Page
Top

コラムTOP > コラム > 藤澤せな > 歌舞伎町一の愛されキャバ嬢・藤澤せなが実践する「人付き合いの法則♡」

歌舞伎町一の愛されキャバ嬢・藤澤せなが実践する「人付き合いの法則♡」

歌舞伎町一の愛されキャバ嬢、“せなぽよ”こと藤澤せなさん。敵を作らず後輩からも先輩からも慕われているせなさんですが、その人間力は二十歳を過ぎてから身につけたものなんだとか。「楽しく仕事をするために人との付き合い方を変えた」というせなさんに聞く、「職場での同僚との付き合い方」。キャバ嬢さんはもちろん職場の人間関係にストレスを感じる方にもおすすめ。ソーシャルスキルが秒で上がる?人付き合いが楽になるヒントが見つかるかもしれません♡

 

人付き合いは”技術”
練習すれば上手くなる!

今でこそ和気あいあいと仕事をしている私ですが、FOURTY FIVEでキャバ嬢を始めた18、19の頃は真逆でした。ずっと一匹狼で、「ヘルプもいらない、全部自分でやるからいい!」みたいなめっちゃ嫌なヤツでしたね (笑)。変わったのはフォーティーに出戻って連勤を始めた頃。

毎日出るなら楽しく仕事がしたいな、どうしたら楽しくなるのかなぁって考えるようになったんですよね。自分が楽しむにはその席が楽しくなきゃいけない。そのためには他の女のコとも良い関係のほうがいい。みんなで笑ってお酒を飲んでるほうが楽しいなって。そのへんから意識が激変。周りを見つつ試行錯誤しつつ、「楽しい」を求めて徐々に今の自分になりました。

人付き合いの上手さって性格もあるかもだけど、練習すれば身につけることもできるなって思います。人と上手くやっていく技術を磨くみたいな。私もまだまだですけど、自分が普段気をつけているところを洗い出してみたので良かったら参考にしてみてください♡

 

ぽよの人付き合いの法則①
言葉選びと言葉遣いは丁寧に♪
「言葉のトゲに要注意」

言葉の受け止め方は人それぞれだから、思いがけず不愉快な気持ちにさせてしまうこともゼロではないけど、なるべく優しい言葉やキレイな言葉を使っていたらそれはだいぶ減るかなと思ってます。「言葉選びと言葉遣いは丁寧に」が私のモットー。話す内容を考えることはないけど使う言葉は考えます(笑)。

もともと自分が乱暴な言葉遣いをされるのが苦手っていうのもあります。別にムカついたとかじゃなくても、「〜じゃねえじゃん!」とか、荒々しい言葉遣いの人っているじゃないですか。そういう言われ方をしたら自分だったら嫌だなってとこには気をつけてます。

「そこどけて」みたいな言い方をされるのも好きじゃないから、自分が言うときは「それ、ちょっとズラしてもらえる?」とかマイルドに。「そこどけて」ってトゲトゲしいじゃないですか。自分が言われたらドキッとしちゃう。カチンとくるか、すみませんって思うか、どっちにしても良い感じはしないので。優しく伝えたい。

ぽよさんは親しくなるまでは後輩と言えども敬語なんだそう。「年齢関係なくまだあんまり話したことのない人には基本敬語。ある程度くだけたおしゃべりができるようになるまでは挨拶も、“あ、おはよう”とかじゃなくて、“おはようございます”とか。“ですます”を付けます」。

 

ぽよの人付き合いの法則②
トラブルの種をまかないために
「やっぱり基本はホウ・レン・ソウ!」

これは以前『お仕事心得』のコラム取材でも触れているんですけど黒服さんはもちろん女のコとの間に揉め事を作らないためにも「報告・連絡・相談」は超大事にしてます。

たまたま顔見知りのお客様に遭遇したときも、「さっき道で○○さんに会って挨拶したよ」と、指名のコにはできるだけ早いタイミングで一言報告。自分的に大した出来事じゃなかったとしても、伝えておけば平和なので。

「こないだせなぽよに会ったよ」とお客様から聞いたとき、「へえ、そうなんだ」くらいの印象だったらいいですけど、「え? なんで私の知らないところで話してるの?」って気になっちゃうコは気になっちゃう。「やっほー」くらいの挨拶でも「話した」と捉えるコもいるから。そのへんを自分の物差しで測っちゃいけないなって思う。

「なんでそんなことでこんなに揉めるの?」という経験を何度か繰り返して、「自分の物差しと人の物差しは同じじゃない」って気づいたんですよ。これは私の中では結構大きい発見でした。「そんなつもりじゃないのに」って大体自分の物差しと人の物差しの違いで起きるんですよね。「ま、別にいいだろう」が一番危険。物差しのズレを擦り合わせるためにもホウ・レン・ソウを大事にしてます。

ぽよさんの癒し。毛玉のようにもふもふな白ポメ“もこさん”。すくすく育って現在1.8kg。「近頃は私の生活リズムをだいぶ把握してきて「お前、仕事行くんか?」って目でお見送りしてくれる。その顔がまた愛おしい♡」。

言い難いことほど普通のテンションで伝える♡

合番になったコとの間ではなおさらホウ・レン・ソウを意識しますね。どちらかが嫌な気持ちになって雰囲気が悪くならないように。相手が嫌な気持ちにならないように俯瞰で物事を見る視点も意識するし、自分が「それは嫌だな」と思うことや困ったことがあったときは「こうして欲しい」という意思表示もします。

たとえば、合番のコが勝手にアフター行っちゃったりしたときとか。そういうときは「それはちょっと違うよね。これからは誘われたときは一応教えてね」って言います。

私の場合、誘われたところでほぼアフターには行かないので。「せなさんを誘ってもどうせ行かないし」と思うのもわかるんですけど、そこで「ま、別に言わなくてもいっか」となるのはそれこそ自分の物差しなんですよね。

行く行かない以前に、「アフターに誘われている」という情報を知っているのと知らないのとではその後の対応も変わる。何もしなかったらお客様の中で「このコはアフター行ってくれるのに、せなぽよは行かないんだな」という印象になっちゃう。先々ちょっと困ったことになるかもな、と思ったことに対しては解決しなきゃですよね。

言い難いことを伝えるとき、場合によっては黒服さんや第三者に伝えてもらったほうが角が立たないこともあるけど、私はできるだけ自分で直接伝えるようにしています。人を介することでニュアンスが正確に伝わらないことも不安だし、逆に傷つけたり大ごとになることもあるので。

伝えるときは「こういうときは、こうしてほしいな」と簡潔に言うようにしてます。できるだけ深刻にならないように、普通のテンションで連絡事項っぽく。言い難いことを言うのって難しいしまあまあストレスだけど、業務の一環として避けて通らないようにしてます。

2022年のせなぽよバースデーも大盛況♪「バースデーに限らずキャバクラのお仕事は周りの女のコたちの手助けなくては成り立たない。まずはそのことに感謝です!」。

 

ぽよの人付き合いの法則③
できない人へのスマートな教え方
「して欲しいことはまず自分から」

一緒の席に着いたコが仕事ができなくてイライラするってキャバ嬢あるあるですよね。そういうとき私はイラつかずどんどん自分でやっちゃいます。飲み物を作るのを忘れているコがいても自分が率先して作るとか。自分が本指名だからとか関係なく、「何飲む? 氷入れる?」とかヘルプのコもおもてなし♡

仕事ができるヘルプのコだったら、指名のコは何にもしなくてもいい状況になるものだけど、キャリアの浅いコや気遣いが不得意なコもいるので。ハッとしてくれたらいいな、こういうときどう動くのか覚えてくれたらいいなという気持ちでテーブルマナーは自分がどんどんやります。

ちゃんと言葉で指摘することも親切だし、会社とか組織であれば人を育てるという意味で指導は必要だと思うけど、キャバクラは会社じゃないから。関係性的にはみんな横並び。その人の仕事のやり方や姿勢に対して口を出すのは違うと私は思っているので、何かしら響いたらいいな〜くらいの気持ちで、お手本になるような仕事をするようにしてます。実際、自分が新人だった頃を思い出すと、お姉さんたちの動きを見て気働きを覚えていったし、お姉さんたちもそうやってやるべきことを教えてくれていたんだなって感じるので。

『職場の人とは適度な距離を置く』も上手な人付き合いの基本。「風通しの良い関係でいるためにも適度な心の距離感は必要。自分からプライベートの話はしないです。ただ、気が合うコとは自然と仲良くなっていくので一概には言えないんですけどね。私も(天使)かれんちゃんとかとはお店で出会ってすごく仲良くなっているので」。写真は今年のハロウィンイベントで、左から一条響さん、ぽよさん、かれんさん、愛沢えみりさん♪

 

ぽよの人付き合いの法則④
はじめましてが超楽になる!
「自然体の極意は“無”」

人と仲良くなるのが早い、上手いとはよく言われるんですけど、これに関してコツがあるとしたら「無」ですね。何にも考えてない(笑)。相手に対して苦手も得意も好きも嫌いも、話しやすそうも怖そうも何にも意識してないです。

何か話さなきゃとか話すことないとか、考えれば考えるほど頭の中は真っ白になるし緊張感がみなぎるじゃないですか。だから逆に無。そのとき思いついたことをそのまましゃべってます。これはフリーに着いたときもそうですし、ありとあらゆるはじめましての場面でも変わらないです。

こっちが気を遣っていたら相手も気を遣うじゃないですか。そういう気持ちは移るから。まず自分がリラックス。それでふわっと思いついたことを口から発するみたいな。気まずいとか考えない♡

どんなお客様に着いても動じないぽよさんの接客術は、愛沢えみりさんYouTubeのモニタリングシリーズでcheck!! 「あれこれ考えず頭の中は“無”。心に浮かんだことをそのまま発してます。それで意外とどうにかなってる(笑)」。

「自己紹介と挨拶」には得しかない♡

キャバクラは人の入れ替わりが激しいし日々体入のコもたくさんいるので、新しく入って来たコに関心を向けてられないってありますよね。ある程度長くいるコであれば席で話して自然と仲良くなるけど、把握し切れないっていうのが正直なところ。

でも、なかには「今日から入りました。○○です。よろしくお願いします」と、最初の頃に挨拶しにきてくれるコもいるんですよ。そう言ってもらえるとこっちも「あ、○○ちゃんっていうんだ。入店したんだな」と認識できるので、そのコのことは割とすぐ覚えられます。

なので、新しくお店に入るときは自分からしっかり自己紹介をしておくと、その後なじむのが早くなるんじゃないかな。早くなじんだほうが働きやすいですよね。それと「おはようございます」と「お疲れ様でした」を聞こえる声で言ってくれるコは覚えやすいし、勝手に良い印象を持っちゃう(笑)。自己紹介と挨拶はしておいて得しかない!

ヘルプに着いてもらったときや何かをしてもらったとき『名前を呼んでお礼を言う』のもせなぽよの法則♡ 「○○ちゃんありがとうって名前も入れて言うほうが、より感謝が伝わるかなと思って。それに名前を呼ぶ回数が多いほうが相手との間に親しみが生まれる気がするので、普段から名前はたくさん呼びますね」。

 

ぽよの人付き合いの法則⑤
良いところも悪いところも
「人のふり見て我がふり直そう♪」

いろんな人がいるので嫌な人に遭遇することもあるけど、そういうときは「こういうことをされると不快に感じるのか。じゃあ自分はそれをしないようにしよう」と思うようにしてます。やらないことリストが1つ増えたみたいな感覚。ヤダなと思う人がいたらそれを自分がやらなきゃいい。逆にこの人優しいな、こういうことされると嬉しいなってことも覚えとく。

しないほうがいいこともしたほうがいいこともたくさん知って、それをどんどん実践していったら良い人間になれそう。その練習をしてるんだって考えると楽しいし、少々嫌なことがあっても割とスッと流せるようになるのでオススメです! 良い場所には良い人が集まるっていうし。だったら自分がパワースポットになっちゃおうみたいな。自分のいる場所が良い人が集まる場になったらそれこそ最強ですよね♡

 

人間関係のコツをじっくり考察してくれたせなさん、ありがとうございました♡ 人付き合いの上手さは持って生まれた性格ではなく技術と練習。そう考えたら今からでも習得できそう!

<RECOMMEND>
こちらの記事もおすすめです。

愛沢えみりプロデュース、新宿歌舞伎町の有名店『FOURTY FIVE(フォーティーファイブ)』に勤務する看板嬢。同店のレジェンドキャバ嬢、一条響の跡を継ぐ看板嬢として注目を集めている。

職業:キャバクラ嬢
在籍:歌舞伎町『FOURTY FIVE(フォーティーファイブ)』
生年月日:1998年9月17日
身長:165cm
出身:栃木県
出勤:週7
愛称:せなぽよ


【来歴】

高校卒業後、すぐに『FOURTY FIVE(フォーティーファイブ)』に入店するが、半年でお店を辞めてニート生活を経験。その後『アジアンクラブ』にて復帰。3ヵ月ほど勤務したのち『FOURTY FIVE』のリニューアルオープンを機に2018年8月に出戻り入店。


【pickup interview】

Q.頑張る原動力は?

A.「成功や失敗だけが結果じゃない。自分の決めたことをちゃんとやり切ることができたら、それが自信につながるよ」っていうえみりさんの言葉が、私の中にずっと残っていて、それが頑張る原動力になってます。

Q.週7に出勤数を変えてから何か変わったことは?

A.気づいたらすっかり定着しました。連勤してみてわかったんですけど、毎日出勤していたら、仮に指名が1組だったとしても、必ず毎日誰かが来てくれるんです。そうなると「休みたくない!」って気持ちになってくる。

Q.どんどん美意識が高まってる?

A.新宿とか歩いてて、声を掛けてくれる人がちょくちょくいるようになってきたんですよ。「せなさんですよね?」みたいな。キャッチとかじゃなくて女のコが♥ それで、見られているんだなっていうことを初めて意識して、ちゃんとしないとなって思うようになりました。

(※2022年5月23日時点の情報を元に作成しています)

Related columns
売れっコキャバ嬢はどんな1日を送っているのか、おはようからおやすみまでSNSでは語られない日常を追跡する「働く一日」シリーズ。今回は歌舞伎町『FOURTY FIVE』の人気者・せなぽよこと藤澤せなさんの“同伴のある1日” […]
続きを読む
人懐っこい性格と明るいキャラクターで親しまれている歌舞伎町の人気者、“せなぽよ”こと藤澤せなさん。『FOURTY FIVE』に入って3度目となるバースデーイベントはどんな様子だったのか、“せなぽよバースデー2021”をプ […]
続きを読む
コロナで客足が遠のいた時期もなんのその、終わってみれば2021年も売上好調。なんならゆるやかに右肩上がりだったという“せなぽよ”こと歌舞伎町『FOURTY FIVE』の藤澤せなさん。せなさんといえばプロデューサーの愛沢え […]
続きを読む

Today's Ranking

  • 六本木『JUNGLE TOKYO』のかわいいあの子♡ いちかのBEAUTY図鑑♡

    可憐さと華やかさが同居する六本木『JUNGLE TOKYO』のトップキャバ嬢・いちかさん。SNSではいつも違ったヴィジュアルを見せてくれるいちかさんのビューティーの根幹とは!?  メイクやヘアアレンジなど、ギャルマインドを秘めたかわいいの現在地を「美の作り方」として深堀りしました♡   ―いちかヘア図鑑♡― 毎日顔が違うからアレンジも毎日変える いちかさんの御用達ヘアサロン、美容室へ行く... 続きを読む
  • その日の予定によって顔の系統を自在にチェンジ♡ 六本木『ファブリック7』“楓ナミ...

    上京前の熊本時代から「めちゃくちゃかわいいコがいる」と評判だった楓ナミさん(六本木『ファブリック7』)の美の作り方に注目! イメージを自在に変化させるキレイなお顔はいかにして作られているのか? メイクのあれこれから美マインドまでナミさんの美の秘訣を本人解説でお届けします♡ ヘアメイクの学校を卒業しているナミさんだからこそのこだわりメイク術は必見です♪   お顔解説-メイク&コスメ- ベー... 続きを読む
  • 歌舞伎町『FOURTY FIVE』星野ティナ 働くティナの一日に密着!!

    おはようからおやすみまで、売れてるコの出勤日の1日を追跡する“働く一日”シリーズ。今回タイムスケジュールを洗い出したのは、新億女でおなじみ『FOURTY FIVE』の星野ティナさん。近頃もグループの看板レースで一条響さんに続く2位を獲得するなど絶好調なティナさんの「同伴のある1日」に密着しました♡ ヤル気スイッチが入るご出勤ルーティンや美意識が上がるお部屋環境、ダイエット中の行動パターンも要チェッ... 続きを読む
  • 天使かれん キャバ嬢復活!! 妊娠、炎上、出産、色んなことがあったけど、私は元気...

    突然の休業から2年。歌舞伎町『45(フォーティーファイブ)』の天使かれんさんがママになって戻ってきました。お休みしていた間に起きた出来事、そしてこれからのことアレコレお話を伺いました♥   人としゃべっていなかったのでリハビリ中です(笑) ―10月から現役復帰ということで。2年ぶりのキャバ嬢どうですか? 「キャバ嬢ってこんな細いんだ!」って周りを見てびっくりしてます。細いし... 続きを読む
  • スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    スタイル抜群の人気キャバ嬢、一条響の下積み時代と営業方法

    最近、雑誌やメディアの露出も増え、歌舞伎町ディアレスト勤務の人気キャバ嬢、一条響さんにインタビュー。 「目標を立てたらそこまでしか行けない。がむしゃらに頑張る事で自分を超えられる」 Instagramのフォロワーも9万人を超え、歌舞伎町だけでなく、全国的な知名度を持つキャバ嬢一条響さん。そんな彼女の下積み時代と現在の営業方法についてお話を聞いて来ました。 ※在籍店、SNSフォロワー数は記事公開時(... 続きを読む
  • 埼玉のヤンキーから伝説へ♡ 歌舞伎町の生き字引・村上世璃奈(せりな)の半生

    埼玉のヤンキーから伝説へ♡ 歌舞伎町の生き字引・村上世璃奈(せりな)の半生

    歌舞伎町アジアンクラブのオープニングキャストで、不動のNo.1に君臨していた伝説のキャバ嬢、村上世璃奈さんをご存知ですか? キャバ嬢引退後は、歌舞伎町にアミューズメントBar『egg』をオープンさせた方なんです♡ 愛沢えみりさんも慕う真のカリスマ世璃奈さんに、これまでの人生を振り返ってもらいました! 特に、キャバ嬢引退後の進路に悩んでいる方は必見です!! 18歳で高級車を購入!昼夜働く兼業生活に... 続きを読む
  • 『JUNGLE TOKYO』いちか 生きてることが奇跡だから幸せしかない♡ハッピ...

    整った顔立ちと明るいキャラクターが魅力、六本木の人気嬢『JUNGLE TOKYO』のいちかさんがメゾンドボーテ初登場。指名や売上の意味がわかっていなかったピュアすぎる渋谷時代から、六本木の売れっ子になるまでのキャリアをご紹介! 東日本大震災で刻まれた「生きてるだけで幸せ♡」な人生観にも迫ります。 高校卒業後上京。入社した会社は超ブラック! 『ジャングル東京』にはオープニングメンバーとして入って今4... 続きを読む
  • 今六本木で最も勢いがある『LOUNGE JUNGLE』で一番売れてるあのコが初登...

    六本木の高級会員制ラウンジ『LOUNGE JUNGLE(ラウンジジャングル)』超売れっ子・ゆりおさんがメゾンドボーテ初登場♡ これまでの夜歴やラウンジ嬢としての接客スタイルなど、はじめましての自己紹介コラムをお届け! ノルマなし自由出勤OKなラウンジでゆりおさんがフル出勤で頑張る理由とは? 「理想を投影してもらう」という独特な売り方にも注目です♡   キャバクラよりもラウンジを選びたい理... 続きを読む
  • 3億使って担当と結婚したカリスマ“ホス狂”かえるさんの“ホストとエース”のウェデ...

    「今の担当と結婚して幸せに暮らしたい」―ホストで沼った人なら思い浮かべたことがあるであろう「担当との結婚」。そんな夢を叶えたのが6年半で3億使って担当と結婚した、かえるさん。いかにしてかえるさんは結婚という結末にたどり着いたのか? Twitter界隈でもカリスマホス狂として有名なかえるさんのウェディングSTORYに注目!! 気になることがありすぎるので前後編でじっくりお届けします♡ 【かえるさんプ... 続きを読む
  • メゾンドボーテにおこしやす♪祇園『ラウンジ45』桜伊みやこ 野望がなくちゃキラキ...

    キャバ嬢時代には西日本インソーグループのレースでNo.1に輝いた実力者、京都は祇園の有名嬢『会員制ラウンジ45(よんごー)』の桜伊(さくらい)みやこさんがメゾンドボーテ初登場! キャバ歴5年を経てステージをラウンジに移し活躍するみやこさん。その夜の歩みと「夢や目標を設定することが働く原動力」というお仕事マインドについて語って頂きました♡ ※インタビューは祇園卒業発表前に収録 スケジュール帳を同伴の... 続きを読む

Today's Ranking

コラムTOP > コラム > 藤澤せな > 歌舞伎町一の愛されキャバ嬢・藤澤せなが実践する「人付き合いの法則♡」