Page
Top

コラムTOP > コラム > 門りょう > 電撃引退から半年…北新地の生きる伝説・門りょうの原点とこれから

電撃引退から半年…北新地の生きる伝説・門りょうの原点とこれから

門りょう引退バースデー

2017年の10月に引退した伝説のキャバ嬢、門りょうさんの引退後の心境をインタビュー!
結婚や自淑伝の発売など、無意識のうちに世間を騒がし続けるりょうさんのアレコレをお伺いしました。

 

—もう何度も聞かれたと思いますが、引退した理由ってなんですか?

結婚です。結婚するからキャバクラを辞めることにしました。

ー引退を意識しだしたのはいつ頃?

辞めるって決めたのは2017年の8月。で、発表したのが9月。「いいときに辞めたい」っていうのは前から思ってたけど、引退を考え出したのは2016年から。年齢もあるし、なんとなくやけど…。

門りょう引退ラスト

—引退すること、最初に誰に言ったの?

CLUB MONの社長。っていうか発表するまで社長にしか言ってなかった。私が辞めるって言ったら「MONも閉める」って言われてビックリした。止めたもん! けど、「りょうちゃんのいないMONは、MONじゃない」って言ってくれて…。社長は最後までカッコよく私の幕引きにつき合ってくれた。(進撃の)ノアは「やっていかれへん」って不安がってた。「1回くらい売り上げ抜きたかった。目標がいなくなった」って泣いてくれて。

―そう言えば、ノアちゃんと仲良くなったきっかけって、いきなり話しかけられてからなんでしたっけ?

そうです。「飲もうや、りょう」っていきなり(笑)。「なんか変な子やな」とは思ったけど、ぜんっぜんムカつくとかはなかった。誰も話しかけてくれんかったから、ムカつくって言うよりも「こんな話しかけてくれる子珍しいな」っていう感情になったw

―当時、お店の子達とはどういう風に接してたの?

接さないです。友達いないです、一匹オオカミで。最初の頃からずっとそう。友達っていうか、自分より後輩で仲良い子はいるけど、それはやっぱ後輩やから。「友達」っていう子は同じ店の中にはいなかったです。

シャンパンタワー門りょう

—いざ引退してみて、どうですか?

寂しい。キャバクラに未練がないわけじゃないから…。正直、まだあと1〜2年くらいはいけたと思うし、もしかしたらあとで後悔するかもしれないとも思う、仕事好きやし。それでも「このタイミングで辞めよう」って自分で決めたことやから。

—ラスト聖誕祭はどうでした?

引退を発表した日から、毎日泣いてた。正直こんなにも後ろ髪引かれるとは思ってなかったんで…。最後の日は出勤するまでの道中、今まで当たり前に通ってた道や、ヘアセットしてもらってることとか、全部が最後やから一個一個かみしめてた。18歳からキャバ始めて、丸9年間。ずっと週6勤務で続けてきて、ほんまに学校みたいやった。出勤するのが当たり前みたいな。それも今日で最後なんだなって…。笑って終わりたかったから、ずっと泣くのこらえてたけど無理やった。私のインスタを見てたくさんのお客様が来てくれて。女性のお客様が当たり前のようにアルマンドを入れてくれて…恐縮しちゃう気持ちと嬉しさでいっぱいいっぱい。生誕祭5日分のタワーだけですでに7,000万超えてて…本当にどこまで恵まれてるんだろうって涙が止まらなかった。

―余談ですが、一番最初のバースデーの思い出ってありますか?

キャバクラデビューして1回目の誕生日かな。当時19歳で、このときが初タワー。

門りょう昔

―まだキャバ始めたばっかりで初タワーって異様ですね!

最初っからずっとナンバー1やったから。落ちたことない。自分では全然それがすごいっていう自覚もないです。今思えばすごいことなのかもしれないけど、当時は感動とかもなかった。そういうものなのかと思ってた(笑)。ちなみにこの頃は「りおん」って源氏名で働いてました。北新地に来てから「りょう」にしたから23歳の頃かな。源氏名を変えたのは気分転換だけど…なんやろ、「翼」とか「りょう」とかそういうかっこいい系の名前が良くて。

―初タワーのときの売り上げって覚えてますか?

覚えてない(笑)。けど写真はある。めっちゃ黒くてクソギャルやった♡髪も盛ってるし、そういう時代やったからw

門りょう昔

―ところで、先日自淑伝が出ましたね。

はい。発売初日で増版決定して、書店や通販でもなかなか買えないみたいです。思ったことを書いただけなので、なんの役に立つかわからないのに…水商売を辞めてもこんなに応援してくれる人がいるのが素直に嬉しいです。あと、今年の夏、ウェディングフォトブックの発売も決定しました! これからも皆さまよろしくお願いいたします♡

北新地の門りょう ナンバーワンキャバ嬢の仕事とお金と男のホンネ

門りょう北新地著書

門りょうさんの人気記事はこちら

勢いが止まらないわけは?ナンバーワンキャバ嬢北新地CLUBMONりょうが明かすオラ営の極意とは

北新地「CLUB MON」に勤務していたNo.1キャバ嬢。通称“アルマンド姉さん”。現在は北新地のカリスマ「綾田社長」が率いるキャバクラ&クラブ「エースファクトリーグループ」の取締役副社長を勤めるほか、YouTuberとしても高い人気を誇っている。

現役時代は高級シャンパンのアルマンド・ブリニャックをおろした本数が日本一となり、ニューヨークのアルマンド社から個人表彰されたこともあった。バースデーイベントでは1億円以上を売り上げ、年収は2億円を超える。2017年10月、惜しまれつつも引退した。

職業:A factory 取締役副社長 / インポートセレクトショップ「LILLION」経営
出身:兵庫県神戸市
生年月日:1989年10月15日
身長:156.5cm
体重:39kg
好きな食べ物:フォアグラ
嫌いな食べ物:野菜
よく使う画像アプリ:BeautyPlus


【経歴】

高校卒業後、資生堂の美容部員として就職。3ヵ月ほどで退職し、パチンコ屋さん等のバイトを転々としたあと、神戸市三宮のキャバクラで水商売をはじめる。入店2ヵ月目でNo.1になり、18~22歳の4年間勤めた。この頃は「りおん」という源氏名で働いていたそう。

23歳で北新地に移り、4~5軒経験したあと「CLUB MON」に入店。18歳からキャバクラをはじめ、丸9年の間ナンバーワンだったと話す。2017年10月に惜しまれつつも引退した。


【在籍暦】

・2008年:地元・兵庫県にあるスナックに勤務
・2008年:三宮のキャバクラに移籍
・2012年:北新地のキャバクラに移り4~5軒経験したあと「CLUB MON」に入店。


【著書】

・北新地の門りょう ナンバーワンキャバ嬢の仕事とお金と男のホンネ(トランスワールドジャパン)
・北新地の伝説キャバ嬢 門りょうのスタイルブック(KADOKAWA)


【pickup interview】

Q.アルマンドは何て言って下ろしてもらうの?
A.お客さんが勝手に入れてくれる。“りょう=アルマンド”みたいな感じやから。アルマンドに限らず、自分からお願いしてボトルを下ろしてもらったことってないなあ。ほんまに私、何もしてない。

Q.誰にでもオラ営なの?
A.いやいやいや、そんなことはないよ(笑)。大丈夫そうな人にノリでいくだけ。「入れて入れて」みたいな。そのへんは人を見てやってる。

Q.イベントとか特にない普通の月の売り上げは?
A.3,000万切るくらい。3,000いかんくらいかな。

(※2020年5月20日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
2017年10月のバースデーイベントをもってそのキャバ嬢人生に幕を下ろした『北新地CLUB MON』のりょうさん。 いきなりのニュースにびっくりした人も多いのでは!? そんなりょうさんにバースデー前に伺っていた質問を一挙 […]
続きを読む
北新地CLUB MONの門りょうさん。高級シャンパン『アルマンド』をある意味日本で一番広めたキャバ嬢で、アルマンド姉さんの異名を持つりょうさんに、アルマンド姉さんの名前の由来とオラ営=オラオラ営業の秘密など20の質問に答 […]
続きを読む
2017/07/04 │
今や大阪を代表する人気キャバ嬢の門りょうさんのコスメ選びは値段が。。。 大阪北新地クラブMONのりょうさんにインタビュー。すると、りょうさんらしいびっくりな回答が♡   *2017年10月14日に門りょうさんは […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 東海一愛されている 錦『グラマラス』鳳まりあの一生キャバ嬢宣言!!

    日本最大級のキャバクラ情報サイト「ナイツネット」東海版のアクセスランキングでは1位を独占。名古屋を代表する有名嬢・錦『グラマラス』の鳳まりあさんがメゾンドボーテ初登場! お酒を飲めないノンアルキャバ嬢のまりあさんがトップの成績を維持している秘密とは。キャバ歴9年のヒストリーとともにお仕事心得を語り尽くします!   キャバクラで働き出した当初は毎日号泣してた 『グラマラス... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくり... 続きを読む
  • 歌舞伎町『OVERTURE』天乃えま 週7働くえまちゃんの1日♡

    売れ続けているコは成績も出勤もメンタルも安定しているのが共通点。一体どんな毎日を送っているのか、一条響さんの後継者との呼び声も高い『OVERTURE』の売れっ子・天乃えまさんの一日に注目! 起床から就寝まで日々の生活パターンから安定感の秘密を探ります♡   青汁を飲んで1日がはじまります! ―天乃えまの一日:起床〜ヘアメまで― 13:00 起床 犬のごはん 14:00 青汁... 続きを読む
  • 指名が取れない超Sクラスキャバ嬢!! きほ(ファブリック六本木)接客は1日1組...

    指名が取れない超Sクラスキャバ嬢として注目度急上昇中!! 『ファブリック六本木』のきほさんがメゾンドボーテ初登場! 太いお客様だけを大事する少数精鋭の営業スタイルや、そのための時間の使い方や自分ルール、キャバ嬢としてのスタンスを余すところなく語って頂きました♥   六本木の前は愛媛の松山。大学生兼キャバ嬢でした ファブリック六本木のきほです。ファブリック在... 続きを読む
  • 『FOURTY FIVE』藤澤せなのお仕事心得を初公開!! 全方位的に愛されるキ...

    コロナで客足が遠のいた時期もなんのその、終わってみれば2021年も売上好調。なんならゆるやかに右肩上がりだったという“せなぽよ”こと歌舞伎町『FOURTY FIVE』の藤澤せなさん。せなさんといえばプロデューサーの愛沢えみりさんをはじめ誰もが認めるお店一の努力家。そこには一体どんな努力があるのか? 普段から心掛けていることを“ぽよの法則”として場面ごとに教えて頂きました♡ &nbsp... 続きを読む
  • このホストのコラムがアツい‼~超有名ホストの下積み時代から今最も勢...

    メゾンドボーテではこれまでキャバ嬢だけではなく、ホストの方々にもお話を伺ってきました。キャバ嬢さんと比べるとまだまだ記事数は少ないものの、登場するのは輝かしい記録や伝説を残している方々ばかり。今回はその中からスタッフおすすめの記事を、見どころとあわせてご紹介します! ビッグマウスに壮絶な過去!?ぶっ飛んだ世界がおもしろい ホストと言えば、派手なコールにまばゆい宣伝トラックのような、非日... 続きを読む
  • メゾンドボーテ 2021年下半期 人気コラムTop 20!!

    明るいニュースも暗いニュースもいろいろあった2021年が終わり、2022年がスタート! というわけで今回は、2021年7月1日~12月31日に公開されたコラムの中で、多くのアクセスがあった記事ベスト20をご紹介します。 皆さんの心に残ったあのエピソードは果たして何位にランクインしているでしょうか…? まだ読んだことのない記事も、ぜひこの機会にチェックしてくださいね♥ ... 続きを読む
  • 桜咲乃愛の『BEAUTY図鑑♡』 ヘア、メイクからマインドまで 乃愛様こだわりの...

    キャバ嬢、ブランドプロデューサーとしてはもちろん、ドレス・カラコンモデルとしても引っ張りだこな歌舞伎町『NOW』の桜咲乃愛さん。日々「かわいい」の進化が止まらない乃愛さんのビジュアル、お手本にしている人も多いのでは? そこで、ヘア、ネイル、メイクのこだわりを中心に乃愛さん流の「かわいいの作り方」を詳しくリサーチ。“乃愛様っぽくなれる”ポイントを探りました!   ―Hair... 続きを読む
  • 歌舞伎町『FOURTY FIVE』一条響 の質問箱 ~お仕事・お金・お買い物編~

    メゾンドボーテのInstagramで実施した一条響さん(歌舞伎町『FOURTY FIVE』)への質問募集。寄せられた質問の数がとてつもなく多かったので内容ごとにカテゴリー分けしてお届け! 一問一答で計50個の質問にお答えいただきました♡ 第1弾は売上モンスターの真髄に迫る『お仕事編』と、お金の使い道や物欲傾向、愛用ブランドに迫る『お金・お買い物編』! 完全保存版の内容です♡ &... 続きを読む
  • 門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    門りょう、進撃のノア…売れる子を見抜く綾田社長とは!?

    メゾンドボーテモデルとしてもお馴染み門りょうさん、進撃のノアさん、れいさん、みゆうさん、えれなさん…とにかく有名キャバ嬢を数多く輩出! 大阪で知名度も人気もトップのキャバクラ会社『エースファクトリー』の代表を務めるのが、綾田社長なんです。名前は聞いたことあるけど、果たして何者!?ってことで、今回は独占インタビューさせていただきました!「人前に出るのは苦手だけど、えみりちゃんに頼まれたので……... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 門りょう > 電撃引退から半年…北新地の生きる伝説・門りょうの原点とこれから