!!

    『アジアンクラブ』きよみん 午前2時からのナイトルーティン♥ むく

    夜のお仕事ってお酒も飲むし、ストレスもあるし、食事の機会も多いから体型や美肌をキープするのは大変。でも、その一方で肌荒れしたり太ったりという変化がなく安定している人も。そこでいつ見ても細くてお肌ツヤツヤなきよみんのライフスタイルに注目! 営業終わりから寝るまで、夜の時間に密着して秘密を探ります♥   仕事が終わったらほぼ直帰します♪ ―きよみんさんはいつ見ても見た 続きを読む
  • コロナ禍バースデー振り返り♪ 椿そらのシャンパンタワーをしないプライド!!

    コロナ禍バースデー振り返り♪ 椿そらのシャンパンタワーをしないプライド!!

    売上がありながらイベントでタワーをしないのはなぜなのか? ヘルプの女のコたちが進んでお酒を飲んでくれるのはどうしてか? 12月に開催された椿そらさん(歌舞伎町 ジェントルマンズクラブ)のバースデーを振り返りながらその謎に迫ります!! 併せて大きな変化が訪れつつある近況についてもインタビュー♪   遠隔シャンパンで4桁いきました♥ ―昨年は12月の10日、11日にバ 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気です♥

    天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます 続きを読む
  • 初書籍がベストセラー♥ 一条響『億女』出版記念インタビュー ここだけの制作裏話を大公開!!

    初書籍がベストセラー♥ 一条響『億女』出版記念インタビュー ここだ

    初書籍が好評な歌舞伎町『FORTY FIVE』の一条響さん。年間7億を売り上げる具体的な接客のテクニックからプライベートまで、普段語られることのない面がクローズアップされた『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりかた』。制作の裏話をあれこれ聞いてみました♪   億女と書いて「オクジョ」と読みます♪ ―3月3日に、響ちゃんの初著書『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりか 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので…… 続きを読む
  • 3日で1億のホスト、愛夢路澪 ~前編:「ホスト脳」と「ビジネス脳」 逆算のセオリー!!~

    3日で1億のホスト、愛夢路澪 ~前編:「ホスト脳」と「ビジネス脳」 逆算のセオリ

    バースデー3日間で1億円を売り上げ歌舞伎町の伝説になったホスト、愛夢路澪(あむろ れい)さんにインタビュー♪ 2019年に上梓された著書『3日で1億円売り上げたホストの稼ぐセオリー』のこと、オーナーを務めるホストクラブ『Arthur(アーサー)』のこと、そして夢を実現するための“成功のセオリー”について、前後編でお届けします!   6年連続で1億越えもしていた! ―以前メゾンド 続きを読む
  • 追っかけ費のため夜の道へ♥ CLUB REIMS(ランス)えれなの今まで♥

    追っかけ費のため夜の道へ♥ CLUB REIMS(ランス)えれなの

    伝説のカリスマキャバ嬢・門りょうさんが数々の伝説を築き上げた『Club MON』。その場所に新たにオープンしたエースグループのお店『CLUB REIMS(ランス)』の勢いが、今ヤバイってウワサ! そこで、れいさんと共に看板を背負って立つえれなさんのモットーを聞いちゃいました! 【えれなさん プロフィール】 生年月日:1996年8月9日/血液型:A型/身長:159cm/出身地:福岡県/ 続きを読む
  • マイペースキャバ嬢、ふうかが たまに売上1位を獲りにいく理由!!

    マイペースキャバ嬢、ふうかが たまに売上1位を獲りにいく理由!!

    ファッションやライフスタイルに独特のこだわりを持つ個性派キャバ嬢・ふうかさん。「キャバ嬢としての成果については意外と知られていないかも?」ということで、在籍店『FORTY FIVE(フォーティーファイブ)』での成績についてインタビュー! 時々やってくるという“1番をとりたい波”、FORTY FIVE名物“テキーラ観覧車”についてもお話を伺いました♪   成績は上位をキープしながら 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 蓮士 > 歌舞伎町ホスト新伝説「億の男」蓮士が語る”売上の壁”の超え方!!後編